<魂の道場掲示版>

ご質問、ご感想、お問い合わせ、などにお使いください。

ホームページへ戻る

名前
メール
URL
題名
Cookie 削除キー
タイムパスワード
「パスワードの確認」をクリックするとパスワードを再発行します。
パスワードは確認後1分間有効です。
RSS
メキシコの「海底美術館」 / 善也
日記に紹介のあった、メキシコの「海底美術館」のHP観ました。
素敵なアート作品ですね。パイレーツオブカリビアンの映画に出てきそうな幻想的で、でも現実的で、時も超越するような世界の感覚もあって、素敵ですね。
こんな世界をみつけるのは、洋子さんが過去生で海賊だったことがあるからでしょうか?ふふふ。笑。

実物を観ると、もっとすごく感じて感動するのかもですね。

また、是非、良いものを紹介してくださいね。
楽しませて頂きました。ありがとうございます。
No.138 - 2015年06月05日 (金) 09時46分
/ ponta  
善也さん

コメントをありがとうございました。

すごいですよねぇ。そして、ただ自分の作品を展示したいというだけでなくて、海とそこに住む生物たちのために、という作家の理念がすてきですねぇ。

私ね、前世で、何度も戦士だったり、殿を守る家来だったり、海賊だったりしていたと思うんです。なぜだか、わくわく感がぬぐえません。

また、シュノーケリングをやりたくなりました。
No.139 - 2015年06月05日 (金) 12時55分
語りかけについて / みちのり
洋子さん

いつも日記を楽しみにしています。
また、掲示板のコメントにも丁寧にフィードバックいただき、
ありがとうございます。

語りかけについて質問があります。
心を揺さぶることがあれば、まずは語りかけの文を作り、
丁寧に語りかけることにしています。
そのため、語りかけ文がどんどん増えてきました。

作った語りかけ文の中には、書いた当初よりも共鳴度が薄くなっているものもいくつかあります。読んでいると、”確かにあのときは「私」もそう強く感じたのだけど、今はそれほど強くは感じないなぁ”とどこか冷めた気持ちがあります。(もちろん毎日語りかけるたびに当時の感情がリアルによみがえってくるような語りかけ文もありますが。。。)

そんな、気持ちの薄さを感じながらでも語りかけは続けた方がいいのでしょうか?それとも、今、自分の不安にもっとも直結しているような内容の語りかけ文だけを使って語りかければいいのでしょうか?

今のところは、語りかけの内容による「私」の気持ちの濃度の違いも面白いので、分け隔てなくすべての語りかけ文を音読したり黙読したりして、楽しんでいます。



No.136 - 2015年05月08日 (金) 12時14分
/ ponta  
みちのりさん

こんにちは。

語りかけを続けているうちに色々とパターンが出てきたり、疑問などがわいてくると思います。

実際は、お会いして、みちのりさんと対面しないと、今どういう状態かがわからないので、次にお会いするまでは、ひとつのパターンだけで良いですから(前回に作ったもの)1日1回ぐらいのペースで続けてみてください。

それが飽きてしまっても、薄れてきていても、とりあえずやってみてください。たくさんのパターンがどんどん出てくるかもしれませんが、とりあえずは前回の1つで十分です。

あとはまた次回お会いしたときに詳しくお伝えします。

そ〜〜んなに、頑張りすぎなくていいですからね。肩の力を抜いて気楽にね。
No.137 - 2015年05月08日 (金) 13時41分
こんにちは / 迪子
昨日のふなっしーの缶、素敵でした。
私も子どももふなっしー好きです。


ところで、今悩んでいることがあります。他の方の意見も伺うことができたらいいなと思ったので、掲示板に書くことにしました。

理科の授業で、授業に中々ついていけない子たちがいて、その子たちのためにグループを編成しようと思っていました。ただ、私の決め方は成績順に子どもたちを機械的に振り分ける方法で、どちらかというと自分が楽したいという黒パターンでグループをつくる感じです。
もう一つの方法は、子どもたちに「どうしたら皆が集中して授業ができるか?」を考えさせて、子どもたちに班を決めさせる方法です。こちらの方法は、生徒が自分たちで考えさせる方法ですが、班に入れない子がでてくる可能性もあります。

先生の仕事は、本当に黒パターンの動機で動いているものが多いです。あまり偏りすぎないようにしたいと思っているのですが・・・。何か良いアドバイスがあれば教えてくださいm(_ _)m
No.132 - 2015年05月04日 (月) 10時28分
/ ponta  
迪子さん

こんにちは。

成績順に、機械的にこどもたちを振り分ける、ということについて迪子さんが(パターンが)それは悪いことと見ているのだと思います。パターンはどこか、事務的な、自分が楽したいということはいけないと言っていますね。

それに対する白パターンは何なのか?ということも見てみてください。
それは子供たちに班を決めさせるということではありません。黒パターンの思い込みの反対にあるものをもってきてみるということですから、
成績順で機械的に分けることのプラス面を考えてみます。

