アニメぶろぐなBBS

うる妻の半分ブログな掲示板です。
テーマはアニメとマンガです(たぶん)

注意事項へ

名前:   E-mail(省略可)   Pass(省略可) クッキーの保存

ファイル: (JPG,PNG,GIF,FLV)





[28740] 題名:最近見たアニメ・2月2日〜 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月02日 (土) 10時05分


おはようございます。

関東のこちらは晴天です。おだやかに晴れています。


「シンカリオン」見ました!

予告に出てきた鬼、あれはタカトラだったのか。
大宮支部に西のメンバーを呼んだのだと思ったので、てっきり本庄さんあたりかと...


シャショット無しで紅に変ったブラックシンカリオン。セイリュウの心の成長を受けて変ったみたい。
ならばシンカリオンE5「はやぶさ」も、ハヤトが覚醒してさらに変形なんてことになるんじゃないかな。
どうだろう?

次回予告が最終章突入を告げるものでした。
イザの過去、出水指令長やホクトの過去。
その一方でバレンタインネタもありそうな感じです。

一番気になるのは、石化したゲンブさんを助ける方法!!!

詳しい視聴感想は木曜日に。

[28741] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月02日 (土) 10時44分


昨夜Gyaoで「妖怪大戦争」(2005年版)を見ました。

妖怪たちがホントに大量に出てきます。
ただし大半はお祭りで騒いでいるだけで、戦っていたのは少数でした。

妖怪の大半は着ぐるみなんですね。
CGとは違うレトロな手作り感がよかったです。

小豆洗いの再現度が凄いです。本物の小豆洗いにしか見えません。

一反木綿が活躍してました。言うこと聞かないので河童か猩猩に
「鬼太郎には良い顔してるのに、なんだ!」なんて叱られていました。

「すねこすり」は最後まで健気でした。けどモルモットにしか見えない〜〜

主役の男の子が可愛かったです。熱演でした。


...と、良い部分もたくさんあるんですが、お話自体はかなりビミョーでした。
実際yahoo!映画の成績も2.5程度と低調。もったいないです。

[28742] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月02日 (土) 16時46分


メタ坊さん、どもです。

前スレの話題になりますが、「サイコパス 罪と罰」のご説明ありがとうございました。

>この女性の声がハヤトの人です。正ヒロインはシラセの人です。

わかりやすいご説明ありがとうございました。
でも私は見に行かない方がよさそうですね。

が、サイコパスより怖いのが

>シニア割引が60歳以上から70歳以上

うわ、これはキツイ!
65歳に引き下げるのはしかたないかもと思ってますが、70歳となると...
これからは70歳まで働くのが普通の世の中になるんですね。
私は早期退職者として肩身の狭い思いをしなきゃならなくなるのかも...


>「黒豹トットの逆襲」
>デューク・エイセスだったようです(ダークダックスと思ってた)

聴いた感じ、ダークダックスとは違うなと思いました。
しかし贅沢なアニメですねえ。

[28743] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月02日 (土) 16時46分


七色虹之助さん、どもです。

前スレの話題になりますが、「ダイラガー」は1年続いたシリーズなので、それなりに人気はありそうに思います。
でも聞かない名前なんですよね。なぜなんでしょう。


>昨日、発売された「東京人」と言う雑誌は「アニメと中央線」の特集号だそうです。

どこかで広告を見ました。中央線沿線はアニメスタジオが多いんですね。
気になりますけど、うーん、やっぱり立ち読みかな。

[28744] 題名: 名前:七色虹之助 投稿日:2019年02月03日 (日) 05時15分

まあ「ダイラガー」放送当時のアニメ雑誌では同じロボットものでもサンライズ作品やマクロスばかり取り上げてたような印象がありますからね。

当時のアニメファンが求めていたものとは少し違っていたのかも知れません。

少し思い出したのは「15体のメカが合体する」と聞いて「どんな複雑な合体変型をするのだろう?」と期待してたメカファンが実際の作品をみて単純に各パーツがブロックのように組み合わさるだけだったのでがっかりしたなんて話もありました。

また「ダイラガー」は同じ枠で放送されていた「ゴライオン」と共に編集されてアメリカで放送され大人気だそうです。
(まあどちらかと言うと「ゴライオン」メインっぽいですが)

[28745] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月03日 (日) 09時42分


おはようございます。

関東のこちらは晴天です。
洗濯物がよく乾きそうです。

「鬼太郎」見たところです。猫娘が大活躍でした。
お話の展開はだいたい予想どおりでしたが、ここに名無し妖怪がからんでいたところは意外でした。
(つか、年が明けてから内容が濃くて、おかげでヤツの存在をすっかり忘れていた)

感想は後日に。

[28746] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月03日 (日) 09時56分


今日は節分です。私のところは恵方巻きも炒り豆もありませんが、
納豆と缶詰のイワシを食べようと思います。

今年の恵方は東北東だそうです。これはいいとして、
明日になったらまた「恵方巻き大量廃棄」でニュースになるんでしょうか。

恵方巻きなんて10年前はあまり見かけなかったですよ。
せっかく流行らすならもっと日持ちの良いものにすればよかったのに。

いちばんうまいことやっているのはバレンタインのチョコレートでしょうか。
あれだけ出回るのにチョコレートの大量廃棄なんて聞いたことありません。

[28747] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月03日 (日) 12時36分


七色虹之助さん、どもです。

>「ダイラガー」放送当時のアニメ雑誌では同じロボットものでもサンライズ作品やマクロスばかり取り上げてたような

ああ、あの時代でしたか。マクロスは大人気でした。よく覚えています。
紙芝居回があったり後半グダグダになったりと、そっちでも話題になっていましたっけ。

あの頃、他に話題になっていたのはザブングル。これも大人気。
「ダイラガー」はライバルが強すぎて霞んじゃったんですね。


>単純に各パーツがブロックのように組み合わさるだけだった

今だったらCGで複雑な合体が可能ですが、手描きじゃこれが限界だったのでしょう。
でもアメリカでは受け入れられたとのことで良かったと思います。

[28748] 題名:うる妻様へ 名前:豆はんてん 投稿日:2019年02月03日 (日) 13時37分


こんにちは

ご無沙汰しております


昨日は退院した父を、ショートステイの施設に移しました


しばらく1週間ごとに、2つの施設を行ったり来たりになります


「鬼太郎」ですが、私もナナシを忘れていました

ずっと思わせ振りだし、いい加減、進展してほしいんですが

あと、この後「トクサツガガガ」がNHK総合でまとめて放送されるので、よろしければご覧下さい


七色様、「ダイラガー」好きでした。BOX見てないけど、持ってます


ゴーグルロボと似てませんでした?(笑)


母が起きたので、また!

[28749] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月03日 (日) 19時55分


節分。私は昨日一日早く海苔巻きを食べました(今日買うと若干高いから!)。

今年の恵方は東北東ですか。私の場合、全然関係ないですね。輪切りになったものを買ってきて普通に食べました。

>明日になったらまた「恵方巻き大量廃棄」でニュースになるんでしょうか。

>せっかく流行らすならもっと日持ちの良いものにすればよかったのに。

海苔巻き煎餅で代用するわけにはいかないのでしょうかね?お米で作ったものを海苔で巻くという点では同じです。
しかも縁起の良いもち米を使うわけですからして、ご利益だってアップするかもしれません。

スーパーの菓子コーナーの煎餅棚には実にいろんな種類の煎餅が並んでます。海苔巻き同様バリエーションは無限でしょう。
縁起物のエビなどを練りこんだ大き目のスティック型海苔巻き煎餅を恵方に向かって食べるというのはいかがかなあ。


横山光輝さんの歴史マンガ「三国志」で読んだあるエピソードを思い出しました。

古代中国のある地方に、川が氾濫するたびに大勢の人間の首を供物に捧げて神の怒りを鎮めるという悪習がありました。
その地を平定した諸葛孔明さんという人は、人間の首の代わりに牛や馬の肉を小麦の生地に包んで「饅頭」というものを作り、
それを神に捧げるようその地の王様に命じました。

「饅頭」は目鼻口が彫られて人の首と同じ形相に作り中身は肉です。なのでこれは人の首と同じご利益が得られる。と孔明さんは
王様に説明しました。そして実際そのとおりになりました。当たり前なのですが。

「饅頭」の「頭」の字は本当に人間の頭を意味していたという話です。

古代の中国人が人の命を無駄にしないよう代用品を考えた知恵と同様に、大切な食べ物を無駄にしない代用品を考える知恵を
現代の日本人が持ち合わせていないはずはないと思います。

[28750] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月03日 (日) 20時29分


豆はんてんさん、こんばんは。

ご両親の介護お疲れ様です。
ひとつの施設に長くはいられないというのは辛いですね。
お父様も豆はんてんさんも、なるべく負担が軽減されますようにと思います。
どうぞおだいじに...


「鬼太郎」の名無し妖怪がマナちゃんに刻む印は、残りは「水」だけになりました。
3月中には決着が付くでしょう。
でもそれ以降はどうなるんでしょう。2年目に行くんでしょうか...


「トクサツガガガ」は見そびれちゃいました。
知らせてくださったのにスミマセン。


おお、噂の「ダイラガー」をご存知の方が!!
(円盤は買ったら見ましょう!)

[28751] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月03日 (日) 20時50分


礼院坊さん、こんばんは。

昨日のうちに召し上がられていたんですね、恵方巻き。
ここまで騒ぎになってしまうと、当日わざわざ買いに行くのは億劫にになっちゃいますね。

恵方巻きの代用案、興味深く拝見させていただきました。
恵方巻きロールケーキというのは結構見かけますが、甘くない恵方巻き菓子というのは見たことがないです。

こうなったら、もう、好きなものを好きなように巻いて食べればよいのでは。


>海苔巻き煎餅で代用
>縁起物のエビなどを練りこんだ大き目のスティック型海苔巻き煎餅を恵方に向かって食べるというのはいかがかなあ。

何年か後の節分には、そんな恵方巻き菓子が、どこかのコンビニから発表されるかもしれません。



「三国志」の「饅頭」エピソードのご紹介ありがとうございました。
元は本物の頭だったとは...まんじゅう怖いコワイ。

人間の頭よりも牛や馬の肉の方が絶対に美味しいでしょう。
川の主もそうだったに違いありません。

そういえば昔からお饅頭はお供え物の代表でした。
お葬式もお祝い事も昔はお饅頭でしたっけ。元は神聖な食べ物だったんですね。

[28752] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月03日 (日) 21時25分


先々週の話題になってしまいますが、第1期モノクロ鬼太郎の「さら小僧」を視聴しました。


こちらは売れない3人組のバンドグループでした。名前は「ビンボーズ」。ある田舎村で客がたった5人のコンサートを終え、肩を落として
トボトボと帰る途中でした。川から「ぺったらぺたらこ」のフレーズを含む愉快な歌が聞こえてきました。「これだ!」と思った3人はすぐさまコピー。
それを歌ったところたちまち大ブレーク。ビンボーズは一躍人気グループになりました。

鬼太郎たちはテレビでその歌を聞いてそれがさら小僧の歌であることに気付きます。さら小僧がこのことを知ったら大変なことになると、鬼太郎と目玉親父、
ねずみ男はビンボーズのプロダクションに赴き「ぺったらぺたらこ」を歌うのをやめるように言いますが彼らは聞く耳持ちません。ばかりか女性ファンの
「親衛隊」に乱暴され追い出される始末。鬼太郎は激怒して「どうなっても知らないぞ!」。

そして案の定、ビンボーズの3人はさら小僧と彼の配下の大勢の妖怪たちにさらわれ行方不明に。鬼太郎は彼らを助ける気は全くありませんでした。
しかし彼らの子供からお化けのポストに手紙が届きます。「おとうさんを助けて」と。それで鬼太郎は腰を上げます。

最初はさら小僧を怒らせるまいと下手に出て3人を返してほしいと頼む鬼太郎でしたが、さら小僧は菓子を食わせろだの遊園地で遊びたいだの鬼太郎の
ちゃんちゃんこを着たいだのとつけ上がるばかりでした。ついに堪忍袋の緒が切れた鬼太郎は目玉親父の制止を振り切ってさら小僧に戦いを挑みます。

さら小僧の武器は頭の皿。次々と遊星仮面のシューターのようにいくらでも飛び出して、太陽光を受けるとそのエネルギーを電撃に変えて鬼太郎を襲います。
ちゃんちゃんこをさら小僧に貸してしまった鬼太郎はなすすべありません。しかしさら小僧の「ぺったらぺたらこ」の歌の中に彼の弱点を示すフレーズが
隠されていました。

「頭にゃお水があるだべさぁ〜♪お水がなくなりゃだめだべさぁ〜♪あ、だめだべさ♪」

これに気付いた鬼太郎はジャンプしてさら小僧の頭の上を飛び越えます。すると電撃を発しながら鬼太郎を追いかけて飛んでいた「シューター皿」もさら小僧
の頭の上を飛び越え、電撃がさら小僧の頭に落ちました。皿の水は一瞬にして蒸発し、さら小僧は脳ミソがいかれて幾知我比になってしまいました。

救出されたビンボーズの3人はもう二度と盗作はしないと鬼太郎たちに誓います。しかしその帰り道・・・

メンバーの一人が、ラストで流れていたBGMの「ゲゲゲの歌」のメロディーをコピーしようとメモしてました。
「こいつ、また!!」と怒ったねずみ男が口臭一発!

