無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿詩掲示板


ここはあくまで個人サイトにある、
言葉を残すためのちっぽけな場所です。
そのためわざと最低限の機能しかつけておりません。
レスもつけたいときにつけていきます。
足枷が無く純粋に言葉のみのやりとりが出来ることを願っています。

TOPへ戻る

名前
題名
言葉
記憶

このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください

■ 花と散る

2003年06月04日 (水) 21時26分



その腕の中で

世界の壊れる音が聴こえる

咲き乱れることよりも

手折られることを

わたしは望んだ

永遠へ続く刹那の入り口

その腕の中で甘くまどろみ

世界の終りを夢見てる

265番 真琴 ▼


Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板