日本テーラワーダ仏教協会 質問&議論BBS

日本テーラワーダ仏教協会の質問&議論用の掲示板です。
投稿は個人情報を削除した上で編集しHPや協会機関誌等に転載する場合があります。

当掲示板では、冥想についての相談は受け付けておりません。
メール(info@j-theravada.net)にてご相談ください。

投稿は管理人が内容を確認後に掲載します。不掲載の理由問合せにはお答えしません。
お問合せは、info@j-theravada.net まで。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

掲示板一覧に戻る

こちらの関連記事へ返信する場合は下のフォームに書いてください。

感受性が高すぎて疲れます。 - えみる
私は感受性が高すぎて疲れます。
恐らくHSPという性質を持っています。
詳しくは話が逸れかねないので避けますが、もう息をするように考えてしまうのです、それもどうでもいいことを…。
そのせいで集中すべきことにも集中できませんし、もう何が何だかわからなくなって、頭がこんがらがります。
頭の中でたくさんの雑念や妄想がぐるぐるしているような感じです。
ヴィパッサナー瞑想は効果があると思って、時たまやっておりますが、今日から本腰を入れて続けてみようと思います。
もはや自分でも何が言いたいのかわからなくて面目ないのですが、私はいかにして生きればよいのか、御教授賜りたく存じます。
2018年11月09日 (金) 14時42分 No.4051
ひとつの仮説にすぎません。 - Ted
>私は感受性が高すぎて疲れます。

以下は、ひとつの仮説にすぎません。

ご自身でよく学び、試して、検証してみることをお勧めします。

そうすれば、もっと良い道を自分で発見できるようになります。

なお、テーラワーダ仏教は「検証」するものであって、「信仰」するものではありません。

-----------------

1.結論

えみるさんが持って生まれた「高い感受性」を、最大限に生かして生きる道を探し、訓練し、邁進するとよい、のではありませんか?


2.理由

「高い感受性」は個人の特性の1つであるにすぎません。

これを「才能」と観て好きになれば(苦しいけれど)上り坂の人生が待っています。

これを「欠点」と観て嫌いになれば(惰性で逃げる)下り坂の人生が待っています。

これを「事実」と観て冷静になれば(智慧を求める)安楽への人生が待っています。


3.訓練と精進努力

いかなる名馬の素質があろうとも、きちんと調教されていなければ、ただの駄馬あるいは暴れ馬です。

頻繁に氾濫する川を治めるには、ただせき止めるのではなく、悪影響が生じないように土手や仕切りで流れを整え、有用な効果が生じるように潅漑やダムを作り上げてゆきます。

いかに「高い感受性」を持っていても、感受性を制御できる訓練なしには、いかなる天才画家の卵であろうと、天才音楽家の卵であろうと、ただの失業者にしかなれません。

えみるさんが持って生まれた「高い感受性」がどのような「才能」に昇華してゆくかは、えみるさん自身の天性の知恵と後天的な精進努力で自分で見つけてください。


4.訓練の最初の一歩

1)心を制御するための基礎知識が必要ですので、テーラワーダ仏教が教える数々の釈尊(お釈迦様)の智慧を、まずは「頭でっかち」でもいいから学んで下さい。

2)水泳選手であるならば、いつまでも「頭でっかち」で「口先だけの論争」をしても、水に浮かず、実際に泳ぐことができません。ここまでは畳の上の水練です。

3)「在家の五戒」を守って後ろ指さされぬよう安心し、「慈悲の瞑想」で慈悲喜捨の心でリラックスして集中し、「ビパッサナ瞑想」で自分自身を観察して下さい。

戒を守り、心を集中させることで、効果の高い「ビパッサナ瞑想」を本格的にスタートできます。


いずれにせよ、スマナサーラ長老の「ビパッサナ瞑想」などで瞑想を体験してみることをお勧めします。




2018年11月12日 (月) 12時33分 No.4052
その見通しで大当たりです。 - tamotsu
まさに概念ぐるぐる、妄想ぐるぐるには、
ヴィパッサナーは、よく効きます。

1日1時間できるようになると効果が出ると
お坊様が言ってました。
そうでないとあまり効果が期待できないとも言ってました。
が、これは、けっこう大変です。

あとフィリピンの僧侶の方の文章で読んだのですが、
『心理療法の一環として、ヴィパッサナーを実施しているが、
どうも戒律(在家の五戒)を守ってないと、効果が薄い。』
と書いてありました。

ですので、五戒(殺さず、盗まず、淫らな行為ををせず、嘘をつがず、酒や麻薬を摂取しない)を守ると
効果が、早く現れます。

いきなり五戒を守ると大変だという場合は、
まずは、行動や発する言葉、そして考えや感情を柔和で穏やかなものにしようとすると、
徐々に戒律を守れるようになっていきます。
(身口意を穏やかにしてとか、正してとかとよく経典にでてきます。)

どのようなことをすれば、
身口意を正しくしてるのかを突き詰めると
いつの間にか五戒を守っているようになっているんですね。

弛まず張詰めず、徐々に徐々に、
戒律を守れるようにとヴィパッサナー瞑想ができるようになっていってください。

(あと、お坊様の法話も徐々に聞きにいくようにしてみてください。
まずは興味のわいた法話でも。)
2018年11月12日 (月) 12時33分 No.4054


名前
メール
ホームページ
タイトル
本文
画像

削除パスワード Cookie

RSS
Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板