埼玉洋蘭会 みんなの掲示板


7626
今日32 昨日42


ホームページへ戻る

名前
タイトル
コメント
写真
編集パスワード
文字色
柴田論  投稿者:いま、こんなの育てています    投稿日:2022年01月23日 (日) 21時54分  No.654
 
ここ数年、世界の mini cattleya 好きの間では、alaorii や cernua を親に使った交配が盛んです。私もこれらの交配をいろいろと作っている最中ですが、写真のビンは、右の花を花粉親に使ったalaoriiのsibling crossです。

  投稿者:鈴木まゆ美    投稿日:2022年01月25日 (火) 10時47分  No.660
論さん、楽しみですね!

このようなミニ系ですといいのですが、大きなものは、スペースに困ります。私もフラスコ出しは何回かやったことがありますが、根気が必要ですね。
そんなこんなでつい苗を買い求めてしまいます。
スペースと開花までの期間が短かければもっと身近なものになるでしょうね〜〜
それにしてもこの個体なかなかです。

  投稿者:柴田論    投稿日:2022年01月25日 (火) 19時18分  No.663
ありがとうございます。このalaoriiは4年ほど前にアルファさんから求めたもので、ワカヤマさんから販売されたパインバークボードに着生させてあります。alaoriiの鉢植えは私にとっては難しく、何度も枯らしてしまった樹種ですが、バークボードとalaoriiはとても相性が良いようです。これに乗せてからあっという間に大株になり、年に2度ほど咲いてくれます。
例会に出られなかった花 2  投稿者:圓山勝夫    投稿日:2022年01月16日 (日) 20時05分  No.643
 
Den.luteolum  ごめんなさい この色もうまく再現できません

例会に出られなかった花  投稿者:鈴木まゆ美    投稿日:2022年01月18日 (火) 19時01分  No.646
カトレアにもルテオラがあります。アイボリー〜薄茶系の花が咲きます。このデンドロの名前もその花色からきているのでしょうか?

写真は、色が一番難しいですね。
私の温室でもデンドロの蕾が沢山!ワクワクです!

  投稿者:圓山勝夫    投稿日:2022年01月24日 (月) 19時11分  No.655
一般的なデジカメで普通の状態で(昼間の温室内自然光下)でも、花の色を出来るだけ実物に近く現すテクニック・留意点などがあれば教えて欲しいのですが、

  投稿者:柴田論    投稿日:2022年01月24日 (月) 23時17分  No.659
写真の色は難しいです。私などは、目で見た色に写らなくとも、写った色が絵として美しいならそれで良し、といった感じです。温室内より屋外で撮影したほうが自然に近い色に撮れますが、圓山さんのところではちょっと無理がありますね☺️

  投稿者:鈴木まゆ美    投稿日:2022年01月25日 (火) 11時14分  No.662
圓山さん、この花の本当の色?は、どんなですか?
もっと白い?それともアイボリー?でしょうか?

ファイル情報拝見しました。
ごく自然の数値で撮れていると思います。
写真は、個人の感性ですので、これといったやり方よりは、その人、その環境によりますね。
ただ、今のカメラは、賢くなっているので、オートで撮ってもかなり色は良く再現できます。
白系、赤、黄色といったものは、難物です。
各自ご自分でお使いのソフトで少し好みに調整でしょうか?

私の例会の写真は、すべてオートです。設定調整する時間はないですね。
但し、ご存じの通り、会場は逆光ですので、PCにて色調補正はかなりかけています。

明るすぎたものは、補正はききませんが、暗い場合は、明るくすることが可能です。
よって、温室内で午後は日が入りすぎて明るくなる可能性があるので、高曇りの午前中が
ベストでしょうか??

私的には、圓山さんのお写真、どれもよく撮れていると思います。
例会に出られなかった花  投稿者:圓山勝夫    投稿日:2022年01月16日 (日) 20時02分  No.642
 
Den.fanjingsyanense 一週間遅れで咲きました たった一輪しかも極小粒。 何とかしてこの花の色を紹介したかったのですがなんとも難しい!

例会に出られなかった花  投稿者:鈴木まゆ美    投稿日:2022年01月18日 (火) 18時57分  No.645
今年も咲いてくれたんですね。
去年のこの掲示板への投稿以来、私も入手してみようか、ヤフオクで目にするたびに考えておりました。が。10cmほどの小株で、自信がなく、1年がたってしまいました。また、来年も開花させて見せてください。
お見事です!

Den.fanjingsyanense  投稿者:圓山勝夫    投稿日:2022年01月24日 (月) 19時43分  No.656
今年も何とか咲いてはくれましたがようやく生きてくれてる!て感じ。一見ではそんなに難しそうな姿ではないのですがこれまでは成長の勢いが感じ取れない。面倒見の悪い私をあざ笑っているかの如き、もしかして小悪魔か!今年の栽培方針は如何に??? そのメニューは『環境順応待ち・救援保護・愛のムチ・高芽更新』皆さんならどうしますか? 

