【コミュ障でも楽しい!】レンタカーの回送ドライバー

☆☆☆☆横浜市立みなと総合高等学校☆☆☆☆

かきまくれ!!

ホームページへ戻る

題 名 メール
名 前 URL

文字色

削除キー (半角英数 8文字以内) クッキーの保存



[1035] やく^ざ 投稿者:ヤクザ (2010年09月14日 (火) 14時06分)




名前 文字色 削除キー
お返事

[1034] やくざ 投稿者:ヤクザ (2010年09月14日 (火) 14時05分)
ヤクザ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(やくざ から転送)
移動: ナビゲーション, 検索
現代に言う『やくざ』とは、組織を形成して暴力を背景に職業的に犯罪活動に従事し、収入を得ているものを言う。この偏倚(へんい)集団を特徴づける要因の一つに集団内部の「親分子分」の結合がある。

詳細は「暴力団」を参照

「やくざ」研究の古典的名著とされる岩井弘融の『病理集団の構造』(以下『岩井』と略)の序説で「親分乾分(岩井は故意に、乾としている)」の関係は民俗学(柳田國男他)や社会学(川島武宜他)において説明されるところのオヤカタ・コカタの関係と共通の社会的基盤を持つと説明している。

戦後に来日したニューヨーク・ポストの特派員ダレル・ベリガンは、その著作で有名な『やくざの社会』の中で「日本の家族は与太者の集まりであり、家族の長は与太者の長である」という文から始まる、日本社会の内部構造についての報告をまとめている。また、かつて横浜の塚越一家に所属した右翼活動家の野村秋介は、「やくざ」について説明する際に「やくざとは職業ではなく」、「実業家、ジャーナリスト、政治家にもやくざは存在する」と発言したが(出典:『暴力団新法』)これも個人間の繫がりとして絶対的権威(親分)と追随者(子分)の関係が広く社会で見られる点を示唆するものである。

ただし、その上で「やくざ」を特徴づけている別の内部要因として、集団の共通目的、成立の社会的条件、存続のための経済的活動、社会的価値基準から逸脱した副次文化等がある。ジャーナリストの朝倉喬司は明治の自由民権運動と「やくざ」の関連を指摘する一方で現代の制度的空間や価値基準との関連において「暴力団」と呼ばれるとしている(出典:『ヤクザ』)。

「やくざ」という単語は暴力団組員を指すか否かに関わらず近年では言葉狩りの対象となっており、漫画・アニメにおいて伏字処理をしたり、後述する隠語や別の表現に置き換えられるケースが多く見られる[1]。

目次 [非表示]
1 概要
1.1 隠語
2 歴史
3 語源
4 組織
4.1 「組」の名称
5 関連項目
6 参考文献
7 脚注


概要 [編集]
多くのやくざは「暴力団員」という呼ばれ方を嫌い、自らは「極道」、「俠客」と言うことがある。

逆に自ら「俺は、暴力団員だから・・・」と表現する者もいるが、その場合において相手に脅迫(強迫)を行ったとも解せる事があるので、通常だと「組の者、団体の者」と表現し、暴力的な脅威を相手に与えないよう配慮をする事もあるらしい。

現在では、『やくざ(Yakuza)』との言葉を理解する他国の民も多い。テレビゲームでも、アメリカ製の『グランド・セフト・オートシリーズ』に日系人のマフィアが「ヤクザ」の名称で登場していたり(シマ、若頭といった日本語も使用されている)、日本製の『龍が如く』が海外で『Yakuza』というタイトルで販売されたとの例がある。また、北野武監督のヤクザ映画も海外で人気が高く、ヤクザの知名度を上げる一つの要因になっている。アメリカンコミック『X-メン』シリーズには、日本人でヤクザの親分という設定のキャラクター、シルバー・サムライが登場する。

隠語 [編集]
『やくざ』を指す隠語・別称には「ヤーさん」「その筋の人」「やっちゃん」「『や』の付く自由業」「スジモン」「渡世人」「稼業人」「筋者」「本職」「不良」「現役」「プロ」「ヤー」「893」、頬骨から顎先までを指でなぞり「これもん(Scarface:傷、痘痕のある顔を表現する)」などがある。また主に警察などで使われている「マルボウ」などもある。

特定の暴力団にアルファベットで内部分類コードを付けて「マルB(暴力団)」、「マルG(極道)」などと呼ぶこともある。やくざを示す動作としては、頰の辺りに指を斜めに滑らせて、傷を表現するものがある。

歴史 [編集]
本来だとやくざは、『風来坊、根無し草(定住先が無い者)、渡世人、無頼漢、ごろつき、不良』等と同義で、そんな生き方をする人達を指した。その意味では、生業を指す「博徒」と「的屋」(香具師)とは、微妙なずれがある。ただし博徒・的屋にやくざ者が多いのが事実であって、戦後に暴力団と言う言葉が一般になると、主に暴力団の構成組員を意味するように成った。

一般的に博徒よりも的屋の方が起源が古いとされている。 博徒の起源は平安時代で、任俠の徒“俠客”の起源は室町時代とされ、「渡世人」とも呼ばれた。的屋は「香具師」とも称する。江戸時代、征夷大将軍によって、「賭博は、重犯罪」として厳しい取締りがあったが、江戸中期以降に賭博を常習的に行う博徒集団が現れ、現代に至っている。一方、的屋は「非人身分」とされていた。江戸時代には寺社の境内などで賭博を催し収入(いわゆるテラ銭)を得ていた。都市部だけでなく、地方にも存在する。現在に至るまで「社会枠組の外」となる人々である。

また、ヤクザよりも、やや広い、より合法的な性格を持った「顔役」と呼ばれる人もいた。いわゆる俠風に富んだ「男」としてある種畏敬を持って迎えられ、「その人のためなら命をも惜しまぬ」と言う子分を多数従え、地域社会に隠然とした力を持ち、その中に公然と代議士に成る者もいた。昭和初期のある新聞に「親分議員列伝」として、近代ヤクザの鼻祖とされる吉田磯吉や小泉又次郎(元首相小泉純一郎の祖父)などの名が上がっている。吉田磯吉や、その系列に属する初期の山口組は、古典的な意味でのヤクザでなく、それゆえ旧来の伝統的な稼業に拘ることなく、いち早く現代的な暴力団に変貌していったといえる。

大正11年(1922年)2月17日付の『中外日報』に「代議士武勇列伝」と題するコラム記事が出ている。

「武勇列伝とは余り酷だ、我々だって武を標榜して選良になった訳じゃない、文に依って生きんとして選良になったと云うのに…とは昨日の衆議院の二階廊下で中島鵩六さんがあの大きな太鼓腹を突き出しての仰せであった。で、次は野党側へと眼鏡を向けよう…まあず野党の議席を見渡して何時も金仏様のように黙然と控え、然も一朝事あるときは何事かを引起さん面構えをしているのに吉田磯吉親分がある。磯吉親分は、人も知る炭鉱太郎として九州に大縄張りを持ち、今幡随院の名さえある人だけに、勇に於いては、他に匹敵する人はあるまいと云うから、未来の選良になろうとする者の好典型だろう。・・・・・続いては、臨時議会の時、国勢院総裁小川平さんを速記台下で殴り飛ばそうとして、一大波瀾を捲起した三浦郡の大親分小泉又次郎さんで、一肌脱げば倶利伽羅紋々の凄い人である。・・・」

親分(おやぶん)議員が吉田磯吉一人ではなく、与野党に数多くいたことがこのコラム記事から理解できる。この時代の政界には、「暴をもって暴を制す」理論が公然とまかり通っていたわけで、まさに政治家たるものは「腕前がなければならぬ」のであった。・・・[2]。

語源 [編集]
「ヤクザ」とは、その語源が明確でないが、賭博用語が語源であるとする説が通説である。花札を使った三枚(またはおいちょかぶ)と言う博奕では、3枚札を引いて合計値の一の位の大小を競う。8・9の目が出れば17となり、一般的な常識人にとっては“7”の場合「もう一枚めくる」事はしないのだが、投機的で射幸心が強く、且つ非常識な輩は そこで「一か八かで、もう一枚を引く」。その結果で“3”を引き、最悪最低の得点である“0(8+9+3=20、しかし勝負で争うのは、『一の位』でのみなので、数値的に零だと最弱である:俗称で「ぶた」等とも呼ばれる)”となる。それに例えて、行動パターンや人生設計を「物賭け的に挑戦する者の生き方」を象徴的に表現していた。 8・9・3を続けて読んだ「ヤクザ」が、世間的に「『敗者、失望者、失墜者』が、『反社会的な意識を持って(苦労をして稼ごうとの世間体に負けた者)』を、意味する」ようになり、それが転じて博徒集団のことを指すようになったとする。 さらに一部の地域では8・9・3のブタだけは、「勝負なし」とのルールを採用しており、そこに由来すると主張する博徒の親分もおり、本居宣長ら江戸時代の学者も、その説を取り上げている。

他にも、歌舞伎役者の派手な格好を真似た無法者(傾(かぶ)き者)のことを「役者のような」と言っていたことから「ヤクシャ」が訛って「ヤクザ」になったと言う説、「役戯れ」(やく ざれ)から来たという説、「やくさむ者」からとの説、更に別枠で「その昔に喧嘩などの仲裁を行う者を「役座」と呼んだ事に由来する」との説(飯干晃一)もある。また、「儒教において数字の8・9・3は悪数(縁起の悪い数字)と定めている事から、そこに由来する」との説もある。

