無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

ばんばん掲示板

何か記念に書いてください!\(^o^)/

ホームページへ戻る

名前
Eメール
題名
内容
URL
アイコン アイコンURL
削除キー 項目の保存

こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

釜山行きの船中で、退屈しない話しをひとつ…
岩屋城 (2397)投稿日:2009年02月22日 (日) 23時36分 返信ボタン

本日が最終日の福岡市博物館の「〜みちのくの浄土〜平泉」
に行ってきました。最終日は雨とはいえ、ヒトの多いこと。
朝にも拘らず博物館の駐車場は満車で、停める迄にも時間が
かかりました。
平泉には2回行ってるんで、中尊寺や無量光院や毛越寺,
柳の御所の関連展示は、見ていて懐かしい感じでした。
特に、旅ばっかりしてた私が初めて泊まったユースホステル
が、平泉の「毛越寺ユースホステル」(当時20歳)でしたん
で特に印象が強かった。(ユースは大学時代に北海道各地
のユースや、沖縄の西表島のユースをはじめ、日本全国で
数十泊したもんです)
9年前に歴史仲間と厳寒の平泉に行った時はかなり徹底的
に平泉の史跡を巡りました。
清衡・基衡・秀衡の100年間の藤原三代。当時は四代目も
含めて、キヨモトヒデヤスで暗記してたもんです。
でも、この展示は、黄金文化・平泉の滅亡(頼朝と義経関係)
には、封印され一切の展示はなかったのも違和感がありまし
た。数多い見学者の方々には、その終焉に「?」が残るでし
ょうね。

うききさんの韓国行きは、まだ先でしょうか。
博多→釜山のビートル航路は、明治38(1905)年の日露
戦争で、東郷平八郎司令長官率いる連合艦隊が、ロシア・バ
ルチック艦隊を壊滅させた、あの日本海海戦(世界名=対馬沖
海戦)の第1次海戦(ロシアの主力艦を壊滅)の海域のやや西側
寄りの海上を通ります。
博多→釜山の海域は大陸棚で、水深100〜150mの浅海
です (バルチック艦隊の沈んだ多くの戦艦の長さより浅い)。
左前方に対馬の島影が見え始め、まっすぐ右側遠くに沖ノ島が
見えた頃が、その辺りでしょう。

□全米と芭蕉が泣いた…/うきき (2398)投稿日 : 2009年02月24日 (火) 02時13分

特別展に行くまで「毛越寺」を「もうえつじ」と思って生きてきました、こんばんは。
根性でおでかけになったのですね、平泉展。
義経、そういえばほとんど出なかったですね、奥の細道もあるかと思いきや、全く無し。
骨寺村という名前が非常に気になる村の情報が展開されていたのが鮮烈でした。
平泉には、義経関係の遺品があるのですか?

久々に儲けてる感じですね、市博。
次回は三井寺展が待ってまする!

ユースは私も学生の頃に利用していました、松山市内のユースで「夜、一緒にUFOを呼びませんか」と誘われましたが、つれない私はUFO呼びに行きませんでした。
しかし、岩屋城さまは、本当に様々な場所におでかけなんですね。
語れる物語がまだまだありそう。

 ビートル情報どうもありがとうございました。韓国行きは黄金週間中です。
関係ないけど、沖ノ島に宿直していらっしゃる宗像大社の方は日々を沖ノ島でどうお過ごしなのでしょうか、ビートルからは垣間見れませんよね。
>水深100〜150mの浅海
足がたわなくても浅瀬…。でも、その浅瀬で戦艦がタテに沈めば、海底に刺さって先っぽが海上に突き出ているということでしょうか…。(あるある!)

□芭蕉はバナナ♪/しまちゃん (2399)投稿日 : 2009年02月24日 (火) 10時13分

 平泉展、私も行きたかったです。たしかに、義経関係が封印されていると、どうして、滅んじゃったの?の世界が。最後のあたりに、その後の平泉として、義経や芭蕉を紹介があればパーフェクト。昔、芭蕉=バナナと知ったときは、あの俳聖は、「松尾ばなな」と頭の中にうかびました。(なんのこっちゃ)

 ビートルは、鯨に遭えるだけではなく、日本海海戦も偲べるのですね。

 天地人、楽しみにしていたラストを見逃してしまい、無念と思っていたら、来週が死す。厠では倒れず、いつのまにかお布団に寝かされているのですね。そしてガンダムのように「フム跡継ぎは・・・」と適当にごまかされてしまうのですね。ついにブラック兼続登場!?

□バニャニャンボー、兵(つはもの)どもがツルリンコ。/うきき (2400)投稿日 : 2009年02月25日 (水) 01時29分

 残業のせいで、今日の真庭市出張鑑定を見ることが叶いませんでした(涙)、何か森家チックなお宝は出ましたでしょうか。

 義経さんは敵ばかりでなく、味方も滅ぼしちゃうすごいダイナミックな人生ですね。
これまた平泉展情報ですが、義経をさらってったおじさんの「金売り吉次」の館跡は「ココ」という場所が伝承で今も平泉に残っているそうで…「金売り吉次」が実在するかも知れないことを平泉展で知りました。

松尾芭蕉…「芭蕉」、沖縄なんかに生えてる芭蕉というのはバナナなんですか?南国テイスト。しかも、そんな南国テイストな芭蕉(植物)が生えていた彼の庵は、八百屋お七に燃やされちゃった罠。(゜.゜;)
「国破れて山河あり…と、バナナの皮をうち敷きて、時のうつるまで泪を落としはべりぬ、in 平泉」なんていやだなぁ…。

天地人…なんでしょう、来週持ち越しというこの虚脱感。そんな余裕あるなら、とっとと跡継ぎご指名ください。
我はあの魔性の女にもイラッとくるので見ないデス。森軍がやってきて春日山城を「ドーン!!!」と爆破してくれるのを待つのみ。
まぁ、ケンケンよりも、兼続が視界に入ってないと笑顔になれぬ男の存在のほうが大問題のような気がする今日このごろ。



Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板