3人は即失神。「これじゃ安心して歌も歌えないよ」と鬼太郎たちは去っていきました。

[28753] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月03日 (日) 21時27分


ラストは今期とちょこっと似てました。でもこちらのほうはのどかなものでした。ねずみ男の口臭攻撃で気絶はしても死ぬことはないでしょう。

盗作した本人ではなく彼の家族のために鬼太郎が戦うという点も同じでした。

こちらの「ぺったらぺたらこ」は軽快なリズムとメロディーでした。歌詞も語呂が妙に合っていて面白く、聞いてて楽しかったです。
いかにも昭和40年代前半って感じの歌で、雰囲気的にはドリフターズの歌みたいでした。


ラストはBGMをコピーしようとして・・・ということでしたが、普通に考えれば鬼太郎が鼻歌を歌っていたか、
口笛吹いていたのでしょう。

***********************************************

この3週間エヴァ&シンカリオンモードが猛威を振るった頭の中がようやく沈静化いたしました。
頭の中でずっと響きっぱなしだった「残酷な天使のテーゼ」も止んでくれました。

テガミバチラストレビューを再開したいと思います。頭が重くなりますので、UPしたらスレッドを
ここよりも下げていただけますでしょうか。

[28754] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月03日 (日) 23時24分


礼院坊さん

第一期「鬼太郎」の「さら小僧」のご説明ありがとうございました。
グループサウンズが出てくる皿小僧のお話を見た記憶がありましたが、これだったようです。
でも内容はまったく覚えていませんでした。

鬼太郎がテレビから流れる歌に気づいて盗作者に忠告に行ったり、皿小僧が盗作者をさらったり、
盗作者の家族に頼まれて鬼太郎が戦うという展開は第6期と同じでした。
ここのところは原作どおりなのかもしれません。


>「頭にゃお水があるだべさぁ〜♪お水がなくなりゃだめだべさぁ〜♪あ、だめだべさ♪」

自分で弱点をバラすとは、第一期の皿小僧は結構マヌケ...
でも戦闘力はかなり高そうです。


>BGMの「ゲゲゲの歌」のメロディーをコピーしようとメモしてました。

それを今やったら、ねずみ男ではなく別の組織からシメられますね、ビンボーズは。

[28755] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月03日 (日) 23時29分


礼院坊さんの中ではシンカリオン・エヴァコラボ回がインフルエンザ並みに暴れていたようですね。
3週間は凄いです。脳みそが蒸発せずに済んで何よりでした。(^_^;)


テガミバチラストレビューの件、了解しました。
よろしくお願いします。楽しみにしています。

[28756] 題名: 名前:七色虹之助 投稿日:2019年02月04日 (月) 10時39分

豆はんてんさん、「ダイラガー」のBOXお持ちとは!

何かと大変な状況なようなので無理に、とは言いませんが簡単な感想とか思い出とかお聞かせいただければありがたいです。

「ゴライオン」からしばらく続くこのロボットアニメ枠、自分は「レザリオン」をよく見ていました。

>ゴーグルロボと似てませんでした?(笑)

確かロボット(玩具)のデザイナーさんが同じでしたからね。

ロボット(玩具)のデザイン画を見ればアニメでも特撮でも特に区別しないでデザインされていたようですね。

「ビスマルク」なんて(東映でもないのに)四角い「宇宙刑事」でしたから(笑

[28757] 題名: 名前:七色虹之助 投稿日:2019年02月04日 (月) 10時56分

恵方巻、まあ、どうでもいいっちゃあどうでもいいけどコンビニとかスーパーで高額なものが大量にならんでるのをみるとさすがに「どこかおかしい」って思ってしまいますね。

廃棄云々も大問題ですけど、「流行り物だから売れるだろう」ぐらいの安易な考えしか見えず、何だか客を馬鹿にしてるんじゃないか?とすら思えてきます。(被害妄想・・・苦笑)


以前は恵方巻を模したパンなんてありましたが今年は「恵方巻味のポテトチップス」なんてのを見つけて正直、頭を抱えてしまいそうになりました。
(どこかのコンビニ限定だったのかほとんどその後見かけませんでしたが)

>(円盤は買ったら見ましょう!)

誠におっしゃる通りなのでございます。

自分も途中までで視聴が止まっているものがいくつかあります。

見始めると止まらなくなる怖れがあり(苦笑)時間的な余裕が充分にないと見始められないってのもありますし、最後まで見ちゃうと「いつでも見られる」と言う安心感からか逆に観なくなってしまうと言うのも寂しいし(苦笑)

そして観終わってない作品が残っているのに欲しいけど買っていない作品がまだまだあると言う無限地獄が・・・

[28758] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月04日 (月) 13時11分


関東のこちらは朝から晴天。風が強いですが暖かいです。

今日は朝から駅前の病院へ行っていました。さきほど帰宅したところです。
去年12月にピロリ菌除去薬を飲みましたが、今日はちゃんと除去できたかどうかの検査でした。
吐く息を袋に取っての検査なんですが、飲んだ錠剤が喉の途中でひっかかったような気がして、
ちゃんと胃袋まで落ちたのか心配です。

結果は1週間後です。
バスの便が1時間に1本も無い場所に、また行かなきゃならないのがメンドクサイです。

[28759] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月04日 (月) 13時22分


バスの便は少なくて困るんですが、その一方で市内循環の100円バスなんてのも走ってます。
どこまで乗っても100円です。市内しか行きませんが。

いつもの路線バスと違う小型のバスで、うーーんと遠回りして帰ってきました。
もう何十年も住んでいる市ですが、まだ一度も足を踏み入れたことのない場所がこんなに多いのかと思いました。

あちこちで梅やロウバイが咲いていました。
そろそろ杉も...?

[28760] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月04日 (月) 13時48分


七色虹之助さん、こんにちは。

七色さんは関西のご出身でしたね。
関西人から見てもやっぱり関東の恵方巻きは異常でしたか。

そもそも今現在の関西の恵方巻きってどんな感じでしょうか。
以前(とっても20年前ですが)神戸の友人が話してくれたのは、もっと素朴な巻き寿司みたいでした。


今日、私はちょっと出かけて来たところなんですが、駅前の大手スーパーのデザートコーナーでは
「スティックロール」という名前の細身のロールケーキをたくさん売ってました。
たぶん昨日は“恵方ロールケーキ”なんて名前で売られていたものだと思います。

生クリームだと本家と同じでその日のうちに食べないとダメですが、
バタークリームなら日持ちがします。
流行らせるならこっちにすればよかったのにと思いました。

土用の丑の日用の「ウナギ型パン」は食べたことがありますが、恵方巻きパンはまだです。
あったら食べてみたいかも?
ポテスチップスは普通の海苔塩で充分です。(形からして無理なのに...)

ともかく、食べ物を大量に作って大量に捨てるなんてことは極力やめてほしいです。
こんなことやっていたらバチが当たります。

[28761] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月04日 (月) 14時14分


私は円盤は買ったら早めに一通り見て、その後は当分見ない派です。
めったに買わないので、買っても見ないということはないですけど。


>そして観終わってない作品が残っているのに欲しいけど買っていない作品がまだまだあると言う無限地獄が・・・

見られるときに見ておいたほうがいいですよ。
体力が落ちてくると、すべてにおいてやる気がなくなってきますから、そうなる前に...。

[28762] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月04日 (月) 17時33分


今日は立春なんですね。
この時間になってもまだ外は明るい...日が長くなりました。


鉄腕アトム(1980年版)視聴感想です。

★第36話「クラーケンの怪物」
人魚型ロボットのピピが働く海底牧場で魚の飼育を手伝うアトム。
サメの群れ、黄金サンゴを狙う悪人といった敵と戦い海底牧場を守るが、
サンゴを食い荒らす巨大な電気エイが登場し、大ピンチに。
アトムとピピ、イルカのカルと3人は、海底火山にエイをおびき出す作戦に出る。

・ここのピピはボクっ娘? 本家ピピよりもサバサバした性格でした。
ラスト海底火山の噴火で命を落とす巨大エイは「トリトン」の味方の巨大亀と同じ死に方でした。(合掌)


★第37話「ポチョムポチョム島のルミー」
「ポチョムポチョム島に囚われている」と助けを求める手紙入りビンを拾ったアトム。
手紙の主を探すうちに怪物にさらわれてしまう。(怪物の名前がポチョムポチョムだった)
怪物は悪者たちの基地で、手紙の主の少女ルミーと父親は奴隷として働かせられていた。
アトムは二人を救い出して近くの島へ避難させるが、島の女王に惚れられてしまう...

・ルミーに惚れられ女王に惚れられ、アトム、モテすぎだっ!!(≧∇≦)
アトムの首をはねた島の女王のモデルはサロメかな。
面白かったけれど、いろいろブッ飛んだ内容でした。

[28772] 題名: 名前:メタ坊 投稿日:2019年02月04日 (月) 19時29分


お邪魔します。

 ギャオで「アップサイドダウン 重力の恋人」というのがはじまりました。
これは「サカサマのパテマ」と同じような発想の映画みたいです。
 私も見たこと無いのですが気になっていました。

 劇場版公開に合わせて「シティーハンター」も配信しているようです。
予告ではキャッツアイのキャラクターも登場してました。

 白黒どろろも13話が公開になってます。ああ忙しい。

 うる妻様

>巨大エイは「トリトン」の味方の巨大亀と同じ死に方

 あえてそうしたんでしょうね。ピピはずいぶん性格が違う印象でした。

>「鬼太郎」

 一つ目小僧が不憫です。5期では準レギュラーだったのに。
 呼子も5期では活躍してたのに。

 ナナシの件は、マナと鬼太郎との別れみたいな話につながりそうで気になります。

 人間と妖怪の時間感覚の差が取り上げられていましたが、
子供と大人にも同じようなことはあるんだろうなと思いました。
定年前と定年後のサラリーマンにもあるかも

 礼院坊様

>モノクロ鬼太郎の「さら小僧」

 参考になりました。ありがとうございます。
 ふと思いましたが、大昔から著作権というものがあったらわらべ歌も民謡も
おとぎ話も伝説も神話も言い伝えも現代には残らなかったかも。
 某団体の管理はちょっと方向違いに感じてしまいます。活用するためにどうあるべきか
もっと考えてほしいです。うる妻さんが書いていらした手続きの簡素化なんかも。

 豆はんてん様 うる妻様 七色虹之助様

>BOX見てないけど、持ってます
>(円盤は買ったら見ましょう!)
>無限地獄
>見られるときに見ておいたほうがいいですよ

 ドキッ。
 見てないけれどもあるんだよ。というのが私もたくさん。

[28773] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月04日 (月) 20時02分


うる妻さん。

恵方巻きロールケーキというものがあったんですね。海苔巻きよりは日持ちしそうですが、それでも2日くらいでしょうか。

恵方巻を食べることで得られるご利益と食べ物を粗末にすることで受ける天罰はどちらが大きいか。
日本が再び貧しくなった時にその答えが出るような気がします。

>昔からお饅頭はお供え物の代表

そういえばそうでしたね、紅白饅頭とか葬式饅頭とか・・・神聖なお供え物だったんだ、そんな意識は全然ありませんでした。

今年の墓参りには饅頭を供えることに決めました。墓地の規則(カラス対策)で供養の後は持ち帰って食べます。

[28774] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月04日 (月) 20時04分


モノクロ鬼太郎「さら小僧」のレスをありがとうございます。

50年前の作品ながら今期のものと共通点多いことに驚きました。

>自分で弱点をバラすとは、第一期の皿小僧は結構マヌケ...

