無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿詩掲示板


ここはあくまで個人サイトにある、
言葉を残すためのちっぽけな場所です。
そのためわざと最低限の機能しかつけておりません。
レスもつけたいときにつけていきます。
足枷が無く純粋に言葉のみのやりとりが出来ることを願っています。

TOPへ戻る

名前
題名
言葉
記憶

このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください

2003年07月03日 (木) 16時13分


足がもつれて膝をついた
ぬかるむ地面に足は埋もれ
力を込めれど びくともしない

ああ 早く
早く 歩いていかなければ

逃げるように誘う光が
もう 豆粒ほどになってきた

待ってくれ

待ってくれ

歩きたいんだ
進みたいんだ


あの人の往く 

あの場所へ……

271番 連理 ▼


Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板