<魂の道場掲示版>

ご質問、ご感想、お問い合わせ、などにお使いください。

ホームページへ戻る

名前
メール
URL
題名
Cookie 削除キー
タイムパスワード
「パスワードの確認」をクリックするとパスワードを再発行します。
パスワードは確認後1分間有効です。
RSS
/ ponta
土器子さん

コメントをありがとうございました。
そして、今年もお会いできて本当によかったです。

今年は手術あり、四十肩あり、爪がはがれるがあり、色々と体から教えてもらうことがたくさんありましたね。大変だったと思いますが、そこから、今まで気づかずにいたことをきっと回収していかれたのだと思います。それもご自分に力がついたからです。

来年はチャライ「そうだよね」(笑)をぜひ「私」の質の「そうだよね」に挑戦していってください。

この大変な年を振り返り「心地よいこともたくさんあった1年で、結構好きでした」と思えていること、私もうれしいです。

来年もお待ちしています。
土器子さんもどうぞ良いお年をお迎えください。
No.264 - 2020年12月29日 (火) 11時51分
今年もありがとうございました。 / 土器子
今年は、わたしにとって、
過去の取りこぼしを回収していった1年のような気がします。

緊急事態宣言中は、茅ケ崎へ通えなくなったので、
過去のワークペーパーを1日1ワークしました。
そしたら見落としがたくさんあることに気づいて、
新しいペーパーをもらっている場合ではなかったです。

夏には手術をして自分と向き合うことになり、
封印していた過去を思い出したり。

その後は別件(四十肩かなぁと…トホホ)ですが、病院行ったら
超音波で見た自分の骨が陥没していて、
忘れていた子供時代が。

昔の自分ではどうにも出来なかったことがいろいろありますが、
そんな過去の自分を、今の自分がケアしていった、という1年でした。

と書いたら出来た人のようですが(?)、違いまして、
私が言う「そうだよね」は、チャラい感じがするのです。

来年は、「そうだよね」を自分の中でもっと落とし込めるようになりたいと思っています。

この年末年始は本当に家でおとなしくする予定です。
なぜなら2日前から足の爪がはがれているからです。合わない靴を履いて。
(またはえてきますと皮膚科で励まされました。)
ろくでもない感じですが、心地よいこともたくさんあった1年で、結構好きでした。

来年もよろしくお願いします。
よいお年をお迎えください。
No.263 - 2020年12月28日 (月) 23時30分
言葉の力 / さやか
洋子さんお久しぶりです。

いつも日記でたくさんの学びと気づきをいただいております。ありがとうございます。

今日の日記の「ありがとう」「幸せ」などの言霊の力について、共感しかありません。私も毎日その恩恵を感じています。おかげさまで以前に比べたら本当に自然とそんな言葉が自分の心の中に沸いてくるようになりましたが、意識して言うこともなるべくやっています。「私」がそうしたいからそうしています。洋子さんもきっと「私」がそうしたいからやっておられるのだと思います。(それが昔と違うところなんだと(笑)。)

このように変わってきたのも黒パターンやインナーチャイルドに対してのケアをしながら感謝することをやってきたのが大きいです。言葉のもつエネルギー、波動がちゃんと私の中にひろがり、瞬時にすべてを変えてくれます。

言霊の波動は私の外にも広がり、私の周囲をも変えてくれるのが分かります。実際は宇宙の果てまで飛んで、現在・過去・未来関係なくすべてに癒しを与えていると思います。

江本勝さんの「水からの伝言」では言葉や祈りや音楽で水の結晶が形を変える姿を記録してくれていますね。私たちの主成分は水であり、かつ空気中にも水蒸気が漂っておりますので物理的にも言葉は水を通してエネルギー・波動として伝わることになります。

ところで「潜在意識には主語がない」のだそうです。だから他者に対する「ありがとう」でも自分に感謝することになり、他者に対する責める気持ちでも自分を責めることと同じことになるそうです。

