<魂の道場掲示版>

ご質問、ご感想、お問い合わせ、などにお使いください。

ホームページへ戻る

名前
メール
URL
題名
Cookie 削除キー
タイムパスワード
「パスワードの確認」をクリックするとパスワードを再発行します。
パスワードは確認後1分間有効です。
RSS
こんにちは / 迪子
この間、先生にお会いしたときにもお話した本の題名です。

『とらわれない生き方〜悩める日本女性のための人生指南書〜』
著者:ヤマザキマリ
(KADOKOWA メディアファクトリー)


ヤマザキマリさんは「テルマエロマエ」などを書いている漫画家さんなのですが、今まで波瀾万丈の人生を送ってきた方です。


いろいろな国々で生活してきて、いろんな経験をしてきた方ですが、自分の中に確固としたものを持っているので自分を見失うことがないということを本に書いていました。
それが「マザー」という存在なのだそうです。「マザー」とは、心の中に存在するゆるぎない自分、「マザー」は、遠くの視点から自分を客観的に見て「何があっても大丈夫だから、やっておいで」と自分を送り出してくれると本に書いてありました。



この本を読んだとき、「マザー」って洋子先生の言っている「卵の上の私」なのではないかと思い、びっくりしました。カウンセリングをしなくても自分で、できる人がいるんですね。
もし興味があったら読んでみてください。子どもがいる方、働く女性にもオススメの内容でした\(^-^)/
No.94 - 2014年10月19日 (日) 12時17分
/ ponta  
迪子 さん

先日はありがとうございました。

お勧めの本、読んでみたいです。
自分の心の中に存在するゆるぎない自分「マザー」それは「私」と同じですね。それは「真我」ともいわれています。

そういう存在があるから、もう一歩積極的にそれが自分であるから、ゆるぎなく生きていかれるとおっしゃるヤマザキマリさん、共感します。

カウンセリングを受けていなくても、自分の仕事や生き方を通して、真我に出会い、それとして生きていくことを実践している方たちもいらっしゃいますね。

そういう方達がどんどん増えていくといいと思います。

また、12月にね。
No.95 - 2014年10月19日 (日) 16時49分
/ 初心者
お尋ねしたいことがあります。例えば、現実のお金がない、時間がないなどもパターンの1つですか?この現実について湧き上がった感情がパターンですか?
No.92 - 2014年10月12日 (日) 16時04分
/ ponta  
初心者さん

コメントをありがとうございました。
現実に、お金がない、時間がないことで感情が関わってくるものはパターンです。例えば「お金がなくて苦しい、不幸(←感情)」「時間がなくてあせる、不満(←感情)」などのパターンがあるかもしれません。どうしてそう思うのか?とパターンに聞いてあげるとパターンは「だって・・・」と言って色々話してくれると思いますので語りかけをしてあげてください。

現実にお金がなくても(ないと言う定義も一人一人違いますが)時間がなくても、感情が関わってこない場合もあります。それはただ、現実を見ているという状態ですが、ここまで達観できるようになるのには時間が必要になります。

目指すところはそこですが、まず、やっていきたいところは、パターンによって自分を苦しませてしまったり、自分を委縮させてしまったりしないような在り方(白パターン)を選択していくことです。そこには「お金がない」「時間がない」という現実がありながらも、それによる苦しみに自分をさらしていかないということも選べるんだという体験です。

その体験を通して、お金、時間に対する見方、捉え方も変わっていくと思います。


No.93 - 2014年10月12日 (日) 17時57分
片づけ・・・ / のりこ
わたしもかなり以前に購入した、こんまり先生の片づけの魔法本もってます!そして読みました!

・・・やってませんっ(^^;
先生の日記を見て思い出し、産休に入ったらやろうと思っていた部屋の整理整頓をこれに沿ってやっていこうかしら!!と思いましたw

先生ですら、まだ片づけるところがあったとはちょっと驚き!
さらに収納物の間にも空間がたくさんできたんでしょうねえ〜

初めて読んだとき、ときめき・・・って白パターンから湧く感情だよな〜と思って読みました。
さまざまな言い訳は、黒パターンからなんだろうな〜なんて思ったり・・・。

それらをいたわりながら、向かい合いながら、赤ちゃんを迎える部屋、ひいてはおうちを作りたいと思います〜。

もー最悪、最低限部屋にお世話グッズだけ並べて何とかしていこう・・・なんて思ってたけど、こんまり先生の方法と語りかけ&白黒ワークしながら片づけなら、がんばれそう!!