ほんとですね。テーマソングに弱点を入れたりしてはいけません。

ヒーローのテーマソングでそういう例はあっただろうかと振り返ってみました。

・鉄人28号「良いも悪いもリモコン次第」

・ルパン3世「(歌じゃないけど)おれもカワイ子ちゃんには弱いからな」

・オバQ「ぼくは犬には弱いんだ〜」・・・これは違うか (^_^ )

・・・あまり思い浮かびません。やはりヒーローたちはさら小僧のようにマヌケではないようです。

[28775] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月04日 (月) 20時36分


>礼院坊さんの中ではシンカリオン・エヴァコラボ回がインフルエンザ並みに暴れて

いやー、凄まじかったです。この3週間でシンカリオン「第参拾壱話」を見た回数は30回以上になます。
シンジの活躍シーンだけ抜き出して見た回数だとさらに・・・恐ろしくて数字は出せません。(^_^;)

>脳みそが蒸発せずに済んで何よりでした。(^_^;)

子供の頃、ウルトラマンやゴジラ映画のレコード紙芝居を買ってもらうと何十回も繰り返し見て親から呆れられてました。
幼少期から鍛えていたので無事だったのかもしれません。


これほどの回数を見たアニメはラピュタ以来です。シンジが活躍するシーンは何度見ても素晴らしかった・・・

[28776] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月04日 (月) 20時50分


>鉄腕アトム(1980年版)
>★第36話「クラーケンの怪物」

見ました。

>ここのピピはボクっ娘? 本家ピピよりもサバサバした性格でした。

本家ピピはワガママでお転婆で・・・トリトンでなくても手を焼いたことでしょう。(でもロビンならケンカはしなかったと思う)
こちらのピピは性格いい感じでしたね。見終えた後で「待てよ、ほんとに女の子だったのかな」と思い、再度よく見てみました。

「ぼく」と言ってましたけどちゃんと女の子でしたね。

どうせならトリトンも出してほしかったなあ・・・と思ったんですが、やめました。

顔はいいのに身のほど知らずで愚かでピピを泣かせるストーカーロボットになって登場されたらイヤだから。(^_^;)

[28777] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月04日 (月) 21時37分


メタ坊さん。

>大昔から著作権というものがあったらわらべ歌も民謡も
>おとぎ話も伝説も神話も言い伝えも現代には残らなかったかも。

あ、なるほど!たしかに。

昔の人がそんなこと言って歌や物語の伝承を阻害したら、
残るはずのものが残らなかったかもしれませんね。

今は口で伝承しなくても本やディスクで残せる世の中になったけど・・・
著作権が壁となって図書館や倉庫に死蔵されてしまったら残らなかったも同然です。


再度うる妻さん。

>それ(ゲゲゲの歌のコピー)を今やったら、ねずみ男ではなく別の組織からシメられますね、ビンボーズは。

あの組織はもはや人間が作り出した妖怪となり果ててます。巷から一切の流行歌を消滅させてしまいました。

聴こえてくるのはクラシックや企業歌だけ〜。

[28778] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月05日 (火) 09時30分


おはようございます。

関東のこちらは薄曇りの空です。
風はありませんが寒いです。

yahoo!の天気に花粉情報が載るようになりました。
この先、暖かくなるのはうれしいけれど、同時に憂鬱な季節にもなりつつあります...

[28779] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月05日 (火) 09時35分


礼院坊さん、おはようございます。

こちらのスレを揚げさせていただきました。
ご配慮ありがとうございます。


ところで、シンカリオン・エヴァコラボ回は弟さんにもお見せしたんでしょうか。
弟さんはアニメ・マンガに詳しいとのことですが、もし、ご感想があればと思います。

[28780] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月05日 (火) 10時50分


メタ坊さん、おはようございます。

「アップサイドダウン 重力の恋人」のご紹介ありがとうございました。
「サカサマのパテマ」が話題になっていた頃、この映画の噂も聞いていました。
気になりますね。


>白黒どろろも13話が公開になってます。ああ忙しい。

いよいよですねえ。旧「どろろ」は完走したいと思っています。


>「鬼太郎」
>一つ目小僧が不憫です。5期では準レギュラーだったのに。

OLさんとの恋の行方が気になっていました。
最後まで見られなくて残念でしたが、6期での扱いはもっとひどかった...


>時間感覚の差
>定年前と定年後のサラリーマンにもあるかも

退職して家にいると、あっという間に一日が終わります。
歳とると早く感じますね。ゴールが近づいているせい?


>見てないけれどもあるんだよ。

君の後ろの暗闇に(円盤の山が!!)

[28781] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月05日 (火) 11時08分


礼院坊さん

恵方巻きロールケーキの日持ちはわからないですが、ヤマザキのスイスロールなら6日間、しかも冷凍OKです。
このタイプの食品なら作りすぎても廃棄せずに済みそうです。

他はともかく食べ物の廃棄は止めてほしいです。
なんたって元は生き物なのだし...捨てられるために殺されたなんて浮かばれません。

>恵方巻を食べることで得られるご利益と食べ物を粗末にすることで受ける天罰はどちらが大きいか。

関東のそれは流行とインスタ蝿にたかられた単なるイベントですから...


>テーマソングに弱点を入れたりしてはいけません。

皿小僧はマヌケではありましたが、正直者で自分をよく知っているとも言えそうです。
この点、カツオくんの「星を見上げて」の歌なんかだと、自分に酔いすぎてどーしよーもないです。(^_^;)

[28782] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月05日 (火) 11時41分


>本家ピピはワガママでお転婆で・・・トリトンでなくても手を焼いたことでしょう。

しかも当時のトリトンは自分に自信がないし女の子の相手する余裕なんてないし、
かといってプライドもあるので強がってしまう...という状態でした。
女王様として暮らしてきたピピには、そんな頼りない男の子のパートナーなんてゴメンでしょう。


>(でもロビンならケンカはしなかったと思う)

ケンカにはならないでしょう。
本家ピピはワガママでしたが賢い娘です。頼りになる男の子には、あんな態度をとらなかったと思います。

また、ロビン(ソランやピーターや島村ジョーでも)は女の子のエスコートは上手でした。
ピピがわがままいっても「しょうがないなあ(可愛いなあ)」くらいの余裕がありそうです。

要するに、トリトンはガキすぎた!!!(≧∇≦)


>顔はいいのに身のほど知らずで愚かでピピを泣かせるストーカーロボットになって登場されたらイヤだから。(^_^;)

それ、「鬼太郎」に出てきたトイレのヨースケくん...

[28783] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月05日 (火) 12時07分


>あの組織はもはや人間が作り出した妖怪となり果ててます。巷から一切の流行歌を消滅させてしまいました。

そんな組織に毎年金払っている私は...(あっ、今年の分はまだ払ってないわ←請求書がまだ届かない)

スーパー行っても流行歌はゼロでスーパーのテーマソングばかりですもんね。
クリスマスの時だけは大手では山下さんやワム!の歌を流してましたけど、お金のある大手だからできるのでしょう。
ほかのところは著作権が消滅したジングルベルや賛美歌ばかりでした。

著作権を守ることや著作者の利益を守ることは大切ですけど、
街から流行歌をなくすのはおかしいです。
結果、流行歌のCDが売れなくなって収益が減って、次に目をつけたのが音楽教室。
こうして日本流行歌消滅作戦はちゃくちゃくと進むのでした。

[28784] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月05日 (火) 12時12分


ジャングル大帝(1965年版)の視聴感想です。

★第36話「マスク谷の怪物」
生きて帰れないと言われるマスク谷に入り込んだチーターたちを探しにやってきたレオは、
谷の入り口で恐鳥モアに出会う。
ひとりぼっちで暮らすモアをレオは哀れに思いジャングルに誘うが、モアは新しい暮らしになじめない。
先住者たちとのトラブルの末、モアは元の住処のマスク谷へ帰っていくが...

・大昔、住処を追われてアフリカにやってきた最後の恐鳥モア。
古い生き物は現代ではどこにも住むところがなかったという悲しいお話でした。
この恐鳥モアは鳥と恐竜のハーフみたいな姿に描かれていたけど、本家は完璧に鳥です。
ちなみに本家の恐鳥モアはマダガスカルではなくてニュージーランドの鳥。滅ぼしたのは人間でした。
マダガスカルの巨大な鳥ならエピオルニスでは?(細かくてスマン)


第37話「ほえる魔像」
★ひでりから畑を守るため魔像がある谷に水を引こうと考えるレオだが、そこはカバの聖地だった。
レオ対カバで争いになるが、実はレオのライバルのブブがレオを殺させようとカバをけしかけていた。

・人間同士の水争いで枯れ、動物たちが仲直りして復活する井戸のお話。
レオは今回も強引でしたが、カバのボスが話がわかるヤツでよかったです。
魔像の由来や子供扱いされるマンディ爺さん、ライヤ出現に目の色変えるブブなどコネタも豊富でした。

[28785] 題名: 名前:七色虹之助 投稿日:2019年02月05日 (火) 12時50分

う〜ん、かの組織のやり方は決して擁護出来るものではないけれども流行歌の消滅は彼らだけのせいではないとは思います。

とっくに世代や性別を超えて愛される歌なんてとっくに無くなってるでしょう。

むしろ聴きたくもない歌を聴かされなくなってせいせいしている人も少なくはないと思います。

かの組織も食い淵が減ってさらに弱い者を襲うようになってしまった哀れな被害者なのかもしれません。
(でも退治されるべきだとは思いますが)

[28786] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月05日 (火) 16時59分


午後から散歩兼買い物に。

雑木林ではいつものメジロ、シジュウカラ、近年見かけるようになったエナガ、そしてヤマガラも見ました。
ヤマガラは久しぶりです。まだ居てくれたのだと嬉しく思いました。

スーパーに寄ったら和菓子コーナーで、みたらし恵方巻きや入り豆が値下げして売られていました。
その近くには雛あられの山が! これも3月4日以降は値下げされるのでしょう。

野生生物には厳しい季節ですが、ニンゲンときたら...

