ドストエフスキーの「情報・意見」交換ボード
過去の投稿記事 (選)   HP HTMLタグ一覧

名前
タイトル
本文
編削キー
親記事または下の返信記事へ返信する場合は上のフォームに書いて下さい。



[16] 自力発電の大切さ『罪と罰』
名前:ほのか
2020年03月18日 (水) 13時52分
『罪と罰』
ラスコーリニコフとポルフィーリーの会話

米川正夫 訳

ポルフィーリー《あなたに信仰がないのは、わたしも承知しているが、しかし、だいじょうぶ、生活が導いてくれます。そのうち自分から好きになりますよ。》

ポルフィーリー《問題は時間にあるのじゃなくて、あなた自身の中にあるのです。太陽におなりなさい。そうすればみんながあなたを仰ぎ見ますよ!太陽は、まず第一に太陽でなければなりません。》

ポルフィーリー《いや、あなたは逃げはしませんよ。百姓なら逃げるでしょう、近ごろはやりの分離派教徒なら逃げるでしょうーーー他人の思想の奴隷ならーーーなぜって、そんな連中は、海軍少尉補のドゥイルカみたいに、ただ指のさきをちょっと見せさえすれば、なんでも好きなものを、一生涯信じさせることができるんですからな。》

小沼文彦 訳

ポルフィーリー《あなたが信仰を持っていないことは、私も知っています。しかし、大丈夫、人生がちゃんと導いてくれますよ。自分でもやがてそれが気に入るようになります。》

ポルフィーリー《問題は時間にあるんじゃなくて、あなた自身にあるんですよ。太陽におなんなさい、そうすればみんながあなたを仰ぎ見ます。太陽はなによりもまず太陽でなければなりません。》

ポルフィーリー《いいや、あなたは逃げやしませんよ。百姓なら逃げるでしょう、いま流行のセクタントなら逃げるでしょうーーー他人の思想の追随者ならばねーーー、なにしろ、この連中が相手なら、話に出てくる海軍少尉のドゥイルカを相手にするように、小指の先をちょいと見せるだけで、こちらの望みしだいのものをそれこそ一生信じ込ませることができるんですからね。》

感想文ですが、
【太陽の自家発電と月の間接発電!!人生の生き方として、自家発電の太陽みたいに生きるのが良いと、つまり、自身の頭で考える事をポルフィーリーつまり作家ドストエフスキー氏は勧めているんだなぁと、ホッとしました。

[22] 『白痴』《リザヴータ夫人の人間性の特徴》
名前:ほのか
《リザヴェータ夫人の人間性の特徴》

《きわめて平々凡々たる事柄のなかに、またその縺れもつれのなかに、いつも夫人に付きまとっている不安な気持ちを透して(⇄『透す』の使い方GOOD!!と、作家ドストエフスキー の人間観察力に、脱帽ですね!!私読者もこの辺があって集中し過ぎて、集中力のおさまるまでの気持ちの消耗は大変な量です。気持をエネルギーを消耗した分、倍以上のエネルギーの獲得が出来てたらいいですけど)、つねに何かしら病気にでもなりそうなほど、恐ろしいものを発見する性質であった。夫人はそのたびに疑りぶかい!なんとも説明のつかない、したがつてこのうえなく重苦しい恐怖を感じるのであった。だからいま思いがけなく、こうした滑稽でなんの根拠もない無意味なごたごたの、あいだから、何やら重大らしい、いや、事実、真に不安や疑いを呼びおこしそうなものがちらちらと見えはじめたとき、夫人の気持ちははたしてどんなであつたろう?》木村浩 訳
2020年03月25日 (水) 13時07分

[24] 【リザヴータ夫人の燃えたぎる心の中の描写は、心の中が、超特急列車風】
名前:ほのか
【リザヴータ夫人の燃えたぎる心の中の描写は、心の中が、超特急列車風】

