作曲・歌唱曲投稿

楽曲の投稿はmp3にてここからお願いします。

ホームページへ戻る

名前
MAIL
URL
件名
内容
文字色
削除キー COOKIE

このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください



[ No.4564 ] 拙歌「俺のまわりで秋が」Youtube アップ完了 2021年12月19日 (日) 21時54分
投稿者:江邑民部 mail

ご視聴頂けましたら光栄です。

   「俺のまわりで秋が」

              作詞 江邑 民部
              作曲  佐谷戸一
              歌   沢 伸一

1. 秋の虫が 集(すだ)き始める 昼下がり
久しぶりに バイクを飛ばし 床屋に行った
しゃれた名前で 「プラージュ」という 
「カットだけして」 と言うと
兄ちゃんは 巧みなハサミ さばきで 
あっという間に 形よく 仕上げてくれた
店の名に 触発されて 俺はすぐに
歌い出したく なったよ シャンソン一曲     
“Sur(シュー) la(ラ) Plag’(プラージュ) de(デゥ) Solenzara(ソレンツァーラ)”を
 
2. だが浮かれた 気分はすぐに 消し飛んだ
見ると首に 巻かれたヘアー エプロン上(じょう)に  
白い綿毛が 散乱してた 
他人(ひと)のものでは なくして
自らの 切り落とされた 分身だ
当たり前とは 言うものの 情けないかな      
年なんて まだまだ先と 思っていた
俺の気づかぬ うちにも まわりで深く
なっているのだ 秋の推移が     

3. 散歩に行く 夕暮れ時の  公園で  
杖を振ると ツバメが応(こた)え 飛び交うのだが 
日毎(ひごと)その数 次第に減って
残った1羽が ついには 
旋回を 名残惜し気に 繰り返し
迫り来たれる 夕闇に 姿を没(ぼっ)した  
俺を捨て 南の空へ 行くのだろ  
さらば愛する ツバメよ、元気で行けよ!
俺のまわりで 秋が深まる   

[ No.4583 ] 民部さん、拝聴させて戴きました 2021年12月21日 (火) 21時31分
投稿者:時女礼子 mail

日記形式の作詞、リアルでユーモアあり素敵な作品ですね、2番の床屋さんの場面は私が傍にいて見ていたような錯覚にとらわれました。
とても魅力的な詩に楽しくなりました。
作曲の佐谷戸さんも、この長い詩に付曲なさり凄いですね👏
楽しませて戴きました、有り難うございました。

[ No.4567 ] お疲れさまでした^^ 2021年12月20日 (月) 00時31分
投稿者:佐谷戸 一 mail

沢さんの歌唱のおかげもあって良い作品になりましたね。動画はご自身の撮影がほとんどなのでしょうか、楽しませて頂きました。

[ No.4565 ] ブラボー! 2021年12月19日 (日) 21時58分
投稿者:奈良市 徳田 勝行 mail

拝聴してまいりました。
コミカルな感じ仕上がって素晴らしいです。 まさにミュージカルを見てるような作品です。 
佐谷戸さん。沢伸一さん。 ありがとうございました。 江邑さんの詞を活かしてくださいましたね!
「俺の周りで秋が」・・・わたしもある時期、同じ感覚を持ちましたが、詞は書けませんでしたが(泪)
エプロン・足元に散る白いものの多さに、ああ〜っ!そして頭頂を見ては、ああ〜っ!薄くなったなあ(笑)






Number
Pass
管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板