[28787] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月05日 (火) 17時37分


七色虹之助さん、どもです。

>世代や性別を超えて愛される歌なんてとっくに無くなってるでしょう。

もうすでにそんな状態なんですか!?
ネットニュースを見ると、少なくともアイドル歌手たちは頑張っている様子なので、
普通の歌手も頑張っているのだと思っていましたが...
私は今はテレビやラジオの歌番組を聴くことはないので、こっちの世界はサッパリです。


>むしろ聴きたくもない歌を聴かされなくなってせいせいしている人も少なくはないと思います。

そういう考えもあるんですね。
確かに苦手なタイプの歌は聞きたくないです、私も。

私には、タダで流行りがわかるスーパーや商店街のBGMは都合が良かったです。
そのことに気づいたのは、それらがなくなってからでした。(>ω<)
今もし世代や性別を超えて愛される歌が生まれても、私は気がつかないままになってしまいそうです。

[28795] 題名: 名前:七色虹之助 投稿日:2019年02月06日 (水) 07時58分

あまりこの話題を引っ張りたくはないのですが・・・

<アイドル歌手たちは頑張っている

「アイドル CD 廃棄」のワードでググってみてください。

実際、職場にもそういうグループのファンの方がいらっしゃって新曲が出るたびに50枚ほど買い込んで処分に困ってらしたのを目の当たりにしています。

まあ売れないで廃棄しちゃう「恵方巻」よりは少しはマシなのかも知れませんが(苦笑)

[28796] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月06日 (水) 10時08分


おはようございます。

関東のこちらは、先ほどは小雨でしたが今は曇りの空です。
寒いですが雪になるほどは寒くないようです。


去年の夏の終わりに痛めた右膝は、寒さのせいか治りきらないうちに再び痛みがぶりかえしてしまいました。
おまけに無傷のはずの左膝まで痛みが。無意識に右膝を庇っていたのだろうと思います。

ウオーキングとスクワットを欠かさないのに何故だろう?
スクワットのやり方をもう一度チェックしてみました。
ネット上に「スクワットを始めたら膝が痛くなった」という話がいっぱいあったからです。

動画を見て、やはりやり方が間違っていたことが判明しました。
スクワットは膝を曲げる運動じゃなくて、腰を曲げるついでに膝を曲げる運動でした。
ためしてみたら痛みも無くてすごく楽にできました。
これで暖かくなったら治るかも? 頑張ろうと思います。

[28797] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月06日 (水) 11時35分


七色虹之助さん、おは...こんにちはです。

「アイドル CD 廃棄」でググッてみました。ああ、コレはさすがに知ってます。
アイドルは消耗品なんでしょうが、ファンも消耗品?
双方がそれで納得しているならいいんでしょうけど。
しかしみなさん、お金があるなあ〜〜〜

私は「嵐解散?ナニソレ」な人間なので、これ以上の発言はやめておこうと思います。
そのくらい流行歌にうといので...

[28798] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月06日 (水) 11時54分


と、言いつつ、もう少し...

近年放送されたアニメの主題歌、副主題歌を聴いて、音源が欲しいかもと思えるような歌がチラホラあるので、
日本の音楽界もそんなに悪くないんじゃないかという気がしてました。

ちなみに最近のお気に入り主題歌or副主題歌はアニメ「グリッドマン」のUNIONや
シンカリオンの最初のEDソングGo One Step Ahead です。
以前はアニメの内容と一致していないようなタイアップソングが多かったですが、
近年はちゃんと主題歌、副主題歌になるような歌になっていますね。

[28799] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月06日 (水) 14時20分


「ゲゲゲの鬼太郎」第42話「百々爺の姦計 妖怪大裁判」の視聴感想にいきます。


粗筋:

一つ目小僧を殺した容疑で裁判に掛けられることになった鬼太郎。
無罪を信じ、裁判の当日を迎えた目玉親父と猫娘でしたが、
鬼太郎のために証言をするはずだった仲間のうち、やってきたのは塗り壁だけ。
砂かけ婆、子泣き爺、一反木綿が不在のまま開廷されてしまいます。

検察の百々爺は目撃者として呼子を呼んでいました。
呼子は「鬼太郎が一つ目小僧を殺すのを見た」と証言、証拠として髪の毛針と鬼太郎のゲタの跡も提出されます。
弁護側の猫娘は必死で反論しますが却下されます。

鬼太郎を弁護するはずのねずみ男は、鬼太郎の人間びいきを問題視する発言をします。

重要参考人として連れてこられたマナ。彼女も必死に鬼太郎の無罪を主張しますが、
しかし人間の彼女を快く思わない妖怪たちも多く、逆に鬼太郎に不利になってしまいました。

裁判長の大天狗は鬼太郎に有罪判決を下し、500年の液状化の刑を言い渡します。
目玉親父は刑の執行前に息子のことを話させてほしいと大天狗に懇願します。
大天狗は許可します。

実はこれは時間稼ぎでした。猫娘とマナは裁判所を抜け出して砂かけ婆、子泣き爺、一反木綿を探します。
三人は百々爺とねずみ男の策にはめられ、動けなくされていました。

目玉親父の時間稼ぎも限界になったところで、猫娘たちがねずみ男を連れて再登場します。
鬼太郎の髪の毛針とされたのは百々爺の鼻毛でした。
百々爺は鬼太郎と葬れば自分がヒーローになれると名の無い妖怪にそそのかされて、
ねずみ男とグルになってひと芝居を打ったことを白状します。

悪事がばれて液状化の刑は百々爺が受けることになり、ねずみ男も偽証罪で尻叩きの刑にきまりました。

無罪確定で放免された鬼太郎は猫娘たちに礼を言います(あんみつセットの約束)。
しかし鬼太郎に笑顔はありませんでした。

その日の夕方、帰宅するマナは名無し妖怪に遭遇し、額に「金」という印を刻まれてしまいました。

[28800] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月06日 (水) 14時22分


感想−1:

猫娘は有能だなあと感心しました。目玉親父との息もぴったり。

他方マナちゃん。まさかこういう使われ方をされるとは。
鬼太郎を弁護すればするほど鬼太郎の不利になってしまう...
妖怪の中には人間を快く思わないものも多くいて、今回はそれを利用された感じです。

鬼太郎が過去に妖怪を殺してきた事実は違いない。
彼は人間を守るためにやったこと。
でも人間を嫌いな妖怪からしたら鬼太郎も百々爺も同罪なんですね。


裁判の仕組みが現代的でリアルでした。
先日見た「ジャングル大帝」の裁判シーンみたいなシンプルなのでも良かったようにも思いますが、
これが今の「鬼太郎」のお話なんですね。法廷ドラマが人気だからかな?

しかしそれなら髪の毛針と鼻毛針をきちんと見分けて欲しかったです。
(妖怪はDNA鑑定できないのか?)


「妖怪にとっての500年と人間にとっての500年は違う」と涙ぐむマナ。
この言葉には、さすがのねずみ男も少しは反省した様子でした。

ねずみ男は「たいした時間じゃない」、でも目玉親父は「妖怪といえど今生の別れ」。
妖怪にとって500年は人間にとっては何年くらいなんでしょう。


ねずみ男が金に目がくらんで鬼太郎を裏切るのは珍しくもなんとも無いけれど、
砂かけ婆、子泣き爺、一反木綿が出てくればいっぺんにバレるのに、懲りないヤツだ。
それにしてもあの大金、百々爺はどうやって用意したのでしょう。

黒幕だった名無し妖怪。
彼の狙いは傍聴席の妖怪たちから大量の悪意を湧き上がらせることでした。
鬼太郎がはめられたのは、鬼太郎なら傍聴席がいっぱいに出来るからで、
鬼太郎が有罪でも無罪でもどうでもよかったのかもしれません。

そうして首尾よく悪意を吸い込みマナの額に刻んでいました。
残るは「水」。5つ揃った時どうなるんでしょう。

[28801] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月06日 (水) 14時25分


感想−2:

過去の「妖怪大裁判」では、たしか鬼太郎がヌードになって逃げて暴れていた記憶が...
今回は猫娘やマナの前だからヌードは止めたのかな?
まあ今期、鬼太郎は第1話でマナに裸を目撃されてましたけど。

小次郎が登場していましたが、マナを見て驚いただけで何もしませんでした。
(あいかわらずドンくさいヤツ)

はめられて目撃者にされた呼子は鬼太郎に不利な証言するのが辛そうでした。
呼子はアニエスの件で鬼太郎に良い感情持ってなくて、そこにつけ込まれたのかと思ったんですが、
そんなことはありませんでした。

第5期ではOLさんとの恋仲になりそうだった一つ目小僧ですが、今期は気の毒な役になってしまいました。
本人は鬼太郎にやられたと思い込んでいるんだろうなあ。
早く復活できて誤解も解けますように!


注目したコト:

 ★猫娘とマナの厚着ファッション

 ★百々爺の鼻毛を嫌そうに見る猫娘

 ★目玉親父の話の内容は「墓場鬼太郎」(水木さんと洪水の話)

 ★酔いつぶれた子泣き爺に渾身の猫キック


次回は「おどろおどろ」。
人体実験とか何とか、タイトルからして怖いです。( ̄Д ̄;;)

[28802] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月06日 (水) 17時55分


3時から「はやぶさ2」記者説明会をライブで見ました。

ポイント:

★タッチダウン(着陸)は2月22日の朝8時ごろ。

★タッチダウンの場所は、去年ターゲットマーカを落としたすぐ近くの狭い領域。

★「はやぶさ2」はリョウグウの斜面にそって斜めに降下し、
 ターゲットマーカを自分で見つけて、それを目印に教えられた着陸地点へ自分で降りる。

★成功したかどうかはわかるのは9時過ぎ。


3億キロの向こうにいる探査機を、ゆっくり動く四畳半ほどの場所に下ろすんです。
当初の予定では「100メートル四方のどこかに降りる」だったのに。
でもそこしか降りる場所がありません。

ボディ前方に付いたサンプラーホーンの長さは1メートル。
危険な岩にボディ下部が当たる確率を少しでも減らすためにケツ浮かしてタッチダウン。
(つまり初代のように地面に垂直には降りない)
こんなことホントにやるんかい!と思うほどスゴイです。


これを見ると広い砂地があったイトカワは優しかったなあ。
初代は落としたターゲットマーカを追いかけて降りていけばよかったのだから。

[28803] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月06日 (水) 18時03分


タッチダウンさえ成功すればサンプルは取れるとのこと。
地上で試験して良い結果が出ました。どのくらいとれたかはカプセルを開けないとわかりませんが。

サンプラーホーンの先端を見張る寄付金カメラが、また良い仕事してくれそうです!

タッチダウンは全部自動で行われます。リュウグウまで電波が届くまで20分かかるため地上から指令出しても間に合わないので。
何かあったら予定キャンセルしてすぐに上昇して逃げるようにしてあるそうです。
もう不時着したり行方不明にしたりは絶対にできませんから。

どうか成功しますように(せめて無事に終わりますように!)


当日ライブ配信も予定しているそうです。
ただし相模原の宇宙研の展示室は当日は朝が早いので開放はしないそうです。

ファンの声を見ると、もう、当日風邪をひいて仕事を休むことが決定している人がいました。(^_^;)

[28806] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月06日 (水) 21時11分


鉄腕アトム(1980年版)視聴しました。
 

★第38話「アトム対アトラス8 衛星破壊!プロトン砲」
超破壊兵器プロトン砲の威力の証明のため木星の衛星アマルティアへ向かったドブロフ博士。
それをを止めるためアトムもアマルティアへ。
一方、世界征服したいワルプルギス(アトラスの製造者)はリビアンを人質にとり、
アトラスを脅してプロトン砲を奪わせようとしたため、三者がアマルティアで激突することに。

・いろいろとヤマトでした。
まあ、初代ヤマトは虫プロメンバーが中心になって作っていたので逆輸入なのかもだけど。
そういえば、アトムとアトラスが元の設計図が同じなため共鳴してしまうところは2202の白と黒のサーベラーと似てますね。
リビアンはメイド服の方が似合っているし可愛いけど、今回はレオタードの彼女の方が作画がよかったです。



★第39話「盗まれた太陽」
お茶ノ水博士が作った強力な人工太陽で世界を征服しようとする男・メイスン。
メイスンに立ち向かうのは英国の私立探偵ホームスパン。大のロボット嫌いだが実はサイボーグだった。
お茶ノ水に化けたホームスパンはメイスンのアジトに潜入し、人工太陽を追ってきたアトムと合流。
最初は共闘することを拒絶するホームスパンだったが、アトムの誠意を知って気持ちが変っていく。

・ホームスパンは七色いんこでした。劇画タッチのイケメンに描かれていてアクションも派手。
ロボットがピアノで人工太陽を操るところで、旧白色彗星帝国のつながり眉毛を思い出しました。
(やっぱりサーベラーよりこっちだな)
頭を撃たれて最後はロボットになってしまったホームスパン、エイトマンみたいなものなんでしょうか。

[28807] 題名: 名前:メタ坊 投稿日:2019年02月06日 (水) 22時05分


お邪魔します。

 シンカリオン見ました。

 コメントは

 ねんどろいど発音ミク予約開始
 (ねんどろいどというのは二頭身に近いデフォルメキャラの商品名)
 アニサキス
 (礼院坊さんを思い出しました)
 シャショットいらない
 (一人で紅変身シーンで)
 製作会社変わったらしい
 (53話から体制が変わったらしいです)
 劇場版かと
 (予告の感想)
 ここはいらない
 (予告の本庄告白シーンで)

 などが記憶に残りました。

 撤退するだけの話というのは珍しいですね。
 「帰ろう、帰ればまた来られるから」という有名なセリフを思い出しました。
 昔の熱血主人公たちにはできなかったことです。

 ハヤト父久々の登場でしたが、忙しかった理由はわかりませんでした。声優さんの都合?