《それによくもあんなイメイの手紙をわたしによこして、あの売女のことをーーあれがうちのアグラーヤと関係があるなんて書けるものだ》リザヴータ夫人は公爵を引きたててくる道すがらも、家に着いて、家族の者が集まっていた円テーブルに公爵を座らせながらも、やはり心の中でずっと考えつづけていた。《よくもまあ、あんなことを考えついたものだ!たとえほんのちょっとでもそんなことを真に受けたり、アグラーヤにあんな手紙を見せたりするくらいなら、いっそ死んじまったほうがましですよ!これこそわたしたちエバンチン家に対する嘲弄ですよ!それというのもみんなイワン・フョードロヴィチのせいなんですからね。みんなあなたのせいですからね、イワン・フョードロヴィチ!ああ、なんだってエラーギンへ行かなかったんでしょう。エラーギンがいいと、あんなにわたしが言ったのに!これはひょっとしたら、あのワーリカが書いたのかもしれない、ちゃんと知ってますよ。それとも、もしかしたら‥‥‥ええ、何もかもイワン・フョードロヴィチが悪いんですよ!これはあの売女があの人を目当てに仕組んだことに違いない、あの人に恥をかかせるために、昔の関係を思い知らせようとしてたくらんだのだ。いつかあの人があの女ののころへ真珠を持って行ったとき、まるで人を小ばかにして、大笑いしながらその鼻づらを掴んで引きまわしたというけれど、今度もそれとすっかり同じことなのさ‥‥‥しかし、なんといっても、わたしたちはもうこの事件に巻きこまれてしまつたんですよ。とにかく、あなたの娘たちもやはり巻きぞえにされたんですよ、イワン・フョードロヴィチ。生娘が、令嬢が、上流社会の令嬢が、近いうちに嫁入ろうという娘が、ですよ。それがあんな場所に居合せたおかげで、みんなすっかり聞いてしまったんですからねえ。ねえ、どうしてくれるんです、同じ場所に立って聞いていたんですよ!それから、わたしはこのやくざ公爵も容赦しませんよ、どんなことがあっても容赦しませんよ!それに、なんたってアグラーヤが三日もヒステリーをおこして、もうすこしで姉たちと喧嘩するところだったのだろう?いつもはその手を接吻したりなんかして、母親のように尊敬していたアレクサンドラにまで。なんだってあの娘は三日もみんなに謎をかけるようなことばかり言ったのだろう?それから、ガヴリーラ・イヴォルギンはこの事件にどんな関係があるのだろう?なぜあの娘はきのうもきょうも、ガヴリーラ・イヴォルギンのことを褒めちぎったあげく、泣きだしてしまったんだろう?また、あの娘は、公爵からもらった手紙を、姉たちにさえ見せなかったのに、なぜあのイメイの手紙のなかにあの忌々しい『哀れな騎士』のことなんか書いてあったのたろう?それから、なぜ‥‥‥なんのためにわたしは公爵のところへ火傷した猫みたいに駆けつけていって、自分からわざわざあの男をここへひっぱつてきたんたろう?ああ、わたしは気が狂ってしまったのだ、なんてことをしでかしたんだろう!若い男をつかまえて娘の秘密をお喋りするなんて、しかも、その秘密ときたら‥‥‥その当の相手にあやうく関係していることじゃないか!ほんとに、この男が白痴ばかで、そして‥‥‥そして‥‥‥わが家の友だちだからいいようなものたけれど‥‥‥それにしても、ほんとにアグラーヤはあんな片輪者に夢中になったのかしら!おやおや、わたしとしたことが、とんでもないことを考えたりして!ちょっ!ほんとにわたしたちはみんなとっぴな人間ばかりだこと‥‥‥わたしたちはみんな、ことにわたしなんかは、ガラス箱の中に入れて、入場料の十コペイカもとって見世物にしたいくらいですよ。あなた、わたしは決して容赦しませんよ、イワン・フョードロヴィチ、どんなことがあってもあなたを容赦しませんからね!それにしても、あの娘はなぜあの男をいじめないんたろう?いじめてやるって約束までしたくせに、今じゃいじめようともしないんだから!ほら、ほら、一心にあの男のほうを見つめたまま、黙っているじゃないの。立ち去ろうともしないで、じっと立っているじゃないの!そのくせ、自分からあの男に来ちゃいけないと言い渡したんだからねえぇ‥‥‥あの男のほうは顔を真っ蒼にして座っている。それに、あの忌々しいエヴゲーニー・パーヴロヴィチのお喋りがひとりで話をきりまわしているじゃないの!まあ、喋ること喋ること、誰にも口を容れさせないんだから。話をうまく持ちかけさえしたら、わたしにはすっかりわかってしまうんだけれど‥‥‥》
2020年03月25日 (水) 13時28分





Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板