作曲・歌唱曲投稿

楽曲の投稿はmp3にてここからお願いします。

ホームページへ戻る

名前
MAIL
URL
件名
内容
文字色
削除キー COOKIE

このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください



[ No.4287 ] 雪うさぎ 2021年08月26日 (木) 16時05分
投稿者: 幸吉 mail

「雪うさぎ」

作詞:林 貞行
作曲: 幸吉

あれは舞い散る 風花か
いいえ女の 未練花
はずし忘れた 風鈴が
震える声で 誰を呼ぶ
凍てつく窓に 南天の
赤い眼をした 雪うさぎ

あれは幻 いつの日か
いいえ昨日の 日暮れ時
冬の蛍が 死ぬように
光って消える 銀の華
別れの言葉 つぶやいて
あなた残した 雪うさぎ

あれは迷子の 泣き声か
いいえ木枯らし 虎落笛(もがりぶえ)
すぐに融けると 知りながら
一輪そえる 寒椿
五年の月日 はかなくも
愛の形見の 雪うさぎ

[ No.4295 ] コメント感謝します 2021年08月27日 (金) 14時05分
投稿者: 幸吉 mail

皆さん、暖かいお言葉ありがとうございます
私はいわゆる「ド演歌」は作る事も歌う事も苦手です
なので自分で作るこのような曲調の演歌を
自分で勝手に「ムード演歌」と呼んでいますw
近年作っている中ではこのジャンルが一番多いと思います

これからも5行〜6行詞の「ムード演歌系」
8行詞(AAB〇型)の「歌謡曲系」などを中心に
作っていけたらと思っています
もっともジャズやラテン系、童謡も頑張ります!
今後とも宜しくお願いします

[ No.4294 ] 感想です。 2021年08月27日 (金) 13時33分
投稿者:キー

幸吉様
演歌なのに意外と演歌っぽくなく、爽やかさ感の様な魅力を感じました。時たまTV番組で最近の演歌を耳にしても、全くと言って良い程に感情移入することはなく、直ぐにチャンネルを変えることが多い私です。(演歌が嫌いな訳ではなく、魅力的な作品が少ないと言う意です)

この作品に感じたのは、一体何なんだろう?..考えてみたのですが、恐らくメロディタッチや編曲、歌唱が、私の好きな堀内孝雄風に、思えるのかも知れません。アリス休止後に歌謡曲を手掛けた御仁ですが、従来の演歌には無かった新風を感じて、今でも此れだけは時々聴くことが有り、飽きることはありません。

「追伸」
 NO.4286で前ご投稿作品NO.4272へのコメントをして置きました。

[ No.4292 ] 皆様に感謝 2021年08月26日 (木) 19時02分
投稿者:林貞行

高さん、じっくり聴かせて頂きました。曲も歌唱も素晴らしく、望外の喜びです。
画像も一貫して幻想的で、男女の生々しさを少し抑えようとした意図に合致しました。詞と曲の出合いに不思議なものを感じます。
徳田さん、いつも励ましのお言葉ありがとうございます。過分に褒めて頂くと調子に乗ってしまいそうですが、ちょっぴり乗りながら、気を引き締めて精進します。
杉江代表には常に要所を抑えたアドバイスを頂き感謝しています。詞の全体と部分のバランスを勉強させて頂いています。
また、この詞も萩原先生の貴重なご助言を仰ぎました。皆様、ありがとうございます。次の作品も頑張ります。
     林 貞行拝

[ No.4291 ] ありがとうございます 2021年08月26日 (木) 18時15分
投稿者:林貞行

高さん、附曲ありがとうございます。また、徳田さん、杉江代表、コメントありがとうございます。
きょう携帯電話をガラケーからスマホに変えましたが、手続きに手間取り、いま帰宅したばかりです。ゆっくり聴かせて頂き、改めて返信させて頂きます。

[ No.4290 ] 雪うさぎ 2021年08月26日 (木) 17時56分
投稿者:杉江香代子 mail

林さんが作詩コーナーに初めに投稿された「雪うさぎ」。私はとても淋しそうで、凍えそうで、そしてキラキラ日差しで光る雪うさぎを読み取って、コメント・少しのアドバイスを入れた覚えがあります。少し、フレーズを変えることにより(登場人物)、赤い血が流れて人の気配を感じる詞になったとその時に思いました。繊細な詩が好きなので、林さんの切り口がとても素敵に思えて、更なる推敲を楽しみに致しておりました。初回詩から更に明るく、悲壮感ばかりではなく透明感のある幸せの残像や気配を感じることが出来ます。この切り口に惹かれます。さんのイントロが好きですね〜、これはサウンドだとわかる旋律。童謡の後ゆえに、「赤色」以外は寒色系のクレパスだけで描かれた作品の様に感じ、拍手をしております。

[ No.4289 ] フェイスブックに紹介しました。 2021年08月26日 (木) 17時04分
投稿者:奈良市 徳田 勝行 mail

高さん、ありがとうございます。 奈良の作詞仲間である林貞行さん。
「虹の音楽舎」へ参加されて間がないと言って良いと思いますが、
恐るべき作詞者です。サイトの作曲陣を総なめの勢いに、タジタジです。
二人過ごした五年の年月を経て迎えた別れですか? 切なく悲しいですね。
すぐに融けると 知りながら 一輪そえる 寒椿  
林さんに脱帽です!  完成おめでとうございます。





Number
Pass
管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板