日本テーラワーダ仏教協会 質問&議論BBS

日本テーラワーダ仏教協会の質問&議論用の掲示板です。
投稿は個人情報を削除した上で編集しHPや協会機関誌等に転載する場合があります。

当掲示板では、冥想についての相談は受け付けておりません。
メール(info@j-theravada.net)にてご相談ください。

投稿は管理人が内容を確認後に掲載します。不掲載の理由問合せにはお答えしません。
お問合せは、info@j-theravada.net まで。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

掲示板一覧に戻る

こちらの関連記事へ返信する場合は下のフォームに書いてください。

座禅 - 修行者
悟りを開くには座禅が一番ですか?
2018年08月11日 (土) 01時31分 No.4029
悟りを開く方法は、厳密には一つしかありません。 - tamotsu
唯一の方法です。

といっても、修行者さんが言っている座禅が、
どの程度のものを指して言われているか、
推測して答えていますので、これで十分とは思うのですが、
推測が違っているといけないので詳しく答えますと、

日本の禅寺で教えてくれる座禅は、
サマタ(止)瞑想で、呼吸を対象にする集中力養成が、主の目的となります。
この瞑想でも、かなり心が澄み切った状態である禅定を 得られます。

お釈迦様は、そこから、内外に起こる全ての現象を観察する
ヴィパッサナー(観)瞑想をされて、
全ての現象は、無我であり、無常であり、苦であると
悟られました。

ヴィパッサナー瞑想は、座って集中しながらする以外、
歩いているときや、ごはんを食べている時も
気づきをいれていればできるので、
座禅というと正確ではありません。

座禅をして、禅定状態をつくって
ヴィパッサナー瞑想をするのが悟りへの道になります。

厳密に言えば、
ヴィパッサナー瞑想をするのが、悟りを開く唯一の方法になります。
1番とか2番とかはなくこれだけです。
これは、お釈迦様が、保証されていることでもあります。

もっと正確に言えば、八正道をすることが、悟りを開く道になります。
2018年10月02日 (火) 14時13分 No.4036


名前
メール
ホームページ
タイトル
本文
画像

削除パスワード Cookie

RSS
Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板