無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

来訪記念&初心者掲示板

★西部劇に関する疑問・質問・感想、俳優やアメリカ西部に関することなど、初歩的なこと大歓迎!
★専門的な内容・長文は専門BBS"WIDE WEST WEB BBS"へお願いします。
★初めていらした方は来訪記念に是非一言お書きください。

ホームページへ戻る

名前
Eメール
題名
内容
URL
アイコン アイコンURL
削除キー 項目の保存

[1826] 荒野の襲撃(1952) 投稿者:ミチノク・キッド

投稿日:2012年03月21日 (水) 07時56分

私事になりますが、以前から欲しかった「荒野の襲撃(1952)」のサウンドトラックCD・作曲ALEX NORTHをようやく購入しました。ヤフオク等で中古が出回っているのは知っていたのですが、なんとなく踏ん切りがつかないでいたのを、この度やっとの購入となりました。「荒野の襲撃(1952)」は私の好きな西部劇の一本です。ALEX NORTHの楽曲も素晴らしく、作品を盛り上げてくれています。1500枚限定プレスなので好きな方は早めの購入を!しかし、2008年に発売された限定盤がまだ新品で販売されているとは驚きだ。誰も買わないってことか…。

荒野の襲撃(1952)PONY SOLDIER
http://www.youtube.com/watch?v=rQKJ57jlvdk
↑「荒野の襲撃(1952)」がユーチュープにありました。私は以前この作品を手に入れるのに苦労した覚えがありますが…今は簡単に楽しめるのですね。

↓他にも西部劇があったので載せておきます。お楽しみください。
Tomahawk(1951)戦いの太鼓
http://www.youtube.com/watch?v=fbcXthmQqhY
Two Flags West(1950)西部の二国旗
http://www.youtube.com/watch?v=Y2GuAyMh__M&feature=related
The Savage(1952) 燃える幌馬車
http://www.youtube.com/watch?v=aJ7xc7SeSS8
Backlash(1956)六番目の男
http://www.youtube.com/watch?v=trQjz_Blupc
The Wonderful Country(1959)メキシコの暴れん坊
http://www.youtube.com/watch?v=99oG8yFX8K8&feature=related
メキシコの暴れん坊は映画よりサントラCDのみの方が楽しいです。作曲はALEX NORTH。

----------------------------------------------

[1831]六番目の男投稿者:アウトロ−
投稿日:2012年03月22日 (木) 17時11分
ミチノクキッド様、アウトロ−と申します。
生来の無精者故殆んどROM専です。
自分の目の黒い内にもう一度観賞したい西部劇マイベストテンに
入っている『六番目の男』紹介下さり有難うございます。
早速観賞しました(以前ブックマ-クしていざと言う時削除されていた
苦い経験から)
これからも情報ありましたら宜しくお願い致します。
今晩は『燃える幌馬車』といくますか・・・

----------------------------------------------

[1833] エジソンの映画投稿者:ミチノク・キッド
投稿日:2012年03月22日 (木) 20時23分
マサイさん、アウトローさん、またまた見つけたものですが、お役にたてて何よりです。手間暇かけて画像をアップしてくれた親切な方に「ありがとう」と伝えたいですね。やはり「六番目の男」は人気がありますね。そして以外だったのがマサイさんの「燃える幌馬車」、そういえばこの作品を手に入れるのにも苦労したのでした。アウトローさんもマサイさんもまた楽しめて何よりでしたね。

エジソンの映画も見つけましたので、お楽しみください。全部見ても1分ちょっとと思います。

Calf Branding (1898)
http://www.youtube.com/watch?v=yU7cnBVQbbU

Bucking Bronco (1898)
http://www.youtube.com/watch?v=84YtiKgvS3Q&feature=results_video&playnext=1&list=PL8421D48A8C6B4F9B

Cripple Creek Bar-room Scene (1899)
http://www.youtube.com/watch?v=wh7Wkmn7vEk
↑あるファンサイトによると、こちらは世界初のストーリーを持った西部劇とか…。

----------------------------------------------

[1927]西部劇「荒野の襲撃」投稿者:へんげんつう
投稿日:2012年12月31日 (月) 14時17分
田舎の映画館配布チラシ「荒野の襲撃」を持っております。
国内封切より1〜2年後が常の田舎ですから、推定1954か
1955年あたりのチラシでしょう。 現物はともかく、コピイで
よければメール添付でも吝かではありませんが。 問い合わせまで。