 うる妻様

>「妖怪大戦争」
>主役の男の子が可愛かったです。

 実力派俳優兼声優として成長しました。「君の名は。」の瀧くんもこの人です。

>スーパー

 福豆が大量に見切り品コーナーにあったので買いました。

>子泣き爺に渾身の猫キック

 あれだけ吹っ飛ぶってすごいパワーです。

>「はやぶさ2」

 いよいよですね〜。着陸場所が見つかってよかったです。

礼院坊様

>テーマソングに弱点を入れたりしてはいけません

 どこで読んだかはっきり覚えてませんが、子供向けの読み物で
 「なーすのにじるがこーわいよ」と歌いながら現れるキノコのお化けの話を
 読んだ事があります。茄子の煮汁をかけられて退治されます。
 悪者が弱点を口にしてしまうのはけっこうありそうですね。

 さすがにヒーローでは思いつきませんが、ウルトラマンのカラータイマーなんか
 考えたら相手にもバレバレでは。

[28808] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月07日 (木) 09時43分


おはようございます。

関東のこちらは、ちょっと雲が大目の晴れ。
昨日の雨のせいで霞がかかっている感じです。


昨日ネットニュースで、人前で薬を飲むのはマナー違反?という話題を知りました。
ファミレスで薬を飲んで隣の人から注意された人がいたそうです。
私は毎年花粉症の薬を飲まねばならないのに、そんなマナー知らないわと一瞬焦りましたが、
読んだところ特にマナー違反というわけじゃなさそうなのでほっとしました。

その人はたまたま変ったマイルールを持つ人に当たっただけなのでは?と思いました。
あるいは「病人はファミレスに来るな」という意味だったのかも。


他人が薬を飲むのを見て不愉快と感じる人はいるようです。
ただでさえ年寄りに風当たりの強い時代&ヨソサマからいろいろ言われやすい人間なので、
私がこの先、外で薬を飲む時は目立たないように気をつけたいと思います。

[28809] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月07日 (木) 10時35分


メタ坊さん、おはようございます。


>ねんどろいど発音ミク予約開始

画像を見ました。照れ顔はいいとして乗り物酔いで気持ち悪くなっている顔って...(^_^;)
出来はよさそうですね。メタ坊さん買いますか?


>製作会社変わったらしい

亜細亜堂からSynergySPに変っていますが、特に変化は感じないです。


シンカリオン第56話の視聴感想はのちほど...



>「君の名は。」の瀧くんもこの人です。

びっくり!
瀧くんの中の人も可愛かったんだ!!


>福豆が大量に見切り品コーナーにあったので買いました。

私も買うかどうか迷ったんですが...(消化が悪い)


>あれだけ吹っ飛ぶってすごいパワーです。

鬼太郎のピンチでもなければ、あそこまでやらなかったでしょう。


>いよいよですね〜。着陸場所が見つかってよかったです。

あと二箇所のタッチダウン場所が見つかるのか心配です。
3回とも同じ場所になったりして...



ヨコレスですが

ヒーローは主題歌で弱点をバラしたりはしませんが、ギャグ系だと時々ありますね。
オバQの犬の他、グズラは注射が嫌いとか。

[28810] 題名: 名前:七色虹之助 投稿日:2019年02月07日 (木) 10時58分

主題歌で弱点をと言えばハクション大魔王もそうですね。

[28811] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月07日 (木) 12時14分


七色虹之助さん

大魔王の弱点って数字でしたっけ?(私もそうだ...)
この先、花粉症の季節に突入しますから、大魔王はあちこちから呼ばれっぱなしになりそうですね。(^_^;)

[28812] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月07日 (木) 12時17分


「新幹線合体ロボ シンカリオン」第56話「豆!! 鬼のセイリュウ」の
視聴感想に行きたいと思います。


あらすじ:

シンカリオンと敵組織・キトラルザスのすべての鍵を握っている人物イザ。
彼との直接対話を考えるセイリュウ。そしてハヤト。
地底への入り口である桜島の火口に降りるためには空を飛べるシンカリオンが必要です。
そのため九州・門司支部の大空レイに同行してもらうことになりました。
門司支部に着いた大宮組をレイ、ギン&ジョウ、タカトラが節分モードで迎えます。

ハヤト、セイリュウ、レイが組むのは初めてでした。
ハヤトを慕うレイはやる気満々。怖いもの知らずの性格です。
同じく「怖い」という感覚がわからないというセイリュウにも親しみを持った様子です。

3人のチームワークを危惧したフタバが考案したテストは節分便乗の鬼ごっこでした。
まんまとひっかかって豆つぶてを浴びまくるレイを見て、少し不安に思うハヤトとセイリュウ。

E5と800リンク合体して火口を降りるハヤトとレイ。セイリュウはブラックシンカリオン・ドラグーンモードです。
地下に降り、リンク合体を解いたところでソウギョクが差し向けた怪物が一頭やってきます。
刺激しないようやりすごそうとするハヤトとセイリュウに対し、レイは怪物を追って飛んで行ってしまいます。
すると怪物たちが多数あらわれてレイをフルボッコ、助けにはいったハヤトですが多勢に無勢、
危ういところをセイリュウに救われます。しかしレイは敵の真っ只中に取り残されてしまいました。

レイを置いていけないと叫ぶハヤトを見て、セイリュウは失った兄弟ビャッコとゲンブを思い浮かべます。
ハヤトを悲しませるわけにはいかない!!
セイリュウは赤く輝き、次の瞬間ブラックシンカリオンは紅モードに変わっていました。

セイリュウはハヤトを安全なところに置いて引き返しレイを救助。
テストの鬼ごっこを思い出し、力を合わせて怪物たちを葬り去ることに成功します。


地上に戻り「怖かった〜〜!」とハヤトにすがりついて号泣するレイ。
イザと会うことはできませんでしたが、また仲間の団結がいっそう強くなったシンカリオンチームでした。

[28813] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月07日 (木) 12時17分


かんそう−1:

先走りクセのあるレイ。技術者で天才児のレイだけど精神年齢は歳相応だったようです。
怖いものがわかって、自分がわかってよかったです。
あとね、今の科学でわかんないことって山ほどあるぞ。それがわかると大人になるのかも。

上司の小倉指令長がレイの出撃に難色を示したのは、レイの性格を知っていたからなのでしょう。

レイが怪物を追いかけていかなくても、こっちの動きはカイレンも読んでいるから、
どのみち今回はイザがいる最深部にはたどり着けなかったでしょうね。次、がんばれ。


ハヤトは今回も戦闘ではいいとこなし。でもりっぱなリーダーでした。
ハヤトはセイリュウにもレイにも良い先輩ですね。
戦況を見守っていたアキタは冷静な司令官ぶりでした。


セイリュウは地底に残ったスザクを気にかけていましたね。ホント、彼女無事なんでしょうか。
そしてセイリュウはビャッコとゲンブのことも大切に思っていました。
今度の戦いで学んだ「怖いこと」は、「大切な人を失うこと」なんでしょうね。

セイリュウがハヤトの力になりたいと思ったとき、彼とブラックシンカリオンに変化が現れました。
おー、シャショットいらないじゃん!!取り合いにならなくて済むぞ。よかったよかった。
(また出番が減ってすねそう)
紅になったら足元のドラゴンは消えてました。強くはなるけれど万能ではない様子です。


今回はCGのシーンが多かったのですが、よく動いていました。
制作予算はたっぷりある様子です。オモチャがバカ売れしてるもんなあ。
そりゃスポンサーもお金をつぎ込むわ。
(JR東の新幹線の利用客は増えたのだろうか?)

そして金ヅルは逃さない...と。
対地底編は3月いっぱいでお仕舞いですが、4月以降は新しい敵を迎えて続くそうです。

[28814] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月07日 (木) 12時19分


かんそう−2:

本編も良かったんですが、次回予告じゃない最終章突入予告の方もいろいろ濃かったです。
何なんだ、またエヴァ風な文字は。(@.@;)


イザの過去、ホクトの過去。イザこと八代イサブロウは初代の所長だったんですね。
事故でいきなり消えてしまったって、残された職員は後が大変だったろうなあ。
しかし画面を見ると結構ユーモラスな爺さんで悪い人には見えません。

地底人社会で何が起きたのか、なぜ滅びつつあるのか、イザの目的は何なのか、

スザクさん、再び巨大化させられるみたい。
セイリュウに新たな試練が...?

本庄さんはフタバさんに告白できるんでしょうか?

東総指令長とペンギン、また出るみたいですよ。
彼の正体バレはまだかな。




で、一番気になるのはゲンブさんを復活させる方法です。ビャッコも助かるかも。


注目したコト:

 ★アニサキス怖い

 ★アキタ「かかったな(ニヤリ)」

 ★ちびまるこ風キトラルザス。特にソウギョクお母さん!


どうしても地底人たち関係に目が行っちゃいますが、サポート役の子供たちもよかったです。
アズサは世話好きなお姉さんキャラに進化しつつありますね。



次回は「キトラルザス特別編!」と称して、ハヤトたちと地底人・キトラルザスたちの戦いと対話の軌跡を描くそうです。

[28815] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月07日 (木) 18時20分


去年、手塚アニメ無料配信サービス期間中に旧作「どろろ」を12話まで見たつもりになってましたが、
今日になって5話まで見ていなかったことに気づきました...( ̄x ̄;)

まあ、間があいちゃいましたが気にせず、見られる分だけ楽しもうと思ってます。


Gyaoの「どろろ」ページを開くとペットボトルのお茶のCMが入ります。
そのBGMが「アトム」なんですねえ。
たしかに「どろろ」見る人間の何割かは「アトム」も知っているだろうな。

[28816] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月07日 (木) 20時20分


>「ゲゲゲの鬼太郎」第42話「百々爺の姦計 妖怪大裁判」


>裁判の仕組みが現代的でリアルでした。

>法廷ドラマが人気だからかな?

刑事ドラマとか、法廷ドラマとか、私はほとんど見ませんが、たまによその家に遊びに行ったりした時に見ることがあります。
たしかに法廷ドラマみたいな演出でしたね。半世紀前と違い、大人の視聴者も多いからでしょうか。

私などは大人でもそのような配慮は無用の視聴者ですが。


>しかしそれなら髪の毛針と鼻毛針をきちんと見分けて欲しかったです。
>(妖怪はDNA鑑定できないのか?)

DNA鑑定するまでもなく、鼻の利く妖怪かもしくは普通の犬に毛針のニオイ嗅がせればどちらのものかわかりそうなものですが。

この裁判は証言ばかり重視で物的証拠を軽んじ過ぎです。特にあの下駄の跡!

