mailがある場合はクリックすると投稿した方にメールを送れます
[こちらの記事へ返信は下のフォームに書いてください] [新規投稿はこちらから]

[9427]

投稿者:迷子 2017年06月16日10時38分
先週 なんにもない平らな ところで膝靭帯に、激痛。歩行困難に。PDでは、ありがちですか?

[9430] タイトルと削除キーは入れましょう

投稿者:あい。 2017年06月16日19時40分
タイトルがないと、入り方を知っている人しか入れませんよ〜

[9455] 心も身体も痛いです

投稿者:URL 2017年07月04日10時22分
神経内科で湿布もいただいて、気休めかもしれませんが貼っています。
心には、湿布は貼れませんので、アップルカフェで「こんにちわ!」。

[9458] 僕もです

投稿者:五十嵐 2017年07月04日22時13分
なので、私はこれを貼る練習中の身です。“心くばり”

次回、JPCの寄付の振込先は前回と同じでよろしいのでしょうか・・

※前文と後文のつながりはありません。

[9466] その後

投稿者:乙女座 2017年07月09日13時13分
ips細胞の、その後は、どうなっているのですか?一刻も早くこの病からサヨナラしたいのです。見通しなど御存知の方いらしたら、教えてください。本日は、高温注意報が出ています。カルピスソーダ飲もう!

[9472] その後(お久しぶりです)

投稿者:元 マイケル 2017年07月11日21時45分

九州等で被災された方々にお見舞い申し上げます。

暑い日が続きますね。じめじめと高温は、この体には辛いです。。。
診断されてから3年半。確実に基礎体力も薬の効きも後退していることを感じる今日この頃です。

さて、iPS細胞のその後、見通しについてですが、下記リンク先の記事をご紹介しますね。

記事01 https://medicalnote.jp/contents/170426-005-QG
記事02 https://medicalnote.jp/contents/170426-006-ML

記事02には、来年度からの臨床試験に関し、以下の記載があります。

「臨床試験では少なくとも2年間経過観察を行う予定なので、臨床試験が最もスムーズに進んだ場合でも、結果が明らかになるのは2020年度以降です。

また、臨床試験を行い人間に対する有効性を確認することは、通過点に過ぎません。高橋教授らは、リスクベネフィットや費用対効果についても妥当と考えられる治療を作ることを目指しており、その治療が広く多くの人に届くよう、保険収載されることを目標としています。

そのためには、どのような人を対象にして臨床試験を行うか、また、何をもって有効性があるとするかを定め、プロトコールを作成せねばなりません。これが現在の課題です。

このように臨床応用までには様々なプロセスを経る必要がありますが、iPS細胞を用いたパーキンソン病治療は実用化に向けて着実に歩を進めています。」

毎日、毎日を乗り切ることに必死ですが、希望も捨てずに進みたいものです♪

[9473] ありがとうございます

投稿者:乙女座 2017年07月12日13時57分
元マイケルさん、ありがとうございます。こういう読物?ってまず、私の生活範囲には、ありません。なのでとてもありがたい事です。むかし、「絶望は、愚か者の結論である」と言う格言を聞いたことがあります。私も絶望のふちによろけそうにしばしばなりますが。元マイケルさんからのメールでちょとふちから離れられそうです。今日も高温注意報が出ています。かき氷でもたべようかな。ありがとうございました。

[9537] 五十嵐さんへ

投稿者:迷子 2017年07月26日10時36分
弱気の、五十嵐さんは 偽物。大方、あなたの本心は みなご存知。ここに投稿される 方は皆さん
思いのたけを 述べてます。宜しく ご指導ください❗

[9544] ありがとう、こちらこそ

投稿者:五十嵐 2017年07月26日20時35分
なんかいいようにとるとなんにも書かないのも悪く思えて。
でも、正確に言うと偽物でなく、もう壊れ物ですから。


この話題への返信投稿
返信のタイトル
あなたのお名前
メールアドレス(任意)
HP・blogのURL(任意)
画像
文字色
内 容
削除キー (半角英数 8文字以内) クッキーの保存
※ 削除キーの使い方については [掲示板使用について] をごらんください
[新しい話題の投稿はココをクリック!]
Number Pass
管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板