作曲・歌唱曲投稿

楽曲の投稿はmp3にてここからお願いします。

ホームページへ戻る

名前
MAIL
URL
件名
内容
文字色
削除キー COOKIE

このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください



[ No.3457 ] 「孤独のブルース」推敲付曲版 2020年05月13日 (水) 11時16分
投稿者:キー

過日付曲しました26時京都さん作詞の「孤独のブルース」について、推敲をしてみました。前半の抑揚を抑え気味にして、後半は若干音程を上げたことに加え、前回少しラフ過ぎた発音の強弱を細かく調整して、メリハリを付ける様にしました。逆にヒネリ感は薄まった様に思います。俳句と同じで一週間、十日と聞き続けてみると気付きが有って、そこが付曲の面白さなのかも知れませんね。

孤独のブルース   作詞;26時京都 補作詞;キー(SEIZAN)

黒いネクタイ チェスターコート
港酒場に 漏れ来る唄は
ダークナイトを 引き裂く様に
なぜに解くか 隠した過去を

妖しく灯るは 煤(すす)けたランプ
ジャンクなサックス 嘆きのペット
呷(あお)れば焼け付く バーボン喉に
ドライシガーが 目に染みる
褪せた飾り絵 孤独のブルース

冷えたドアノブ 傷口疼く
硬い靴音 波止場にひびき
ハーフダラーの マジックコイン
投げて占う 未来(あす)なき道を

ディープな暗夜に 浮かんで消える
スポットライトに モノクロ写真
霞むよ霧笛も 古びた倉庫
錆びたクレーンに スクラップ
波間漂う 孤独のブルース

妖しく灯るは 煤けたランプ
ジャンクなサックス 嘆きのペット
呷(あお)れば焼け付く バーボン喉に
ドライシガーを 揉み消せば
沁むや亦ぞろ 孤独のブルース・・・



[ No.3468 ] コメント有難うございます。 2020年05月16日 (土) 13時36分
投稿者:キー

小池様
何時もコメントを頂き、有難うございます。ジャズ風のボーカル作曲は、簡単に素人の手に負える様な類のものではないですね。演歌や歌謡曲っぽいメロディや構成では様には成らず、かと言って崩し気味の暗い雰囲気のものでは、普通の場合なかなか馴染めないと思います。

ジャズに詳しい訳でも、ジャズオタクでも有りませんが、長時間何かをやりながらBGM的に聴くのには、全く飽きず最高ですね。好みは様々ですが、女性ナンバーの気だるくて、少しずれた様な歌い方を魅力的に感ずる私は、変わっているのでしょうか?..。

[ No.3466 ] 曲の構成を考えて。 2020年05月16日 (土) 01時04分
投稿者:小池 蓮 mail

詩を読むと4段、5段でワンコーラスと見えます。
即ちツーハーフの括りかと・・。
前半は語り風で5行目のどこかに張れるフレーズを考えたらいい感じが出せると思いますよ、頑張ってください。

[ No.3463 ] 布袋さんへ 2020年05月14日 (木) 09時31分
投稿者:代表管理人 mail

布袋さんへ

掲示板ではなく、あえて此方に書かせていただきました。
「虹の音楽舎」は結果的に発表の場になっていますが、「勉強の場」でもあります。発表された方は、何方もその作品の評価や感想が気になられていることと思います。私もそうです。もしご指摘される事があれば責任を持ったお言葉で、責任を持った紳士的アドバイス・コメントをお願い致します。このサイトはプロの作詞家・作曲家他、多くの方がご覧になられていますので、当サイトの品位を落とさずに、的確なアドバイスやコメントを頂ければ嬉しく思います。自分の投稿以外にコメントをされない方も中にはいらっしゃるのは淋しく思っている中で、この様に積極的にコメントを頂ける頂ける事は大変に嬉しい事です。どうぞ、一生懸命な故の誹謗中傷になっていないか?今一度、言葉のボーダーラインを決めてのご投稿をお願い致します。作品投稿者も各人、発展途上の中で一生懸命に作品を作り、ここに投稿されておりますので…応援してあげて下さい。また、応援して下さい。宜しくお願い致します。

[ No.3462 ] コメント有難うございます。 2020年05月13日 (水) 13時50分
投稿者:キー

26時京都様
コメント有難うございます。実を言いますと、ジャズの場合所謂7thや6th等々..満載のジャズコードが使われます。実際に編曲段階で使ってみましたが、濁り感が強くて馴染み難いだろうと感じたので、必要最小限にしました。そのためちょっと軽目で、明るい雰囲気になったことは、否めません。その辺のバランスを取るのは、なかなか難しいですね。

[ No.3460 ] コメント有難うございます。 2020年05月13日 (水) 13時33分
投稿者:キー

布袋福太郎様
早々にコメントを頂き、有難うございます。私自身はCEVIOに振り回されている感覚は全く無く、むしろこれらのキャラクターを、生かして使うことを楽しんでいます。色々な受け止め方があると思いますので、ご指摘は甘んじて受けます。

やはり感情表現の点に於いて、生身の人間が唄うことに勝るものは無いことは、百も承知して居ります。作品の良し悪しは、メロディ、編曲、歌い手などのレベルが、一定以上であってこその話だろうと考えます。せっかくの作品も拙い歌唱では、却って聴き手のマイナスイメージが強くなり、台無しに成りかねません。

自分自身が唄う場合も、それなりの歌唱力が有れば良いのですが、そうでなければ自分が唄うことにこだわる理由や、必然性は無いと考えています。歌い手さんを安定的に確保することは、現実的にはとても大変です。そんな事情も有り、歌入れをするまでやるべきと思い、そこそこのレベルで唄えるCEVIOを使っています。

[ No.3459 ] 2020年05月13日 (水) 13時18分
投稿者:26時京都

元々ジャズを想定していませんでしたので作詞に少し無理があったかも?詩も音も其々聴く側の感性ですのでこれも一作でしょう。ジャズは演奏と言われますよね♪アレンジにもう少し抑揚を付けてみても良かったですね!!

[ No.3458 ] 感想 2020年05月13日 (水) 11時46分
投稿者:布袋福太郎 mail

シビオに振り回されている様な気がします、僕は思うんですがそれなら自分で歌った方がてきとり早くありませんか、なんかふにゃふにゃしたこんにゃくみたいで好きになれません。
段々試行錯誤して上達する事については意義がありますが、現段階は試聴のレベルでない様に感じます。





Number
Pass
管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板