事件現場からゲゲゲハウスまで途切れることなく続いていたのか、きちんと調べれば・・・下駄の跡が途中からねずみ男の足跡に変わっていたはず。
たとえねずみ男が偽装工作のために鬼太郎の下駄を履いて歩いていたとしても、鬼太郎とは歩幅も体重も歩き方の癖も違うでしょうから簡単に
見破ることができたはず。

・・・なんてまあ、あまりツッコミ過ぎると普通の裁判ドラマみたいになって30分じゃ終わんなくなっちゃいますね。(^_^;)
鬼太郎の「妖怪大裁判」は形式だけ現代的でリアルなところでよいのでしょう。

でも妖怪の能力が人間以下というのはちと寂しいかな。

[28817] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月07日 (木) 20時20分


>妖怪にとって500年は人間にとっては何年くらいなんでしょう。

目玉親父にとっては今生の別れということですからして・・・

フルボディーバージョンのイケメン目玉親父は(人間換算年齢で)20代に見えました。鬼太郎が生まれたのはそのあとですから、
まあ鬼太郎が生まれた時が30代として・・・鬼太郎が現在12〜14歳くらいとすれば、目玉親父は40〜50代。

妖怪時間500年は人間時間50年くらいじゃないでしょうかね?換算比10:1。

百々爺は液状化700年ですか。こちらは70年くらいに相当ですかね。刑期を終えた時、彼の命は残っていないでしょう。事実上の終身刑。

ねずみ男は尻敲き百回か。刑場で悲鳴をあげるねずみ男も見せてほしかったです。受刑後、尻を真っ赤に腫らしたねずみ男を見て
「ねずみというよりサルじゃのう」と言って笑うこなき爺と砂かけ婆の姿が目に浮かびました。

[28818] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月07日 (木) 20時21分


>★酔いつぶれた子泣き爺に渾身の猫キック

このシーン、猫娘が猫変化(ネコ目、ネコ爪、ネコ牙になる)して「にゃーお!!」と吠えながら両足で蹴飛ばしたらもっと「らしかった」と思います!

>ねずみ男が金に目がくらんで鬼太郎を裏切るのは珍しくもなんとも無いけれど、
>砂かけ婆、子泣き爺、一反木綿が出てくればいっぺんにバレるのに、懲りないヤツだ。

鬼太郎の処刑後、バレたらどうなっていたんでしょう。尻敲き百回より重い罪になっていたと思う。
いつも失敗する彼のビジネス同様、詰めが甘いですね。

>それにしてもあの大金、百々爺はどうやって用意したのでしょう。

あ、これは考えませんでした。たしかにそうだ。1億円はあるとねずみ男が言ってましたが、どうやって手にしたのだろう?
調べてみましたが、百々爺には発電したりダイヤモンドを作ったりするような大した妖力はないようです。

いまだその力は未知数な名無し妖怪が何らかの悪事を働いて用立てて百々爺に授けたか。

[28819] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月07日 (木) 20時21分


>過去の「妖怪大裁判」では、たしか鬼太郎がヌードになって逃げて暴れていた記憶が...

第2期鬼太郎の「妖怪大裁判」の録画を見てみました。ウン、処刑の際に鬼太郎は身ぐるみ剥がされてヌードをお披露目してますね。

溶解液の入った甕の前で手錠(このときも蛇だった)を解いたとき鬼太郎は暴れて逃走しました。このとき鬼太郎はカメレオンのように周囲の背景に
カムフラージュするというヌードならではの妖術を使ってました。すごい!

霊毛ちゃんちゃんこもリモコン下駄も没収された鬼太郎でしたが髪の毛針は使えました。そしてあの髪にはもう一つ、長〜く伸ばして相手に巻き付かせる
という大技もありました!これも全然覚えていませんでした。ハダカにされても鬼太郎恐るべし!

それにしてもあの髪・・・あんな技が使えるならニッチのお姉さんみたいに腰と胸に巻き着ければよかったのに。(*^o^*)<せくしー!

あ、胸はいらないか。(*≧∇≦*)`

[28820] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月07日 (木) 20時23分


第2期のほうは、ねずみ男が売れない映画会社に「妖怪を撮影させてやる」とだまして50万円せしめたことが発端でした。
彼の詐欺を知った百々爺がそれをさらに利用して鬼太郎を陥れ、自分が妖怪世界のボスになろうと謀ったのです。

百々爺はねずみ男を抱き込んで、鬼太郎に恨みを持っている妖怪たちに「妖怪パーティー」の招待状を鬼太郎の名で送ります。そしてねずみ男が騙した
映画会社にこれまた鬼太郎の名で手紙を送ります。妖怪パーティーの会場と日時を知らせ、それを隠し撮りするよう指南したのです。

果たして森の中で大勢の妖怪たちの盛大なパーティーが催されました。映画会社はその様子を物陰から赤外線カメラで隠し撮りしました。
もちろん、鬼太郎はそんなこと知る由もありません。

夜が明けると妖怪たちは姿を見せなかった「主催者」の鬼太郎をなじりながら去っていきました。

本物の妖怪を撮影した映画は空前の大ヒット。映画会社はウハウハでした。しかし妖怪の世界では人間に妖怪のことを知らせるのはご法度。
百々爺とねずみ男は「鬼太郎が映画会社に我々妖怪を売った」と妖怪警察にタレ込みました。

で、鬼太郎は逮捕・裁判という運びになりました。鬼太郎は今期と同様の一方的な裁判で溶解刑(液状化刑と同じと思われる)500年の判決。


今期の鬼太郎は裁判のシーンがいま風でしたが、こちらのほうは・・・

鬼太郎が逮捕されるシーン。ゲゲゲハウスを取り囲んだ妖怪警察(カラス天狗たち)が「お前は包囲されてる!」と呼びかけたり・・・

ねずみ男が証言台で国会演説風の口調とジェスチャーで嘘八百を述べたり・・・

髪の毛針を繰り出すハダカの鬼太郎に対し、百々爺と彼の配下の妖怪たちが盾と棒の機動隊スタイルで戦ったり、さらにその彼らに対して
化けガラスたちが上空からの投石で鬼太郎を援護したり・・・

といったシーンが当世風でした。


子泣き爺がねずみ男に睡眠薬入りの酒を盛られたり、一反木綿が百々爺の鼻毛針で木にハリツケにされたりして
出廷を妨げられるというシーンは今期と同じでした。

[28821] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月07日 (木) 20時24分


最後はねずみ男と百々爺が仲違いして自滅するという展開でした。ねずみ男は自分が鬼太郎亡き後の妖怪世界のボスになるつもりでしたが、
百々爺が彼をコテンパンに伸して自分がボスになってしまったのでした。ねずみ男はもとよりそんな器じゃないのにね。

ちなみに妖怪パーティーの費用はねずみ男が詐欺で得た50万円。百々爺に騙され、利用され、おまけにスッテンテンにされたねずみ男は
鬼太郎に泣きついたのでした。ハダカの鬼太郎がねずみ男にきついビンタをお見舞いするシーンがありました。


・・・で、鬼太郎は無罪放免。

首謀者二人の刑罰は今期よりずっと軽いものだったので拍子抜けしました。百々爺が禁固3年、ねずみ男が同1年でした。
鬼太郎の溶解刑500年に比べ、これじゃバランス取れません!

しかもねずみ男は鬼太郎の嘆願により同3か月に減刑されました。昭和の鬼太郎、やさしいですね。尻敲き100回だったら30回くらいに
減らしてもらえたでしょうか。

今期の鬼太郎はねずみ男にビンタはしないけど減刑の嘆願もしません。

厳しくも優しい時代だったんだなあと思いました。

[28822] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月08日 (金) 12時57分


関東のこちらは朝は晴れ。でも今は曇っています。
明日の予報は曇りと雪。ホントに降るんでしょうか?
ともかく寒くなりそうです。


午前中、メタボ文鳥をペット病院に連れて行ってました。
体重が前回より1.5グラム減ってました。人間換算だと3キロか4キロ減くらいかな。
でもまだまだ皮下脂肪が多いので、餌の配合をより低カロリーに変えてダイエットは続きます。

飼い主の方はホッとして、帰りにケーキ買ってきました。(うははは〜〜〜)

飼い主は鬼か〜と言われそうですが、ダイエットフード(オーチャードグラスの種=カモガヤの種)は、
高たんぱく低カロリーで小鳥たちが喜んで食べる美味しいゴハンです。

[28823] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月08日 (金) 13時20分


昨夜、Gyaoの旧「どろろ」を見ようと思ったら、途中で止まって動かなくなってしまいました。
どうも私は「どろろ」とは相性が悪そうです。



「妖怪人間ベム」が再びアニメ化されるそうです。
アニメは3本目になりますね。ユルいのも合わせると4本目かな。

私が見て知っているのは1作目とドラマ版と、それの映画版です。これらは面白かったです。
でも新作はベラが少女なんですね。雰囲気がだいぶ変わりそうです。

どSな雰囲気のお姐さんでは今の時代に合わないのでしょうか。
ドラマ版は近年でしたけど...

[28824] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月08日 (金) 13時33分


礼院坊さん

「鬼太郎」のレスありがとうございました。


>鼻の利く妖怪かもしくは普通の犬に毛針のニオイ嗅がせればどちらのものかわかりそうなものですが。

臭いを忘れてました! その方法がありました!!

狐妖怪の白山坊なんか嗅覚が鋭そうです。猫娘も鼻が利くのでは?
証拠品の「鬼太郎の髪の毛針」(実は百々爺の鼻毛)の臭いを近くでかぐことが出来たら
鬼太郎のものではないと一発で気づいたのではないでしょうか。

烏天狗はカラス属性で鼻は利かなかったのでしょう。
百々爺はそこまで読んでいたのかな?


>あまりツッコミ過ぎると普通の裁判ドラマみたいになって30分じゃ終わんなくなっちゃいますね。(^_^;)

ですね。
今回の鬼太郎は大人しかったですが、猫娘の大活躍を見られたのでよかったです。

[28825] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月08日 (金) 14時07分


>妖怪時間500年は人間時間50年くらいじゃないでしょうかね?換算比10:1。

ねずみ男の500年と目玉親父の500年は、どうも違うのではないかと感じています。
妖怪の寿命はバラつきが多いのでは? 平安時代から生きている妖怪なんかもいたはずです。
鬼太郎親子の場合は50年くらいということかもしれません。

枕返しの回の完全体目玉親父は、私は40歳くらいかなと思いました。
「シンカリオン」のハヤト(11歳)の父親ホクトは40代前半ということなので、同じくらいかと。


ねずみ男が受けるという尻叩き百回の刑で、とっさに思い出したのは「未来少年」のコナンが、
相棒を庇って自分が受けた尻叩きの罰でした。
お尻が脹れあがって巨大化して本人発熱してグッタリ。気の毒でした。

ねずみ男の場合は、そのくらいの罰受けても「まだぬるい!」ですが。

[28826] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月08日 (金) 14時27分


第2期鬼太郎「妖怪大裁判」の粗筋と見どころのご解説、ありがとうございました。
読ませていただくうちに思い出しました。この回、作画監督が窪詔之さんでした!

そう、妖怪パーティを人間に見せたことでした、鬼太郎の罪状は。


>ゲゲゲハウスを取り囲んだ妖怪警察(カラス天狗たち)が「お前は包囲されてる!」
>ねずみ男が証言台で国会演説風の口調とジェスチャーで嘘八百
>百々爺と彼の配下の妖怪たちが盾と棒の機動隊スタイルで戦ったり
>化けガラスたちが上空からの投石で鬼太郎を援護

うはは〜〜懐かしい!
...って喜ぶことじゃないですが、こんなシーンが連日ニュースで流れていましたっけ。

放送される時代に合わせておこなわれていたんですね、「妖怪大裁判」は。
この調子だと次回はハイテク裁判になりそうです。

[28827] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月08日 (金) 14時59分


>妖怪パーティーの費用はねずみ男が詐欺で得た50万円。

50万かけてパーティを行い、映画会社からせしめた金も50万だったということでしょうか。

当時の50万は今だったら500万近い金額だったと思います。
それでも今期のねずみ男が得たのは一億円以上でしたから、第2期はだいぶ安かったですね。
ただしすぐに全部失ったはずですけど。


>百々爺が禁固3年、ねずみ男が同1年でした。
>鬼太郎の溶解刑500年に比べ、これじゃバランス取れません!

これは驚き!軽すぎます(@.@;)
妖怪パーティを人間に見せた罪プラス鬼太郎を陥れた罪ですから重くならないとおかしいです。
裁判が進むにつれて“妖怪パーティを人間に見せた罪”は不問に変ったんでしょうか。
なら鬼太郎の刑の執行前に発覚したから、これで済んだのかとも思いましたが。

なんだかユルユルな妖怪裁判。
こんなにゆるいのは、実は妖怪は壷の中で一度溶けても簡単に元に戻るのかも...


