ケーシーのこれで演歌掲示板

掲示板スタイルの多彩な演歌情報

ケーシー村上チャンネルに行く
ケーシー演歌チャンネルに行く


名前
題名
内容
削除キー 項目の保存

こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

田舎者が花の大東京に出たものの:::
ケーシー村上 (51)投稿日:2016年02月10日 (水) 08時07分 返信ボタン


「有楽町で逢いましょう」という大ヒット曲の影響でしょうか、東京タワーの真下(都電芝園橋電停前)に伯父が共同経営していた会社がありました。そこから都電で日比谷に出ました。そして銀座、新橋、有楽町と・・歌に出てくるような街を訪ねて歩きました。

その時の感想は「別にたいしたことないやん」でした。山手線の高架がやたら印象に残っています。イメージは「ガード下の靴みがき」という感じでした。その時、目に入ったのは日劇ミュージックホールでした。たしかアンジェラ浅丘というような芸名でしたが雑誌で見たスターの看板を確認しました。「これは絶対観にいかんとあかんな」と思ったものでした。もちろん後日その願いは叶いました・・・こちらは「東京はやっぱ、たいしたもんやん!通天閣の温劇の、ウチのおかんみたいなおばはんのストリップとは訳ちがうわいと感動したものでした)

画像をクリックしてください ↑(Please click on the image)

一方、当時の新宿にしたって南口の眼前は甲州街道で、鳥打帽の運ちゃんが運転するタクシーが窓を全開にして疾走していました。こちらは「ぼくは流しの運転手」でした。それから、それから色々各地で色々なことが巻き起こるのでした。・・・・・・・・



□上を向いて歩いても、涙はこぼれました/ケーシー村上 (52)投稿日 : 2016年02月10日 (水) 21時53分

世界規模のヒットとなった「上を向いて歩こう」には特別の思いがあります。

私のサイトのどこかで言ったことがあるかもしれませんが、レコード大賞を受賞した作曲家の許で修行中の19歳の時でした。尊敬する先生の想像もしなかった性癖に人生最大のショックを受け、先生の中目黒のマンションを冬の最中の深夜2時過ぎに飛び出し、歩いて渋谷駅に向かったのでした。

東京の狭い空には、西に傾いた冬の星座が輝いていました。その時の気持ちとこの歌の詩がマッチングして、詩の全編が体の芯からこみあげてくるのでした。気を強く持とうとして、上を向いても歩いても・・冬空を歩く頬に涙が伝うという途轍もなく辛いことでした。

渋谷駅について浮浪者の焚き火で暖をとり始発電車を待ちました。そして、荷物も楽譜も彼女も夢も全部捨てて、東京を離れたのでした。

「上を向いて歩こう」坂本九

画像をクリックしてください ↑(Please click on the image)





Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板