作曲・歌唱曲投稿

楽曲の投稿はmp3にてここからお願いします。

ホームページへ戻る

名前
MAIL
URL
件名
内容
文字色
曲のアップロード
楽譜のアップロード
削除キー COOKIE


[ No.3211 ] 「君が好きだから」CEVIO歌入れ品 2020年01月17日 (金) 16時10分
投稿者:キー

歌入れソフトCEVIO(銀咲大和)による自作詞への付曲です。

「君が好きだから」 作詞;キー(SEIZAN) To.19.06.28

暫くは会えないと 分かっていたのに
あの時は優しい言葉すら 掛けずに別れた
誰も居ない部屋に ひとりだけで居ると
何故かそのことばかりが 頭をよぎり
自分のやったことが 気になり眠れない
君はそんな僕を どう思っているだろうか

いつでも君が傍に 居て呉れることを
僕は当たり前のことと きっと勘違いして
日々を過ごして 居ただけかも知れないと
こんど君と 会った時にはゴメンねと
そのことを真っ先に 謝ろうと思う
僕は君のことが 誰よりも好きなのだから

こんど君と 会った時にはゴメンねと
こころから そう言って謝ろうと思う
僕は君のことが 誰よりも好きなのだから

[ No.3205 ] <<星空のラビリンス>> 2020年01月13日 (月) 10時38分
投稿者:杉江香代子

この曲も一度、公開された曲ですがメロ先にこの様な詩を付けられたという萩原先生。作曲者で曲を書かれた 幸吉さんが驚かれたというお話を小耳に挟んだ事を思い出します。私が時々「お気に入り」から引っ張り出して聴いている曲です。


<< 星空のラビリンス >>

作 詞 ・ 萩原 隆

作・編曲・  幸吉

歌 唱 ・  幸吉

[ No.3210 ] 2020年01月16日 (木) 10時53分
投稿者:萩原たかし mail

小池さんコメントありがとうございます。
調べてみたら2018年の作品。高さんは当時ペンネーム鷹大吉でした。当時はたしか登別にお住まいで後苫小牧?に移住されたと記憶しております。突然現れて突然去られたようですが今どこで何をしておられるのでしょうかね。

[ No.3209 ] 優れモノですよ、これ。 2020年01月15日 (水) 10時09分
投稿者:小池蓮 mail

さんのこと、詩を読みながら曲が浮かんだのかと思いきやメロ先なんですと?
萩原先生もピタっと嵌めますねえ・・さすがです。
Youtubeあたりで留めておくのは勿体ない作品です。

[ No.3208 ] ありがとうございます。 2020年01月14日 (火) 16時49分
投稿者:萩原たかし mail

香代子さん懐かしい作品アップありがとう。
徳田さん少々褒め過ぎかなとも思いますが嬉しいお言葉ありがとうございます。

高さんの歌唱とメルヘンチックな作画に助けられているようにも思います。今現在この曲に作詞するとすれば全く違う作品になっているかもしれない。そのあたりが作詞の面白さかも知れませんね。

[ No.3206 ] さすがの作品。圧倒されますね! 2020年01月14日 (火) 10時12分
投稿者:奈良市 徳田勝行 mail

これがメロ先? なんとも言葉が出ないですよね! 
萩原さんの頭の中にはどれだけの辞書や知識が詰まってるんだろうナ?って。
爪の垢を煎じて飲んでも届かない高みに居られますわ! 
杉江さんが「お気に入り」というのが分かります。素晴らしい!  
高さんのメロと歌唱もさすがプロ!の作品ですよね。
こうして映像と共に聴かせてもらえて幸せです。

[ No.3202 ] 「暗証番号は3・3・4・1」への付曲 2020年01月11日 (土) 14時47分
投稿者:キー

同一詞への付曲品連続投稿は、避けた方が良いと考え、保留にしていました。派手さは有りませんが、こじんまりと纏めてみました。

「暗証番号は3・3・4・1」 作詞;杉江香代子

あなたからもらった 真珠のピアス
一つなくして しまったの
終わったはずの 恋なのに
聞き分けがない わたしの心
どこにいるの どうしているの
あなたの影が 硝子のように
揺れては消えた 夏の海
合鍵はポストよ 
暗証番号は 3・3・4・1 さみしい