だから不安・恐怖・自己防衛の気持ちでいっぱいの黒パターンやインナーチャイルドを放置し、彼らにに乗っ取られて、彼らの発する言葉の中で生きていくことは、そういう重い波動を自分にも周囲にも広げ、宇宙にもそんな自分であることを宣言し続けていくことになります。無知や癖でついやってしまっていることとはいえ、自他に悪影響を与え続けるということになり、とても恐ろしいことだと思います。それは自作自演のブラック企業なり地獄なり、といったところでしょうか。

まず自分の中を「ありがとう」という感謝や「幸せ」という平和で満ち足りた気持ちで満たしてあげたいです。そしてその良いエネルギーを皆に伝えていく生き方をしていきたいです。「まず自分の中に天国を作りなさい」と洋子さんも教えてくださいましたね。「私」がそうしたいからこれからもそうしていきます。それで私の魂が喜びます。

そして、毎日具合の悪い患者さんを診させていただいているのですが、状態が悪い方が天国言葉を使うことはほとんどありません。自分や誰かを責める言葉のオンパレードです。その蓄積としての不調があるのは間違いありません・・・。

いつからか、そういう方に自分を抱きしめて「〇〇ちゃん、今まで生きてくれてくれてありがとう。ずっと放っておいてごめんなさい。あなたを愛しています。」と伝えてもらうことにチャレンジしてもらっています。それだけで涙があふれ、生きるエネルギーが湧いてくると共に、自分への感謝や愛の言葉が足りなかったことに気づき、自分の体や心を大切にする意識が育ちやすくなり回復に向かうようになります。むしろ自分に対する感謝や理解がないと一切先に進まないぐらいです。ただそういう言葉を使った生き方を知らなかっただけで生き方は天と地ほどに違ってきます。苦しむ姿や回復する姿を見せていただけるのも私にとってとてもありがたいと感じています。

大変長くなってしまいました。最後までお読みいただきありがとうございます。

どうぞお元気で良い年をお迎えください。



No.261 - 2020年12月23日 (水) 14時53分
/ ponta  
さやかさん

お久しぶりです。

そうですね、言葉は大事です。診療で患者さんに自分への肯定的な言葉を自分で言ってあげることを伝え、実践してもらうことは、きっと、回復にむすびついていくのではないかと思います。そうやって良くなられていく患者さんが増えることを願っています。

そして、ちょっとでも自分でできたということを体験していただきたいです。自分に肯定的な言葉を使えないということは、自分には自分で自分を救っていくことができないと決めてしまっているでしょうから。本当は誰もが自分を愛していきたいのに…。そしてその力はあるのにね。

さやかさんもお元気でどうぞ良いお年をお迎えください。



No.262 - 2020年12月24日 (木) 08時38分
個人的な加齢報告 / 土器子
年々増える自分の白髪(と加齢現象)にモヤモヤしていましたが、
ジュンコ シマダさんの白髪を見たら、
とてもかっこよかったです。

今さら何を言ってるのか、と思われそうですが、
ネット上の画像ですが先日はじめてお姿を見たのです。

髪の立ち上がりも桁外れのかっこよさで、
しかもご自身で髪を切っているそうで、
一体何がどうなっているのかと気になって
御本を1冊ポチりました。(まだ届いていませんが。)
ドキドキしながらお洋服までポチってしまいました。ぎゃー。

嗚呼、私の白髪と加齢生活に夢が灯りまして。(笑)

私も自分好みの未来をつくっていきたいと思います。
No.259 - 2020年11月18日 (水) 20時46分
/ ponta  
土器子さん

コメント、ありがとうございました。
加齢・・・きっと多くの方が共感できるお題です(笑)

ジュンコシマダさん、私も憧れます。いいですよねーーーーー。自分を貫いて生きている姿が本当に素敵です。

若い頃のジュンコさんはスポーティーで、日焼けした肌にミニスカートで、当時からかっこよかった。その持ち味をそのままひきついで今、ますますかっこいいです!

