日本テーラワーダ仏教協会 質問&議論BBS

日本テーラワーダ仏教協会の質問&議論用の掲示板です。
投稿は個人情報を削除した上で編集しHPや協会機関誌等に転載する場合があります。

当掲示板では、冥想についての相談は受け付けておりません。
メール(info@j-theravada.net)にてご相談ください。

投稿は管理人が内容を確認後に掲載します。不掲載の理由問合せにはお答えしません。
お問合せは、info@j-theravada.net まで。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

掲示板一覧に戻る

こちらの関連記事へ返信する場合は下のフォームに書いてください。

仏教の真髄 - ダルマ
帝問うて曰く「朕即位して已来、寺を造り、経を写し、僧(僧伽、教団)を度すこと、勝(あげ)て紀す可からず(数え切れないほどである)。何の功徳有りや」
師曰く「並びに功徳無し」
帝曰く「何を以て功徳無しや」
師曰く「此れ但だ人天(人間界・天上界)の小果にして有漏の因なり(煩悩の因を作っているだけだ)。影の形に随うが如く有と雖も実には非ず」
帝曰く「如何が是れ真の功徳なるや」
答曰く「浄智は妙円にして、体自ずから空寂なり。是の如き功徳は世を以て(この世界では)求まらず」
帝又問う「如何が是れ聖諦の第一義なるや」
師曰く「廓然(がらんとして)無聖なり」
帝曰く「朕に対する者は誰ぞ」
師曰く「識らず(認識できぬ・・・空だから)」
帝、領悟せず。師、機の契(かな)はぬを知り

この達磨と武帝の問答は仏教の真髄を語ってると思いませんか?
2018年06月26日 (火) 15時06分 No.3986
歴代のお坊様たちの教えようとする情熱を語っているように思います。 - tamotsu
時の皇帝に達磨大師が説法をしたのだけれど、
皇帝に縁がなく(戒律を守って修行をしたりして能力が高まったような、そのような理解できるタイミングでなく)、
皇帝が、理解できなかったという場面ですよね。

皇帝は、功徳があるとされるお布施を沢山しているから
その結果は、どうなるの?
と聞いていますから、
素直に達磨大師も、苦のない天界に生まれますよ、
と1度認めてあげれば、
皇帝も悦に入ってもっと聞こうとしたんじゃないかと思います。

それをショック療法で、功徳なんてないよ、と答えて
興味を誘ったのですが、
あとが、今一のような気がします。

確かに慧は、そうそう出てくるものではなく、
サマタ瞑想(禅定)も、ああしようこう、しようとしないでいるほうが、成果は上がりますが、
規模の大きい布施という善行為をできていても、
戒律は守っていないでしょうし、
瞑想修行も全然してなさそうな相手に、
いきなりこの回答をしてもいかがなものか、
と思います。

皇帝は、それでも頑張って
じゃあ何が勝義諦なんですか?
と聞くと
がらんとして何にもないです。聖なんてのもないです。
と答え更に分からなくします。

じゃあここにいるわたしは、自分ってなんなの?
と更に皇帝が、頑張って聞くと
認識できないものなんですよ。
と答えているので、
そりゃあ皇帝が理解できなくてもおかしくないなと
思いました。

もうちょい

皇帝のしている善行為は、
天界にいくいいことがあるんですよ、
でももっといいことがありますよ、
知りたいですか?

としたうえで、
実際には、
人は物質と心の集まりで、
何か中枢があるわけでない、
空っぽなものです。
それを知るには、
布施をするだけでは、無理ですよ、
戒律を守って、瞑想していれば、
分かりますよと言ってあげれば、
理解できたかも、なんて思います。

でも、バブルによって、超裕福になっていた日本人に
スマナサーラ長老が、ガツンときついことを言って、
そこからお釈迦様の教えに導く方法が、受け入れられたように
皇帝相手にはこのやり方が最善だったような気もします。

お釈迦様の教えを一般の人にも分かりやすく教えようとする
歴代のお坊様のありがたさをこの会話から感じます。
2018年07月03日 (火) 13時53分 No.3995


名前
メール
ホームページ
タイトル
本文
画像

削除パスワード Cookie

RSS
Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板