他説では博徒集団の『貸元、若頭、舎弟頭』の三役(サンヤク)の隠語とも言われる。

組織 [編集]
詳細は「暴力団#組織」を参照

「組」の名称 [編集]
1884年の「大刈込み」(賭博犯処分規則により賭博犯すなわち博徒は裁判なしで10年の懲役が課される)への対策として博徒の多くは土木建築請負の看板を上げ「組」を名乗るようになった(鶴見騒擾事件より)。これ以前は屋号(例えば清水次郎長は「ヤマチョウ」、会津小鉄の一門は「大瓢箪」)を用いた。一家を名称とするのは、明確ではないが明治・大正期に多く使われている。的屋の影響と推察されるが明確ではないし内務省の係がつけた可能性もある。明治の『東海遊俠伝』では次郎長を漢語で「大哥」と呼んでいるが中国でも目上の人や親分には「哥」を附ける。日本語のイメージでは親分ではなく「兄貴」あたりであろう。

関連項目 [編集]
ウィキメディア・コモンズには、ヤクザに関連するマルチメディアがあります。チンピラ
絶縁
破門
ヤクザ映画
悪党
不良集団
武装集団
マフィア
龍が如く
参考文献 [編集]
猪野健治『やくざと日本人』1973 三笠書房・1993 現代書館・1999 筑摩書房(松岡正剛の千夜千冊)
脚注 [編集]
[ヘルプ]
^ 石原裕次郎のヒット曲『嵐を呼ぶ男』を2010年に舘ひろしがカバーした際に原曲の「やくざな…」が「やんちゃな…」に改変されたのが代表的な例である。
^ 猪野健治の著書「侠客の条件 吉田磯吉伝」95-96頁
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%AF%E3%82%B6」より作成
カテゴリ: ヤクザ | 日本の公安



















ヤクザ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(やくざ から転送)
移動: ナビゲーション, 検索
現代に言う『やくざ』とは、組織を形成して暴力を背景に職業的に犯罪活動に従事し、収入を得ているものを言う。この偏倚(へんい)集団を特徴づける要因の一つに集団内部の「親分子分」の結合がある。

詳細は「暴力団」を参照

「やくざ」研究の古典的名著とされる岩井弘融の『病理集団の構造』(以下『岩井』と略)の序説で「親分乾分(岩井は故意に、乾としている)」の関係は民俗学(柳田國男他)や社会学(川島武宜他)において説明されるところのオヤカタ・コカタの関係と共通の社会的基盤を持つと説明している。

戦後に来日したニューヨーク・ポストの特派員ダレル・ベリガンは、その著作で有名な『やくざの社会』の中で「日本の家族は与太者の集まりであり、家族の長は与太者の長である」という文から始まる、日本社会の内部構造についての報告をまとめている。また、かつて横浜の塚越一家に所属した右翼活動家の野村秋介は、「やくざ」について説明する際に「やくざとは職業ではなく」、「実業家、ジャーナリスト、政治家にもやくざは存在する」と発言したが(出典:『暴力団新法』)これも個人間の繫がりとして絶対的権威(親分)と追随者(子分)の関係が広く社会で見られる点を示唆するものである。

ただし、その上で「やくざ」を特徴づけている別の内部要因として、集団の共通目的、成立の社会的条件、存続のための経済的活動、社会的価値基準から逸脱した副次文化等がある。ジャーナリストの朝倉喬司は明治の自由民権運動と「やくざ」の関連を指摘する一方で現代の制度的空間や価値基準との関連において「暴力団」と呼ばれるとしている(出典:『ヤクザ』)。

「やくざ」という単語は暴力団組員を指すか否かに関わらず近年では言葉狩りの対象となっており、漫画・アニメにおいて伏字処理をしたり、後述する隠語や別の表現に置き換えられるケースが多く見られる[1]。

目次 [非表示]
1 概要
1.1 隠語
2 歴史
3 語源
4 組織
4.1 「組」の名称
5 関連項目
6 参考文献
7 脚注


概要 [編集]
多くのやくざは「暴力団員」という呼ばれ方を嫌い、自らは「極道」、「俠客」と言うことがある。

逆に自ら「俺は、暴力団員だから・・・」と表現する者もいるが、その場合において相手に脅迫(強迫)を行ったとも解せる事があるので、通常だと「組の者、団体の者」と表現し、暴力的な脅威を相手に与えないよう配慮をする事もあるらしい。

現在では、『やくざ(Yakuza)』との言葉を理解する他国の民も多い。テレビゲームでも、アメリカ製の『グランド・セフト・オートシリーズ』に日系人のマフィアが「ヤクザ」の名称で登場していたり(シマ、若頭といった日本語も使用されている)、日本製の『龍が如く』が海外で『Yakuza』というタイトルで販売されたとの例がある。また、北野武監督のヤクザ映画も海外で人気が高く、ヤクザの知名度を上げる一つの要因になっている。アメリカンコミック『X-メン』シリーズには、日本人でヤクザの親分という設定のキャラクター、シルバー・サムライが登場する。

隠語 [編集]
『やくざ』を指す隠語・別称には「ヤーさん」「その筋の人」「やっちゃん」「『や』の付く自由業」「スジモン」「渡世人」「稼業人」「筋者」「本職」「不良」「現役」「プロ」「ヤー」「893」、頬骨から顎先までを指でなぞり「これもん(Scarface:傷、痘痕のある顔を表現する)」などがある。また主に警察などで使われている「マルボウ」などもある。

特定の暴力団にアルファベットで内部分類コードを付けて「マルB(暴力団)」、「マルG(極道)」などと呼ぶこともある。やくざを示す動作としては、頰の辺りに指を斜めに滑らせて、傷を表現するものがある。

歴史 [編集]
本来だとやくざは、『風来坊、根無し草(定住先が無い者)、渡世人、無頼漢、ごろつき、不良』等と同義で、そんな生き方をする人達を指した。その意味では、生業を指す「博徒」と「的屋」(香具師)とは、微妙なずれがある。ただし博徒・的屋にやくざ者が多いのが事実であって、戦後に暴力団と言う言葉が一般になると、主に暴力団の構成組員を意味するように成った。

一般的に博徒よりも的屋の方が起源が古いとされている。 博徒の起源は平安時代で、任俠の徒“俠客”の起源は室町時代とされ、「渡世人」とも呼ばれた。的屋は「香具師」とも称する。江戸時代、征夷大将軍によって、「賭博は、重犯罪」として厳しい取締りがあったが、江戸中期以降に賭博を常習的に行う博徒集団が現れ、現代に至っている。一方、的屋は「非人身分」とされていた。江戸時代には寺社の境内などで賭博を催し収入(いわゆるテラ銭)を得ていた。都市部だけでなく、地方にも存在する。現在に至るまで「社会枠組の外」となる人々である。

また、ヤクザよりも、やや広い、より合法的な性格を持った「顔役」と呼ばれる人もいた。いわゆる俠風に富んだ「男」としてある種畏敬を持って迎えられ、「その人のためなら命をも惜しまぬ」と言う子分を多数従え、地域社会に隠然とした力を持ち、その中に公然と代議士に成る者もいた。昭和初期のある新聞に「親分議員列伝」として、近代ヤクザの鼻祖とされる吉田磯吉や小泉又次郎(元首相小泉純一郎の祖父)などの名が上がっている。吉田磯吉や、その系列に属する初期の山口組は、古典的な意味でのヤクザでなく、それゆえ旧来の伝統的な稼業に拘ることなく、いち早く現代的な暴力団に変貌していったといえる。

大正11年(1922年)2月17日付の『中外日報』に「代議士武勇列伝」と題するコラム記事が出ている。

「武勇列伝とは余り酷だ、我々だって武を標榜して選良になった訳じゃない、文に依って生きんとして選良になったと云うのに…とは昨日の衆議院の二階廊下で中島鵩六さんがあの大きな太鼓腹を突き出しての仰せであった。で、次は野党側へと眼鏡を向けよう…まあず野党の議席を見渡して何時も金仏様のように黙然と控え、然も一朝事あるときは何事かを引起さん面構えをしているのに吉田磯吉親分がある。磯吉親分は、人も知る炭鉱太郎として九州に大縄張りを持ち、今幡随院の名さえある人だけに、勇に於いては、他に匹敵する人はあるまいと云うから、未来の選良になろうとする者の好典型だろう。・・・・・続いては、臨時議会の時、国勢院総裁小川平さんを速記台下で殴り飛ばそうとして、一大波瀾を捲起した三浦郡の大親分小泉又次郎さんで、一肌脱げば倶利伽羅紋々の凄い人である。・・・」

親分(おやぶん)議員が吉田磯吉一人ではなく、与野党に数多くいたことがこのコラム記事から理解できる。この時代の政界には、「暴をもって暴を制す」理論が公然とまかり通っていたわけで、まさに政治家たるものは「腕前がなければならぬ」のであった。・・・[2]。

語源 [編集]
「ヤクザ」とは、その語源が明確でないが、賭博用語が語源であるとする説が通説である。花札を使った三枚(またはおいちょかぶ)と言う博奕では、3枚札を引いて合計値の一の位の大小を競う。8・9の目が出れば17となり、一般的な常識人にとっては“7”の場合「もう一枚めくる」事はしないのだが、投機的で射幸心が強く、且つ非常識な輩は そこで「一か八かで、もう一枚を引く」。その結果で“3”を引き、最悪最低の得点である“0(8+9+3=20、しかし勝負で争うのは、『一の位』でのみなので、数値的に零だと最弱である:俗称で「ぶた」等とも呼ばれる)”となる。それに例えて、行動パターンや人生設計を「物賭け的に挑戦する者の生き方」を象徴的に表現していた。 8・9・3を続けて読んだ「ヤクザ」が、世間的に「『敗者、失望者、失墜者』が、『反社会的な意識を持って(苦労をして稼ごうとの世間体に負けた者)』を、意味する」ようになり、それが転じて博徒集団のことを指すようになったとする。 さらに一部の地域では8・9・3のブタだけは、「勝負なし」とのルールを採用しており、そこに由来すると主張する博徒の親分もおり、本居宣長ら江戸時代の学者も、その説を取り上げている。