きっとジュンコさんから夢や勇気をもらっている女性は多いのではないかと思います。

いろんな加齢現象は生物としては当たり前ですが、それを受け入れつつ、自分の個性を楽しみながら、私もいきたいと思います。素敵な先輩はたくさんいらっしゃるので、加齢も捨てたもんじゃないなと思えるようになりました。

お元気でいてください。また、来年ね。



No.260 - 2020年11月19日 (木) 08時59分
/ 広島のMS
洋子先生、こんにちは☆
広島のMSです。
16日、17日横浜の真弓さんのところで
みっちりお勉強して来ました。
先月は本当に記憶がないぐらい辛くて
絶望の淵にいたところ
本当の自分はどうしたいか、どう選択するか
決断をして全身全霊人生で初めて素直な本当の気持ちを相手に伝えてから
なんとか絶望の淵から出てこれたと思います。
そんな私が決断したことで
何人かの人からも嫌われ離れていく人も出てきました。
いろんなことを言う人もおりました。
以前は人から嫌われることにとても恐怖や不安を覚えていた私
です、嫌われないようにその人に機嫌を取って他人軸でいたこともあります。                                                             が、「私の決断したことで別に嫌われてもいい」と思え
人間関係がガラリと変わる体験もしました。
不思議なもので、散々なこと言って離れて行っていたと思ってた人ほど、 
気にされてこちらの様子をうかがってくるものなのですね。
その気持ちをありがたいですが、私は私でいく所存です。

もしこの魂の成長のお勉強の存在がないと今頃どうなっていただろう、
本当に私が選択していなかったら、
いろんな結果を生んでいたんだろうなと痛感しております。
洋子先生、真弓さんの存在がとても大きいです。
何事も本当に私で選択をしていくことが、人生を生きていくことになりますね。
真弓さんとお勉強のときも、他人の言葉で言われたことがひっかかり
そこから色んなパターンを複雑に生んでいたことに気付きました。
その言葉で先行きの不安から、
さらに不安や恐れが出てきたことに気付いたときは、ハっとしました。
先行きの不安を心配しても、
エネルギーがただただ奪われていくだけでどうにもならない
今どう過ごすか、今を生きることが大事だと痛感しました。

私の場合色々考えすぎて複雑にしてしまっている部分もあるので、
そのあたりもゆっくりとケアして
魂の成長していきたいと思っております。

横浜の真弓さんにはいつも大きな愛の心で
私の選択したことを見守って
私を尊重してくれます。
凄く心強いです。

引き続き魂の成長のため
精進していきたいと思います☆

真弓さんを通して
洋子先生の「魂の道場」に出会えたことに感謝致します☆
No.257 - 2020年10月19日 (月) 12時02分
/ ponta  
広島のMSさん

今回も真弓さんのところへ来られてよかったですね。広島から通うことは大変だと思いますが、真弓さんとのセッションで学ぶものがたくさんあるのだろうと思います。真弓さんという、よい、カウンセラーに出会えて本当によかったですね。これからも学び続けてください。

色々考えすぎて複雑にしているパターンにもぜひ語りかけをしてあげてください。パターンを救えるのはMSさんだけですから。
No.258 - 2020年10月19日 (月) 16時03分
久しく掲示板参加です! / 善也
洋子さん、久しくの掲示板書き込みです。
自分を表現する2020/09/24の日記とっても素敵で感銘しました!

>●アートは「普遍的なものへの回帰」と「自分を表現する」ということ。
>●「私」を育てるためには自分の「美」を表現することが必要だと感じていたからです。主には言葉を使うものですが、時々、絵をかくこと、色をぬること、物語をつくること、イメージを創ることなど。やってきてよかったと思っています。これからも、これは続けていきます。

ほんとに僕もそうおもいます。善い日記でうれしかった掲示板に書き込みました。

コロナの影響で、物質的な価値観で、YouTubeでめちゃくちゃな事を語るエセスピリチュアルな人が多くて、多くの方が迷い自分の魂の軸を無くしていますね。あまりにも物質的な価値観だけの日本独自の「スピリチュアル」というローカテゴリーな言葉や内容に、おもいあぐねます…。