----------------------------------------------

[1928]あけましておめでとうございます。投稿者:ミチノク・キッド
投稿日:2013年01月01日 (火) 06時02分
あけましておめでとうございます。

へんげんつうさん
はじめまして、ミチノク・キッドと申します。

「荒野の襲撃」のチラシについて、
わざわざお知らせいただき、ありがとうございます。
先日も「荒野の襲撃」のアレックス・ノースのサントラを聴いて一時の楽しみを得ました。申し訳ありません、大好きな作品ですがへんげんつうさんのお気持ちだけで十分です。ありがとうございます。
また今後もご指導お願いします。


話は変わりますが、本日からWOWOWで「ハットフィールド&マッコイ」を放送しますね!私は加入していないので海外盤DVDで我慢ですが、未見の方は楽しみましょう。未加入の方は新年の挨拶がてら録画を頼んでみては?


Hell Bent for Leather 荒野の逃亡者 (1960)
http://www.youtube.com/watch?v=v6s3k1mcr5o

[1925]新発見! 投稿者:ママデューク

投稿日:2012年12月08日 (土) 21時19分

1949年のリパブリック映画「西部を駆ける勇者」を見ていたら、最後の方でインディアンに扮しているチャック・ヘイワードを発見。エイドリアン・ブースのお仲間のインディアンで、主人公たちがスー族に猛襲を受けているのを、立ち上る煙を見て仲間に知らせる役でした。

IMDbにも、このヘイワードの出演に関しては記述がないので、この由緒あるBBSに新発見として書いて於こう。

[1920] 最後のガンファイト (1975) The Last Day 投稿者:ミチノク・キッド

投稿日:2012年11月17日 (土) 10時17分

Richard Widmark と Dalton Gang のお話でした。
本編で「蠅タタキ」が出てきました。
日本の形状と同じもので、西部でも同じだったのかな…と。
そういえば今まで気付かなかったのかどうか、「蠅タタキ」を初めて見たような気がします。

----------------------------------------------

[1921]投稿者:マサイ
投稿日:2012年11月17日 (土) 11時34分
蠅たたきは「銅の谷(1950」に出てきます。 ホープ・エマソンという大女が酒場でこれを盛んに使っています。

----------------------------------------------

[1922]投稿者:矢端 想
投稿日:2012年11月17日 (土) 22時58分
アメリカは日本よりずっとハエが多い気がしますよ。
今でも米国家庭には蠅タタキ(fly swatter)が常備されてるんじゃないでしょうか・・・。

----------------------------------------------

[1923]蠅といえば投稿者:ミチノク・キッド
投稿日:2012年11月18日 (日) 06時17分
マサイさん、矢端さん、ありがとうございます。
「銅の谷」を再鑑賞しました。キャラの濃いマダムが蠅たたきを使っていましたね。
矢端さんのご意見の通りなのでしょうね。デザインや大小の違いはあるかもしれませんが、団扇や踊り子の扇子のように共通デザインなのかもしれませんね。
蠅といえば「ウエスタン(1968)」の駅での待ち伏せで、どのように蠅のシーンを撮影したのが見る度にに気になります。犬猫と違って調教はできないだろうし、根気で撮影したのかな?

[1919]ブッチ・キャシディDVD 投稿者:ランディ

投稿日:2012年11月13日 (火) 08時37分

「ブッチ・キャシディ 最後のガンマン」愈々2013・1・13にDVD発売を喜んでいたら、何と!WOWOWで11月25日、12月11日に放映予定の記事発見。録画を頼もう。(加入しろよ!)

[1918]おかしなレコード 投稿者:ミチノク・キッド

投稿日:2012年11月08日 (木) 17時22分

面白いレコードを手に入れました。
「The True Story of the Civil War (1957) Ernest Gold」です。
http://www.soundtrackcollector.com/title/17251/True+Story+Of+The+Civil+War%2C+The
イメージ楽曲集かと思ったら、「ドキュメンタリー http://www.imdb.com/title/tt0049885/」のレコードでフィルムの音をそのままレコードにしたような感じです。Raymond Massey の英語のナレーションで「リンカーン」がナンタラカンタラと語っています。レコード販売されたほどのドキュメンタリーですから評判がよかったのでしょうか?ただのコレクターズ・アイテムか?教材用か?

