無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

ばんばん掲示板

何か記念に書いてください!\(^o^)/

ホームページへ戻る

名前
Eメール
題名
内容
URL
アイコン アイコンURL
削除キー 項目の保存

こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

ホームドラマな天地人
しまちゃん (2391)投稿日:2009年02月17日 (火) 18時01分 返信ボタン

うきき様
 護法祭、みたことありますよ。えぇ、こちらに向かって走ってこられた日には、ちょっぴりキョーフシンブン!一度、捕まった人が死んだという話を聞いたのですが、これって都市伝説?

岩屋城様もあの「炎立つ」ごらんになっていたのですね。確か、渡辺謙がノコギリ引きで処刑されていたような。

 私の見たミイラは、日本では東北の即身仏ミイラですね。中尊寺の藤原ミイラも見に行きたいリストに入っています。

 それにしても、天地人のアットホームな展開。ハイムさんは伊達ではなかったのですね。私としては、玉山さんにもっと力を入れて主役を食う演技をしてもらいたいです。
 某週刊誌に、コミケの同人誌ネタになりそうな場面が盛りだくさんで、歴女受けしそうな場面がしつらえてあるけど、作られたものは、見向きもされないだろう。なんてコメントみましたけど、まさにその通り!期待していた分だけ、最近の展開は!?ですよね。
 来週は、いよいよ謙信の最期。阿部謙信は厠以外の場所で倒れてください。それから、主役をいい人に描かなくても、やってることは悪人だけど、それに納得できる背景でもつけて、視聴者を納得させてください。「炎立つ」でも、村上弘明演ずる2代目は相当暗かったですよ。

□再来週あたりから、家督争いドーン!/うきき (2392)投稿日 : 2009年02月17日 (火) 23時57分

>一度、捕まった人が死んだという話を聞いたのですが、これって都市伝説?

まぁ、人はいつかは死にますが、つのだ先生の解説では「捕まると3年以内に亡くなる」とかでした、たしか。
本当だったら、捕まえる役のほうも神がかり的とはいえ、ヤな思い…。

 藤原ミイラ…普通には拝観できないような気がします。
ここに三代ミイラのレプリカがあるようなので、首だけですが味わってください。
ttp://www.kahaku.go.jp/exhibitions/vm/past_parmanent/midori/4f/26.html
即身仏をご覧になったことがあるのですね。私は鬼のミイラ(それはもういい。)を見ましたが、身長は3mくらいで、おどろくほど頭がでかかったです。大学でDNA鑑定すると、人間だったようですが、ちゃんと自然なツノが生えてました。


 「天地人」は演技の冴えまくるカリスマハイムさんが来週消えると、あとはとことん若者のぬるま湯★劇場になってしまうのではないかと不安…。
>「炎立つ」でも、村上弘明演ずる2代目は相当暗かったですよ。
阿部さんとならんで光る時代劇俳優!!暗かったのですか…。
いまだに、「仮面ライダーだったあの彼が今や…。」と言っちゃいたくなります。

□泣くな!十円/岩屋城 (2393)投稿日 : 2009年02月18日 (水) 00時23分

■うききさん
つのだじろう先生の作品「泣くな!十円」にはうききさん,
しまちゃんさんも反応なしでしたが、この作品はドラえもん
の、のびた君の元祖的キャラと謂われてます。のびた君には
ジャイアンやスネオからいじめられてもドラえもんが居まし
たが、十円には秀才の妹しか居ませんでした。連載やコミック
では当時人気でしたよ。ただ、連載の方は「恐怖新聞」へと
変わった様な。あと、つのだ先生の作品では「ぴゅんぴゅん丸」
が印象強い。

■しまちゃんさん
>渡辺謙がノコギリ引きで処刑されていたような…
前9年の役 のラスト、藤原経清が、ゴクミの八幡太郎義家と
そのおとっつあん(佐藤慶)から処刑されるシーンですね。

>中尊寺の藤原ミイラも見に行きたいリストに入っています。
いえいえ、私も中尊寺金色堂には、大学時代と9年前の2回
行きましたが、決っして、見ることは出来ません。
覆堂の中の「金色堂」を目で見るだけであり、その他はNG。
覆堂から出て金色堂の建物を、人物と一緒に屋外から写真で
撮ろうとするだけでも制止されますよ。