とめどない涙は 背中を丸め
じっと電話を 待っている
秋から冬へ 季節さえ
枯れ葉が舞って 足音も消すわ
どこにいるの どうしているの
素顔のままで 素直なままで
あなたに逢いに 行ったのね
さよならを言わせて
お願いもう一度 あ・い・た・い あいたい

どこにいるの どうしているの
忘れたコート 枯葉の匂い
あなたの胸に 包まれて
合鍵はポストよ 
暗証番号は3・3・4・1 さみしい

[ No.3204 ] コメント有難うございます。 2020年01月12日 (日) 11時42分
投稿者:キー

杉江様
お聴き頂き有難うございます。間の取り方に付いては、何時も気になっています。そのために単調な流れに成っていないかと..。やっては見るんですが、何故か間延び感がぬぐえず、不自然に聞こえてしまうので、結果的にこんな形に仕上げています。

演歌歌謡曲の様に、こぶしを効かせて歌う場合は、こんな間の取り方では、様にならないと思います。曲のジャンルや曲速、詞のフレーズにより、間の取り方が違うと思いますが、なかなか難しいですね。

先日BSの井上陽水特集を見て感じたのですが、詞のフレーズを連続して長文で纏めて、その中では余り間を置かずに、唄っています。演歌歌謡曲とは対照的なのですが、それでもちゃんと絶妙に間が取れているので、凄いなと感じました。そんな才能やテクニックが羨ましく又、少しなりともも学べたら..と、思っている私です。

[ No.3203 ] キーさん、これまたキーさんのメロですね^^ 2020年01月12日 (日) 09時48分
投稿者:杉江香代子

キーさん、「暗証番号3・3・4・1」に附曲し、ご投稿を下さいまして有り難う御座いました。何度も、何度も聴かせて頂きました。この歌声も以前と比べると柔らかくなって、人の歌声に本当に近くなりました。安心して聞いておりました。それにしましてもこの「暗証番号3・3・4・1」もいずれ発表されますMasaakiさんの附曲されます「remenber]の推敲版でして、コンクール用に書き直した作品です(コンクールに出さないでこちらに投稿してしまいました)。Masaakiさん、橘さん、キーさんにもお目に留まったこの「詩」は本当に幸せと思います。私は作詞者ですので指名ではなく、フリーでお出ししてどれだけの作曲家の目に留まるかで勝負しております。できるだけしたいと思います。魅力は自分で決めるのではなく、第三者の目で決めて頂きたいとも思っておりますので、作曲家の皆々様…今後とも宜しくお願い致します。
キーさんのメロですが、2小節に小分けして考えて頂けると分り易いので、4小節目などは最後の音を↓下げると落ち着いて、一呼吸できると思います。綺麗なキーさん節も良く分かっておりますが、会話で相手にも話をさせる間とでも言いましょうか…。一度詩を腑に落とさせる空間を作られますと唄う人にも詩を理解できて、行間に感情移入が出来易いと思います。でも…どんどんお上手になられてますね!!

[ No.3201 ] << 花影の宿 >> 2020年01月11日 (土) 13時23分
投稿者:杉江香代子

半年ほど前に観世丸さんからyou tubu にアップして下さいました<<花影の宿>>です。これは私が湯河原でどうしても行きたかったお宿(海石榴 つばき)に行った時に書いた詩です。先日、那珂川けんさん(BLACK CAFFEEさん)がこの曲に魅かれて湯河原の宿に行ってこられたという御報告が届きました^^V。 唄は伝道師。本当に嬉しく思いました。私も好きな曲や魅力的な詩に魅かれると行ってみたくなります。1日しか函館で自由な時間が無かった時に「函館〜木古内」まで走っている「いさりび鉄道」に乗って来たことが有ります。歌詞に出てくる光景をワクワクして車窓から追いかけている私がそこにいましたので、けんさんもその様なお姿だったのではと…お家マークからお聴き下さい。