南北戦争定番の音楽や、しみじみするような音楽が流れたりと「音楽だけは楽しめる、音楽のみ」。「リンカーン 秘密の書」と合わせて、個人的には旬なレコードだ。

[1908](削除) 投稿者:システムメッセージ

投稿日:2012年10月25日 (木) 17時20分

投稿された方の依頼により、2012年11月06日 (火) 20時48分に記事の削除がおこなわれました。

このメッセージは、設定により削除メッセージに変更されました。このメッセージを完全に削除する事が出来るのは、管理者の方のみとなります。

----------------------------------------------

[1912]こんなのもいいもんですよ投稿者:ミチノク・キッド
投稿日:2012年10月31日 (水) 17時58分
私、ジャズも好きでよく聴くのですが、
こんな曲もいいもんですね。
http://www.youtube.com/watch?v=-CR5xDfPX6E
横内章二によるもので、ジャズファンの間では「和ジャス」という呼ばれ方をしているんだそうですね。和製ジャズっていうことなんでしょうけれど、日本人の作るジャズは食わず嫌いであまり聴いたことのなかった私ですが、こんな感じなら好きになれます。

----------------------------------------------

[1913]横内章次だった投稿者:ミチノク・キッド
投稿日:2012年10月31日 (水) 18時31分
横内章二じゃなくて横内章次だった。

----------------------------------------------

[1915] 投稿者:みちのくきっど
投稿日:2012年11月06日 (火) 21時32分
矢端想さん、すみません。
書き込みしたコメントは自分では削除しないって約束しましたけど、他の方からご意見をいただいたコメントの他は削除しました。いつかの約束を破ってすみませんでした。

ワイアット・アープさん、クゥープさん、過去に気分を害するような書き込みをしてすみませんでした。特にワイアット・アープさんに対しての当てつけの本数の発表でしたが、それも気分を悪くされたでしょう、あとコピーの件と、すみませんでした。
多く本数を所有しても結局は何も満たせないものですね。多く持っていれば何のかんのと欲もあったのですが、ワイアット・アープさんがオフ会で講演をしたと知り、結局、そういうことか、とつくづく思いました。

最後になるかもしれないから何でも書きますが、強がりを言っても、本当は西部劇で交流する仲間が欲しかったのです。でも、私のような者はダメですね。ヘタクソだから。

私のコメントで不愉快にさせてしまった方へ
すみませんでした。多く本数を所有しているからと気が大きくなっている所もありました。すみません。

西部劇、楽しみましょうね。
近日のBSの「捜索者」、たのしみです。

管理人さん、このコメント削除してもらっても構いません。

----------------------------------------------

[1916]投稿者:矢端
投稿日:2012年11月07日 (水) 20時06分
…??!

何があったか存じませんが…
みんなが嗜好に応じたそれぞれのスタイルで西部劇を楽しめればいいですね。

----------------------------------------------

[1917]矢端さん、すみませんね。投稿者:ミチノク・キッド
投稿日:2012年11月08日 (木) 12時48分
私のように東北の田舎町で一人で西部劇を楽しんでいると、無性にさびしく感じることがあるのです。ならばオフ会等に参加すればと思われるでしょうが、知識なしで本数だけ所有している身には厳しいです。コPなど依頼されるのも困りますし、そのためだけの付き合いというのも嫌ですね。ウェブでもオフ会でもメルアドやコPの問い合わせを断ったら「それっきり」なんて付き合いも嫌ですしね。
こちらのウェブではよく書き込みをさせてもらっていますが、「一方通行」というのも哀しいものですよ。内容が悪いのか、書き方が悪いのか、個人の問題か。ニーズに合っていないんですね。

[1911] アレックス・カラス氏逝去  投稿者: ポルカドット 

投稿日:2012年10月30日 (火) 17時40分

 メル・ブルックス監督の「ブレージング・サドル」(1974)で、水牛みたいなのに乗って登場する怪物的人物「モンゴ」を演じたアレックス・カラス氏が、今月10日に77歳で亡くなったとのことです。ご冥福をお祈り致します。