他にも、歌舞伎役者の派手な格好を真似た無法者(傾(かぶ)き者)のことを「役者のような」と言っていたことから「ヤクシャ」が訛って「ヤクザ」になったと言う説、「役戯れ」(やく ざれ)から来たという説、「やくさむ者」からとの説、更に別枠で「その昔に喧嘩などの仲裁を行う者を「役座」と呼んだ事に由来する」との説(飯干晃一)もある。また、「儒教において数字の8・9・3は悪数(縁起の悪い数字)と定めている事から、そこに由来する」との説もある。

他説では博徒集団の『貸元、若頭、舎弟頭』の三役(サンヤク)の隠語とも言われる。

組織 [編集]
詳細は「暴力団#組織」を参照

「組」の名称 [編集]
1884年の「大刈込み」(賭博犯処分規則により賭博犯すなわち博徒は裁判なしで10年の懲役が課される)への対策として博徒の多くは土木建築請負の看板を上げ「組」を名乗るようになった(鶴見騒擾事件より)。これ以前は屋号(例えば清水次郎長は「ヤマチョウ」、会津小鉄の一門は「大瓢箪」)を用いた。一家を名称とするのは、明確ではないが明治・大正期に多く使われている。的屋の影響と推察されるが明確ではないし内務省の係がつけた可能性もある。明治の『東海遊俠伝』では次郎長を漢語で「大哥」と呼んでいるが中国でも目上の人や親分には「哥」を附ける。日本語のイメージでは親分ではなく「兄貴」あたりであろう。

関連項目 [編集]
ウィキメディア・コモンズには、ヤクザに関連するマルチメディアがあります。チンピラ
絶縁
破門
ヤクザ映画
悪党
不良集団
武装集団
マフィア
龍が如く
参考文献 [編集]
猪野健治『やくざと日本人』1973 三笠書房・1993 現代書館・1999 筑摩書房(松岡正剛の千夜千冊)
脚注 [編集]
[ヘルプ]
^ 石原裕次郎のヒット曲『嵐を呼ぶ男』を2010年に舘ひろしがカバーした際に原曲の「やくざな…」が「やんちゃな…」に改変されたのが代表的な例である。
^ 猪野健治の著書「侠客の条件 吉田磯吉伝」95-96頁
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%AF%E3%82%B6」より作成
カテゴリ: ヤクザ | 日本の公安

名前 文字色 削除キー
お返事

[1033] ヤクザ 投稿者:ヤクザ (2010年09月14日 (火) 14時03分)
ヤクザ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(やくざ から転送)
移動: ナビゲーション, 検索
現代に言う『やくざ』とは、組織を形成して暴力を背景に職業的に犯罪活動に従事し、収入を得ているものを言う。この偏倚(へんい)集団を特徴づける要因の一つに集団内部の「親分子分」の結合がある。

詳細は「暴力団」を参照

「やくざ」研究の古典的名著とされる岩井弘融の『病理集団の構造』(以下『岩井』と略)の序説で「親分乾分(岩井は故意に、乾としている)」の関係は民俗学(柳田國男他)や社会学(川島武宜他)において説明されるところのオヤカタ・コカタの関係と共通の社会的基盤を持つと説明している。

戦後に来日したニューヨーク・ポストの特派員ダレル・ベリガンは、その著作で有名な『やくざの社会』の中で「日本の家族は与太者の集まりであり、家族の長は与太者の長である」という文から始まる、日本社会の内部構造についての報告をまとめている。また、かつて横浜の塚越一家に所属した右翼活動家の野村秋介は、「やくざ」について説明する際に「やくざとは職業ではなく」、「実業家、ジャーナリスト、政治家にもやくざは存在する」と発言したが(出典:『暴力団新法』)これも個人間の繫がりとして絶対的権威(親分)と追随者(子分)の関係が広く社会で見られる点を示唆するものである。

ただし、その上で「やくざ」を特徴づけている別の内部要因として、集団の共通目的、成立の社会的条件、存続のための経済的活動、社会的価値基準から逸脱した副次文化等がある。ジャーナリストの朝倉喬司は明治の自由民権運動と「やくざ」の関連を指摘する一方で現代の制度的空間や価値基準との関連において「暴力団」と呼ばれるとしている(出典:『ヤクザ』)。

「やくざ」という単語は暴力団組員を指すか否かに関わらず近年では言葉狩りの対象となっており、漫画・アニメにおいて伏字処理をしたり、後述する隠語や別の表現に置き換えられるケースが多く見られる[1]。

目次 [非表示]
1 概要
1.1 隠語
2 歴史
3 語源
4 組織
4.1 「組」の名称
5 関連項目
6 参考文献
7 脚注


概要 [編集]
多くのやくざは「暴力団員」という呼ばれ方を嫌い、自らは「極道」、「俠客」と言うことがある。

逆に自ら「俺は、暴力団員だから・・・」と表現する者もいるが、その場合において相手に脅迫(強迫)を行ったとも解せる事があるので、通常だと「組の者、団体の者」と表現し、暴力的な脅威を相手に与えないよう配慮をする事もあるらしい。

現在では、『やくざ(Yakuza)』との言葉を理解する他国の民も多い。テレビゲームでも、アメリカ製の『グランド・セフト・オートシリーズ』に日系人のマフィアが「ヤクザ」の名称で登場していたり(シマ、若頭といった日本語も使用されている)、日本製の『龍が如く』が海外で『Yakuza』というタイトルで販売されたとの例がある。また、北野武監督のヤクザ映画も海外で人気が高く、ヤクザの知名度を上げる一つの要因になっている。アメリカンコミック『X-メン』シリーズには、日本人でヤクザの親分という設定のキャラクター、シルバー・サムライが登場する。

隠語 [編集]
『やくざ』を指す隠語・別称には「ヤーさん」「その筋の人」「やっちゃん」「『や』の付く自由業」「スジモン」「渡世人」「稼業人」「筋者」「本職」「不良」「現役」「プロ」「ヤー」「893」、頬骨から顎先までを指でなぞり「これもん(Scarface:傷、痘痕のある顔を表現する)」などがある。また主に警察などで使われている「マルボウ」などもある。

特定の暴力団にアルファベットで内部分類コードを付けて「マルB(暴力団)」、「マルG(極道)」などと呼ぶこともある。やくざを示す動作としては、頰の辺りに指を斜めに滑らせて、傷を表現するものがある。

歴史 [編集]
本来だとやくざは、『風来坊、根無し草(定住先が無い者)、渡世人、無頼漢、ごろつき、不良』等と同義で、そんな生き方をする人達を指した。その意味では、生業を指す「博徒」と「的屋」(香具師)とは、微妙なずれがある。ただし博徒・的屋にやくざ者が多いのが事実であって、戦後に暴力団と言う言葉が一般になると、主に暴力団の構成組員を意味するように成った。

一般的に博徒よりも的屋の方が起源が古いとされている。 博徒の起源は平安時代で、任俠の徒“俠客”の起源は室町時代とされ、「渡世人」とも呼ばれた。的屋は「香具師」とも称する。江戸時代、征夷大将軍によって、「賭博は、重犯罪」として厳しい取締りがあったが、江戸中期以降に賭博を常習的に行う博徒集団が現れ、現代に至っている。一方、的屋は「非人身分」とされていた。江戸時代には寺社の境内などで賭博を催し収入(いわゆるテラ銭)を得ていた。都市部だけでなく、地方にも存在する。現在に至るまで「社会枠組の外」となる人々である。

また、ヤクザよりも、やや広い、より合法的な性格を持った「顔役」と呼ばれる人もいた。いわゆる俠風に富んだ「男」としてある種畏敬を持って迎えられ、「その人のためなら命をも惜しまぬ」と言う子分を多数従え、地域社会に隠然とした力を持ち、その中に公然と代議士に成る者もいた。昭和初期のある新聞に「親分議員列伝」として、近代ヤクザの鼻祖とされる吉田磯吉や小泉又次郎(元首相小泉純一郎の祖父)などの名が上がっている。吉田磯吉や、その系列に属する初期の山口組は、古典的な意味でのヤクザでなく、それゆえ旧来の伝統的な稼業に拘ることなく、いち早く現代的な暴力団に変貌していったといえる。

大正11年(1922年)2月17日付の『中外日報』に「代議士武勇列伝」と題するコラム記事が出ている。

「武勇列伝とは余り酷だ、我々だって武を標榜して選良になった訳じゃない、文に依って生きんとして選良になったと云うのに…とは昨日の衆議院の二階廊下で中島鵩六さんがあの大きな太鼓腹を突き出しての仰せであった。で、次は野党側へと眼鏡を向けよう…まあず野党の議席を見渡して何時も金仏様のように黙然と控え、然も一朝事あるときは何事かを引起さん面構えをしているのに吉田磯吉親分がある。磯吉親分は、人も知る炭鉱太郎として九州に大縄張りを持ち、今幡随院の名さえある人だけに、勇に於いては、他に匹敵する人はあるまいと云うから、未来の選良になろうとする者の好典型だろう。・・・・・続いては、臨時議会の時、国勢院総裁小川平さんを速記台下で殴り飛ばそうとして、一大波瀾を捲起した三浦郡の大親分小泉又次郎さんで、一肌脱げば倶利伽羅紋々の凄い人である。・・・」