そうすることで、班内の理解は深まる、教える側も内容的に集中できるということがあると思います。

この黒と白のパターンのどっちが「私」にとって快感かで選ぶといいと思います。

成績順、機械的で班を分けるということは外見上のことであって、大事なことはそれを行っていくときの迪子さんの心の在り方です。指針です。

先生の仕事は黒パターンの動機で動いているものが多いというのもパターンだと思います。言葉や外見上のことに惑わされず、自分の指針をいつも感じられているといいと思います。

No.133 - 2015年05月05日 (火) 10時21分
ありがとうございます / 迪子  
コメントありがとうございました(^-^)

大変、参考になりました。悩みもやっぱり白黒パターンで考えることが大事なんですね。仕事を始めてやっぱりたくさんのパターンがでてきました。


これからも語りかけを地道に続けていきたいと思います!
No.134 - 2015年05月06日 (水) 06時02分
深刻なこと / みちのり
洋子さん こんにちは!

根暗な自分も処世術を身に着け、気が付くと、
深刻なことは考えないように、言語化しないようにしてきました。
”「不安で死んでしまいたい」なんて、言葉にしてはいけない”
”悩んでもしかたないことは気にするな”などのスローガンで生きてきました。

でも、言葉にすることを自ら禁じ、抑えつけるほど、見ないふり、気にしないふりをするほど、そうした気持ちは軽くなるどころか、どんどん増幅していくようにも感じます。

早速、そんな不安に対する語りかけ文をタイピングし、プリントアウトしてみました。印刷された文字を見てみると、”直視したくないことを言葉にしてしまった”という、何かやってはいけないことをしてしまった感じをほんの少し感じました。と同時にその深刻な内容と、それを見ている「私」との間こ心地良い距離も感じています。

語りかけワーク、筋トレ感覚で、しばらく続けてみようと思います。
No.130 - 2015年04月28日 (火) 09時52分
/ ponta  
みちのりさん

こんにちは。

”直視したくないことを言葉にしてしまった”という、何かやってはいけないことをしてしまった感じをほんの少し感じました。

感じたでしょう?→これ、パターンです。だから「そうだよね、あなたは直視したくないことを言葉にしてしまったと感じているんだよね。ちょっとやばいか?これ、とあなたは思っているんだよね」と語ってあげてください。

こんな感じ。深刻さはたくさんやってきたので、これからライトさという新しいツールを手にしていきましょう。そのための筋トレです。
No.131 - 2015年04月28日 (火) 18時15分
おめでとうございます! / のりこ
結婚記念日近いんですねー!
うちは4/15でよい子の日でした(^^
(もう上の子を授かってたので、その日にしてみましたw)

ほのぼの感が伝わる素敵なエピソード・・・力士的壁ドンw
笑わせて頂きましたーー

そうなんですよねえ、始まりは他人・・・
うちはまだまだ、上の子の年と一緒でまだ3年です。
そうやって父母も家族を作ってくれて、そこから巣立ってまたそれぞれ家族を作っていったりするんですよねえ(しみじみ

作ろう!と思わなくても、月日が自然とそうさせてくれる感じがします
最近やっと、苗字がなじんできた感じがします

まだまだ新米夫婦ですが、先生たちみたいに大笑い出来る爺婆になりたいです〜

おめでとうございますっ♪
No.128 - 2015年04月21日 (火) 11時13分
/ ponta  
のりこさん

ありがとうございます。

そうですね。作ろう!と思わなくても、月日が自然とそうさせてくれるのでしょうね。その間、色々ありましたが、ここまでくると、そこもひっくるめて、まあ、お互いによく頑張ったと・・・・。

チームですね。

のりこさんも、ますます、すてきな家族になっていってください。
No.129 - 2015年04月21日 (火) 13時13分
/ みちのり
洋子さん

コメントありがとうございます!とてもうれしく拝読させていただきました。
郷里に帰り、すっかり元気になり、”これならもういいかな?”と思い、新幹線の車中でタブレットを開きました。
”大学受験の合理的な学習テクニック”のような本を読みました。また、いつもの不安やそわそわした、なんとも憂鬱な気持ちがよみがえりました。”正論””合理性”、”目的までの最短距離”に頭では納得するものの、心がそわそわし、苦しくなり始めました。”ああ、読まなきゃよかったぁ”とちょっと後悔しました。

何もかもが敏感になっています。味覚も聴覚も視覚も。郷里の空気の味や匂いに癒される一方で、本ですら、喜んで手にするものと、こんなふうに具合が悪くなるときが出てきました。

これも、今、自分自身で敏感になることを選んでいるんでしょうね。鍼灸の先生から、”何かをしてはいけない、と自分に制約を設けること自体が病気の状態。でも、今はしたくないというなら、無理にすることはないよ”と言ってもらえて少し安心しました。今は自分が行った選択をそのまま眺めていることにしています。
No.126 - 2015年04月20日 (月) 06時06分
/ ponta  
みちのりさん