心理のスピリチュアルリズムは
決して物や物質の見えるものだけの心理ではないです。
魂の心理の泉をで口をそそぐだけでなく、ほんとうに飲みこんで、「死んだ後も続く魂」に軸のある生き方をしたいなぁと僕はおもいます。
「死んだ後も魂は続く」を飲み込まないと軸がなくなって迷ってしまう時代かもです。

そのためにも「普遍的なものへの回帰」と「自分を表現する」はとっても大切ですね。このようにおもって活動してくださる方が(伊藤洋子さんが)いるとおもうと。勇気をいただきました。

見えない普遍的なものへの感謝。
また、日記楽しみにしています!感謝。
また、時間をみつけて、mailしますね!
日記ありがとうございます。
No.255 - 2020年09月29日 (火) 20時35分
/ ponta  
善也さん

お久しぶりです。お元気でしたか?
どうしていらっしゃるだろうと思っていました。

そして、コメントをありがとうございました。

・・・「死んだ後も続く魂」に軸のある生き方をしたい・・・

そうですね。ここは大事なところだと思います。普遍的なものがあるということを知ることは、生き方自体を変えていきますね。

そして、自分を表現するということも普遍的なことなんだと思います。
それぞれの表現がとても重要だと思います。

日記も読んでいただいていてありがとうございます。

どうぞ、お元気でお過ごしくださいね。
ではーーーーまた!






No.256 - 2020年09月29日 (火) 21時17分
お返事誠にありがとうございます☆ / 広島のMS
伊藤洋子先生 

こんにちは☆早速のお返事ありがとうございます。
苦しい中での語りをかけをし白を選択していく。
他の人からは、そんなのスパっと切れば楽になるのに 
それでいいじゃないか、
あなたバカじゃないのかと言われまくりですが  
そうなんです、確かにスパっと切ればそれで楽になるのではないかと思う反面、
でも私そうじゃないんです。
私はスパっと切るのは白の選択に入らないんです。
あえて苦しいことを選ぶのが私の苦しさでもあり白なんです。
何か言ってること矛盾していますが、
こつこつと引き続き向き合っていきます。
ぜひ真弓さんと一緒にいつかお会いしにいきます☆
その時はよろしくお願い致します。
No.253 - 2020年09月20日 (日) 10時41分
/ ponta  
広島のMSさん

スパっと切ってしまえば楽になる、と思っていても、そこをあえてしないで、苦しいことを選ぶというのは、MSさんの「私」の挑戦なんでしょう。そうしたいのでしょう。その先にまっているものがあります。

引き続き、学びながら、ご自分を育てていってください。地道な作業ですが、少しずつ歩んでいくことを大事にしていってください。


No.254 - 2020年09月20日 (日) 11時31分
はじめまして☆ / 広島のMS
伊藤洋子先生

はじめましてこんにちは☆
広島のMSと申します。
横浜の真弓さんの所へ
定期的に
通っているものです。
洋子先生のブログ
時々お邪魔させて頂いております。

ちょうど1週間前
絶望のどん底に陥り
その事実に見て見ぬふりをしていこうと
思っても、
やはり自分に嘘がつけなくなり
バランスが崩れ
そんな苦しい中でも語りかけをし
自分にとって白に近い選択作業をしていき
昨日やっと
心が安定するハッキリとした白を
選択することができました。

相手の方の陰と陽を全て受け止めて
知ったどうする事も出来ない事実もただ受け止めて
私はただこう思っている
私は〜〜していきたいと
伝えた時
心の安らぎがドバ〜と広がるのを感じました。

私がその白を選択した事によって
批判もあり
逆に
横浜の真弓さんに
MSさんがどんな選択をしても支えますよと
言って下さり
私はMSさんが自分で動いたことを
よく頑張って勇気出されましたと
言われた時は凄く嬉しかったです。

引き続き魂の学び
していきたいと思います
いつか真弓さんと一緒に
洋子先生にお会いしてみたいです。
その時はよろしくお願い致しますm(_ _)m







No.251 - 2020年09月17日 (木) 08時59分
/ ponta  
広島のMSさん

はじめまして。

そして、コメントをありがとうございました。

広島から横浜の真弓さんのところへ定期的に通われているということ、そしてそこで学び続けていらっしゃること、私も嬉しく思います。

今回、絶望のどん底に陥る体験をされ、その中にあっても語りかけをし、白を選んだこと。大変なときにその選択ができたということは、MSさんがご自分で今まで「私」を育てていらしたからだと思います。

