「森友事件」再検証



私たちの掲示板をご覧になってくださり、ありがとうございます。

私たちは、思想、立場や経歴も違う人間ですが、ある偶然から「森友事件」について集まって議論をする機会を得ました。

そして、各々が持つ知識と経験に照らして過去のメディアの報道などを改めて検証していたところ、従来、「森友事件」について報道されていた内容には疑問点がいくつもあることに気がつきました。

話し合いの末、私たちは、自分たちが議論の結果、到達した結論を公開することにしました。

ご覧になられる皆様におかれましては、従来の「常識」とは違う意見があることをご存知いただければ幸いです。



*この掲示板は、管理人が許可した特定の人間しか投稿ができません。ご注意ください。

*読者の方専門の投稿欄は下記のところです。
「森友事件」再検証/読者掲示板

*タイトルの左側の欄をクリックまたはタップしたら、中身の文章が読めます。


10040

ホームページへ戻る

名前
メール
タイトル
本文
ファイル
URL
削除キー 項目の保存



こちらの関連記事への返信は、管理人が認めた人だけができます。

[111] 「書かれざる一章」
暁烏 - 2021年12月15日 (水) 23時51分

 森友事件については、過去、肯定的にも否定的にも書かれていますが、どの本にも書かれていない部分があります。

 仮に、森友学園が政治家に働きかけた上で瑞穂の国記念小学院の用地を取得したとします。その政治家が、自民党であれ、大阪維新の会であれ、最終的には、所有権者である国土交通省の同意が必要です。再三、書いた通り、当時の国土交通省の大臣は、公明党の人です。すると、公明党の人間が無関係であるというのは、組織論的にはあり得ない話です。

 しかし、一連の森友事件の報道には、「公明党」「創価学会」の文字が出てきません。仮に、国有地の取得に不正があったと主張するなら、少なくとも公明党の文字が出てこないのはおかしいです。
 さらに、森友事件に関しては、公明党は森友学園に厳しい態度をとってきたと言われています。国土交通省に関しては、公明党はほぼ全ての資料を入手可能だった以上は、その態度も不可解というべきです。

 公明党の支持母体である創価学会は、メディアや警察に強い影響力があるという指摘はあります。ですから、公明党がメディアや捜査当局に圧力をかけた可能性はあるかもしれません。が、創価学会や公明党が野党に圧力をかけることはできない以上、この説明にも問題があります。
 確かに、この問題の「追求」をしてきた人達が法律の素養に欠けており、ために「公明党」の存在の可能性に気がつかなかった可能性もあります。しかし、追求に当たった野党関係者には弁護士も混じっていたはずです。その可能性を否定するつもりはありませんが、全く気がつかなかったというのは、少しおかしいと感じます。

 ただ、籠池泰典氏の証人喚問で、公明党の代議士からは、かなり厳しい質問がされています。すると、そのような態度に幻惑されたのかもしれません。

 次に、これは大変失礼な憶測ですが、野党関係者と公明党の人達の間で、何かの「取引」がされたという可能性です。例えば、野党側が公明党の名前を出さない代わりに、公明党側も野党の動きに協力するという約束をしたという想像は、失礼だとは思いますが、不可能ではありません。もともと、創価学会は、森友学園と敵対しており、森友学園を潰したいという意図は、野党側も創価学会も共通するからです。
 もちろん、これを直接、証明する証拠はありませんが、そう考えても矛盾はないと思います。

 私達には、以上のうち、どれが真実かはわかりません。

 とにかく、従来の森友事件の追求には、不可解な点が散見されます。「疑惑」を追求してきた人達は、この点についても、追求されることを期待します。

[112] 続・書かれざる一章
暁烏 - 2021年12月27日 (月) 22時07分

 自殺した近畿財務局の元職員 赤木敏夫さんの国賠裁判で、国側が突然、請求の認諾をしたのは、ご存知だと思います。この件で、赤木さんの元上司の証言の前に請求の認諾がされたのは、この元上司の証言を恐れてのことだと思われます。この請求の認諾は、訴訟を担当する検察官(訴務検事)の独断ではできません。大臣の了承か指示がないとできません。つまり、内閣の了承が必要です。それが、安倍内閣ではなく、岸田内閣でされているのも不思議です。

 ところで、赤木ファイルでは、政治家の関与が完全に否定されています。自殺する人が嘘を書く理由はないから、これは真実でしょう。すると、請求の認諾がされたのは、財務省か国土交通省の直接の関係者、つまり官僚の問題であると想像できます。

 その理由が、何か、関係者が黙秘しているので、想像に頼るしかありません。

 以前、私達は、国が公表した文書、あるいは報道では何故か、「創価学会」「公明党」という文字が何故か消えていると申しました。

 ここで、私達は、もう一つ、「アスベスト」という文字が何故か消えているのも触れたいと思います。幸い、近畿財務局から、森友事件についての報告書が出ています。

https://www.mof.go.jp/public_relations/statement/other/search_kessaibunsho.htm

それを私達の仲間のアスベストの専門家が精査しました。精査の内容と、その結果から得られた仮説を以下に紹介します。
 

 
「いくつか気になるところを列挙していこうと思います。
すでに、述べて重複するところもありますが、おさらいのつもりで読んでいくこととします。
 
ファイル3
170ページ(PDFファイル記載ページは662)
 
H/27/8/26 議事録
・「大量のガラスくず出現」の記述あり。
・委託業者名が黒塗り。(ばれるとまずいからでしょう)
171〜172ページ(PDFファイル記載ページは623〜624)
H27/8/27議事録
  ・「校舎を建設するうえでは、2.3m以下に存在する、ガラスくずでも問題がある」との記述がある。
 
177〜179ページ(PDFファイル記載ページは669〜671ページ)
H27/9/4議事録
  ・くずの撤去には、「13万円/t」「多額の費用」の記述がある。(これは何回も述べたが、アスベスト以外には考えられない。
  ・「基礎工事には何の影響もない」という記述がある。では、なぜ撤去する必要があるのか?8/27の「校舎建設のうえで問題がある」という記述と矛盾する。
 一般にガラスくずは、土壌改良剤として使用され、建設には何の問題もないものである。アスベスト以外には考えられない。
 
ファイル4
 
81ページ((PDFファイル記載ページは820ページ)
H27/9/4議事録(ファイル3とは別のもの)
財務局から、地価を上回る瑕疵が発生する国有地は貸し出すことができず、契約取り止めとなる」との記述がある。そのような瑕疵が発生するリスクを財務局は認識していた。これだけの瑕疵が発生するのはアスベスト以外には考えられない。」


 この内容を考えると、もしも、「瑞穂の国記念小学院」の用地にアスベストが埋まっており、それを近畿財務局や航空局の人が知っていながら隠していたと仮定したら、これは辻褄が合います。当然、元上司はこれを知っていたはずですから、証言でそれを告白する可能性が高いです。そして、もしも、上の推測が正しかったら、森友事件の構図は全部、ひっくり返ります。国会もメディアも森友学園に謝罪をする必要があり、それ以上に国は森友学園に莫大な賠償をする義務が生じます。その額は、赤木さんのご遺族に払った1億円の何十倍もの金額になります。関係者は、処罰される羽目になります。

 そう考えると、元上司の証言を封印する理由はあったと言えます。
 
もちろん、これは仮定です。が、真実を知るためにも、元上司に免責を与えてもいいから証言を求め、同時に森友土地の埋設ゴミ(アスベスト)再調査を衆人環視のもとで行うべきであると思います。。



Number
Pass
管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板