無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿詩掲示板


ここはあくまで個人サイトにある、
言葉を残すためのちっぽけな場所です。
そのためわざと最低限の機能しかつけておりません。
レスもつけたいときにつけていきます。
足枷が無く純粋に言葉のみのやりとりが出来ることを願っています。

TOPへ戻る

名前
題名
言葉
記憶





2003年01月08日 (水) 01時59分


曖昧な態度 曖昧な言葉
不確定な未来に怯えるボク
今日もキミからの呪文を待っている
その一言が、ボクの明日を作るから

241番 奏 ▼返信





■ 冬

2003年01月05日 (日) 21時37分


包み込む熱は 

周囲を遮断して私を護ってくれる

幽かに聞こえる音は

何にも無いわけじゃないと証明してくれてる

私が寂しくならないように

傷つかないように


空を舞う白い桜は

手元で溶けてなくなってく

心地よい風は擦り抜けて

一体何処を目指すのだろう?

240番 蒼井氷 ▼返信





■ 青の風景

2003年01月04日 (土) 17時26分





傷が癒えたあなた心は滑らかに
窓枠のささくれも
カーテンの乾きも
つるりとすり抜けた


探し物は何だっけ?
ガラスが、溶ける、音
凝らし過ぎた目から
純粋がこぼれてゆく


青が
熱を捨てながら
呆けていくので


頬杖から頬が落ちたら
耳の中で
アルコールの宇宙が滴り始めたら
ねえ、私を散らかしてあげる


散らかり方が足りない床へ
そこに
かつての空き缶くらいは
期待しながら


それでもいつか
床下に青が沈んだら
そのときには
青のことは忘れているだろう






2003.1.1.

239番 A 道化 ▼返信





■ 不感症な言葉

2003年01月02日 (木) 02時16分


アナタがアタシに植え付けた嘘のつき方
言葉は増幅する
量産され、価値が薄れてゆく

笑顔が扉を閉める
開けかけた扉に鎖巻きつけて
幾つもの錠がかけられる

笑顔が…涙が…
感情によって演出されたのか
慣れや計算で
作り出されたのか解らなくなってる

アナタがアタシに仕込んだ嘘のつき方
言葉は加速する
類似して、見分けがつかなってゆく

238番 音 ▼返信





2002年12月23日 (月) 19時40分


言葉はもう無い

234番 茉姫(管理人) ▼返信


2002年12月24日 (火) 10時46分


人の言葉ほど嘘っぽい物は無くて
人の言葉ほど心を動かされるものは無くて

そういう人らしい言動が暖かくて
枯れ果てた言葉に水をあげる。

235番 蒼井氷 ▲



2002年12月25日 (水) 21時06分


枯渇している理由はきっとわかっていて

風穴が開けば
そこに言葉は入り込み
流れつづけ
消えつづける

けれど
満たされているようで
時折曲がり角で振り返る仕草には
言葉は
コートのポケットにさえ残らなくて


ありがとうございます。

236番 茉姫(管理人) ▲






■ ただ・・・・・

2002年12月23日 (月) 16時49分


唯,僕を見てくれるだけでいい
唯,僕の存在を感じ取ってくれるだけでいい
君が,僕の事愛してくれなくたって
いいんだ・・・・・・・

だって,僕が君を愛しているから
きっとこの想いは変わる事が無いから
ねえ,だから僕を見て。
君のこと愛している僕を
ずっと瞳に焼き付けていて

唯,それだけでいい―――・・・・・・

233番 蓮見葵 ▼返信





■ 街の灯

2002年12月22日 (日) 23時09分


この街で幾つのヘマをやってきたのだろう
雑踏の中を走り抜けて
束の間の夢に逃げ込んだ
以前、この街を出て行ったあいつは
ぬくもりに出会えたのか
何かを引きずって未来へ向かい
何かを恐れながら過去を思い出す
意外に単純な正体なのかもしれない
それでも抜け道を探して裏通りへと入る
ネオンの光、無機質な機械、小さな理解
視界に広がるもの
街の灯り

232番 雷禅 ▼返信





2002年12月11日 (水) 23時43分


ことばを口にしたそのさき


現状をどれだけ形作れるか

231番 茉姫 ▼返信





■ 冬泥棒

2002年12月10日 (火) 01時45分






朝が雲で膨れてた
殻をそっと破った
目は
空気の気持ちがわかり過ぎた


忘れていたコーヒーが真似ていた
人肌に、
少しだけ、唇は
ふっくら濡れるけれど


悲鳴をさらさら漏らす空が
目に
響き渡って
私も泣かない、さらさらのまま


泥棒は
窓から
湯気をさらって逃げてゆくかわり
冬を再び返してくれる


そしてまた、さらさら
さらさら、
震えていても一人ではないような
まだ、もう少し、冬の朝





2002.12.7.

230番 A 道化 ▼返信





■ 偽り

2002年12月08日 (日) 13時45分


言わないで 言わないで
私のすべてを 否定しないで
認めてくれなくたっていいから
拒否だけは どうか しないで
外見だけで 否定しないで
こんなの偽りの私なの
信じなくたっていい でも
でも願わくば 私のカケラ 少しでも
受け入れて 認めて わかって そして
愛してください

229番 せりな ▼返信




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板