  投稿者:鈴木まゆ美    投稿日:2022年01月25日 (火) 10時51分  No.661
環境順応待ちでしょうか?
お星さまにならないことを願うのみです!
「忍」あるのみ!
Laelia anceps 'Sunset'  投稿者:柴田論    投稿日:2022年01月15日 (土) 21時35分  No.639
 
蘭は自然風に眺めるのが好きです。「かの地ではこんなふうに咲いているのかなぁ」と想像しながら写真を撮ります。

  投稿者:石井憲治    投稿日:2022年01月16日 (日) 09時55分  No.640
まるで原産地で樹木に着生しているのを撮ったかのような雰囲気が漂っていますね。

  投稿者:圓山勝夫    投稿日:2022年01月16日 (日) 19時46分  No.641
私も同感です。自然に適った咲き方の再現と感じます。
それぞれの蘭は自然界ではどんな風に生息しているのか咲いているのか、なぜそんな格好になるのかなど等を突き詰めていくと栽培方法が分かったような気にもなります。大陸系のDen.で高所に着生する性質のものには弓なり又は下垂して咲くものが沢山あります。成長するときは日光を目指して上方に伸び、花開くときは pollinator に見つけてもらいやすいように下垂して且つ下向きに花開く のだろうと勝手に解釈しています。

ありがとうございます。  投稿者:柴田論    投稿日:2022年01月17日 (月) 12時59分  No.644
私はきちんとした性格ではない事もあり、普段の支柱整姿はめったにしません。支柱を立てるのは、例会に持参する鉢植えくらいで、その他多くは自然に任せて咲かせています。そのようにして咲かせた花は、林の風景に調和して私にとっては好都合です。たまに、「この個体の欠点は花茎が弱くて抱え咲きのようになることです」というコメントを見聞きすることがありますが、そんな花こそ、高いところに置いて下から眺めた姿をみていただくことができれば評価もかわってくるのでは?と思っています。

モミジの木にトリアネが咲きました  投稿者:石井憲治    投稿日:2022年01月19日 (水) 10時22分  No.649
3年前の八木橋らん展で斎藤郁哉さんから買わせてもらったC.trianae concolor 'A-A'が咲き、下向きで抱え込みなので、思いついて3.5号鉢から抜いて玄関のモミジのくぼみに結わえてみました。
とても柴田さんのように原産地風にはなりませんが、近所の方が見たら、なに、これは ? ? ?、、、でしょうか。夏ならば数日このままにしておきますが、写真を撮ったらすぐに鉢に戻しました。

  投稿者:柴田論    投稿日:2022年01月23日 (日) 21時45分  No.653
石井さんの写真、素晴らしいですね!!

自然風で撮影  投稿者:圓山勝夫    投稿日:2022年01月24日 (月) 20時15分  No.657
2020年2月浦和大崎での蘭展撤収後に同温室内で自然風に記念撮影をしたものをご紹介します。出来ればこんな環境で展示会が出来れば最高と思い帰りました。
花はDen.fimbriatum var oculatum

  投稿者:柴田論    投稿日:2022年01月24日 (月) 22時40分  No.658
圓山さん。私も、そんなふうに展示ができたら良いのになぁと思います。
花の向きを実験中です。  投稿者:石井憲治    投稿日:2022年01月22日 (土) 09時58分  No.650
 
Rlc.Jennifer off 'Joan'に2花茎に8個の蕾が膨らんできました。
今月の例会で小島研二氏の講習会で教わった花の向きを揃える方法をやってみています。
温室内で太陽光に向けて、支柱を斜めに立てて蕾の重さを利用して下向きに成長させて、咲くときには支柱をまっすぐに立て直して正面を向かせます。
10日程度が経過しましたが順調です。
他にも蕾の成長している数鉢を蕾を下側にし、鉢を横倒しにしてあります。

  投稿者:松岡久永    投稿日:2022年01月22日 (土) 22時58分  No.651
石井さんありがとうございます。大変参考になります。

  投稿者:柴田論    投稿日:2022年01月23日 (日) 21時43分  No.652
実践レポートありがとうございます。放置ばかりしている私にはちょっと難しい仕立て方だと思いました。丁寧な石井さんならきっと綺麗に揃ってくれるだろうと思います。
  投稿者:松岡久永    投稿日:2022年01月18日 (火) 23時20分  No.647
 
