日本テーラワーダ仏教協会 質問&議論BBS

日本テーラワーダ仏教協会の質問&議論用の掲示板です。
投稿は個人情報を削除した上で編集しHPや協会機関誌等に転載する場合があります。

YouTube「日本テーラワーダ仏教協会事務局」チャンネルのQ&A動画で取り上げる場合もあります。

投稿は管理人が内容を確認後に掲載します。不掲載の理由問合せにはお答えできません。
お問合せは、info@j-theravada.net まで。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

掲示板一覧に戻る

こちらの関連記事へ返信する場合は下のフォームに書いてください。

目覚まし目的でのカフェイン摂取について - とまる
朝起きて、慈悲の瞑想やヴィパッサナー瞑想で眠くならないようにコーヒーなどでカフェインを摂取して脳を覚醒させています。
また、勉強や読書などに集中したいときもコーヒーのカフェインに頼ってしまいます。
五戒ではアルコールや覚せい剤はもちろん禁止ですが、カフェインはどうなのでしょうか?
スマナサーラ長老の書籍や仏教関連の記事などはかなり読んでいますが、カフェインについて言及している文献を見たことがありません。私が見逃しているだけでどこかで言及されていたらごめんなさい。
このまま眠気覚ましとしてカフェインを摂取しててもいいのでしょうか?
カフェインに対する仏教的見解を教えて頂けると助かります。よろしくお願い致します。
2018年06月10日 (日) 19時28分 No.3976
放逸になるかならないかで判断すればよいかと - tamotsu

『カフェインについて - はち』
というはちさんの記事で、
スマナサーラ長老が、答えている動画のアドレスが載せてあります。
ご参考に。

スマナサーラ長老がさすがに飲酒をするということはないので
余計なこととは思いつつ
自分の経験から得た答えを言いますと、
カフェインは、その中毒性(依存性)から
酒、麻薬と同じかと思われますが、
そこではなく、接種したときに、
仏教ではきつく戒めている気付き(サティ)がなくなる放逸の状態になるかならないかで、
判断するといいかと思います。
そうすると『食事の節制』の範疇になる飲食物になると思います。

最近、やっと把握したのですが、
酒を一口でも飲むと、気付きを入れることができなくなることが、分かりました。
麻薬ではないですが、歯医者や、内視鏡検査の局部麻酔でも同様に気付きを入れられなくなりました。
コーヒーなどは、いくら飲んでも気付きは入れられていました。

ですので、酒、麻薬は、放逸になるので、接種は禁止
で、
コーヒーやお茶などのカフェインは、放逸には、ならないので、
ほどほどまでにすることになります。

ただ、『食事の節制』も守らないと
資産が長く続かないとか、
体が強張って、方向もわからなくなり、
お釈迦様の教えに対する信がなくなり、
修行する喜びがなくなるなど、
お釈迦様がこれらの弊害の原因の1つとして
挙げています。
自分の体験でもそうなりました。

放逸にならないとは言っても
カフェインがないとイライラするほどには、
飲まないようにした方がいいようです。
2019年01月16日 (水) 10時37分 No.4087


名前
メール
ホームページ
タイトル
本文
画像

削除パスワード Cookie

RSS
Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板