日本テーラワーダ仏教協会 質問&議論BBS

日本テーラワーダ仏教協会の質問&議論用の掲示板です。
投稿は個人情報を削除した上で編集しHPや協会機関誌等に転載する場合があります。

当掲示板では、冥想についての相談は受け付けておりません。
メール(info@j-theravada.net)にてご相談ください。

投稿は管理人が内容を確認後に掲載します。不掲載の理由問合せにはお答えしません。
お問合せは、info@j-theravada.net まで。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

掲示板一覧に戻る

こちらの関連記事へ返信する場合は下のフォームに書いてください。

慈悲の瞑想フルバージョンについて - richvote MAIL
慈悲の瞑想フルバージョンの中に「皆、業を相続します」というくだりがあります。その中に「私は私より豊かな人を見るたびに、過去に善行為をした人であると思い、喜びを感じます。」という一文がありますが、このなかの「豊かな」というのは物質的なことや金銭的なことまで含まれている日本語のような気がします。けっして単独では心の豊かさだけを指してはいない日本語になります。ここは「私より幸せな人を見るたびに」もくしは「私より心の豊かな人を見るたびに」のほうが紛れがないように思いますが、どうでしょうか。
私の理解では業というのは心の働きなので、身分や財産面でのことまで含んでしまう豊かという日本語には引っかかってしまいます。
どうかご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
2018年06月09日 (土) 00時35分 No.3975
RE: 慈悲の瞑想フルバージョンについて - とこ
一般論で言えば、言葉にはいつでも変わらない作り付けの意味があるのではなく、その文脈の中で意味が定義されていくのだと思います。
業の意味を保留しておいて、身分や財政的な面で豊かな人にも喜びを感じるのはいかがでしょうか。
2018年06月14日 (木) 14時07分 No.3978
物質的な豊かさも業から - tamotsu
物質や貨幣も心の働きで豊かになったり、貧しくなったりするので、オッケーですよ。

ちょっと長くなりますが……、

物質とは、なんでしょう?

サイコロでもなんでもいいのですが、
例えでサイコロを挙げます。

サイコロを見ます。
見ると、サイコロ模様の光を目で受け取ります。
その光が出てるところをさわってみると、
硬い、つまめるとわかります。
つまんで持ってみると、
硬さが、目でみているサイコロ模様のところで続いていき、形が浮かんできます。
昔の記憶に残っている経験からすると、
これはサイコロかなあと推測して、
間違いなければ、これは、サイコロだなと確定します。

このように、
いま感じる刺激と過去の経験のした記憶などの情報から
これは、サイコロだ、あれは、紙だとか
物質を特定して認識します。

これが物質だと思っているものです。
五感の知覚と心に浮かぶ経験とから導き出している
情報の集まりです。

次に豊かさとは、なんでしょうか?
豊かさは、みんなでこれがいいんだと思っていたり、
1人だけいいと思って価値を入れているものです。

それは、五感と意(心)の六感が、接触したとき、
楽や喜びを感じさせてくれたものです。

物質は、
本当は、四大色という4つのエネルギーの集まりです。
その集まりに触れて、楽を感じて、
これはいいなと価値をつけて、
それが多ければ豊かだなあと感じています。

物質や豊かさは、心が決めているものなんですね。

さて、豊かさは、どのように増えるのでしょうか?
他人というものも、本当は、心と身体の集合体です。

その集合体から楽を受ける(与えられる)と、
嬉しいので、ありがとうと
その集合体に自分のいいものをあげたくなり与えます。
(苦をうければ逆です。)

こんなやりとりで基本的に豊かさは、増えていきます。

まずいいものをあげようという心がないと、
お返しがかえってきません。

業は、思という心所です。
漠然とただしたいという心の要素です。
困っているときに手をすぐ貸してあげたりする人がいますが、
昔からそのような行為を繰り返し、
手助け"したい""しよう"という業が
基本的に沢山生じてくる人なんです。

そのような業を持っていると、
どんどん手助けしてしまいますから
どんどんありがとうのお返しがあります。
もしくは、そのような気持ちがあるだけで、
他の人は、嬉しくなり、何かを与えたくなるかもしれません。

で、豊かになるわけです。

このように
物質的な豊かさや、貨幣のような価値の豊かさも
その人が、業という心にしたがって、
他の人が喜ぶことをした結果や、
業そのものが他人に与える印象から
現れたことなのです。
ですので物質的な豊かさを含めてよいわけです。

物質は色(しき)といいますが、

十二因縁で
無明によって行が生じる。
行によって識が生じる。
識によって名色が生じる。

と出てきます。

行とは業のことです。
つまりあの"したい"という思(し)です。

行("したい"という思)があると認識する心が生じてきます。
認識があると名(受想行)色(物質)が生じてくるというのです。


色々な情報を認識することによって、
どんな物質かを定義し、
その物質が"ある"と思い込みます。
その認識する心は、行という何かしようとする思=業によって
生じているのだと分かれば、
心の作用の業が、物質的な豊かさの土台になっていることも理解されると思います。

ちょっと頭だけで理解するのは、大変なので
八戒を守ってヴィパッサナー瞑想を頑張ってください。
そのうち冴えてきて、智慧がつくので、
何となくわかってきます。

拙い説明ですが、参考になれば。
2018年06月15日 (金) 14時01分 No.3981


名前
メール
ホームページ
タイトル
本文
画像

削除パスワード Cookie

RSS
Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板