真弓さんからの言葉も心で感じられるうれしいものだったと思います。よかったでしたね。ぜひ、今回のこの体験をかみしめて、ご自分の成長を感じてください。そして、これからもこつこつとご自分に向き合っていってくださいね。

いつか、真弓さんと一緒にお会いする日を私も楽しみにしています。
どうぞ、お元気でお過ごしください。

ありがとうございました。







No.252 - 2020年09月17日 (木) 15時25分
単なる近況です / 土器子
語りかけをしていてよかったと思っています。
この非常事態をふつうに過ごせるように、
自分で(ほそぼそとですが)準備をしていた、としか思えません。
過去に失敗したと思っていたことは、今への伏線でした。

不安で恐怖で自信はなく体力もなくメンタルも弱く、
生きることに向いてなさそうな私が、
さらにストレスのかかりやすいこの4月と5月を
(4月は治安も悪くなって、ウィルスよりも、人間がこわかったです…)
それでも自分で乗り切れて、
準備してきたこと(「私」を育てようとしてきたこと。)に助けられたので、
過去の自分に、本当にありがとうと思いました。
ponta先生も、こりずに付き合ってくださったこと、頭が下がります。
毎回同じ内容を言わせていたような。

ところで、
以前の宿題の、「未来の自分からのお礼」がなんと10文字で終わったままなので、
(現実問題として、こんなアホな自分に感謝できることなんてあるのだろうか…と考えてしまい。)
これは続きをつくっていかねばと思っています。

茅ケ崎へは、私はしばらくお休み中ですが、おかげさまでつつがなく暮らしています。
No.249 - 2020年05月25日 (月) 23時56分
/ ponta  
土器子さん

近況報告、ありがとうございました。

ご自分が時間をかけてやってきたことが、今回いかされて本当によかったです。結果、準備してきていたんですね。私もうれしい。

4月は全国的にピリピリでしたね。茅ヶ崎もそうでした。怖さからの自粛警察も出没していました。そんな中にありながらもご自分で乗り切れたということ、これは自分への信頼になると思います。そういう自分を育ててきたという。このことをしっかり意識してみてください。これ、宿題の一部かもしれません。

そうやって自分の生きている領域を変えていくということです。領域が上がれば、住んでいるところが違うので周りにまきこまれることがなくなっていきます。

次回、宿題とともに(笑)茅ヶ崎でお会いすることを楽しみにしております。どうぞお元気でお過ごしください。
No.250 - 2020年05月26日 (火) 09時18分
/ 匿名希望
非常に明快なご回答をいただきありがとうございました。

賢者という言葉を選んだことは適切でなかったと反省しております。

今までのブログからも、このような特別に持ち上げたような用語は、先生の言語ワールドには登場しなかったことから、「賢者を目指してはいない」というスタンスを再認識いたしました。

思えば、参加者皆さまご自身が各自で考えた結論としての合宿実施だったのですから、かかわっていない私がとやかく言うことではありませんでした。

危機感センサーは十人十色。センサー感度が高い人は低い人にいら立ち、低い人は高い人に違和感を抱く(というか気にも留めないかな…)。結局は自分の感度に従って判断していくしかないのですね。そこにはそもそも賢者も愚者もない。

この状況下で「私」を保ちながら生きていく術は道場でしっかり身につけらました。この場をお借りして改めて御礼申し上げます。先生もどうぞお元気でお過ごしください。

No.247 - 2020年04月05日 (日) 12時47分
/ ponta  
匿名希望 さん

そうですね。誰でも自分の価値観や考えやセンサーは正しいと思っていますね。しかし十人十色、これが現実です。

お互いに危機感をもちながらも、不安と恐怖というパターンにのっとられないように過ごしていきましょう。

大丈夫・・・やっていかれます。
No.248 - 2020年04月05日 (日) 14時15分


Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板