無料で掲示板を作ろう  Amazon-プーマのシューズやアウター!タイムセール開催中

和田絵画教室

ご自由に書き込みください

タイトル
名 前
本文
削除キー (半角英数 8文字以内) クッキーの保存


「学校美術館」

1353:和田千秋 (2019年12月25日 (水) 22時09分)

福岡県の大川市にある「大川市立三又中学校」で、25,26日の二日間にわたって開催される、「学校美術館」に参加しています。

来年に統廃合されるため、今年度で廃校になる校舎を使って、中学3年生が「ジュニア学芸員」となって、作品の選定、飾り付け、住民への解説をするというものです。同様の試みは、お隣のみやま市の中学校を含めて4回目(その内、私は3回参加)。

他の参加作家は、酒井忠臣さん、小川幸一さん、武田総章さん、黒岩俊哉さん、山下耕平くん他、計12名。

現代美術対象というのもユニークで、同様の試みを、私は寡聞にして知りません。とっても充実した展示になっていましたよ。お近くの方は是非!

名前 削除キー


「A Bright Home アカルイカテイ」展

1352:和田千秋 (2019年12月22日 (日) 22時33分)

広島市現代美術館で、私も出品している「アカルイカテイ」展が、昨日から始まりました(3月1日迄)。

「家庭」という言葉は、明治新政府による国民国家誕生とともに、明治になって使用されるようになったようで、いわば明治国家の縮小版として、家父長制を伴うものでした。

そんな「家庭」概念が、その後の大正、昭和、平成とどのように変貌を遂げたのかを、美術作品を使って見せようというものです(恐らく、、まだカタログができていないので、はっきりとは分かりませんが)。

他の出品作家は、桂ゆき、江上茂雄、出光真子、ひろいのぶこ他、計11組(組となっているのは、私が息子と2人組で出品しているため)。

福岡からは遠いですが、お近くの方は是非、足をお運びください。

名前 削除キー


「福岡の現代美術、九州派以後」

1348:和田千秋 (2019年09月25日 (水) 19時45分)

福岡市美術館の近現代美術室Bで、九州派以後の「集団蜘蛛」から、現在20代の若手までの作品を集めた企画展に、私の作品が2点展示されています。

尊敬する蜘蛛の森山安英さんや、小松豊さん、亡くなった長谷川清さんたち諸先輩の方々と、一緒の空間に展示されることは嬉しい限りです。

将来が期待される若手。浦川大志君の作品も展示されていて、新しみもあります。10月1日から始まる、「ギュスターヴ・モロー展」に行かれる方は、是非、併せてご覧ください(10月27日迄)。

1350:竹本葉子 (2019年10月08日 (火) 23時47分)

前略。浦川くんとは、6.7年前磨墨さんの13回忌展を見に来てくれて以来でいくつかの展示を見ましたよ。熊本も行きました。市美も、和田さんから九州派もみました。EUREKAは失礼。櫻井共和さんのは見ます。太宰府は行きたい。またよろしくお願いします。

1351:和田千秋 (2019年10月09日 (水) 23時18分)

竹本さま、お久しぶりです。浦川君は、福岡の期待の星ですよ。私も櫻井さんの個展には伺う予定です。大宰府も是非どうぞ!

名前 削除キー


障碍の茶室Y 開かれた場所/開かれた茶室

1349:和田千秋 (2019年09月25日 (水) 20時14分)

今回で6回目となる、「障碍の茶室Y 開かれた場所/開かれた茶室」を開催します(於:大宰府天満宮、旧東屋特設会場&天満宮宝物殿企画展示室。旧東屋は、菖蒲池の隣です)。

いつもどうりの、私、茶人:中村海坂氏、美術家:坂崎隆一氏の、3人によるコラボレーションです。

期日は、10月5日から11月4日までの、土曜、日曜、祝日の計12日。

時間は、10時受付開始〜15時最終受付、参加費500円(薄茶、菓子、宝物殿拝観料含む)です。

なお、10月19、26日の両土曜日の夕方、「夜のかがり火茶会」と称して濃茶席を設けます。こちらは参加費1500円。要予約です。
kenkyusyo@dazaifutenmangu.or.jp宛に、氏名、電話番号、19日か26日、18時か19時を明記の上、お申込みください。定員に達し次第、受付終了です。

坂崎くんが、過去最大の茶室かも?と言っていますし、まだ一度も「障碍の茶室」を体験されたことがない方、是非、ご体験ください!

