ケーシーのこれで演歌掲示板

掲示板スタイルの多彩な演歌情報

ケーシー村上チャンネルに行く
ケーシー演歌チャンネルに行く


名前
題名
内容
削除キー 項目の保存

こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

カラオケに入ってない名曲を歌ってみよう
ケーシー村上 (64)投稿日:2019年04月18日 (木) 22時55分 返信ボタン

「カラオケに入ってない曲を歌おう」という企画です。 意外にも有名曲がカラオケ配信されていないという実態が存在するのです。半世紀をも経過したような名曲の権利は第3者に譲渡されて、新しい権利者はその音源をハイレゾ音源でダウンロードあるいはCD化して再販するというビジネスが展開されています。新権利者によって版権管理されカラオケ配信の弊害になっています。当企画はそのような名曲を「軽音楽音源」を音程調節してパソコンでcoverするという企画なのです。

1曲目は橋幸夫さんの1961年発売「俺ら次郎長」です。この歌の特徴は「掛け声と啖呵」のセリフですが、これが決められたら半ば完成です。

画像をクリックしてください ↑(Please click on the image)

そして都はるみさんの隠れた名曲「はるみ」です。「軽音楽音源」を強引に音程調節してぶっつけ本番でパソコンで歌いました。歌詞は男唄ですが男女共歌える軽快な歌だと思います。リクエストで配信を実現しましょう

画像をクリックしてください ↑(Please click on the image)

松山恵子「恋の三度笠」です。ご存知お恵ちゃんの股旅ものの名曲です。とにかく長いせりふはハードルが高いです。

画像をクリックしてください ↑(Please click on the image)

次も松山恵子さんの「哀愁の駅」です。この歌も「軽音楽音源」を強引に音程調節してぶっつけ本番でパソコンで歌いました。

画像をクリックしてください ↑(Please click on the image)

最後は神戸一郎さんの「赤い夕日が沈む頃」です。すっかり歌そのものを忘れていましたが、メロディーを聴くがいなや歌詞まで自然に甦ってきました。

画像をクリックしてください ↑(Please click on the image)

いかがでしたでしょうか。こういう名曲がカラオケ配信されてないのです。






Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板