先生&トミーさんに続けるよう、がんばりまーす!
No.90 - 2014年08月18日 (月) 11時44分
/ 片づけ・・・/ponta  
のりこさん

もうすぐ赤ちゃんがやってきますね。暑い毎日なのでばてないようにしてお過ごしください。

こんまり先生の「ときめき」は白パターンから湧き、さまざまな言い訳は黒パターンから・・・そうですね・・・私もそう思います。

心もお部屋も白パターンの感情、感覚で創れるといいですね。

心=部屋と言われています。無理しないようにして、ゆっくりと、のりこさんの心をお部屋に反映させていってください。
No.91 - 2014年08月18日 (月) 18時56分
もう、懺悔からは解放される / ミッシェル
伊藤先生、ご無沙汰しています。
先生のところに、なかなか伺えなくて、残念に思っていますが、ホーチミンで元気に暮らしています。

今日の日記を読み、泣けて泣けてしょうがなかったです。
なぜかというと、この頃「癒し」について、また考えていて、
「自分を見つめ、自分をどこまで許せるか…自他を許すということが、最高の癒しなのではないか…」という思いに至っていたからです。
そして最後の「誰にも、それを超える機会が与えられています。」に、大きな愛を感じて、また泣けました。

先生、いつも日記をありがとうございます。
先生の日記から、たくさんのことを学ばせていただいています。



No.88 - 2014年05月06日 (火) 15時46分
/ ponta  
ミッシェルさん、お久しぶりですね。お元気そうでよかったです。

ミッシェルさんが思い至った「癒し」そのとおりだと思います。自分の全てを許す、愛することが、自然に他人にもつながっていき、それが他人への癒しになります。

日記を読んで泣けるということは、それを本当の自分が求めていたり、それが真実であることを魂が感じているからだと思います。人の持つそんなシンプルなサインもまたいいですね。

また、日本へ帰ってこられるときにはぜひおいでください。お会いする日までどうぞお元気でね。

コメントをありがとうございました。
No.89 - 2014年05月06日 (火) 20時16分
羽生選手 / 迪子
羽生選手に私もすごく心惹かれます!金メダルを取ったことも関係していると思うのですが。


オリンピックが始まったころに、先生が以前ブログに書かれていたインディゴチルドレンを調べていたら、クリスタルチルドレンという新たな子どもたちも生まれてきているようで、なんとなーく羽生選手って当てはまるのかなぁと思ってたんです。


今日のブログを見て、羽生選手はやはりただものではない感じがします。このような子どもたちが、これからの時代を引っ張っていける世の中になってほしいと思いました。



先生のブログを見て、びっくりして興奮してしまいました。わけのわからない書き込みですみません(;^_^A
No.84 - 2014年02月22日 (土) 21時40分
/ ponta  
迪子さん、こんにちは。

羽生選手はクリスタルの感じですねえ。彼だけではなく、きっと今の地球上にはこのような魂を持つ子供たちが増えているのかもしれないですね。私達大人も彼らから学ばなくてはいけないと思います。

真央ちゃんも、フリーのすべりが素晴らしかったですね。何の迷いもなくいたあの瞬間はまさにゾーンにいたんですね。ショートとフリーの違いを見て、今にあることの大切さを思いました。

No.85 - 2014年02月23日 (日) 10時20分
そうですね / 迪子  
真央ちゃんの演技は、全て見ることができなかったのですが、本当に素晴らしかったですね。


オリンピックは終わってしまいましたが、全ての選手にお疲れさまと言ってあげたいです。感動を「ありがとう」です!
No.86 - 2014年02月24日 (月) 10時41分
/ ponta  
本当にそうですね。感動をありがとう!ですね。アスリートの精神力の高さをたくさん見せてもらい、ありがたかったです。
No.87 - 2014年02月24日 (月) 12時32分
思考 / 寿子
洋子さん、セミナーまたまた楽しかったです。

思考はもう私自身と言ってもいいほどそれだけで生きてきたし、それが愛情や想いの深さでもあるとも思ってましたが、そうではないことに少しずつ気付いてきました。思考してる人が賢いとも思ってたし・・・。

思考が少ないと楽だろうなあと思いつつ、そんなことが自分にできるのか、そんな楽を私がしていいのか(笑)とも思ってました。
でもね、もう、そっちは少し休んでもらおう、十分体験したじゃない
。楽していいんだって、自分にもきっとできるんだってと素直に思えたときは涙がでました。

洋子さんを始めグループのみなさんの力をおかりしながら今より楽な自分をになれるのを楽しみに進んで行きたいと思います。
No.82 - 2014年02月17日 (月) 11時58分
/ ponta  
寿子さん

セミナーを楽しんで続けていただけていることが私は何よりもうれしいです。楽しいことは必ず自分の才能や人生を展開させていきます。

思考についても、そのように感じられていらっしゃることがとてもよかったです。癖のように思考することが減っていくと頭はいつも静かで、おだやかです。実はこんなに静かだったんだとビックリします。そんな「楽」を皆さんに体験してもらいたいと思います。

