無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿詩掲示板


ここはあくまで個人サイトにある、
言葉を残すためのちっぽけな場所です。
そのためわざと最低限の機能しかつけておりません。
レスもつけたいときにつけていきます。
足枷が無く純粋に言葉のみのやりとりが出来ることを願っています。

TOPへ戻る

名前
題名
言葉
記憶





2002年11月10日 (日) 10時42分


人は
生きているから
夢を見る
甘く儚い夢を見る

そして、生きているから
迷い苦しむんだ

現実は 否定しても
空から突き刺さってくるから

だから、此処から目を背けずに
必死にもがいて欲しい

あるべき道へ
進んでほしいんだ

216番 蒼井氷 ▼返信





■ 雨

2002年11月09日 (土) 13時50分


いつもは冷たい雨も
今日は暖かい

君の幻影を抱きしめる
雨の中ひっそりと

暖かい涙と雨が重なり合う
その時
僕の鼓動は止まっていた

215番 蓮見葵 ▼返信





■ 焦げた鍋に

2002年11月09日 (土) 00時37分


己の孤独を見る
火に掛けていて
他のことをして
そして鍋が焦げる
他に止める者のない
一人だけの暮らし
孤独を呟いても
聞いてくれる相手もない

火に掛けていた
そして鍋が焦げる
鍋の焦げを刮ぐ
そして焦げた鍋に
己の孤独を見る

214番 梨野 ▼返信





■ 人間ゴキブリ虫並人間。

2002年11月04日 (月) 19時17分


テレビのCM

「どんな虫もイチコロ!」
虫殺戮スプレーの宣伝

嘘ばっか。

頭に一生懸命、
満遍なく、

大量に買い込んで吹き付けたのに

何で?
何で?

何であたしはないんですか?


どんな虫もイチコロだと言ったのに。

人間ゴキブリ虫並人間。

212番 shino ▼返信


2002年11月10日 (日) 12時38分


じちょう

絶えること

いくらでもあるほうほういくらでもどこへでもいける

ぼくはだけどまだ

218番 茉姫 ▲






■ 心の中

2002年11月04日 (月) 12時10分


深い霧の中を歩く
出口も光も見えない

私の心の中

もやがかかる
その先が見えない私の心の中

いつも悩んでいた
私はこの先どうしたら良いのかって

でもこの霧が晴れて
光を手にすることが出来たなら
私はきっと前を向いて進める

211番 蓮見葵 ▼返信


2002年11月10日 (日) 12時37分


たどたどしい

みち

なにをもっていたのか

なにをいだいていたのか

なにをみていてなにがほしくてなにをのぞんでなんになってぼくはどこへむかってぼくはどうしてきずついてぼくはどうしてわらえて

217番 茉姫 ▲






■ 理由

2002年11月02日 (土) 15時03分


心は冷たく厚い霧の中
今はその実態が見えない

何時からだったろう
全てに疑問を持ちはじめたのは

何時からだろう
行動一つ一つに理由をつけ始めたのは

何のために生まれてきて
何のために生きていくのか

この命に課せられた使命は
こんなものなのだろうか

解らないんだ。

僕の中で溢れ出していく砂
止め処なく零れ落ちていく

208番 蒼井氷 ▼返信


2002年11月03日 (日) 09時58分


ただ流れていって
ただ僕は佇んでいて
理由を必死に考えて
意義に結びつけようと

ただあるがまま
ただあるがまま

結局たどり着いた
感情を理屈になぞらえ
馴染ませる

210番 茉姫 ▲






■ 欲しい。

2002年10月31日 (木) 21時53分


欠乏に気付いたのはつい最近。
もう、手遅れだってさ。
指を咥えて待つほどアタシは子供じゃないし、
切り捨てられるほど割り切れた大人でもない。
ただただ『お見本』を眺めて涙を流すだけ。
本当は強請ってみたいんだ。
何時の日かの様に。

207番 無限大。 ▼返信


2002年11月03日 (日) 09時56分


一度は手にしたモノゴトを

他人のショーウィンドウの奥で見つける

209番 茉姫 ▲






2002年10月27日 (日) 12時15分


御願いです

どうか私を観て下さい

安っぽくて良いんです

愛してると云って下さい

嘘で良いんです

可哀想だと云って下さい

偽善で良いんです

私の傍に来て
抱締めて

じゃないと


今にも骨が崩れて

倒れて仕舞いそうで

虚しいのは

判っているけど

203番 shino ▼返信


■ 愛しているよ

2002年10月28日 (月) 18時36分


見ているよ
ちゃんとね♪

この命が消え果るまで
あなたを愛してあげる

204番 eve ▲



2002年10月28日 (月) 18時52分


自分の中の私が助けてと叫ぶ
私の身体は涙尽き果て

空が遠くアスファルトの道は冷たい

風の無い丘で眠る

205番 茉姫 ▲






■ 池袋の路地裏の猫

2002年10月22日 (火) 22時32分


まるまると太った猫が
路地の裏に消えていく。
それが夜の出来事。

まるまると太った烏と
そして鳩が仲良くゴミをついばむ。
それが朝の出来事。

猫の色は黒白のぶち。

200番 梨野 ▼返信


2002年10月24日 (木) 19時45分


日常と日常
薄く繋がれ積まれ
狭いドアが開かれた

202番 茉姫 ▲






2002年10月22日 (火) 19時29分


限られたものの中で
光は輝きを増す
その光は淡く四方に分散され
高く空へ舞い上がる

掌の水が
サラサラと手から溢れて
どこへ流れ行くのか
どこへ行くのか

不確かなものが
不確かな時を刻んでいく
確かなのは

この空の青さ

掌の砂が
サラサラと風に流されて
どこへ辿り着くのか
どこへ行くのか

199番 蒼井氷 ▼返信


2002年10月24日 (木) 19時44分


白い白い地で
白い白い時を手に持つ。

掌から零れる砂はいつしか水に

口に流せば甘い眩暈に包まれる

201番 茉姫 ▲





Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板