今晩は寒い日が続きますね。
温室のなかは春爛漫です。
つぎの例会までもちそうもないので投稿します。今までになく良くできたなと思います。
RLC.ファストセンチュリーニューゼネレーションがさきました。この株は石井さんから分けていただきました。3花茎7輪つきました。花の大きさは18センチあります。

  投稿者:石井憲治    投稿日:2022年01月19日 (水) 09時53分  No.648
お見事!!、 我が家の株よりも立派です。
大株作りの腕があがりましたね。
外気温平均値  投稿者:小林隆治    投稿日:2022年01月08日 (土) 09時55分  No.633
 
新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。
外気の最低最高温度4年平均値をアップします。
何かの参考になればと思います。

  投稿者:鈴木まゆ美    投稿日:2022年01月08日 (土) 11時03分  No.634
探したらこんなものが見つかりました。
データは、今現在も続行測定中です。ご参考まで。

2010年から2014年の我が家の平均気温のグラフ化したものです。

外気温平均値  投稿者:海保恵亮    投稿日:2022年01月08日 (土) 12時56分  No.635
気象庁のデータベースに50年以上前の分から1日単位でわかる膨大なデータが入っています。
気象庁の測定と自分の測定との異差が解ればラフな判断はできます。
私の例でいえば「気象庁の温度が35℃だからおらーんとこは33℃だんべー」って言う感じですか。
1日単位の最高最低定温度は役に立ちそうですが、月単位の平均値ような大きなスケールだと気候を評価するなら別ですが栽培の改良に役立のかわかりません。

参考までに、どのような目的で平均値を測定なさっているのか又それが具体的にどのように役立っているのかお聞かせください。

  投稿者:圓山勝夫    投稿日:2022年01月10日 (月) 19時39分  No.636
私も塩谷の外気温観測を日誌に記録しています。簡易計でまた不在時は某ネット発表の数値なので一貫性に問題ありますが、でも大まかな気象把握には役立っていますしDen.原種で原生地との違い理解にはかなり勉強になりました。先ずは塩谷気温記録〜グラフの一例をご紹介しようと思いますが投稿テクニック不案内でうまくのせられるか?

  投稿者:圓山勝夫    投稿日:2022年01月10日 (月) 20時19分  No.637
小生Den.原種の原生地はどんななのか関東の気候とどう違うのか を考えた頃があり比較グラフを作って恥かしげも無く皆さんにご紹介した事があります、今皆さんの話題の延長かとも感じましたので当時の資料を添付します

  投稿者:石井憲治    投稿日:2022年01月11日 (火) 14時00分  No.638
圓山さんの詳細なグラフとデータは、別途時間をかけて読み解いてみたいと思います。
私も毎朝にYahooを利用して、日本気象協会が載せている居住地である鳩山町の当日と翌日の最高、最低温度の予想を日誌に控えています。使い道としては、1ヶ月単位程度でまとめると当該月の気象協会予想と自宅実績の差異の傾向がつかめます。
例として、昨年11月の比較グラフをつくってみましたが、最高温度については気象協会よりも自宅実績が3〜4℃高く、最低温度も自宅実績が2℃程度高いです。
これにより、朝にYahooで気象協会予想値をみて、これなら自宅はこの程度の温度になると判断(予想)しています。
特に氷点下になりそうな場合に、より正確な自宅庭の温度を想定できます。
圧縮ファイルにグラフと生データを載せました。

1月例会での小島氏の講演は勉強になりました。
明日は晴れるので、講義内容を参考にし温度、陽当り、水切りなどを考慮して株の配置換えを行う予定です。
湿度変化  投稿者:海保恵亮    投稿日:2022年01月08日 (土) 09時46分  No.632
 
石井さんのデータ拝見して思ったのは夜間の温度がほぼ一定ですね。
ヒーターが頻繁にオンオフするからでしょうか。温水暖房では貯湯からの放熱が終わるまで温度は徐々に下がりそれを繰り返すと思われます。
貯湯の温度を現在60℃にしていますが、50℃や40℃に下げたら上下動は少なくなるがサイクルが細かくなりそうです。

燃費は5年以上記録していますが、現状では1シーズン平均値で坪当たり100リットルです。

湿度変化の図も添付します。温室を閉めている夜間です。
1月1日 70〜80%程度で殆ど変化しません。

次回は温室の温度変化ではなく、温室内にある鉢の内部の温度変化を調べてみようと思います。
温室の性能  投稿者:海保恵亮    投稿日:2022年01月05日 (水) 13時51分  No.625
 
今年もよろしくお願いします。

冬季、自分の温室の温度環境は皆さん殆ど不明と思います。せいぜい最低温度を〇℃にしている程度の認識だと思います。
温度変化は温室の構造と暖房機の種類などで全て異なると思います。

