無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

投稿詩掲示板


ここはあくまで個人サイトにある、
言葉を残すためのちっぽけな場所です。
そのためわざと最低限の機能しかつけておりません。
レスもつけたいときにつけていきます。
足枷が無く純粋に言葉のみのやりとりが出来ることを願っています。

TOPへ戻る

名前
題名
言葉
記憶





■ MOMENT

2006年12月06日 (水) 22時35分


あの唄は、大事にしてたものだった
大好きで、
アナタの歌った唄だから。
それにあなたの声も。
あなたの瞳、高い鼻、すらっとした背。

私を「守る」と言って抱いた暖かい腕。
私を「好き」というその口元。
私に言った「愛してる」の言葉。

あなたの中の私の記憶。
私が触れることの出来る肌。


みんな、みんな
消えちゃった

今までのすべてを否定するみたいに
存在価値が無くなったみたいに

一瞬にして、その秒の中のどれだけなんだろうか
私からアナタを連れ去っていった

残るものは、私の中のアナタの記憶と
たった一つのラブレター。

そして、私がただひとり。

358番 夜耶 ▼返信





■ 月の海

2006年03月10日 (金) 03時40分


月の海は明ける空の冷たさの中
彼方
探している透明な航路の終わりに
姿勢の祈りの正しさだけが
新しい
悲しみに暮れる人の弱さを愛した人は
許されることを許している君のような
ここに碑は無く
厳かな空だけが続いている

吹きすさぶ風に
一枚の着込みのシャツだけを
冒涜の旗のように
泣いている
潮騒の完全な楽曲の
流木の痛ましい先端の
印象の果てしない
追放と追放が

濡れ髪の迷宮を
貝殻を
星纏う天蓋の
轟音のような沈黙が
抱き寄せた
波打ち際の
沈む靴をそのままにして
あらゆる飛沫の
穏やかさと激しさのなかには
闘争と愛が宿る

357番 橘 鷲聖 ▼返信





■ ひとひらに。

2006年01月03日 (火) 14時33分


ひとひらに、
舞う雪、
掬いて小さな手のひら、
恋心。
ただ近くにいた、
あなたを、
思うばかり。
溶けかけた雪の、
冷たく優しい、
あなたに似てるところ。

356番 夜耶 ▼返信





■ 教えてください

2005年12月06日 (火) 00時08分


遠い昔どこかで逢いましたね
でも、それがどこだったか・・・
そして、貴方が誰だったかも
想い出せないのです・・・
たしかに、貴方に逢ったことが・・・
あるはずなのに・・・

355番 幽月 真 ▼返信





■ オルゴール

2005年09月25日 (日) 19時40分


何の曲なのかは、わからない
これはかなり古いオルゴールだから
あたしのお婆ちゃんが大切にしていて、
あたしに譲ってくれたものなの。
薄ピンク色の陶器のオルゴール

小さな妖精が曲と共に動いて
それはそれは可愛らしくて
時が経つのも忘れて聞いていたの

それはあたしが4歳のおはなし

今ではあたしがオルゴールの妖精
だけれど、時が経ちすぎて
古くなったオルゴールの中はオイルが漏れ
錆びて汚くなったからかしら
誰も蓋を開けては、くれないの。

今夜もまた、暗いオルゴールの中で息を潜めて。
誰かが開けてくれるのを待ってる
だって、誰かが開けてくれない限り
あたしの存在には誰も気づいてくれないんだもの。

354番 夜耶 ▼返信





2005年06月26日 (日) 16時16分


 些細な誤解から擦れ違って
 目を合わせる事さえ避けてた

 運命の星は 二人を遠ざけた

 手を伸ばせば届く距離に
 君を感じていたのに

 ふと気づけば
 心は迷路の中
 抜け道なんか見えなくて

 暗闇の中 追いかける
 もう一度 あの日の続きを

 今 君を感じてる
 あの頃以上の切なさと共に

 

353番 cherie ▼返信





■ 果て

2005年06月13日 (月) 23時39分


何を期待していたのだろう?
僕はずっと
君が、
そばに

いつものことだと思ってた
あの日の夜
いなくなった君の体
目の裏に焼きついて離れない。

僕は何を期待していたのだろう
ただ君が
笑うだけでよかった
のに

なにを
期待しすぎて
欲望の果てまで・・・

352番 夜耶 ▼返信





■ *

2005年04月02日 (土) 20時48分




味が濃すぎると
味覚障害に 成るから

今夜は 白湯で 乾杯
本物の 完敗には 成らないように

白煙とも 決別
そんな 決心は
一体 何処まで 続くかな

★,

350番 FUJISUZUKO ▼返信





■ 曇りゴコロ

2005年04月01日 (金) 14時42分


こんな風に 後悔するなら 
もっと きちんと愛したかった
こんなに 弱い自分が
こんなに 大きくなってるなんて
分からないけど
凄く イヤで
戻れないけど
私は きちんと
貴方を 愛してるから

349番 ユイ ▼返信





■ 零

2005年03月30日 (水) 11時43分




後戻りして

初めからやり直すって

すごく

すごく

勇気がいることなんだよね。

最初まで戻れなくったて

立ち止まったら

立ち止まったで

きっと何かが見えてくるもんなんだよ。


yue

真似/無断使用禁止




ステキな詩が沢山。。。
すごい心に響くなぁなんて思いました

348番 yue  ▼返信




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板