名前 削除キー


HPのアドレスが変わりました

1347:和田千秋 (2019年04月19日 (金) 19時43分)

Yahoo!ジオシティーズのサービス終了により、「和田絵画教室」HPのアドレスが変わりました。新しいアドレスは、
http://wadakaiga.starfree.jp/
です。これから、もよろしくお願いいたします!

名前 削除キー


「これがわたしたちのコレクション+インカ・ショニバレCBE:Flower Power」展

1346:和田千秋 (2019年04月05日 (金) 20時01分)

先月から始まった、福岡市美術館リニューアルオープン記念展(5月26日迄)。2年半のリニューアル期間を経て、多くの市民に待たれていた再開だ。

外側は、大濠公園側からのニューアプローチが設けられ、建物全体への見通しが良くなっていた。内部は、常設のスペースが広くなり、壁の色を、近代美術のコーナーはグレー、現代美術のコーナーは白にすることで、以前よりも作品が見栄えしていた。福岡市のコレクションも、結構自慢できるなと思わされた次第です。

九州派の紹介コーナーもあり、県外からのお客さんには良かったのではないでしょうか? 今後も、常設に一室「九州派」コーナーを設けてもらいたいなと希望します。

「インカ・ショニバレ展」は、90年代以降の重要な流れの一つ、ポストコロニアリズムを代表する作家、ショニバレを取り上げたもの。日本においてもここ数年、韓国との間にポストコロニアルな問題が噴出しているので、他人ごとではない。

ショニバレは、自身のことを「ポストコロニアル・ハイブリッド」と称している。コロニアリズムを単に批判するのではなく、自身をコロニアリズムから生まれたハイブリッドと認識し、その視点から過去の重い現実を列記する。彼のそんな態度から生まれる作品が、英国では評価されてきた。

我々に求められるのは、彼の一見きれいな作品の奥に潜む重い現実と対話することだろう。それは、彼の「ウィンド・スカルプチャー(アフリカンプリントされたスカーフが風を孕んで屹立している)」が、見えない風(奥に潜む重い現実)に、鑑賞者の視線を誘うことからも類推することができる。お勧めの展覧会です。

名前 削除キー


「美術のみかた 自由自在」

1345:和田千秋 (2019年01月13日 (日) 22時12分)

福岡県美で開催中の、国立国際美術館のコレクション展(2月5日迄)。福岡ではなかなか観ることが出来ない、有名どころの作品が並んでいる。ピカソ、デュシャン、ジョセフ・コスース、ゲルハルト・リヒター、イリア・カバコフ等々。

展覧会タイトルにもあるように、美術の見方は自由だし、その人にとって意味があれば、「誤読」などはない。70年代までの、文脈主義だった美術の見方が(ある意味、正解があった)、ここ2、30年で変わってきたようだ。

ここ2、30年、デュシャンから現代美術が始まるという言い方もでてきて、美術の価値が、再帰的に決定されるということが、広く認知されるようになってきたのかもしれない。

「誰かがそれを美術といえば、それは美術である」と言ったのはデュシャンだが(コスースだったかもしれない)、まさにそんな状況。

良いてんは、そういう自由さが、世界に蔓延してきたポピュリズムという反多元主義に抵抗する、最後の砦になりそうなこと。

悪いてんは、何でもありの相対主義から、ニヒリズムに陥りやすいこと。陥らないためには、やはり美術館などを中心として、多くの人の対話によって、多産的な意味が生まれてくるようにしていくことだろう、、、というように、いろいろなことを考えさせられた展覧会でした。お勧めの展覧会です!!!