今回、私の温室の夜温変化を調べてみました。
最低温度10℃にセットしています。図のように変化します。
サイクルが3時間になりましたが、温水暖房なのでサイクルが長くなったものと推察します。
熱容量が大きい為かサイクルの巾が5度あります。
趣味化の小型温室では温度はサイクルを反復するのが普通と思います。

このような環境が栽培に適するのかどうかは課題です。

ちなみに、居間の温度変化を調べると22時に20℃あり、朝5時の13℃までほぼ直線的に下がりました。
自然環境に近い変化と思われます。
Pecteilis のような高温タイプの球根を室内に置くと極めて順調なことは何かを暗示しています。

皆さんも単純に最低温度を設定するだけでなく、もう一段深く考えてみるのも栽培の一環かと思います。

整理していませんが湿度変化のデータもあるので、考察してみます。

皆さんのコメントをお待ちしています。

温室内の温度  投稿者:石井憲治    投稿日:2022年01月07日 (金) 09時02分  No.626
拙宅の温室は、自作の木製で6坪ですが1坪は物置にしているので実質5坪です。

昨日(1月6日)は、1日中寒かったので温室内の24時間の温度の経過をグラフにしてみました。

加温は、温室用灯油ストーブ(総和工業SP-527A)で設定温度を下回ると点火し、設定温度を2.5℃上回ると消火するサイクルです。設定温度は15℃にしていますが、昨日は寒かったので冷え込みにストーブの熱カロリーが追いつかずに常に稼働状態でした。
手作りなので入口扉や天窓などに隙間があるのも影響しているのでしょう。
今年は、10年に1回の寒い冬になるそうで、しかも灯油の高騰でダブルパンチです。

温度測定は、数年前に海保さんに教えていただいた4ヶ所を同時測定する 4CH温度データロガTM-947SDJ を使用して1時間毎に記録しています。

グラフの生データを含めた詳細は、添付の圧縮ファイルzipに載っていますのでクリックして開いてください。

  投稿者:石井憲治    投稿日:2022年01月07日 (金) 09時09分  No.627
外気温と温室内温度の比較したグラフです。

  投稿者:石井憲治    投稿日:2022年01月07日 (金) 09時11分  No.628
生データを含めた圧縮ファイルzipです。
クリックして開いてください。

  投稿者:鈴木まゆ美    投稿日:2022年01月07日 (金) 19時54分  No.629
今年もよろしくお願いいたします。

非常に興味深く拝見させていただきました。

データの加温の根本が違う(温水暖房と灯油ストーブなので、比較は難しいとは思いますが、検討の余地は大いにあると思います。が、逆に、違えば違ったなりに比較もできるかと思います。

海保さん宅の朝の温度は、高いのですね。
我が家では、朝起きると部屋の温度は、2〜3℃まで下がっています。

石井さんの測定日は、いまにも雪が降るという特殊な日だったので、昼間の陽がなく、非常に寒い日でしたね。
陽が当たった日中の温室内温度も興味があります。

湿度も測定可能であれば、更に興味があります。
なぜか、咲いた花が、そっくり返ったり?
すぐしおれたり?湿度の関係かと思っていた所です。

データロガの機番がわかりましたので、私にもできるかもです!



  投稿者:石井憲治    投稿日:2022年01月08日 (土) 09時11分  No.630
鈴木さんがおっしゃる通り1月6日は小雪のちらつく特別の日でした。
そこで陽の当たった日として、昨年の同一日(2021年1月6日)のグラフを作りました。
こちらが冬における拙宅の通常の温室内温度です。

  投稿者:石井憲治    投稿日:2022年01月08日 (土) 09時15分  No.631
グラフと生データの圧縮ファイルです。
こんな花が咲きました  投稿者:石井憲治    投稿日:2021年12月29日 (水) 11時41分  No.619
 
Rlc.Pastel Pageant 'Vi-Je Taime'BM/JOGAが咲きました。
母親が巨大輪で有名なパステルピンク色のRlc.Pamela Hetherintonで、父親が白色大輪のC.Old Whiteyなので、優しい色合いの大輪が4輪と3輪の2花茎です。

  投稿者:松岡久永    投稿日:2021年12月30日 (木) 16時53分  No.620
綺麗ですね🎵花もおおきく立派です。
花たちが一斉にこちらむいて
さすが石井さんの技術ですね。頭が下がります。

  投稿者:柴田論    投稿日:2021年12月30日 (木) 22時21分  No.622
花と株が美しいのは勿論ですが、写真がまた綺麗ですねぇ!

  投稿者:石井憲治    投稿日:2021年12月31日 (金) 07時17分  No.624
松岡さん ありがとうございます。
この株は、4年前に2輪咲きのときには花径がほぼ20pで咲いたことがあり大切にしています。

柴田さん ありがとうございます。
晴れた日の午前中に日陰で撮影しました。


Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板