親分(おやぶん)議員が吉田磯吉一人ではなく、与野党に数多くいたことがこのコラム記事から理解できる。この時代の政界には、「暴をもって暴を制す」理論が公然とまかり通っていたわけで、まさに政治家たるものは「腕前がなければならぬ」のであった。・・・[2]。

語源 [編集]
「ヤクザ」とは、その語源が明確でないが、賭博用語が語源であるとする説が通説である。花札を使った三枚(またはおいちょかぶ)と言う博奕では、3枚札を引いて合計値の一の位の大小を競う。8・9の目が出れば17となり、一般的な常識人にとっては“7”の場合「もう一枚めくる」事はしないのだが、投機的で射幸心が強く、且つ非常識な輩は そこで「一か八かで、もう一枚を引く」。その結果で“3”を引き、最悪最低の得点である“0(8+9+3=20、しかし勝負で争うのは、『一の位』でのみなので、数値的に零だと最弱である:俗称で「ぶた」等とも呼ばれる)”となる。それに例えて、行動パターンや人生設計を「物賭け的に挑戦する者の生き方」を象徴的に表現していた。 8・9・3を続けて読んだ「ヤクザ」が、世間的に「『敗者、失望者、失墜者』が、『反社会的な意識を持って(苦労をして稼ごうとの世間体に負けた者)』を、意味する」ようになり、それが転じて博徒集団のことを指すようになったとする。 さらに一部の地域では8・9・3のブタだけは、「勝負なし」とのルールを採用しており、そこに由来すると主張する博徒の親分もおり、本居宣長ら江戸時代の学者も、その説を取り上げている。

他にも、歌舞伎役者の派手な格好を真似た無法者(傾(かぶ)き者)のことを「役者のような」と言っていたことから「ヤクシャ」が訛って「ヤクザ」になったと言う説、「役戯れ」(やく ざれ)から来たという説、「やくさむ者」からとの説、更に別枠で「その昔に喧嘩などの仲裁を行う者を「役座」と呼んだ事に由来する」との説(飯干晃一)もある。また、「儒教において数字の8・9・3は悪数(縁起の悪い数字)と定めている事から、そこに由来する」との説もある。

他説では博徒集団の『貸元、若頭、舎弟頭』の三役(サンヤク)の隠語とも言われる。

組織 [編集]
詳細は「暴力団#組織」を参照

「組」の名称 [編集]
1884年の「大刈込み」(賭博犯処分規則により賭博犯すなわち博徒は裁判なしで10年の懲役が課される)への対策として博徒の多くは土木建築請負の看板を上げ「組」を名乗るようになった(鶴見騒擾事件より)。これ以前は屋号(例えば清水次郎長は「ヤマチョウ」、会津小鉄の一門は「大瓢箪」)を用いた。一家を名称とするのは、明確ではないが明治・大正期に多く使われている。的屋の影響と推察されるが明確ではないし内務省の係がつけた可能性もある。明治の『東海遊俠伝』では次郎長を漢語で「大哥」と呼んでいるが中国でも目上の人や親分には「哥」を附ける。日本語のイメージでは親分ではなく「兄貴」あたりであろう。

関連項目 [編集]
ウィキメディア・コモンズには、ヤクザに関連するマルチメディアがあります。チンピラ
絶縁
破門
ヤクザ映画
悪党
不良集団
武装集団
マフィア
龍が如く
参考文献 [編集]
猪野健治『やくざと日本人』1973 三笠書房・1993 現代書館・1999 筑摩書房(松岡正剛の千夜千冊)
脚注 [編集]
[ヘルプ]
^ 石原裕次郎のヒット曲『嵐を呼ぶ男』を2010年に舘ひろしがカバーした際に原曲の「やくざな…」が「やんちゃな…」に改変されたのが代表的な例である。
^ 猪野健治の著書「侠客の条件 吉田磯吉伝」95-96頁
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%AF%E3%82%B6」より作成
カテゴリ: ヤクザ | 日本の公安














名前 文字色 削除キー
お返事

[1025] 勝つ 投稿者:横浜      (2010年09月14日 (火) 13時57分)
現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。

削除についての議論は、削除依頼の依頼サブページで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかどうか検討してください。また、本項目を既に編集されていた方は、自身の編集した記述内容を念のために控えておいてください。

横浜市立みなと総合高等学校

国公私立の別 公立学校(市立)
設置者 横浜市
学区 横浜市内全域
(学区外入学限度8%)
設立年月日 2001年11月15日
開校記念日 10月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 2学期制
所在地 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町231
外部リンク 公式サイト
ウィキポータル 教育
ウィキプロジェクト 学校
表・話・編・歴
横浜市立みなと総合高等学校(よこはましりつ みなとそうごうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市中区にある単位制の市立高等学校。

目次 [非表示]
1 教育(『マニフェスト』より引用)
2 概要
3 交通
4 特色
5  国際交流 
6  設備 
7 主な出身者
7.1 港商業高等学校の出身者
8 部活動
9 関連項目
10 外部リンク


教育(『マニフェスト』より引用) [編集]
学校教育目標 「人間力を高める」 知的向上力 自己表現力 人間関係力
「人間力」とは、「本来人間が有している様々な能力」であると解釈し、その中でも「知的向上力」「自己実現力」「人間関係力」の三つの力を「人間力」を構成する大きな要素としてとらえこれら三つの力を培い教育目標を達成するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
めざす学校像=「学ぶ力を伸長する学校」「キャリア形成を支援する学校」「相互理解を深める学校」を実現するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
生徒教育目標 めざす生徒像=「知識を活用できる生徒」「将来の展望を拓く生徒「暖かな人間関係を築く生徒」」
確かな学力を向上させます。進路意識や目的意識を高めます。相互理解力やコミュニケーション力を養います。
国際理解教育
みなと総合高等学校では、21世紀の国際化社会に対応しうる人材の育成を目指し、学校全体で協力して国際理解教育を実践しています。
--横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ『マニフェスト』
概要 [編集]
横浜市初の総合学科高校として、横浜市立港商業高等学校を改編する形で2001年に設立、翌年開校。
卒業するには3年間在籍し、74単位以上を取得できなければならない。(成績で1がついたら履修2以上で習得)
文化・生活,科学・社会,情報,国際,ビジネスマネジメントと五つの系列がある。
単位制であるため「1年生」などの呼び方ではなく、入学年度に応じた「○期生」という呼称か「一年次」など「○年次」を用いる。また大学の単位制と同様に時間割を自分で作成するという形を取っているため、異なる学年の生徒が同じ授業を受ける場合がある。
校歌の作曲をクレイジーケンバンドの横山剣が担当した(作詞は生徒による)。
生徒の女子比率が非常に高い。現在は男女比1:4ぐらいの比率になっている。
YHMF(横浜ハイスクールミュージックフェスティバル)での優秀バンドが多数。Burst Out Laughing,キャラメルズ,BEATS HOWRINGなどが軽音楽部に在籍していた。
部活動や行事は全て生徒主体という形を取っている。イベントを立ち上げたいと思ったら運営を行う委員会を設立し、企画することができる。
校則は必要最低限しか定められていない。学校設立当時は校則があったのだが、一期生二期生が"「自分たちの責任は自分たちでとれる」"と運動したため校則は縮小された。
交通 [編集]
JR根岸線石川町駅より徒歩約4分。
JR根岸線関内駅より徒歩約10分。
横浜市営地下鉄関内駅より徒歩約11分。
中華街の延平門を入ってすぐ左のところにあり、見かたによっては中華街のなかにあるともいえる。
特色 [編集]
個人の自主性が尊重される自由な校風である。
自分で自分の学びたい科目を選択することができる。一年次では二科目(四単位)。二年次では最大十三科目(三十二単位)。三年自では最大十四科目選ぶことができる。そこに必修科目である一年次では「国語総合」「体育(三単位)」「保健(一単位)」二年次では「体育(二単位)」「保健(一単位)」三年次で「体育(一単位)」が加わる。来年学ぶ選択は6月頃からガイダンスが行われる。
選択科目が豊富であるため、非常勤講師をふくめ教員が約100名ほどいる。
定年退職者再雇用された教員が授業を担当していることも多々ある。
公務員が毎年数名出ている。高校卒業後の就職率が高い。
国際交流も盛んに行われている。2008年は夏休みにオーストラリアへ二週間ホームステイ(ステイ中はホストスクールに通い現地生徒との交流)する企画があった。2009年は春休みを利用しカナダのバンクーバーへ一週間ホームステイを行った。また、受け入れも盛んである今年は台湾から短期の留学生が訪れた。長期の留学生の受け入れも行われている。
サマーキャンプとウィンターキャンプがありウィンターキャンプではスキーができる。これらのキャンプに参加すると一単位もらえる。(しかしさまざまな事情で2008年度以降開催減少傾向にある。)
「産業社会と人間」という総合学科特有の科目が設置されていて、入学後にR-CAPという「適職・適学診断」が行われたり、職業研究や大学研究をする科目である。1年次生は職業、2年次生はフリーテーマの調べ学習をしレポート、ポスターにまとめ、年度末にプレゼンテーションを行う。
・簿記や情報処理などの資格の取得を支援している。