>今期の鬼太郎はねずみ男にビンタはしないけど減刑の嘆願もしません。

なにも悪くない一つ目小僧が犠牲になってましたからね。
それがなければ、あるいは...

[28828] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月08日 (金) 21時10分


ゲゲゲの森には動物妖怪がたくさんいますからね。猫娘がニオイを嗅ぎ分けるシーンというのは意外と記憶にないのですが、
鬼太郎、砂かけ、子泣きなどの人間型妖怪よりは鼻が利くはずです。

>烏天狗はカラス属性で鼻は利かなかったのでしょう。
>百々爺はそこまで読んでいたのかな?

こと犯罪捜査とか裁判とか、そのテのことになると妖怪が人間ほど頭良くないと知っていたのでは?

人間はしょっちゅう悪いことしますから、そのテのことにかけてはものすごく高度な知恵を発達させてます。でも基本のどかでのんびりな
妖怪世界では犯罪はたまにしか起こらないのでしょう。なのでこういうことに関しては人間よりも未熟なのでは?


>枕返しの回の完全体目玉親父は、私は40歳くらいかなと思いました。

「枕返し」の回を見直してみました。うーん、やっぱり私の目には若く見えてしまいますゥ。/(^▽^;)
でもあのとき彼は鬼太郎の父親として登場したのですから、やはり鬼太郎が生まれた以降の年齢じゃないと辻褄合わないですよね。

老人言葉で風呂好き・・・そういえば私は田の中さん声だった頃から目玉親父を年寄りっぽいイメージで見ていました。
「枕返し」の完全体目玉親父はバトルシーンのみでした。のんびりと風呂に浸かって老人言葉で鬼太郎と語り合う姿も見てみたかったです。

あ、でもゲゲゲハウスにバスルームの設置は無理か、床が抜けちゃいますね。木の下にもう一つ小屋を作って檜風呂かな。

>「シンカリオン」のハヤト(11歳)の父親ホクトは40代前半ということなので、同じくらいかと

ホクトは40過ぎですか、私はまだ30代と思ってました。皆さんお若いですね。
私もまだまだ老け込んではいられません。頑張らねば!

[28829] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月08日 (金) 21時11分


「未来少年コナン」の尻敲き、私もよく覚えてます。腫れ上がったコナンのお尻が焼けた鉄みたいに赤い光を放って、
水をかけると「じゅ〜!」っと湯気が立ち上ってましたっけ。あのシーンは忘れられません。

>ねずみ男の場合は、そのくらいの罰受けても「まだぬるい!」

そんな状態でねずみ男が最臭屁器を使ったら発火して大爆発が起こりそうです。


>作画監督が窪詔之さん

確認しました。窪さんは鬼太郎の作画監督もされてたんですね。
これは見落としておりました。


>放送される時代に合わせておこなわれていたんですね、「妖怪大裁判」は。
>この調子だと次回はハイテク裁判になりそうです。

第7期は順調なら10年後。百々爺とねずみ男がサイバー犯罪でもやって鬼太郎に罪を擦り付けるんでしょうか。
ロボットに付喪神が憑りついた新種の妖怪(実質アトム同様)も登場したりして。

水木さんもあちらの世界でびっくりされることでしょう。

[28830] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月08日 (金) 21時13分


>>妖怪パーティーの費用はねずみ男が詐欺で得た50万円。

>50万かけてパーティを行い、映画会社からせしめた金も50万だったということでしょうか。

そうです。映画会社にしてみればそれでちゃんと映画が撮影できてしかもそれが大当たりしたのですから、騙されたという
意識はなかったでしょう。50万円は単なる経費でしょうね。ねずみ男には感謝してると思います。

で、そのねずみ男は百々爺に騙されてその金を全部妖怪パーティーのために使わされ、なんにも残らず。
詐欺師が詐欺師に騙されたお話でした。


>妖怪パーティを人間に見せた罪プラス鬼太郎を陥れた罪ですから重くならないとおかしいです。

ですよね、これどう考えても納得できません。サイコロ振って決めたんでしょうかね。
妖怪の法体系は摩訶不思議。


>なにも悪くない一つ目小僧が犠牲になってましたからね

今期のほうは犠牲者が出ていたのでした!ただの詐欺ではすまない、殺人です。
百々爺の液状化700年はごく当然。ねずみ男も尻敲き100回なら軽いですね。

[28841] 題名: 名前:メタ坊 投稿日:2019年02月09日 (土) 08時54分

 うる妻様

>「妖怪人間ベム」が再びアニメ化

 妖怪人間ベム、アニメでリメイクということで手元にある
漫画単行本を読み返してみました。

 「妖怪人間ベム(田中憲著)」(ぼくら連載)
 テレビ放送前から「ぼくら」で連載していたものです。
当時リアルタイムで読んでました。
 テレビの設定が固まる前に連載開始したということで
変身後の姿など設定があちこち違いますが好きな作品です。
 この作品では妖怪人間は第二次大戦中に兵士として開発されたのですが
科学者が裏切って正義の心を持たせたということになってます。
これはテレビ版の没設定みたいに書いてあります。
 別の国で作られた第4の妖怪人間も登場します。
「サスケ」の頃の白土三平さんっぽい絵柄です。

 「妖怪人間べムRETURNS(津島直人作画)」(少年ガンガン連載)
 1990年代にアニメリメイク企画があったらしく、それに合わせて
漫画もということになったものの結局アニメはポシャッって漫画だけ
実現したとの事。
 近未来の話になっていて、遺伝子工学が進んでいてキメラ(獣人)も
普通にいる世界という設定。こちらでも妖怪人間は戦争のために開発
されたものの天の声に導かれて世界を旅して妖獣を倒すみたいな。
 ベムたちは旅をしながら人間に差別される獣人を助けたりもします。
 ベムは念力、ベラは瞬間移動、ベロは読心とそれぞれ異なる超能力を
持つ設定です。この作品ではベムたちは何故か金持ちです。
 ベラは顔を傷付けられると別人のようにキレル、みたいな描写も。
 後半大幅な路線変更があって世界の支配者と戦うみたいな話になり、
敵味方に様々な妖怪人間が登場します。
 弟にあたる妖怪人間と戦うようにもなります。
 絵柄がいかにも子供向けなので最初甘く見てましたが結構いい話が
あり、アニメにしたら面白かったかもと思います。

 「妖怪人間ベム(高橋秀武著)」(ヤングジャンプ連載)
 アニメリメイクのタイミングで描かれたらしい作品。舞台は第二次大戦
終戦の頃のヨーロッパ。国防軍の兵器として開発されたベムたちが脱走して
人間になるための方法を探してさ迷います。原則妖怪退治はしません。
 人間にかかわるたびにベムたちの心が傷付いていく感じです。
 青年ベムが主人公でベラは16、7歳設定。ベムに直球で求愛してきます。
 ベムは人間になってからだ、とこれを退けます。ベラはそれで拗ねる。
 ベロは幼児という感じでほとんど喋りませんが後半片言を言うようになります。
 スタイリッシュな劇画調の絵です。1巻が出てから10年以上ずっとそのままです。
 今回のアニメ設定だとこれが一番近いのかも。

 持ってるのも忘れてましたが、読み返すいい機会でした。
 ブロマガにレビュー書くかもです。

 前回のアニメリメイクは途中下車しちゃったのですが、今回はどんな感じになるか
興味あります。見れるかどうかはわかりませんが。
 
 GYAOでアップサイドダウン見ました。

 設定には突っ込み所がいっぱいですがこのタイプの作品にそれをいうのはヤボかも。
絵的には面白いシーンがけっこうあり、色調もきれいです。

 でもパテマの方が面白かったような。

 もうファースト・マンがはじまってますね。

 

[28849] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月09日 (土) 12時07分


礼院坊さん

よく考えたらゲゲゲの森にはすねこすり、かわうそといったバリバリの獣系妖怪が存在します。
両者とも鬼太郎と戦ってますから彼のニオイを覚えているでしょう。

妖怪裁判は烏天狗たちだけに任せず、鑑識メンバーを何人か入れたほうがよさそうですね。


>人間はしょっちゅう悪いことしますから
>基本のどかでのんびりな妖怪世界では犯罪はたまにしか起こらないのでしょう

人間は寿命が短いから、犯罪は生きているうちに急いで行う必要があるんでしょうね。


私も「枕返し」の回を見直してみました。完全体目玉親父の髪はグレーなので老けて見えますね。
カットによっては30代くらいにも見えました。

ホクトは大人で唯一戦闘可能なシンカリオン運転士ですから、肉体も若くないと務まらないのでしょうね。
ちなみに出水指令長はホクトと同じ大学の後輩なので、年齢は彼より少し若くなります。


>私もまだまだ老け込んではいられません。頑張らねば!

お互い、頑張りましょう!!

[28850] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月09日 (土) 12時25分


>そんな状態でねずみ男が最臭屁器を使ったら発火して大爆発が起こりそうです。

火気厳禁!!


今期の「鬼太郎」には窪詔之さんの弟さんが作画で参加されてます。
鬼太郎シリーズに刻まれる窪兄弟の画力。


>第7期は順調なら10年後。百々爺とねずみ男がサイバー犯罪でもやって鬼太郎に罪を擦り付けるんでしょうか。
>ロボットに付喪神が憑りついた新種の妖怪(実質アトム同様)も登場したりして。

なんだかSFになりそうな...
と、思ったんですが、今期はスマホ、インターネット、SNS、ユーチューバーといった今のアイテムが多数登場してますが、
SFっぽくはないですね。
なら第7期もだいじょうぶでしょう。

将来は月面基地に妖怪が出たり、深宇宙探査機に付喪神が付いたりなんて話になったりして...

[28851] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月09日 (土) 13時24分


>百々爺の液状化700年はごく当然。

700年経って蘇れたとして、鬼太郎や寿命の長い妖怪なら、まだ残っていそうに思います。
しかし700年後の日本は彼が覚えている日本ではないでしょうね。

平安時代や鎌倉時代に溶解刑700年を食らっても目覚めた時も日本だとわかるでしょうが、
それ以降だと「なんだここは!?!」となりそうです。
ましてや今から700年後では...


その頃には妖怪たちも科学されているのでしょうか。
住みづらくなってゲゲゲの森に閉じこもっても仲間の数はどんどん減っていき、森に人間の手が入るのも時間の問題。
戦うか共存かの選択肢を迷う...別のアニメになりそうです。

[28852] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月09日 (土) 14時14分


メタ坊さん

漫画版「妖怪人間ベム」のご紹介、ありがとうございました。

3種類もあったんですね。
何度もアニメ化ドラマ化されてますから当然なんでしょうが、まったく見た記憶がありませんでした。

>「妖怪人間ベム(田中憲著)」(ぼくら連載)
>妖怪人間は第二次大戦中に兵士として開発されたのですが
>科学者が裏切って正義の心を持たせたということになってます

あの時代なら、こういう設定は自然ですね。
科学者は彼らに正義の心だけでなく、人の悪意を見破るずるがしこさも持たせて欲しかったです。


>「妖怪人間べムRETURNS(津島直人作画)」(少年ガンガン連載)
>近未来の話になっていて、遺伝子工学が進んでいてキメラ(獣人)も普通にいる世界という設定。

さすが「ハガレン」掲載誌。


>「妖怪人間ベム(高橋秀武著)」(ヤングジャンプ連載)
>舞台は第二次大戦終戦の頃のヨーロッパ。
>終戦の頃のヨーロッパ。国防軍の兵器として開発されたベムたちが脱走して人間になるための方法を探してさ迷います。

一周して元の位置に戻ってきたんですね。


子供向き、大人向きもある漫画版「妖怪人間ベム」。
一筋縄じゃいかない作品ですが、新作アニメはどうなりますか。
メタ坊さんが見られる放送スタイルだと良いのですが。


「アップサイドダウン」は予告編だけ確認しました。画面が綺麗ですね。
ただ、ここのところGyaoは画面がよく止まってしまうので見るのを躊躇してます。

[28854] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月09日 (土) 15時27分


>人間は寿命が短いから、犯罪は生きているうちに急いで行う必要がある

うーむ、お天道様のもとで正々堂々と生きられる時間だって短いのに・・・悪事を働いてビクビクと逃げ回ったり、
捕まって檻の中で暮らしたり・・・貴重な人生を闇の世界で生きるなんて実にもったいないことです。

ルパン三世と彼の一味は闇の世界を存分に謳歌してますが、彼らは年を取らない特別な存在ですね。


>完全体目玉親父の髪はグレーなので老けて見えますね。

なるほど、そうか!

