楽道掲示板

ホームページへ戻る

  

新規書き込みはここをクリック

お名前
タイトル
File
cokkie 削除・編集用パスワード
送信→
このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください


小西伸也

満腹の感覚が変わる



 満腹を感じて食事が終わります。心が幸せになり、お腹が膨れ、体が満足して食事終了です。この量は個人差があります。

 レストランでパスタを1人前食べます。1人前という量は平均的な量です。多くの人はこの量では肥満になりません。他の人がこの量を食べて肥満にならないから、自分も同じ量を食べないと損だと考えてしまいます。

 しかし、個人差があり、あなたが肥満ならこの1人前の量は肥満量です。人と同じだけ食べないと損だという考えが、【ニセの食欲】を生みます。



 隣の家の人が指輪を買ったから、自分も指輪がほしいと思うのと同じ。よく考えれば愚かなことです。



まず下記を認識します



満腹を感じる量=

本当の食欲を満たす量+

【ニセの食欲】を満たす量



 肥満の人は満腹を感じる量の半分が【ニセの食欲】から作られています。はじめは量を減らすと空腹を感じます。我慢できず食べ過ぎてしまい、やはりダイエットは無理だと思うかもしれません。食べ過ぎてもいいですから、罪悪感は持たずに、ただ半分は【ニセの食欲】だったのだと認識してください。



 この認識を何回も脳にたたき込みます。最初は半分に減らすのが難しければ、1割減でもいいです。



 それを繰り返していくうちに、あなたの満腹を感じる量が減っていきます。潜在意識が変わっていくからです。



 やがて潜在意識の【ニセの食欲】が半減し、満足できる食事量=体重が減る量に自然となります。
(92) - 2021年12月08日 (水) 04時28分


Number
Pass
管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板