進学や就職、選択科目についてのガイダンスが非常に多い。進学のガイダンスでは大学の先生を招いたりもする。そのため親や先生達と将来の事について話し合う機会が多い。
 国際交流  [編集]
姉妹提携校 これらの学校に春休みなどの期間を利用してホームステイできる。
バンクーバー(カナダ)のブリタニアセカンダリ
ポートランド(アメリカ合衆国)
パース(オーストラリア)
上海(中国)
台北(台湾)
バディー制度
 みなと総合高等学校が独自に実施している国際ボランティア制度。これはみなと総合に交換留学生が訪れた際にホストファミリーになれたり、提携校から留学生が学校見学に来た時に学校を案内したり、一緒に授業を受けたりするパートナーの事を指す。(国際部にて登録できる。)

 設備  [編集]
ほかの横浜市の高校と比べ、敷地は小さい。校庭が無く、テニスコート三面があるのみなので、毎年行われる運動会は三ツ沢競技場を借りて行われる。
公立の高校ではあまり類を見ない地上8階建てで各階に通じるエレベーターが2台ある。ただし古いため、片方のエレベーターは偶に「故障中」と張り紙されていることがある。
冷房暖房が各教室に完備されてはいるが不調の時がある。一番快適に稼働してくれるのは図書室である。
温室プール、トレーニングルーム、格技場が設置されている・
1階の食堂は300席。食堂には「お好み焼ころんぶす」が出張店を経営している。お菓子やアイスなど品揃えが豊富。
約300台のコンピュータが整備されている。Vistaも導入されたが(2010年度に7導入)PCのスペックが極めて低いため作業ができない。
主な出身者 [編集]
港商業高等学校の出身者 [編集]
たかはし智秋(声優)
岩本理恵(バレーボール選手、健祥会レッドハーツ所属)
部活動 [編集]
部活動の入部率は80%でその多くを軽音楽部が占めており「M大派閥」とも呼ばれている。次いで吹奏楽部が多い。
兼部ができる。
運動系‐
硬式テニス部
ソフトテニス部
バドミントン部
バスケットボール部
バレー部
女子フットサル部
男子フットサル部
バトン部
ダンス部
水泳部
ボクシング部 
合気道部
空手部
剣道部
文化部
文芸部
料理部
美術部
吹奏楽部
軽音楽部
写真部
演劇部
書道部
映画研究部
合唱部
茶道部
企画部
イラスト部
パソコン部
ファッション部
関連項目 [編集]
神奈川県高等学校一覧
日本の総合学科設置高等学校一覧
外部リンク [編集]
横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ
横浜市立高等学校改革推進プログラム
この項目「横浜市立みなと総合高等学校」は、神奈川県の学校に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:教育/PJ学校)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%AB%8B%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1」より作成
カテゴリ: 削除依頼中の記事 | 横浜市の公立高等学

[1026] 横浜      > 現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。

削除についての議論は、削除依頼の依頼サブページで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかどうか検討してください。また、本項目を既に編集されていた方は、自身の編集した記述内容を念のために控えておいてください。

横浜市立みなと総合高等学校

国公私立の別 公立学校(市立)
設置者 横浜市
学区 横浜市内全域
(学区外入学限度8%)
設立年月日 2001年11月15日
開校記念日 10月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 2学期制
所在地 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町231
外部リンク 公式サイト
ウィキポータル 教育
ウィキプロジェクト 学校
表・話・編・歴
横浜市立みなと総合高等学校(よこはましりつ みなとそうごうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市中区にある単位制の市立高等学校。

目次 [非表示]
1 教育(『マニフェスト』より引用)
2 概要
3 交通
4 特色
5  国際交流 
6  設備 
7 主な出身者
7.1 港商業高等学校の出身者
8 部活動
9 関連項目
10 外部リンク


教育(『マニフェスト』より引用) [編集]
学校教育目標 「人間力を高める」 知的向上力 自己表現力 人間関係力
「人間力」とは、「本来人間が有している様々な能力」であると解釈し、その中でも「知的向上力」「自己実現力」「人間関係力」の三つの力を「人間力」を構成する大きな要素としてとらえこれら三つの力を培い教育目標を達成するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
めざす学校像=「学ぶ力を伸長する学校」「キャリア形成を支援する学校」「相互理解を深める学校」を実現するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
生徒教育目標 めざす生徒像=「知識を活用できる生徒」「将来の展望を拓く生徒「暖かな人間関係を築く生徒」」
確かな学力を向上させます。進路意識や目的意識を高めます。相互理解力やコミュニケーション力を養います。
国際理解教育
みなと総合高等学校では、21世紀の国際化社会に対応しうる人材の育成を目指し、学校全体で協力して国際理解教育を実践しています。
--横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ『マニフェスト』
概要 [編集]
横浜市初の総合学科高校として、横浜市立港商業高等学校を改編する形で2001年に設立、翌年開校。
卒業するには3年間在籍し、74単位以上を取得できなければならない。(成績で1がついたら履修2以上で習得)
文化・生活,科学・社会,情報,国際,ビジネスマネジメントと五つの系列がある。
単位制であるため「1年生」などの呼び方ではなく、入学年度に応じた「○期生」という呼称か「一年次」など「○年次」を用いる。また大学の単位制と同様に時間割を自分で作成するという形を取っているため、異なる学年の生徒が同じ授業を受ける場合がある。
校歌の作曲をクレイジーケンバンドの横山剣が担当した(作詞は生徒による)。
生徒の女子比率が非常に高い。現在は男女比1:4ぐらいの比率になっている。
YHMF(横浜ハイスクールミュージックフェスティバル)での優秀バンドが多数。Burst Out Laughing,キャラメルズ,BEATS HOWRINGなどが軽音楽部に在籍していた。
部活動や行事は全て生徒主体という形を取っている。イベントを立ち上げたいと思ったら運営を行う委員会を設立し、企画することができる。
校則は必要最低限しか定められていない。学校設立当時は校則があったのだが、一期生二期生が"「自分たちの責任は自分たちでとれる」"と運動したため校則は縮小された。
交通 [編集]
JR根岸線石川町駅より徒歩約4分。
JR根岸線関内駅より徒歩約10分。
横浜市営地下鉄関内駅より徒歩約11分。
中華街の延平門を入ってすぐ左のところにあり、見かたによっては中華街のなかにあるともいえる。
特色 [編集]
個人の自主性が尊重される自由な校風である。
自分で自分の学びたい科目を選択することができる。一年次では二科目(四単位)。二年次では最大十三科目(三十二単位)。三年自では最大十四科目選ぶことができる。そこに必修科目である一年次では「国語総合」「体育(三単位)」「保健(一単位)」二年次では「体育(二単位)」「保健(一単位)」三年次で「体育(一単位)」が加わる。来年学ぶ選択は6月頃からガイダンスが行われる。
選択科目が豊富であるため、非常勤講師をふくめ教員が約100名ほどいる。
定年退職者再雇用された教員が授業を担当していることも多々ある。
公務員が毎年数名出ている。高校卒業後の就職率が高い。
国際交流も盛んに行われている。2008年は夏休みにオーストラリアへ二週間ホームステイ(ステイ中はホストスクールに通い現地生徒との交流)する企画があった。2009年は春休みを利用しカナダのバンクーバーへ一週間ホームステイを行った。また、受け入れも盛んである今年は台湾から短期の留学生が訪れた。長期の留学生の受け入れも行われている。
サマーキャンプとウィンターキャンプがありウィンターキャンプではスキーができる。これらのキャンプに参加すると一単位もらえる。(しかしさまざまな事情で2008年度以降開催減少傾向にある。)
「産業社会と人間」という総合学科特有の科目が設置されていて、入学後にR-CAPという「適職・適学診断」が行われたり、職業研究や大学研究をする科目である。1年次生は職業、2年次生はフリーテーマの調べ学習をしレポート、ポスターにまとめ、年度末にプレゼンテーションを行う。
・簿記や情報処理などの資格の取得を支援している。

進学や就職、選択科目についてのガイダンスが非常に多い。進学のガイダンスでは大学の先生を招いたりもする。そのため親や先生達と将来の事について話し合う機会が多い。
 国際交流  [編集]
姉妹提携校 これらの学校に春休みなどの期間を利用してホームステイできる。
バンクーバー(カナダ)のブリタニアセカンダリ
ポートランド(アメリカ合衆国)
パース(オーストラリア)
上海(中国)
台北(台湾)
バディー制度
 みなと総合高等学校が独自に実施している国際ボランティア制度。これはみなと総合に交換留学生が訪れた際にホストファミリーになれたり、提携校から留学生が学校見学に来た時に学校を案内したり、一緒に授業を受けたりするパートナーの事を指す。(国際部にて登録できる。)

 設備  [編集]
ほかの横浜市の高校と比べ、敷地は小さい。校庭が無く、テニスコート三面があるのみなので、毎年行われる運動会は三ツ沢競技場を借りて行われる。
公立の高校ではあまり類を見ない地上8階建てで各階に通じるエレベーターが2台ある。ただし古いため、片方のエレベーターは偶に「故障中」と張り紙されていることがある。
冷房暖房が各教室に完備されてはいるが不調の時がある。一番快適に稼働してくれるのは図書室である。
温室プール、トレーニングルーム、格技場が設置されている・
1階の食堂は300席。食堂には「お好み焼ころんぶす」が出張店を経営している。お菓子やアイスなど品揃えが豊富。
約300台のコンピュータが整備されている。Vistaも導入されたが(2010年度に7導入)PCのスペックが極めて低いため作業ができない。
主な出身者 [編集]
港商業高等学校の出身者 [編集]
たかはし智秋(声優)
岩本理恵(バレーボール選手、健祥会レッドハーツ所属)
部活動 [編集]
部活動の入部率は80%でその多くを軽音楽部が占めており「M大派閥」とも呼ばれている。次いで吹奏楽部が多い。
兼部ができる。
運動系‐
硬式テニス部
ソフトテニス部
バドミントン部
バスケットボール部
バレー部
女子フットサル部
男子フットサル部
バトン部
ダンス部
水泳部
ボクシング部 
合気道部
空手部
剣道部
文化部
文芸部
料理部
美術部
吹奏楽部
軽音楽部
写真部
演劇部
書道部
映画研究部
合唱部
茶道部
企画部
イラスト部
パソコン部
ファッション部
関連項目 [編集]
神奈川県高等学校一覧
日本の総合学科設置高等学校一覧
外部リンク [編集]
横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ
横浜市立高等学校改革推進プログラム
この項目「横浜市立みなと総合高等学校」は、神奈川県の学校に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:教育/PJ学校)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%AB%8B%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1」より作成
カテゴリ: 削除依頼中の記事 | 横浜市の公立高等学 (2010年09月14日 (火) 13時57分)
[1027] 横浜      > 現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議され


















