名前 削除キー


「闇に刻む光」

1343:和田千秋 (2018年12月07日 (金) 20時45分)

アジ美で開催中の「アジアの木版画運動展」(来年の1月20日迄)。福岡でのここ数年で、一番重要な展覧会かもしれません。

本展企画者の黒田氏のオープニングトークも聞くことができました。まず、アジアの近代化を以下の三つの様態に分けていました。「技術としての近代」「様式としての近代」「抵抗としての近代」と。

「技術としての近代」というのは、美術でいえば、遠近法、陰影法や、油彩の技術を学ぶこと。「様式としての近代」というのは、例えば「フォービスム」や「キュビスム」などの様式を取り入れることです。

しかし、「抵抗としての近代」というのは、常に欧米から下に評価される存在として、客体でしかなかったアジアが、自ら主体を取り戻すための抵抗のことだそうです(漱石が、開化は外発的ではなく、内発的でなければならない、と言ったことと重なるように思いました)。

そしてアジアには、自ら主体性を取り戻す抵抗運動として、DIYとしての「木版画運動」があったというのがこの展覧会の主張です(黒田氏が参照したという竹内好によれば、日本には抵抗はなく、従って主体性もないとなるのですが、氏はそこまでは言っていませんでした)。

黒田氏のトークのタイトルが「アジア美術史を裏返す」というものですから、これまで、技術や様式としての近代画家中心の美術史だったのを、ひっくり返したいという野望?もあるのかもしれません。


この主張が受け入れられれば、欧米では戦後の60年代末から、シチュアシオニストらによって始まり、その後、フルクサスやアーティビスム、ソーシャリーエンゲージドアートと受け継がれていくDIY運動が、アジアでは抵抗運動として、1930年代から行われていたということになるかもしれません。

私としては、この「アジアの木版画運動」と、思想的にも重なるところのある、日本の「民藝運動」をセットにして、欧米に紹介したく思いました。

とにかく、様々な問題を考えさせられる展覧会でした。「技術」でも「様式」でもなく、内発的に表現したいことがあるかないかが一番大切だと叫んでいるようでもありました。若い作家に是非見てもらいたい展覧会です。

1344:和田千秋 (2018年12月08日 (土) 20時18分)

日本の近代化はイコール西洋化でしたが、別の近代化もありえたのではないか?と、維新150年の今年、考えさせられる展覧会でもありました。

名前 削除キー


にわか茶人大募集!(障がいのある人も、ない人も)

1342:和田千秋 (2018年10月03日 (水) 19時45分)

来年予定されている、大宰府天満宮での「障碍の茶室W」のお茶会で、亭主(お茶を点てる人)や、客として参加してくださる方を募集します。障がいのある方には、お点前のためのできる限りのサポートと、障がいにあわせた道具を用意したいと考えています(参加は無料です)。また、障がいのない方にも、簡単なお点前をお教えします。お茶会でのお手伝いや、障がいのある方々をサポートしてみたいという方も大歓迎です!
そこで今回、来年のお茶会に向けて、「障碍の茶室」のこれまでの歩みをたどるレクチャーと、お茶会や、お点前にかんするワークショップを開催することになりました。来年参加されるかどうかは別にして、お茶に興味があっても、何か敷居が高いと思われている方々! お気軽な参加をお待ちしています!!

「にわか茶人養成講座」
10月14日(日)13:00−16:00
10月28日(日)13:00−16:00
11月4日(日)13:00−16:00
会場:大宰府天満宮宝物殿地下一階講座室

名前 削除キー


「障碍の美術]Vー晩春篇」

1341:和田千秋 (2018年10月03日 (水) 19時28分)

「障碍の美術」が始まって、26年が経とうとしています。人間でいえば、甘い青春期が終り、現実の厳しさに直面する頃です。そこで「障碍の美術」も、これまでの甘い「青春篇」とでもいうべき時期を終えて、次の「晩春篇」へと移ることにしました。
そこでは、介護を中心とした生活にまつわる、痛みや苦しみが顔をだしてくるでしょう。作品のスタイルは、現実の厳しさを反映した、よりリアルな表現となってきます。でもきっと、「晩春」というからには、どこか甘さも残り続けることでしょう。ではこれから、甘くて苦い「晩春篇」のスタートです。

ということで、来週から私の個展がスタートします。お近くの方は是非どうぞ!

和田千秋「障碍の美術]Vー晩春篇」
10月9日(火)−28日(日)、12:00−19:00、月曜休み
10月14日17:00−和田千秋×川浪千鶴トーク、19:00−パーティー

EUREKA(エウレカ) 福岡市中央区大手門2−9−30−201
(浜の町公園に面した、大手門郵便局の2Fです)

名前 削除キー




Number
Pass


この掲示板をサポートする このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板