<< 花影の宿 >>

作  詞 ・ 杉江 香代子
作  曲 ・ 観世丸 六郎
編曲・歌唱・ 観世丸 六郎
映像制作 ・ 観世丸 六郎

[ No.3200 ] 内閣総理大臣の歌 2020年01月10日 (金) 03時30分
投稿者:布袋福太郎 mail

毎度お騒がせします、布袋です、随分以前に作りましたがおおやけに発表の機会が無く、最近ようやくYOUTUBEに載せました、布袋はこう云う異種なテーマが大好物なんですが、お近くに御寄りの際は、是非一度布袋ワールドをご堪能下さい、宜しく。

[ No.3197 ] お水の花道 2020年01月09日 (木) 22時43分
投稿者:cat kicho mail

昨年、愛ちひろさんの作詞募集に出したものですが
コンセプトを「宴会気分で歌える曲」として附曲しました。
どことなくユーモラスで、お店の女性たちが数名ではしゃぎ
ながら歌っている姿を、想像していただけたら幸いです。

≪お水の花道≫ 作詞/作曲/歌唱:橘隆一

いつか銀座の 蝶になる
夜汽車にゆられ 東京へ
神田下町 お店のママに
お水のいろはを 教わった
馴れぬお酌に 手が震え
お水の花道 歩きだす

ここは新宿 歌舞伎町
いつか花咲く 時が来る
辛い時でも 涙を見せぬ
お水の女の 意地を見た
ここで憶えた 生きる術
お水の花道 夢ひとつ

ここが女の 晴れ舞台
やっと花咲く 時を見る
辛い時でも 女の意地で
ここまで辿り 着きました
夜の銀座で 生きてゆく
お水の花道 蝶が舞う

[ No.3191 ] 藤井さんアドバイスを受けて 2020年01月08日 (水) 14時25分
投稿者:cat kicho mail

杉江さんが投稿くださいました「暗証番号は3・3・4・1」に藤井さんがアドバイスをくださいました。
1・2節7行4小節目、3節3行4小節目をそれぞれ2小節延ばしました。
聞き比べていただけたらと思います。
宜しくお願い致します。

[ No.3196 ] 2020年01月09日 (木) 22時00分
投稿者:cat kicho mail

Masaakiさん
こちらこそよろしくお願いします。
お尋ねの件ですが、BIABも使っています。
あくまでも私のレベルでは、打ち込みだけでは難しいので、BIABで生成したものに手を加えています。
あとは、リアルな音源のおかげで、楽器の生録をした際の違和感軽減にも重宝してます。

杉江さん
この曲に関しては、ロングフレーズを使う発想がなかったので、藤井さんのワンポイントアドバイスはとても貴重なものでした。
ありがとうございました。

[ No.3195 ] 唄まで余裕を感じます^^ 2020年01月09日 (木) 02時23分
投稿者:杉江香代子

橘さんの上手くなりたいと思われる中の「素直な心」で、メキメキお上手になりますね。冒険心にも大きな拍手をしております。藤井さん、Masaakiさん、お聴き下さり、コメントを嬉しく思います。作曲家同士のアドバイスやご質問は拝見していてワクワクして来ます。橘さんの歌も余裕を感じて、本当にお若いお姿が目に浮かんで来ます^^V橘さん、素敵な曲のプレゼントを有り難う御座います。

[ No.3194 ] 両方お聴きしました。 2020年01月09日 (木) 00時33分
投稿者:Masaaki

橘さん、今年もよろしくお願いいたします。

両方の投稿を拝聴しましたが、藤井さんの的確なアドバイスでの
修正で構成がグ~ンとアップして良くなったと思いました。
それにしても作曲の腕前が随分上がってきましたね。
今後がさらに楽しみです。
もしかして、このバッキングオケは「BAND IN A BOX」で制作
されたのでしょうか?