ています。

削除についての議論は、削除依頼の依頼サブページで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかどうか検討してください。また、本項目を既に編集されていた方は、自身の編集した記述内容を念のために控えておいてください。

横浜市立みなと総合高等学校

国公私立の別 公立学校(市立)
設置者 横浜市
学区 横浜市内全域
(学区外入学限度8%)
設立年月日 2001年11月15日
開校記念日 10月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 2学期制
所在地 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町231
外部リンク 公式サイト
ウィキポータル 教育
ウィキプロジェクト 学校
表・話・編・歴
横浜市立みなと総合高等学校(よこはましりつ みなとそうごうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市中区にある単位制の市立高等学校。

目次 [非表示]
1 教育(『マニフェスト』より引用)
2 概要
3 交通
4 特色
5  国際交流 
6  設備 
7 主な出身者
7.1 港商業高等学校の出身者
8 部活動
9 関連項目
10 外部リンク


教育(『マニフェスト』より引用) [編集]
学校教育目標 「人間力を高める」 知的向上力 自己表現力 人間関係力
「人間力」とは、「本来人間が有している様々な能力」であると解釈し、その中でも「知的向上力」「自己実現力」「人間関係力」の三つの力を「人間力」を構成する大きな要素としてとらえこれら三つの力を培い教育目標を達成するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
めざす学校像=「学ぶ力を伸長する学校」「キャリア形成を支援する学校」「相互理解を深める学校」を実現するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
生徒教育目標 めざす生徒像=「知識を活用できる生徒」「将来の展望を拓く生徒「暖かな人間関係を築く生徒」」
確かな学力を向上させます。進路意識や目的意識を高めます。相互理解力やコミュニケーション力を養います。
国際理解教育
みなと総合高等学校では、21世紀の国際化社会に対応しうる人材の育成を目指し、学校全体で協力して国際理解教育を実践しています。
--横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ『マニフェスト』
概要 [編集]
横浜市初の総合学科高校として、横浜市立港商業高等学校を改編する形で2001年に設立、翌年開校。
卒業するには3年間在籍し、74単位以上を取得できなければならない。(成績で1がついたら履修2以上で習得)
文化・生活,科学・社会,情報,国際,ビジネスマネジメントと五つの系列がある。
単位制であるため「1年生」などの呼び方ではなく、入学年度に応じた「○期生」という呼称か「一年次」など「○年次」を用いる。また大学の単位制と同様に時間割を自分で作成するという形を取っているため、異なる学年の生徒が同じ授業を受ける場合がある。
校歌の作曲をクレイジーケンバンドの横山剣が担当した(作詞は生徒による)。
生徒の女子比率が非常に高い。現在は男女比1:4ぐらいの比率になっている。
YHMF(横浜ハイスクールミュージックフェスティバル)での優秀バンドが多数。Burst Out Laughing,キャラメルズ,BEATS HOWRINGなどが軽音楽部に在籍していた。
部活動や行事は全て生徒主体という形を取っている。イベントを立ち上げたいと思ったら運営を行う委員会を設立し、企画することができる。
校則は必要最低限しか定められていない。学校設立当時は校則があったのだが、一期生二期生が"「自分たちの責任は自分たちでとれる」"と運動したため校則は縮小された。
交通 [編集]
JR根岸線石川町駅より徒歩約4分。
JR根岸線関内駅より徒歩約10分。
横浜市営地下鉄関内駅より徒歩約11分。
中華街の延平門を入ってすぐ左のところにあり、見かたによっては中華街のなかにあるともいえる。
特色 [編集]
個人の自主性が尊重される自由な校風である。
自分で自分の学びたい科目を選択することができる。一年次では二科目(四単位)。二年次では最大十三科目(三十二単位)。三年自では最大十四科目選ぶことができる。そこに必修科目である一年次では「国語総合」「体育(三単位)」「保健(一単位)」二年次では「体育(二単位)」「保健(一単位)」三年次で「体育(一単位)」が加わる。来年学ぶ選択は6月頃からガイダンスが行われる。
選択科目が豊富であるため、非常勤講師をふくめ教員が約100名ほどいる。
定年退職者再雇用された教員が授業を担当していることも多々ある。
公務員が毎年数名出ている。高校卒業後の就職率が高い。
国際交流も盛んに行われている。2008年は夏休みにオーストラリアへ二週間ホームステイ(ステイ中はホストスクールに通い現地生徒との交流)する企画があった。2009年は春休みを利用しカナダのバンクーバーへ一週間ホームステイを行った。また、受け入れも盛んである今年は台湾から短期の留学生が訪れた。長期の留学生の受け入れも行われている。
サマーキャンプとウィンターキャンプがありウィンターキャンプではスキーができる。これらのキャンプに参加すると一単位もらえる。(しかしさまざまな事情で2008年度以降開催減少傾向にある。)
「産業社会と人間」という総合学科特有の科目が設置されていて、入学後にR-CAPという「適職・適学診断」が行われたり、職業研究や大学研究をする科目である。1年次生は職業、2年次生はフリーテーマの調べ学習をしレポート、ポスターにまとめ、年度末にプレゼンテーションを行う。
・簿記や情報処理などの資格の取得を支援している。

進学や就職、選択科目についてのガイダンスが非常に多い。進学のガイダンスでは大学の先生を招いたりもする。そのため親や先生達と将来の事について話し合う機会が多い。
 国際交流  [編集]
姉妹提携校 これらの学校に春休みなどの期間を利用してホームステイできる。
バンクーバー(カナダ)のブリタニアセカンダリ
ポートランド(アメリカ合衆国)
パース(オーストラリア)
上海(中国)
台北(台湾)
バディー制度
 みなと総合高等学校が独自に実施している国際ボランティア制度。これはみなと総合に交換留学生が訪れた際にホストファミリーになれたり、提携校から留学生が学校見学に来た時に学校を案内したり、一緒に授業を受けたりするパートナーの事を指す。(国際部にて登録できる。)

 設備  [編集]
ほかの横浜市の高校と比べ、敷地は小さい。校庭が無く、テニスコート三面があるのみなので、毎年行われる運動会は三ツ沢競技場を借りて行われる。
公立の高校ではあまり類を見ない地上8階建てで各階に通じるエレベーターが2台ある。ただし古いため、片方のエレベーターは偶に「故障中」と張り紙されていることがある。
冷房暖房が各教室に完備されてはいるが不調の時がある。一番快適に稼働してくれるのは図書室である。
温室プール、トレーニングルーム、格技場が設置されている・
1階の食堂は300席。食堂には「お好み焼ころんぶす」が出張店を経営している。お菓子やアイスなど品揃えが豊富。
約300台のコンピュータが整備されている。Vistaも導入されたが(2010年度に7導入)PCのスペックが極めて低いため作業ができない。
主な出身者 [編集]
港商業高等学校の出身者 [編集]
たかはし智秋(声優)
岩本理恵(バレーボール選手、健祥会レッドハーツ所属)
部活動 [編集]
部活動の入部率は80%でその多くを軽音楽部が占めており「M大派閥」とも呼ばれている。次いで吹奏楽部が多い。
兼部ができる。
運動系‐
硬式テニス部
ソフトテニス部
バドミントン部
バスケットボール部
バレー部
女子フットサル部
男子フットサル部
バトン部
ダンス部
水泳部
ボクシング部 
合気道部
空手部
剣道部
文化部
文芸部
料理部
美術部
吹奏楽部
軽音楽部
写真部
演劇部
書道部
映画研究部
合唱部
茶道部
企画部
イラスト部
パソコン部
ファッション部
関連項目 [編集]
神奈川県高等学校一覧
日本の総合学科設置高等学校一覧
外部リンク [編集]
横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ
横浜市立高等学校改革推進プログラム
この項目「横浜市立みなと総合高等学校」は、神奈川県の学校に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:教育/PJ学校)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%AB%8B%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1」より作成
カテゴリ: 削除依頼中の記事 | 横浜市の公立高等学 (2010年09月14日 (火) 13時58分)
[1028] 横浜      > 現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。

削除についての議論は、削除依頼の依頼サブページで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかどうか検討してください。また、本項目を既に編集されていた方は、自身の編集した記述内容を念のために控えておいてください。

横浜市立みなと総合高等学校

国公私立の別 公立学校(市立)
設置者 横浜市
学区 横浜市内全域
(学区外入学限度8%)
設立年月日 2001年11月15日
開校記念日 10月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 2学期制
所在地 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町231
外部リンク 公式サイト
ウィキポータル 教育
ウィキプロジェクト 学校
表・話・編・歴
横浜市立みなと総合高等学校(よこはましりつ みなとそうごうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市中区にある単位制の市立高等学校。