10代から若白髪と付き合ってきた私にはその視点はありませんでした!
現在付き合っているのは若白髪ではなく本物の白髪。


>鬼太郎シリーズに刻まれる窪兄弟の画力

EDをチェックしたら「窪秀巳」という名前を見つけました。この方ですね。

[28855] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月09日 (土) 15時28分


>深宇宙探査機に付喪神が付いたり

たぶんもう憑いてますね!(^ー^)/

任務を果たせぬまま早すぎる最期を遂げたひとみさんはまだ軌道上にあるのかなあ。
できれば衛星供養をしてあげたいところですが。


>平安時代や鎌倉時代に溶解刑700年を食らっても目覚めた時も日本だとわかるでしょうが、
>それ以降だと「なんだここは!?!」となりそうです。

彼らの仰天ぶりを想像して笑っちゃいましたよ。現れたのが現代でも「なんだここは!?!」だと思いますよ。
スマホ、パソコン・・・いやビデオや電子レンジだって妖術にしか見えないでしょう。

>別のアニメになりそう

妖怪を科学の目で解き明かそうとする人間対妖怪の全面戦争か・・・面白いテーマになりそうな気も。

ジェッターと鬼太郎をコラボさせてみたいです。この二人なら力を合わせて戦いを回避させてくれるかもしれません。

[28862] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月09日 (土) 19時38分


メタ坊さん。

妖怪人間は鉄人28号みたいな理由で作られたものだったのですか!
驚きました!!

あのベムみたいな妖怪人間が兵士になったら人間の兵士は全く太刀打ちできないですね。ロボットやサイボーグや
エスパーを兵士にするという作品はいろいろあったと思いますが、まさか妖怪でそれをやるお話があったとは。

恐るべき発想です。

>科学者が裏切って正義の心を持たせた

この部分はやはり王道の展開なのですね。谷博士やギルモア博士のような人がいないと科学は悪魔の道具となってしまいます。

>「サスケ」の頃の白土三平さんっぽい絵柄

画像検索したらそれっぽいものが見つかりました。この時代、この絵柄ならさぞ怖かったと思います。

>「妖怪人間べムRETURNS(津島直人作画)」(少年ガンガン連載)

>近未来の話になっていて、遺伝子工学が進んでいてキメラ(獣人)も
>普通にいる世界という設定。こちらでも妖怪人間は戦争のために開発
>されたものの天の声に導かれて世界を旅して妖獣を倒す

>「妖怪人間ベム(高橋秀武著)」(ヤングジャンプ連載)

>舞台は第二次大戦終戦の頃のヨーロッパ。
>国防軍の兵器として開発されたベムたちが脱走して人間になるための方法を
>探してさ迷います。原則妖怪退治はしません。

舞台が過去でも未来でも成り立つお話なんですね。彼らを作り出す醜い心の人間はいつの時代にもいるということでしょうか。
そしていつの時代も妖怪人間はその犠牲者なんですね。

どうせなら思いっきり原作通りの「妖怪人間」を見てみたいです。

知られざる「妖怪人間」のご紹介ありがとうございました。

[28871] 題名: 名前:七色虹之助 投稿日:2019年02月10日 (日) 08時20分

「妖怪人間ベム(田中憲著)」(ぼくら連載)に関してはこちらでも2012年の1月末に少し話題に出ましたね。

[28880] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月11日 (月) 11時02分


礼院坊さん、レス遅れてスミマセン。


短い寿命の人間が殺し合いすることについて「ポーの一族」(萩尾望都/連載再開待ち中)で、
永遠の命を持つ吸血鬼のエドガーが、しょっちゅう戦争している人間について
「人間は寿命が短いので命が惜しくないのかもしれない」という意味のことを言う場面があります。

短い命をどう使うかは個人の勝手ですが、ことが戦争となるとそんなこと言っていられません。
とにかく妖怪のみなさんは人間のことを厳しい目で見てますね。

ちなみに...猫娘やねずみ男がスマホ見たり、鬼太郎がゲームをしても現代の生活になじんだ妖怪にしか見えませんが、
エドガーの仲間がネット通販で服や靴を買ったりしているのはSFに見えます。
この差は何??(^_^;)


>EDをチェックしたら「窪秀巳」という名前を見つけました。この方ですね。

はい、この方です。

[28881] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月11日 (月) 11時21分


>任務を果たせぬまま早すぎる最期を遂げたひとみさんはまだ軌道上にあるのかなあ。

軌道が低いので、いずれは落ちてくるでしょう。
大きな衛星ですが、カケラひとつ残さずに燃え尽きるはずです。
供養は、彼女のことを忘れないでいることだと思います。(合掌)


>現れたのが現代でも「なんだここは!?!」だと思いますよ。

蟹坊主も何百年も封印されていたはずですが、意外とすぐになじんでましたね。
あれが地方都市の境港だったからでしょうか。


>妖怪を科学の目で解き明かそうとする人間対妖怪の全面戦争か・・・面白いテーマになりそうな気も。

SFアニメに出てくる得体の知れない怪物って、よく考えると妖怪っぽいのが多くないですか。
「ライディーン」の怪物なんて、もろそれって感じがします。

[28882] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月11日 (月) 11時38分


七色虹之助さん、レス遅れてすみません。


2012年1月の八岐大蛇ノ介さんの「妖怪人間ベム大全」のご紹介ですね。
「妖怪人間ベム大全」は2011年12月から続いていて、スレ番だと768、776、784にまたがっていました。

この時期、実写ドラマ版が人気だったのと、原作者の足立さんが亡くなられたこともあったので話題が続いていました。

すっかり忘れていました。
新作アニメの前にじっくり読み返したいと思います。

[28909] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月13日 (水) 19時00分


>永遠の命を持つ吸血鬼のエドガーが、しょっちゅう戦争している人間について
>「人間は寿命が短いので命が惜しくないのかもしれない」という意味のことを言う

なるほど、その感覚わからなくもないです。

人間は長生きしても100年程度。男だと普通は80年くらいでしょうか。「いつか死ぬ」「どうせ死ぬ」「必ず死ぬ」ですもんね。
私も残り30年以内に死ぬ確率は70パーセント超えてるでしょうし、50年以内ならほぼ100パーセントでしょう。

でもやっぱり命は惜しいなあ。(^_^;)

残り少なくなるほど貴重になってくるような気もするけど。

いま戦争が起きたら自分はどうするだろう?日本文明が滅んだら人類はマンガ・アニメ文化も永久に失ってしまうと思うので、
命を賭けて守る価値はあると思うけど・・・それを行動にすることができるかどうか、わかりません。

もしも永遠の命など手にしていたら・・・たしかにそれを失うのは非常に恐ろしいことかもしれません

[28910] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月13日 (水) 19時07分


>この差は何??(^_^;)

それを目にしたときの時代ではないかなと。「ポーの一族」は読んだことないのですが、40年以上前の作品ですね。あの時代にドラえもんで
ネット通販で買い物するシーンを見ましたが、それはSFに見えました。

「ポーの一族」はもうすぐ40年ぶりに続きが再開ですか。またネット通販するシーンがあったら、今度はSFには見えないでしょう。

そういえばシンカリオンでハヤトがスマホで指令室と連絡取り合ってるシーンも全然SFに見えなかったなあ。
昭和のアニメでは通信距離無制限の携帯無線機はみんなSFに見えたのに。

撮影したその場で写真も動画も見られるポケットサイズの小型&薄型カメラ、しかもその画像を電波に乗せて世界中に転送できるなんて完全に
SFだったはず!なのにいまのアニメで描かれると全然SFに見えません!

空中浮揚する完全AIロボットのシャショットはかろうじてSFに見えますね。いまシンカリオンを見ている子供たちは、50年後のSFアニメに
登場するロボットを見てどんな会話を交わすことか。

[28911] 題名: 名前:礼院坊 投稿日:2019年02月13日 (水) 19時08分


>SFアニメに出てくる得体の知れない怪物って、よく考えると妖怪っぽいのが多くないですか。
>「ライディーン」の怪物なんて、もろそれって感じ

ライディーンはほとんど記憶になくて、動画を探して見直してみました。OPの心地よい歌だけが少し記憶に残っていました。
敵のボスがジェッター君の声だったのにオドロキでした。市川治さんのクールな声、悪役を演じてもサマになりますね。

敵は巨大ロボだと思ってましたが「化石獣」というものだったんですね。ロボットのような妖怪のような得体の知れない巨大怪物体です。
・・・というとシンカリオンに登場の巨大な敵も一体何なんだろう?破壊されても機械の破片一つ残らないし。

「ソラン」のゴロナもありゃ完全に妖怪でした。結局彼の正体も明かされずじまいでしたし。

ガンダムは妖怪成分一切なしですけど、ヤマトは少し残してますね。宇宙はもちろん地球にもまだまだ未知の世界はたくさんありますし、
科学で計り切れないものがSFに登場するのも面白いのではないかと、近年いろいろな作品を見て思うようになりました。

テガミバチなんか科学の枠を完全に取り払ってとても面白い世界を描いてくれました。

[28916] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月13日 (水) 22時18分


礼院坊さん、こんばんは。


>人間は長生きしても100年程度。男だと普通は80年くらいでしょうか。

女性の平均寿命は87歳と言われていますが、ヒトリモノの女の場合は77歳くらいだそうです。
すると私はあと20年も無いのですねえ。
もっとも、あまり長生きしすぎると生活費の問題が...


>「ポーの一族」はもうすぐ40年ぶりに続きが再開ですか。

あ、すみません。40年ぶりに再開したあと一時停止中になっています。じきにまた始まるはずです。

40年前の最初のシリーズは舞台が馬車とロウソクの時代でしたが、最新シリーズでは現代になっています。
それで主人公の仲間がパソコンを使ってネット通販で買い物をしていたんです。
作者がSF作品が得意なせいか、怪奇ホラーであると同時にSFっぽい雰囲気も濃く出ている感じです。


>撮影したその場で写真も動画も見られるポケットサイズの小型&薄型カメラ、しかもその画像を電波に乗せて世界中に転送できるなんて完全に
>SFだったはず!なのにいまのアニメで描かれると全然SFに見えません!

現実がSFに追いついたというか、追い越したんですね。
小型通信機器やコンピュータを個人が普通に持つ未来が待っていたとは、子供の時は想像もしていませんでした。

[28917] 題名: 名前:管理人・うる妻 投稿日:2019年02月13日 (水) 22時35分


「ライディーン」はロボット物なのにオカルト色、神秘性が強い作品でした。
それがまた魅力的だったわけですけど。

化石獣は敵の神官が呪文を唱えて誕生させていました。
ジェッター君の声の人による敵の戦闘指揮官シャーキンはとても人気がありました。

>(化石獣は)ロボットのような妖怪のような得体の知れない巨大怪物体です。
>・・・というとシンカリオンに登場の巨大な敵も一体何なんだろう?破壊されても機械の破片一つ残らないし。

これも似たようなものではないでしょうか。
(地底人の科学力、おそるべし)


>ガンダムは妖怪成分一切なしですけど、ヤマトは少し残してますね。

2202の、あのヘンテコな彗星帝国と、どうやって暮らしているのかサッパリわからないガトランティス人って、結構妖怪っぽいかも。
テガミバチは基本がファンタジーですから、これでいいと思いますが。



Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板