[ No.3193 ] 2020年01月08日 (水) 20時49分
投稿者:cat kicho mail

藤井さん
ありがとうございます。

[ No.3192 ] 2020年01月08日 (水) 20時16分
投稿者:藤井有人

わざわざ有り難うございました。
我田引水ですが、このほうが良いと思います。

[ No.3184 ] ♪♪♪ 新たな世界に誘います ♪♪♪ 2020年01月05日 (日) 12時18分
投稿者:杉江香代子

先日、橘 隆一さんより「暗証番号は3・3・4・1」に附曲・歌唱された作品が送られて来ました。今までの橘さんの違う横顔が拝見できます。私も思わず「わぉ〜!!」と、座り直してしまいました。

作詞・杉江 香代子   作・編曲・歌唱 橘 隆一

<添付>

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年投稿されました「暗証番号は3・3・4・1・・・」の符曲をさせていただきました。

ライトなロック調にしてみましたので、お聴きいただければ幸いです。
                                    橘隆一 拝


<暗証番号は3・3・4・1(スリー・スリー・フォー・ワン)> 

あなたからもらった 真珠のピアス
一つなくして しまったの
終わったはずの 恋なのに
聞き分けがない わたしの心
どこにいるの どうしているの
あなたの影が 硝子のように
揺れては消えた 夏の海
合鍵はポストよ 
暗証番号は 3・3・4・1 さみしい

とめどない涙は 背中を丸め
じっと電話を 待っている
秋から冬へ 季節さえ
枯れ葉が舞って 足音も消すわ
どこにいるの どうしているの
素顔のままで 素直なままで
あなたに逢いに 行ったのね
さよならを言わせて
お願いもう一度 あ・い・た・い あいたい

どこにいるの どうしているの
忘れたコート 枯葉の匂い
あなたの胸に 包まれて
合鍵はポストよ 
暗証番号は3・3・4・1 さみしい

[ No.3190 ] 藤井さん、そそられますでしょう(笑) 2020年01月07日 (火) 00時49分
投稿者:杉江香代子

藤井さん、橘さんの甘い声で足でリズムをとってる姿…虹の音楽舎ではおっしゃるように珍しいですね。とても新鮮で、フレッシュな後味が余韻として残りました。藤井さんも本来は此方のジャンルがお得意かと思いますので、楽しみにもさせて頂きます^^V
ふとした時にポストの暗証番号3341が<さみしい>と読める事に気付いて、コンクール用に書き直した作品でした。
お聴きくださいまして、アドバイスも有り難う御座いました。

[ No.3189 ] ノリノリですね 2020年01月06日 (月) 23時29分
投稿者:藤井有人

本格的ロックンロール調は、当サイトではめずらしくステキですね。ビートルズ的コード進行も感じました。
夏の海〜〜〜で思いっきり2小節ほど延ばしたほうが盛り上がると思いました。
次回’50〜60年代のオールデイズポップス調を書いて欲しいです。

[ No.3188 ] ながいさつきさん、ありがとうございます^^ 2020年01月06日 (月) 09時10分
投稿者:杉江香代子

ながいさん、お聴きくださいまして有り難う御座います。「紅蓮のブルース」の橘さんがこの様な曲と唄を作られました。お若い証拠ですね!!今年の橘さんがどの様な幅広い作品を発表されるのか?ワクワクしてしまいます。ステージでギターを抱えて歌われているお姿が、何の違和感もなく浮かんで来ました。
私も作詞をする前にグループでライブをやったり、ステージで司会をやったりして、大いに楽しんでいました^^。その仲間に若くて、パソコンに強くてかっこいいシンガーソングライターの「樋口アツシ君」がおりました。夢子時代にコンデンサーマイクを持ち込んで録音してくれたのも彼です。橘さんの唄を聴きながら樋口君を思い浮かべて…演歌の世界からもう一つ違う世界に船を漕ぎ出して聴いておりました。

[ No.3187 ] 2020年01月06日 (月) 00時03分
投稿者:cat kicho mail

杉江さん
投稿ありがとうございます。
曲作りにおいて模索する中「KANAさんのイメージで」と、この詞を目にしました。
イメージとはほど遠い物になりましたが、新たな挑戦として附曲させていただきました。