目次 [非表示]
1 教育(『マニフェスト』より引用)
2 概要
3 交通
4 特色
5  国際交流 
6  設備 
7 主な出身者
7.1 港商業高等学校の出身者
8 部活動
9 関連項目
10 外部リンク


教育(『マニフェスト』より引用) [編集]
学校教育目標 「人間力を高める」 知的向上力 自己表現力 人間関係力
「人間力」とは、「本来人間が有している様々な能力」であると解釈し、その中でも「知的向上力」「自己実現力」「人間関係力」の三つの力を「人間力」を構成する大きな要素としてとらえこれら三つの力を培い教育目標を達成するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
めざす学校像=「学ぶ力を伸長する学校」「キャリア形成を支援する学校」「相互理解を深める学校」を実現するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
生徒教育目標 めざす生徒像=「知識を活用できる生徒」「将来の展望を拓く生徒「暖かな人間関係を築く生徒」」
確かな学力を向上させます。進路意識や目的意識を高めます。相互理解力やコミュニケーション力を養います。
国際理解教育
みなと総合高等学校では、21世紀の国際化社会に対応しうる人材の育成を目指し、学校全体で協力して国際理解教育を実践しています。
--横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ『マニフェスト』
概要 [編集]
横浜市初の総合学科高校として、横浜市立港商業高等学校を改編する形で2001年に設立、翌年開校。
卒業するには3年間在籍し、74単位以上を取得できなければならない。(成績で1がついたら履修2以上で習得)
文化・生活,科学・社会,情報,国際,ビジネスマネジメントと五つの系列がある。
単位制であるため「1年生」などの呼び方ではなく、入学年度に応じた「○期生」という呼称か「一年次」など「○年次」を用いる。また大学の単位制と同様に時間割を自分で作成するという形を取っているため、異なる学年の生徒が同じ授業を受ける場合がある。
校歌の作曲をクレイジーケンバンドの横山剣が担当した(作詞は生徒による)。
生徒の女子比率が非常に高い。現在は男女比1:4ぐらいの比率になっている。
YHMF(横浜ハイスクールミュージックフェスティバル)での優秀バンドが多数。Burst Out Laughing,キャラメルズ,BEATS HOWRINGなどが軽音楽部に在籍していた。
部活動や行事は全て生徒主体という形を取っている。イベントを立ち上げたいと思ったら運営を行う委員会を設立し、企画することができる。
校則は必要最低限しか定められていない。学校設立当時は校則があったのだが、一期生二期生が"「自分たちの責任は自分たちでとれる」"と運動したため校則は縮小された。
交通 [編集]
JR根岸線石川町駅より徒歩約4分。
JR根岸線関内駅より徒歩約10分。
横浜市営地下鉄関内駅より徒歩約11分。
中華街の延平門を入ってすぐ左のところにあり、見かたによっては中華街のなかにあるともいえる。
特色 [編集]
個人の自主性が尊重される自由な校風である。
自分で自分の学びたい科目を選択することができる。一年次では二科目(四単位)。二年次では最大十三科目(三十二単位)。三年自では最大十四科目選ぶことができる。そこに必修科目である一年次では「国語総合」「体育(三単位)」「保健(一単位)」二年次では「体育(二単位)」「保健(一単位)」三年次で「体育(一単位)」が加わる。来年学ぶ選択は6月頃からガイダンスが行われる。
選択科目が豊富であるため、非常勤講師をふくめ教員が約100名ほどいる。
定年退職者再雇用された教員が授業を担当していることも多々ある。
公務員が毎年数名出ている。高校卒業後の就職率が高い。
国際交流も盛んに行われている。2008年は夏休みにオーストラリアへ二週間ホームステイ(ステイ中はホストスクールに通い現地生徒との交流)する企画があった。2009年は春休みを利用しカナダのバンクーバーへ一週間ホームステイを行った。また、受け入れも盛んである今年は台湾から短期の留学生が訪れた。長期の留学生の受け入れも行われている。
サマーキャンプとウィンターキャンプがありウィンターキャンプではスキーができる。これらのキャンプに参加すると一単位もらえる。(しかしさまざまな事情で2008年度以降開催減少傾向にある。)
「産業社会と人間」という総合学科特有の科目が設置されていて、入学後にR-CAPという「適職・適学診断」が行われたり、職業研究や大学研究をする科目である。1年次生は職業、2年次生はフリーテーマの調べ学習をしレポート、ポスターにまとめ、年度末にプレゼンテーションを行う。
・簿記や情報処理などの資格の取得を支援している。

進学や就職、選択科目についてのガイダンスが非常に多い。進学のガイダンスでは大学の先生を招いたりもする。そのため親や先生達と将来の事について話し合う機会が多い。
 国際交流  [編集]
姉妹提携校 これらの学校に春休みなどの期間を利用してホームステイできる。
バンクーバー(カナダ)のブリタニアセカンダリ
ポートランド(アメリカ合衆国)
パース(オーストラリア)
上海(中国)
台北(台湾)
バディー制度
 みなと総合高等学校が独自に実施している国際ボランティア制度。これはみなと総合に交換留学生が訪れた際にホストファミリーになれたり、提携校から留学生が学校見学に来た時に学校を案内したり、一緒に授業を受けたりするパートナーの事を指す。(国際部にて登録できる。)

 設備  [編集]
ほかの横浜市の高校と比べ、敷地は小さい。校庭が無く、テニスコート三面があるのみなので、毎年行われる運動会は三ツ沢競技場を借りて行われる。
公立の高校ではあまり類を見ない地上8階建てで各階に通じるエレベーターが2台ある。ただし古いため、片方のエレベーターは偶に「故障中」と張り紙されていることがある。
冷房暖房が各教室に完備されてはいるが不調の時がある。一番快適に稼働してくれるのは図書室である。
温室プール、トレーニングルーム、格技場が設置されている・
1階の食堂は300席。食堂には「お好み焼ころんぶす」が出張店を経営している。お菓子やアイスなど品揃えが豊富。
約300台のコンピュータが整備されている。Vistaも導入されたが(2010年度に7導入)PCのスペックが極めて低いため作業ができない。
主な出身者 [編集]
港商業高等学校の出身者 [編集]
たかはし智秋(声優)
岩本理恵(バレーボール選手、健祥会レッドハーツ所属)
部活動 [編集]
部活動の入部率は80%でその多くを軽音楽部が占めており「M大派閥」とも呼ばれている。次いで吹奏楽部が多い。
兼部ができる。
運動系‐
硬式テニス部
ソフトテニス部
バドミントン部
バスケットボール部
バレー部
女子フットサル部
男子フットサル部
バトン部
ダンス部
水泳部
ボクシング部 
合気道部
空手部
剣道部
文化部
文芸部
料理部
美術部
吹奏楽部
軽音楽部
写真部
演劇部
書道部
映画研究部
合唱部
茶道部
企画部
イラスト部
パソコン部
ファッション部
関連項目 [編集]
神奈川県高等学校一覧
日本の総合学科設置高等学校一覧
外部リ










ンク [編集]
横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ
横浜市立高等学校改革推進プログラム
この項目「横浜市立みなと総合高等学校」は、神奈川県の学校に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:教育/PJ学校)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%AB%8B%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1」より作成
カテゴリ: 削除依頼中の記事 | 横浜市の公立高等学 (2010年09月14日 (火) 13時58分)
[1029] 横浜      > 現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。

削除についての議論は、削除依頼の依頼サブページで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかどうか検討してください。また、本項目を既に編集されていた方は、自身の編集した記述内容を念のために控えておいてください。

横浜市立みなと総合高等学校

国公私立の別 公立学校(市立)
設置者 横浜市
学区 横浜市内全域
(学区外入学限度8%)
設立年月日 2001年11月15日
開校記念日 10月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 2学期制
所在地 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町231
外部リンク 公式サイト
ウィキポータル 教育
ウィキプロジェクト 学校
表・話・編・歴
横浜市立みなと総合高等学校(よこはましりつ みなとそうごうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市中区にある単位制の市立高等学校。

目次 [非表示]
1 教育(『マニフェスト』より引用)
2 概要
3 交通
4 特色
5  国際交流 
6  設備 
7 主な出身者
7.1 港商業高等学校の出身者
8 部活動
9 関連項目
10 外部リンク