□ぴゅんぴゅん丸/しまちゃん (2394)投稿日 : 2009年02月18日 (水) 13時29分

 泣くな十円、知ってるけどあまり読んでませんでした。確かチャンピオン連載でしたよね。ぴゅんぴゅん丸は、アニメで見てました。(こち亀の麗子さんのお父さんは、この名前ですよね)

 そうか〜金色堂、なかなか見せてもらえないんですね。ミイラも。写真も撮れないんですね。前に、詳しい調査報告か何かの出版物で写真を見ているので、すぐに見えるのかと思ってました。アサハカな私。でも、このミイラを詳しく鑑定して、彼らの死因や血液型などいろんなことがわかって、すごく興味をもって読んだことをおぼえてます。
 思えば、即身仏ミイラも専門家の群れに紛れ込んでいたので、すんなり見せてもらえたのかも?
 
 鬼のミイラ、都市伝説の本にものってましたよね。人魚は猿と魚らしいけど、この鬼のミイラって!?

 天地人、昨日の歴史ミステリーでも、散々、謙信は兼続に暗殺されたとか言ってましたね。いっそのこと、国盗り物語みたいに、ピカレスクロマンでやってください。明るい与六が、陰湿な策謀家に変わるとか・・・。

 そういえば、謙信は、戦に負けた人々を売り飛ばしていたとか聞きましたが、そういうシーンはないですよね。私はつい、兼続父がそろばんをはじいているシーンを連想してしまったのですが・・・

 「草燃ゆる」では、松平健さんが、明るい次男坊から、北条家の跡をついで、策謀をめぐらす陰湿な役をやってましたよ。「炎立つ」の村上さん、確か異母弟に対して、殺気をはらんでいたようなシーンが・・・全体的に陰惨な感じでしたけど。
 

/岩屋城 (2395)投稿日 : 2009年02月18日 (水) 23時04分

◆しまちゃんさん
「泣くな!十円」はチャンピオン連載、そうでしたね
その後の「恐怖新聞」がチャンピオンでしたから、そう
でした。私も「泣くな!十円」は単行本で読んでたクチ
です。つのだ先生の作品らしく、あの作風の中であって、
妹に幽体分離について教えてる話しがあったのを覚えて
ます。
ミイラは山形県の某寺の江戸時代の住職様の即身仏が
知られてますね。
遠く昭和54年の大河ドラマ「草燃ゆる」もしまちゃん
さんは観てあったのですねぇ。昭和54年といえば、
春先には、サザンの「いとしのエリー」がヒットし、
松田聖子が「裸足の季節」でデビューした頃ですね。
そんな以前からの大河ファンとは恐れ入りました。
私は昭和62年の独眼竜政宗さんからです。

□10円に泣く/うきき (2396)投稿日 : 2009年02月19日 (木) 01時11分

■岩屋城様:
「同じ源氏と申せども、八幡太郎は恐ろしや」な八幡太郎義家役をゴクミがやったのですか???!えええ!!!楠正行役にとどまらず、魔性のをんな!!!Σ(゜□゜;
のこぎりビキは経清さんでしたか…。ドラマ、見なくてよかった…
「泣くな!十円」は存在自体を存じませんでした。お金の10円かと思っちゃいました、テヘ!!


■しまちゃん様:
>鬼のミイラ 
すみません…3mじゃなくて、2mくらいでした。
しまちゃんのおっしゃる人魚は外国人のお土産用に作製して販売していたんですよねたしか。
博多には人魚の骨を特別期間に限って拝観できるお寺もあります。


>謙信は、戦に負けた人々を売り飛ばして
そうそう、関東で、すんげーこといっぱいやってますよねこの関東管領さん。高利貸しもしてたし。
京都でもお金借してくれた人の家を燃やして「ああスッキリ!」してた気が(←このエピ、記憶違いならスミマセン)。
信長はその辺はトコトン上品で、家来にもいっさいそういうことを禁止させたから民衆に人気あったのに、なんでかたや「義」のヒト、かたや「極悪非道人」?



Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板