ながいさん
お聴きいただきありがとうございます。
今年は色々な切り口で作曲してみたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

橘隆一 拝

[ No.3186 ] 新鮮ですね 2020年01月05日 (日) 21時01分
投稿者:ながいさつき mail

聴かせて頂きました。
杉江さんのポップな詩に橘さんの軽いロック調の曲と歌声。
杉江さんの仰るように、これまでにない一味違った橘さんの魅力が味わえる作品ですね。

[ No.3185 ] 音楽って面白いですね! 2020年01月05日 (日) 12時48分
投稿者:杉江香代子

音楽って楽しいですね!面白いですね!!
私の中に息ずいているメロディーはとても幅広くて、掴みきれなくて、掴みきらせなくて…バラード歌謡曲、フォークから演歌まで赤い血が流れています。今年は大いに作詞で暴れまくりたいと思いますので、作曲の先生方も冒険心を奮い起こして私に力をお貸し下さい。「作詩」に於いては皆様に恥じないように、コンクールにも自分から挑戦して行きたいと思っております。

[ No.3183 ] 2020年01月05日 (日) 12時01分
投稿者:管理人

日本作詩家協会・会長(喜多條 忠)の新年に向けてのご挨拶を掲載させて頂きます。
何か、心に響かれて素敵な歌を生み出す原動力になればと思います。

(お正月も当サイト管理業者と掲示板の不備を打ち合わせておりますので、今しばらくお待ち下さい)

[ No.3180 ] <<夢の中まで風の盆>> 2020年01月04日 (土) 09時30分
投稿者:杉江香代子

以前の曲です。

作詞・杉江香代子 作・編曲・ 幸吉 歌唱・ 幸吉(映像制作)

風の盆の「静」に対して、「動」の曲を付けて下さいました 幸吉さん。この度、You TubeとFacebookに挙げさせて頂きました。FaceBookからは個人的に「誰が歌われていますか?」とか、厳しいプロ業界の方達からもご質問を頂いて嬉しくなっている1曲です。さんにご連絡致しました時には「音楽の事はしていますから、何か有ったら宜しくお願いします…^^V」との事でした。真冬に真夏の曲ですがお聴いて下さ〜い。大好きな1曲です。

[ No.3182 ] 作詩家根性 2020年01月05日 (日) 01時45分
投稿者:杉江香代子

萩原先生、早々にコメントを下さいまして有り難う御座います。おっしゃる様にこの詩の原点は名古屋駅から富山に行きます「しらさぎ号」に東京に行く時と、帰る時にと、偶然に平行しているプラットホームで遭遇した「偶然」から書き始めた詩。そこから何作書き直した事でしょう…その途中には萩原先生のアドバイスが入って、推敲も致して、そこから更に蛍の灯りを道案内にさせるシナリオにして落ち着かせました。実際に2度ほど現地に行っているので、坂、川などと地形を想像しながらドラマを構成していきました。作詩家根性だけはまだ持ち合わせているようですが、幸吉さんの度肝を抜きながらも心地よいメロディーに大いに助けられながらの作品です。兎に角、聴衆の心に入り込んで行くことができる曲に仕上がっているかな〜?と自惚れております。萩原先生のコメントでニコニコと心が微笑んでおります。とても力を頂けました^^

[ No.3181 ] 作詞家根性あっぱれ。 2020年01月04日 (土) 15時11分
投稿者:萩原たかし mail

≪以前の曲です≫とのことですが始めて聴いたような気がします。
記憶違いかもしれませんが・・・。
幸吉さんの歌唱久々に聴かせていただきました。
演歌っぽくない仕上がりが新鮮ですね。
香代子さんの隠しポケットあるかっての作詞過程で何度か記憶のある文言を巧みに使った苦労作とお見受けしました。その作詞家根性あっぱれ。
タイトルもうまい。≪・・・≫は不要ではないでしょうか。





Number
Pass
管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板