ドストエフスキーの「情報・意見」交換ボード
過去の投稿記事 (選)   HP HTMLタグ一覧

名前
タイトル
本文
編削キー
親記事または下の返信記事へ返信する場合は上のフォームに書いて下さい。



[13] 未来の虚無主義を想像してみる
名前:うなぎ犬
2020年03月07日 (土) 06時05分
現代文明の底流に聳えている難問。それは啓示宗教の限界の姿を見事に露呈していると言えるのではないでしょうか。ドストエフスキーが作品群の中で未来への警鐘として鳴らしている虚無主義を模した作品人物。それが今まさに21世紀を生きるわれわれに突きつけられているように感じます。

そこで未来の虚無主義を大胆に想像してみました。
既存の神を殺し人が人間を超越し人間が神になる。
その顛倒によって存在そのものの意義を失ってしまう。
そこをさらに一歩踏み込んでみると。
それは、世界中の人間、生きとし生ける全ての命、非情も有情も、惑星も虫けらも、その個々の全てが、そのまま、ありのまま、もともと神なのだ。自覚しようとしまいと、思いだそうが思いださまいが。するとキリーロフの虚無主義の反転のようなおそろしい存在の意義の究極的喪失が襲ってくるのではないでしょうか。

啓示宗教の問題が「時間」と「言語」にあるとすれば、未来の人類の課題は「時間が存在しない」という確信と、「言語の虚構性」を確信した人間が、何のため、という根源的な生の意義を見出すことが究極的に不可能になってしまうというところにあると思いますが、Seigoさんはどう思いますか?

宗教的な悟りという体験は、虚無と表裏一体となっていると感じるのですが。

[14] 神・自由、人間・生命 >[13]
名前:Seigo
うなぎ犬さんのこのたびの問題提起は、ドストエフスキーが提示した未来の人間と社会の状況の問題について、神、存在の意義、虚無、喪失、時間、言語をはじめ、重要なキーワードを挙げて述べていて、その核心に迫るものだと思います。
さらに、厳密にその論究を深めていけば、すばらしい研究になるでしょうね。

自分としては、
ページ内の「ドストエフスキーの思想」にも挙げている通り、
 神 自由
が、ドストエフスキーの提示した問題を見ていく上で中心的なキーワードになるのではないかと思っています。

前回、渋谷氏の言葉として挙げた、

「人間を自由にする神の恩寵の助力なしに、自分だけの力で人間が正しく生きようとするとき、人間は罪に打ちのめされる。しかし人間は自由意志によって、この自由にする解放者を信じ恩寵を受け入れることができる」(アウグスティヌスの言葉) 
まるでドストエフスキーの大小説からエッセンスだけを取ってきたような、美しい言葉だ。


も、ドストエフスキーの思想の根幹にある一つのテーマを示唆しています。

そして、ドストエフスキーの思想にも方向の間違いや不十分さや限界があり、それらの突破口となるのは、うなぎ犬さんや私が付け加えようとする、「神」に対して「人間」「生命」のことを追及した仏教の思想(その精髄)ではないかと思う。
2020年03月08日 (日) 13時33分





Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板