 氏は著名なフットボール選手だったそうで、映画俳優になってからは何本かの作品に出演したようですが、一番印象的なのはやはりこの「モンゴ」役らしいですね。

[1909] 投稿者:和田憲政

投稿日:2012年10月27日 (土) 14時02分

西部劇小説牧場主キングス・レイモンドは殺され3歳になる息子ケントと南軍の軍資金100万ドルがインデアン・ギルモアに強奪される、キングスの弟バリーはその追撃に用心棒ジャック・キャリーとレムロックはじめ5人のガンマンを遣わす。インデアンの根城はニューメキシコ南下のワーズワース砦、その旅の途上得体のしれない殺し屋によってジャックとレムロック以外皆死に絶える。そしてついに2人は40人のコマンチを従えるギルモアと対面するがギルモアに告げられた真相とは・・・そしてジャック・キャリーも殺し屋の魔の手にかかり息絶える、レムロックは鰐皮のハットとガンベルトそして薄紅色の十字架のネックレスをジャックの形見として貰い受け、復讐のためバリーのもとへ向かう。大活劇の後レムロックはニューメキシコへと向かう。実は昔レムロックとジャックとの間には深い因縁があった、しかしレムロックはその因縁を断ち切り、ニューメキシコにあるジャック・キャリーの妻と娘の墓前に十字架のネックレスを添えて生まれ故郷の南へと一人去ってゆく。 この小説は”Golden Cross"の続編としてその本の中に記載されています。

[1903]地べた 投稿者:JOE

投稿日:2012年10月22日 (月) 18時05分

むか〜しの事ですが。
アラモのヒロイン、リンダ.クリスタルが地べたに磔になっているスチールを見掛けてコーフンした覚えがあります。
記憶違いではないと思いますが、あれ何ていう作品だったかなァ。
アラモは寧ろトラヴィスの副官の奥さん役のジョーン.オブライアンの方が萌えました。リンダさんは私にはチョット暑苦しくて。
オブライアンは他に印象に残る様な作品ってあるんでしょうか。

----------------------------------------------

[1905]失礼しました投稿者:JOE
投稿日:2012年10月24日 (水) 11時04分
あのう、ここは初心者掲示板とのことでガキの頃、TV黎明期に時間埋めに放映されていた作品や通りすがりで見掛けたポスター、キッタネェ2番3番館で観たB級モノ等、ウロ覚えだった事をを御教示いただいて記憶が甦ればと思い、以前より書き込みを致しております。
特に女優ネタは沢山の御意見をいただいて楽しんだと思いこんでいたのですが、御迷惑だった様で大変失礼いたしました。
御安心下さい、これきりという事で。イッツ.タイム。

----------------------------------------------

[1907] 六頭の黒馬 投稿者: ジェロニモ 
投稿日:2012年10月24日 (水) 21時28分
 リンダ・クリスタル嬢とジョーン・オブライエン嬢については、小生は「アラモ」を見ておらず、他にも彼女たちの出演した作品を見たことがありませんが、ジョーンはオーディ・マーフィの「六頭の黒馬」に出ているようで、YouTubeで見せてくれていますからURLを下記しておきます。そのうち小生も見ようと思います。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=MfroA8rwGWU

[1892]Golden Cross 投稿者:和田憲政

投稿日:2012年09月08日 (土) 06時54分

出版社のミスで表紙だけ”Gorlden Cross"と誤植されてはいますが中身は本物です。南北戦争の頃、群盗サンチェスパラダイスが軍用列車から強奪した金塊300万ドルを巡って繰り広げられるウェスタン巨編。群盗の追撃にあたる銀行家ダグラス・ミュントそして保安官ジェント・・
ミュントの甥バジルに迫る殺戮の嵐、ミュントは一旦バジルをアグア・カリエンテに住む元南軍の大佐カルロス・モンテファーの下に預ける。そこにはバジルの姉フィレーナも居た。しかし追っ手はアグア・カリエンテにまで及ぶ,そして事もあろうに追っ手の首領はフィレーナの死んだはずの兄ラムレスであったのである。フィレーナの胸には金の十字架が、しかしラムレスの首にはもう母の形見の金の十字架はなかった。その十字架は今何処に?その物語の裏には20年前のインデアン家族の惨殺事件が絡んでいた。その真犯人とは?そして幾年の遍歴の後2つのGolden Crossは劇的な再会を果たす。この小説は名古屋の鶴舞はじめ19の図書館に、また豊橋市の図書館にも配架されています。もしご希望ならば定価¥3200でご購入できます(消費税・送料は無料です)以下にご連絡ください。
FAX:0532-45-1985もしくはメール a6685@tees.jp ハガキでお申し込みの方は〒441−8046 豊橋市福岡町50−1 和田憲政まで

----------------------------------------------

[1901]Golden Cross投稿者:和田憲政
投稿日:2012年10月18日 (木) 04時54分
Golden Crossの表紙をご覧になりたい方は以下を検索して下さい ”詩人・小説家とピアニスト・作曲家”




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板