作曲・歌唱曲投稿

楽曲の投稿はmp3にてここからお願いします。

ホームページへ戻る

名前
MAIL
URL
件名
内容
文字色
削除キー COOKIE

このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください



[ No.3087 ] 雲母坂(きらら坂) 2019年12月02日 (月) 19時20分
投稿者:華木かおる

雲母坂(きらら坂)
    
    作 詞  華木かおる
    作編曲  音戸 遊介
     唄    音戸 遊介
    

京の洛北  往く秋の               
路傍(みち)に咲く花  切なさ誘う         
人目忍んで  重ねた恋は
好きと嫌いの  幻想(ゆめ)芝居         
胸の隙間を  拡げてみても
何故に届かぬ  雲母坂(きらら坂)


染まる紅葉(もみじ)の  行者道
そっと寄り添う  ふたりの背中(せな)に
響く鐘の音(ね)  菩提(ぼだい)を籠(こ)めて
深い縁(えにし)の  風が舞う
何時か添いたい  あなたの胸に        
燃えて抱かれる  雲母坂(きらら坂)   


雨の雫は  容赦なく           
未練切なく  ふたりの仲を      
裂いて行くのか  涙の雨か
京のおなごの  愛しさは
綸子(きぬ)の着物に  凛々しく包み
越えて往きたい  雲母坂(きらら坂)


京都市左京区の「修学院離宮」から「比叡山」に登る峠道が「雲母坂(きらら坂)」です。 この「雲母坂(きらら坂」をモチーフにした叙情歌謡曲です。 映像は遂先日、現地で自撮りしました。

[ No.3098 ] 2019年12月04日 (水) 06時42分
投稿者:華木かおる

観世丸さん、ご無沙汰しています。 素敵なコメント有難う御座いました。 歌詞の中に「征く秋・染まる紅葉(もみじ)の行者道」とありました様に撮影するなら今が最後のラストチャンスと捉え、現地に赴きました。 このスポットには過去に何回も訪れてました。 時間があれば、観世丸さんが作編曲されました素晴らしい「♪ 嵯峨野路みれん」のスポット、嵐山、渡月橋、天竜寺、祇王寺、嵯峨野路、竹の径(みち)等々も行く予定でしたが、晩秋は日暮れが早いことから行くことが出来ず大変残念でした。 これらのスポットも過去に何回も訪れています。

[ No.3096 ] 2019年12月03日 (火) 20時49分
投稿者:観世丸六郎 mail

華木さん、「雲母坂」視聴させて頂きました。

さすがなんて表現するのは失礼ですが素晴らしい詞に音戸遊介さん作曲のこの作品はお見事だと思いました。流石!!。

1,2年前の作品との事ですが最近ロケをなさったばかりで、この様に視聴させて頂いてるとは本当に早い作業?に驚きました。
やっぱり綺麗な映像は作品を引き立ててくれますね。
有難うございました。

[ No.3095 ] 2019年12月03日 (火) 18時16分
投稿者:華木かおる

萩原大先輩、早速のコメント有難う御座います。 この度、ハイビジョン・ビデオカメラで映像を撮りました。 パソコンでは余り綺麗に再生出来ませんが、DVDにしてテレビで再生すれば、ある程度綺麗に視ることが出来ます。 しかし「YouTube」ではパソコンやスマートホンを介しますので、テレビで視るより映像の綺麗度は若干低くなるでしょうか。 時間があれば京都:右京区の貴船、鞍馬界隈や嵐山、渡月橋、嵯峨野路、竹の径(みち)界隈も行きたかったですが、晩秋ともなれば日暮れが早く、行きたいスポットに中々行き辛いですね。

[ No.3093 ] 2019年12月03日 (火) 17時38分
投稿者:萩原たかし mail

12年前の作品をあらためて映像化したご様子。しかも華木さん自撮りの凝った映像。なかなかできるものではありませんよね。その熱心な心意気に拍手です。

[ No.3090 ] 2019年12月02日 (月) 21時33分
投稿者:華木かおる

藤井さん・徳田さん、早速御拝見御拝聴厚くお礼申し上げます。 これまで京都の祇園を始め、数多くのスポットを巡って来ました。 このように自撮りの映像を元に今までの作品をご提供出来ればいいのですが、今まではよくカメラ(静止画)で撮ってましたので今では相当悔しい想いもあります。 この作詞作品は、もう12年前位になるでしょうか、「雲母坂」に行ったその夜に作詞をしました。 その曲付け、唄入れをして頂いたのが音戸さんでした。 その5〜6年後、女性歌手も同じタイトルで唄われています。

[ No.3089 ] いいですねえ 2019年12月02日 (月) 20時59分
投稿者:藤井有人

京都の雰囲気が、詞にも曲にも出ています。
作曲の音戸遊介さんは、以前からお名前だけは存じておりました。
魅力的な声で聴かせますねえ。
ところで華木さんの歌詞作風は、どことなく、何となく萩原先生に似ております。

[ No.3088 ] 華木さんの「雲母坂」良いですね! 2019年12月02日 (月) 20時26分
投稿者:奈良市 徳田勝行 mail

拝聴拝見しました。 さすがの華木さんの情感たっぷりの詞。いつも現地に出かけてはその心を風景を身に受け止めて書かれてる姿勢に学ばねば!と思いながらも、なかなかマネできず今だ足元にも届かないのが現実です! しかも私には京都が難しくってね。
作編曲・歌唱の音戸遊介さん。初めまして! お名前からしてプロの方のセカンドネームかと推察していますが、素晴らしいメロ。音創り。しっとりと切なさを込めた歌唱。聴かせていただきました。





Number
Pass
管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板