無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする



楽書きノート

何か記念に書いてください!

ホームページへ戻る

名前
メールアドレス
タイトル
本文
アップロード
URL
削除キー 項目の保存


RSS
こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

[721] 秋の空 育てコスモス 宇宙まで♪
雲 - 2005年10月09日 (日) 06時27分

        コスモスの 風にまけない しなやかさ



             コスモス


          さらさらと 流れる風に
             やわらかに
            うつむかないで
         いつも陽を浴びて咲いていました

             いつの日か

          コスモスの花が 好きでした
            純白の頬にさした
          うすくれないの 恥じらいの 
            香る 季節のように

              少女のように

         淡く やさしいものが 好きでした



 … 時が流れ 忘れかけてた しなやかさ
         あの日 あなたが くれた思い出 

Pass

[722] こすもすに。。追憶の秋
Masami@はなこはは - 2005年10月09日 (日) 08時24分

いつまでたっても
何年経っても
華やかな 花。。色が。。にがてな人がいます

香水よりも
野原の香りがすきな 人がいます

真っ赤なルージュよりも 
こすもすのような 頬が。。似合う人がいます

いつもコットンの服で
笑顔で 野原で花をながめて 散歩している
素敵な人がいます

雨がふれば。。
長靴出して。。
傘をさして。。
水溜りで。。無邪気にあそぶ。。
いちまでたっても 童女のような
そんな人がいます。。

涙は。。みたことがありません
どうしてなんだろう。。

夜。。星を。。眺めていると。。聞いた事があります
淋しくなって ドアをノックしたとき
あたたかい シチューを。。僕にご馳走してくれました。。

綺麗な 星空。。
今夜は。。あったかいブランケットかたに
コーヒーをのみながら
空をながめて。。夜明かししようかと。。

星をながめていると。。
涙が。。ながれているのを
僕はみてしまいました。。

強くはないんです。。
でも。。いっぱいないたから。。
想いがつよすぎて。。なけないこともあるからと。。
あのひとは。。いいました

何時も心は。。野原に。。
風に。。。。

野原は。。。のは。。きびしいけれども。。
やさしいのですよ。。
気が付いてくださいねと。。
あのひとは。。いいました。。


そうして。。僕は。。いま
秋の風のなか。
風にゆれる。。野原一面の。。こすもすの花を
みています。。

僕も。。風に吹かれています。。
さわやかです。。。。
とても。。。

Pass



Number
Pass




レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板