ドストエフスキーの「情報・意見」交換ボード
過去の投稿記事 (選)   HP HTMLタグ一覧


名前
タイトル
本文
編削キー
親記事または下の返信記事へ返信する場合は上のフォームに書いて下さい。



[147] 『永遠の夫』筑摩書房 小沼文彦訳
名前:ほのか
2020年10月25日 (日) 18時53分
p307で、やっと、怖さから、解放されました。

@あ〜 怖っ!!
A『「どうやら、やっと、アレクセイ・イワーノヴィチさんにお目にかかれたようですな?」と
実ににこやかな、滑稽なほどこの場に不似合いな声で、歌でも歌うような調子で彼は言った。
「するとあなたはやっぱりパーヴェル・パーヴロヴィッチ・トルソーツキーさんで?」と、やがて、当惑したような顔つきでヴェリチャニーノフも口を開いた。』



[149] 『永遠の夫』を、読了です。
名前:ほのか
(感想文)
あー〜〜!!怖かった!!
 作家ドストエフスキー 氏の小説としては、『クスッという』笑いがなかったな!?という感想ですね。主題は、大人の都合で、幼い子供に《優しさ》を、与えられなかった大人の身勝手。

 それから、やはり、女性の権利とか子供の権利が、主題でしょうね。

次は《怖い》ついでに、『死の家の記録』に、挑戦したいと、思ってます。


 
2020年11月04日 (水) 19時26分

[151] 『死の家の記録』読むのを、後にしました。
名前:ほのか
『死の家の記録』読むのを、あとにしました。短編へ!!
2020年11月10日 (火) 18時29分





Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板