今、苦しいときにあって、この言葉はどこか嘘っぽく聞こえるかもしれませんが。

「起きていることに偶然はなく、又、自分の超えられることしか起こらない」ということは真実だと思います。

だから、今は過敏になりすぎている自分が少しでも穏やかでいられるように自分のために環境を作ってあげてください。

必ず抜けるときは来ます。
No.127 - 2015年04月20日 (月) 18時07分
インナーチャイルド / みちのり
昨日、半身浴中、みぞおちのところを両手でトントン叩いてみました。”もう出てきていいよ。もうなかったことなんかにしないから。忘れてしまったふりもしないから。そばにいてあげるから。出てきていいよ”と自分のみぞおちに語りかけました。これまでうまく泣けなかったのに、そのときは涙が止まりませんでした。立派な大人になるために相当な努力をしてきました。その一方で、インナーチャイルドたちを思い出せないくらい、前向き・未来志向を徹底してきました。僕の中には、深く閉じこもっているインナーチャイルドたちがまだまだいるようです。そんなおり、洋子さんの最新日記にインナーチャイルドのことが書かれてあり、身に染みました。今日もたっぷり時間をかけてインナーチャイルドに語りかけてみます。
No.124 - 2015年04月18日 (土) 06時53分
/ ponta  
みちのりさん

コメントをありがとうございました。

立派な大人になるために・・・と言うことを皆があたりまえにやってきています。そうしていくうちに最も大切な、自分に目を向けることを置き去りにしています。

もう、立派な大人になること、前向き・未来志向はたくさんやってきたから、これからはもうひとつの世界を探究し、育て、ご自分を統合していってください。

そんな一歩になるのがパターンやインナーチャイルドのケアです。彼らを大事に、大切に扱ってあげてください。彼らを救えるのはみちのりさんだけです。

たくさん泣けてよかったですね。
No.125 - 2015年04月18日 (土) 09時15分
/ 寿子
洋子さん、こんにちは!
最近の洋子さんの日記、うじうじしている私にがんがん来ますよ〜!
誰かに愚痴りたい〜、甘えたい〜って思いながら、それですっきりしないことをもうわかってるのにそこに居続ける私に毎日容赦なく攻めてきます。
あ〜もう、やるっきゃないんだな〜(泣)と思う私です、、、。
No.122 - 2015年04月17日 (金) 10時26分
/ ponta  
寿子さん

こんにちは〜。

そうですか、容赦なくガンガン来ますかあ〜(笑)
愚痴りたいのは誰なのか、甘えたいのは誰なのか・・・わかっていても
パターンはわかってもらいたいんですよね。

だったらホントの寿子さんがたくさんわかってあげてくださいね。
そうなの・・もう、やるっきゃないんです。

がんばって!
No.123 - 2015年04月17日 (金) 19時09分
/ 善也
「もったいないというのは損得のことではなくて、この世とさよならをするときに、心置きなく、後悔することなく、あちらへ移動できるように・・ということです。転生はしているものの、今世は1回きりです。自分のこの世での時間をどうぞ大切に使ってください。」

きゅあ〜っ、ぼやぼやしないで、ファイテイングします。笑。
ありがとうございます♪
No.120 - 2015年03月31日 (火) 09時57分
/ ponta  
善也さん、こんにちは。

こちらはまだ満開の桜ではありませんが、かなり「春」です。
今年もこうして季節は廻り、あっという間に・・・・・です。

私も後悔しないように、やるべきこと、やりたいことをやっていきます。そこでの体験をたくさん持ってあちらへ帰っていきたいですね。
No.121 - 2015年03月31日 (火) 13時25分
/ 善也
宇宙と共に「いいね」と言えるいいでね。僕も、そう深く感じます。
そうできないときもありますが、汗。

19日の妄想日記、「…あり得る、あり得るドラマでよくあるやつでしょう?」ってところが、思わずふきだしてしまいました。
ぼくもよく、「あるある」って妄想します。笑。
妄想も後で見直すと…楽しい時がありますよね。笑。
妄想って想像力の片隅にあるものかもですが、想像力は、豊かなほうが、愛を出せる要因や引き出しが増えてよいですね。

日記楽しみです♪
No.118 - 2015年03月20日 (金) 11時53分
/ ponta  
善也さん

こんにちは。

私はかなりの妄想者ですが、善也さんもですかぁ。
あとから自分で結構笑えることがありますが、妄想も想像力あってのことと言われると、確かにそうですね。

子供の頃からそうだったので、自分の個性として大切にしていきたいです。

善也さんもどうぞそんな個性を大切にしていってください。

春はもうすぐですね。お元気で!

No.119 - 2015年03月20日 (金) 16時20分


Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板