2か月に1度のクラスですが、これからも楽しんでください。私も楽しくセミナーを行えていることに感謝しています。では、また4月にね!
No.83 - 2014年02月17日 (月) 13時34分
お知らせ / ponta
茅ヶ崎での個人セッションの新規の方の受付を開始いたしました。

新にお二人の方をお受けできる枠があります。

私の本や日記をお読みいただいて、このやり方を身につけたいと思われている方

将来、魂までも扱うカウンセラーになりたいと思われている方

自己探求(自分の中にある真理)をしていきたいと思われている方

楽に自由に生きる人生を創造していきたいという方

癒しや、一瞬の高揚感ではなく、戻ることのない根底からの進化を求めている方

メールにてお問い合わせ、お申込みください。2名様のみですので、ご希望の方はお早目にどうぞ。新なご縁をお待ちしています。
No.81 - 2014年01月09日 (木) 09時38分
新しい年 / 紅35
あけましておめでとうございます。
今年もビシバシお願いいたします。

今年はレスポンス、がんばります。
いつかグループワークも行きたいです。
No.79 - 2014年01月04日 (土) 21時15分
/ ponta  
紅35さん

あけまして おめでとうございます。
昨年中は、遠いところを通ってくださり、ありがとうございました。
今年も、お待ちしています。

レスポンス、楽しみながらやってみてください。そのうちになんとなーくコツがつかめてきます。

そうですね、グループへもぜひ参加してください。また、違った発見があると思います。
No.80 - 2014年01月04日 (土) 22時09分
羽毛も・・・ / のりこ
先生〜
毛皮も心ふさぎますし、わたしも絶対買わない!と思ってます。
でも、羽毛も生きた鳥からむしることがほとんどだそうで、この話もかなり心がふさぎます。
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-category-14.html

初めはあったかいお布団を探すんで検索していたんですが、こういう実情を知ってしまった以上、これから羽毛を買う気にはなれなくて・・・3Mっていうメーカーのシンサレートが羽毛の2倍暖かい新素材らしいので、そういうタイプのものを検討することにしました。

何を買うにしても、享受するメリットには、何がしかデメリットがあるんだと思いました。
とりあえず生きてる鳥を苦しめないだけ、良い方法だと思うので、新素材を検討しますが、もしかしたら、それを買うことでの環境負荷や他の動物への影響もあるかもしれないので、問い合わせてから買おうと思います。

道場での鍛錬のおかげで、自分のすることがどんなに小さな選択でも些末ではないと思えるようになっただけに、自分のすることの責任を感じます。

せっかく生まれた以上、誰もが幸せに生きられる地球になるよう貢献したいです〜

No.77 - 2013年12月11日 (水) 15時08分
/ ponta  
のりこさん、お久しぶりです。

そうなんです。羽毛も・・・なんです。

私はずっと羽毛は食用になった鳥のものを使っているんだと思っていました。ところが、ほとんどは生きたまま羽毛をむしりとって、布団やダウンコートやクッションの中身などが作られていると知り、ショックでした。

鳥によっては一生の間にそれが3、4度繰り返されるのだそうです。途中で死んでしまう鳥もいれば、殺処分になったり、フォアグラ用にもっと過酷なところに連れていかれるものもいるそうで、ますます、ショックです。

本当に、いつの日か、小さな命たちがそのものの生を生きられるような地球になっていくことを願っています。そして、少しずつですが、今までは見えなかったことが皆の知るところとなってきているので、これからも自分たちのできることをやっていきたいですね。
No.78 - 2013年12月11日 (水) 20時19分
/ ゆきっこ
認めたくないパターンが出てきて泣きたくなるような時には、必ず!と言っていいほど洋子先生のブログに当てはまる内容が載せてくれています。

これには、以前から驚きがあります、洋子先生、あたしの今の心がわかるのですか?というくらいぴったりの内容なのです。

認めたくなかったパターン…何故か?、小さい頃から言われ、傷ついてきた理由があった事に気付きました。

そこから、自分と対象者の言動も許せるようになり、涼しい風が通過しました。

洋子先生、ありがとうございます。

また、ご縁があります事を願っています。

No.74 - 2013年12月09日 (月) 11時45分
/ ponta  
ゆきっこさん

コメントをありがとうございました。

いつも同じことを書いている日記ですがお役に立ててうれしいです。

認めたくないパターンを決めているのもパターンです。本当の「私」は全てを許し、愛しています。そこも又、感じてみてください。

自分と相手に涼しい風が通過したこと、よかったですね。いつもそうやって生きていいんですね。

また、お会いするときまで、どうぞお元気でお過ごしください。

No.76 - 2013年12月09日 (月) 17時13分


Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板