教育(『マニフェスト』より引用) [編集]
学校教育目標 「人間力を高める」 知的向上力 自己表現力 人間関係力
「人間力」とは、「本来人間が有している様々な能力」であると解釈し、その中でも「知的向上力」「自己実現力」「人間関係力」の三つの力を「人間力」を構成する大きな要素としてとらえこれら三つの力を培い教育目標を達成するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
めざす学校像=「学ぶ力を伸長する学校」「キャリア形成を支援する学校」「相互理解を深める学校」を実現するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
生徒教育目標 めざす生徒像=「知識を活用できる生徒」「将来の展望を拓く生徒「暖かな人間関係を築く生徒」」
確かな学力を向上させます。進路意識や目的意識を高めます。相互理解力やコミュニケーション力を養います。
国際理解教育
みなと総合高等学校では、21世紀の国際化社会に対応しうる人材の育成を目指し、学校全体で協力して国際理解教育を実践しています。
--横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ『マニフェスト』
概要 [編集]
横浜市初の総合学科高校として、横浜市立港商業高等学校を改編する形で2001年に設立、翌年開校。
卒業するには3年間在籍し、74単位以上を取得できなければならない。(成績で1がついたら履修2以上で習得)
文化・生活,科学・社会,情報,国際,ビジネスマネジメントと五つの系列がある。
単位制であるため「1年生」などの呼び方ではなく、入学年度に応じた「○期生」という呼称か「一年次」など「○年次」を用いる。また大学の単位制と同様に時間割を自分で作成するという形を取っているため、異なる学年の生徒が同じ授業を受ける場合がある。
校歌の作曲をクレイジーケンバンドの横山剣が担当した(作詞は生徒による)。
生徒の女子比率が非常に高い。現在は男女比1:4ぐらいの比率になっている。
YHMF(横浜ハイスクールミュージックフェスティバル)での優秀バンドが多数。Burst Out Laughing,キャラメルズ,BEATS HOWRINGなどが軽音楽部に在籍していた。
部活動や行事は全て生徒主体という形を取っている。イベントを立ち上げたいと思ったら運営を行う委員会を設立し、企画することができる。
校則は必要最低限しか定められていない。学校設立当時は校則があったのだが、一期生二期生が"「自分たちの責任は自分たちでとれる」"と運動したため校則は縮小された。
交通 [編集]
JR根岸線石川町駅より徒歩約4分。
JR根岸線関内駅より徒歩約10分。
横浜市営地下鉄関内駅より徒歩約11分。
中華街の延平門を入ってすぐ左のところにあり、見かたによっては中華街のなかにあるともいえる。
特色 [編集]
個人の自主性が尊重される自由な校風である。
自分で自分の学びたい科目を選択することができる。一年次では二科目(四単位)。二年次では最大十三科目(三十二単位)。三年自では最大十四科目選ぶことができる。そこに必修科目である一年次では「国語総合」「体育(三単位)」「保健(一単位)」二年次では「体育(二単位)」「保健(一単位)」三年次で「体育(一単位)」が加わる。来年学ぶ選択は6月頃からガイダンスが行われる。
選択科目が豊富であるため、非常勤講師をふくめ教員が約100名ほどいる。
定年退職者再雇用された教員が授業を担当していることも多々ある。
公務員が毎年数名出ている。高校卒業後の就職率が高い。
国際交流も盛んに行われている。2008年は夏休みにオーストラリアへ二週間ホームステイ(ステイ中はホストスクールに通い現地生徒との交流)する企画があった。2009年は春休みを利用しカナダのバンクーバーへ一週間ホームステイを行った。また、受け入れも盛んである今年は台湾から短期の留学生が訪れた。長期の留学生の受け入れも行われている。
サマーキャンプとウィンターキャンプがありウィンターキャンプではスキーができる。これらのキャンプに参加すると一単位もらえる。(しかしさまざまな事情で2008年度以降開催減少傾向にある。)
「産業社会と人間」という総合学科特有の科目が設置されていて、入学後にR-CAPという「適職・適学診断」が行われたり、職業研究や大学研究をする科目である。1年次生は職業、2年次生はフリーテーマの調べ学習をしレポート、ポスターにまとめ、年度末にプレゼンテーションを行う。
・簿記や情報処理などの資格の取得を支援している。

進学や就職、選択科目についてのガイダンスが非常に多い。進学のガイダンスでは大学の先生を招いたりもする。そのため親や先生達と将来の事について話し合う機会が多い。
 国際交流  [編集]
姉妹提携校 これらの学校に春休みなどの期間を利用してホームステイできる。
バンクーバー(カナダ)のブリタニアセカンダリ
ポートランド(アメリカ合衆国)
パース(オーストラリア)
上海(中国)
台北(台湾)
バディー制度
 みなと総合高等学校が独自に実施している国際ボランティア制度。これはみなと総合に交換留学生が訪れた際にホストファミリーになれたり、提携校から留学生が学校見学に来た時に学校を案内したり、一緒に授業を受けたりするパートナーの事を指す。(国際部にて登録できる。)

 設備  [編集]
ほかの横浜市の高校と比べ、敷地は小さい。校庭が無く、テニスコート三面があるのみなので、毎年行われる運動会は三ツ沢競技場を借りて行われる。
公立の高校ではあまり類を見ない地上8階建てで各階に通じるエレベーターが2台ある。ただし古いため、片方のエレベーターは偶に「故障中」と張り紙されていることがある。
冷房暖房が各教室に完備されてはいるが不調の時がある。一番快適に稼働してくれるのは図書室である。
温室プール、トレーニングルーム、格技場が設置されている・
1階の食堂は300席。食堂には「お好み焼ころんぶす」が出張店を経営している。お菓子やアイスなど品揃えが豊富。
約300台のコンピュータが整備されている。Vistaも導入されたが(2010年度に7導入)PCのスペックが極めて低いため作業ができない。
主な出身者 [編集]
港商業高等学校の出身者 [編集]
たかはし智秋(声優)
岩本理恵(バレーボール選手、健祥会レッドハーツ所属)
部活動 [編集]
部活動の入部率は80%でその多くを軽音楽部が占めており「M大派閥」とも呼ばれている。次いで吹奏楽部が多い。
兼部ができる。
運動系‐
硬式テニス部
ソフトテニス部
バドミントン部
バスケットボール部
バレー部
女子フットサル部
男子フットサル部
バトン部
ダンス部
水泳部
ボクシング部 
合気道部
空手部
剣道部
文化部
文芸部
料理部
美術部
吹奏楽部
軽音楽部
写真部
演劇部
書道部
映画研究部
合唱部
茶道部
企画部
イラスト部
パソコン部
ファッション部
関連項目 [編集]
神奈川県高等学校一覧
日本の総合学科設置高等学校一覧
外部リンク [編集]
横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ
横浜市立高等学校改革推進プログラム
この項目「横浜市立みなと総合高等学校」は、神奈川県の学校に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:教育/PJ学校)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%AB%8B%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1」より作成
カテゴリ: 削除依頼中の記事 | 横浜市の公立高等学 現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。

削除についての議論は、削除依頼の依頼サブページで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかどうか検討してください。また、本項目を既に編集されていた方は、自身の編集した記述内容を念のために控えておいてください。

横浜市立みなと総合高等学校

国公私立の別 公立学校(市立)
設置者 横浜市
学区 横浜市内全域
(学区外入学限度8%)
設立年月日 2001年11月15日
開校記念日 10月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 2学期制
所在地 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町231
外部リンク 公式サイト
ウィキポータル 教育
ウィキプロジェクト 学校
表・話・編・歴
横浜市立みなと総合高等学校(よこはましりつ みなとそうごうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市中区にある単位制の市立高等学校。

目次 [非表示]
1 教育(『マニフェスト』より引用)
2 概要
3 交通
4 特色
5  国際交流 
6  設備 
7 主な出身者
7.1 港商業高等学校の出身者
8 部活動
9 関連項目
10 外部リンク


教育(『マニフェスト』より引用) [編集]
学校教育目標 「人間力を高める」 知的向上力 自己表現力 人間関係力
「人間力」とは、「本来人間が有している様々な能力」であると解釈し、その中でも「知的向上力」「自己実現力」「人間関係力」の三つの力を「人間力」を構成する大きな要素としてとらえこれら三つの力を培い教育目標を達成するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
めざす学校像=「学ぶ力を伸長する学校」「キャリア形成を支援する学校」「相互理解を深める学校」を実現するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
生徒教育目標 めざす生徒像=「知識を活用できる生徒」「将来の展望を拓く生徒「暖かな人間関係を築く生徒」」
確かな学力を向上させます。進路意識や目的意識を高めます。相互理解力やコミュニケーション力を養います。
国際理解教育
みなと総合高等学校では、21世紀の国際化社会に対応しうる人材の育成を目指し、学校全体で協力して国際理解教育を実践しています。
--横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ『マニフェスト』
概要 [編集]
横浜市初の総合学科高校として、横浜市立港商業高等学校を改編する形で2001年に設立、翌年開校。
卒業するには3年間在籍し、74単位以上を取得できなければならない。(成績で1がついたら履修2以上で習得)
文化・生活,科学・社会,情報,国際,ビジネスマネジメントと五つの系列がある。
単位制であるため「1年生」などの呼び方ではなく、入学年度に応じた「○期生」という呼称か「一年次」など「○年次」を用いる。また大学の単位制と同様に時間割を自分で作成するという形を取っているため、異なる学年の生徒が同じ授業を受ける場合がある。
校歌の作曲をクレイジーケンバンドの横山剣が担当した(作詞は生徒による)。
生徒の女子比率が非常に高い。現在は男女比1:4ぐらいの比率になっている。
YHMF(横浜ハイスクールミュージックフェスティバル)での優秀バンドが多数。Burst Out Laughing,キャラメルズ,BEATS HOWRINGなどが軽音楽部に在籍していた。
部活動や行事は全て生徒主体という形を取っている。イベントを立ち上げたいと思ったら運営を行う委員会を設立し、企画することができる。
校則は必要最低限しか定められていない。学校設立当時は校則があったのだが、一期生二期生が"「自分たちの責任は自分たちでとれる」"と運動したため校則は縮小された。
交通 [編集]
JR根岸線石川町駅より徒歩約4分。
JR根岸線関内駅より徒歩約10分。
横浜市営地下鉄関内駅より徒歩約11分。
中華街の延平門を入ってすぐ左のところにあり、見かたによっては中華街のなかにあるともいえる。
特色 [編集]
個人の自主性が尊重される自由な校風である。
自分で自分の学びたい科目を選択することができる。一年次では二科目(四単位)。二年次では最大十三科目(三十二単位)。三年自では最大十四科目選ぶことができる。そこに必修科目である一年次では「国語総合」「体育(三単位)」「保健(一単位)」二年次では「体育(二単位)」「保健(一単位)」三年次で「体育(一単位)」が加わる。来年学ぶ選択は6月頃からガイダンスが行われる。
選択科目が豊富であるため、非常勤講師をふくめ教員が約100名ほどいる。
定年退職者再雇用された教員が授業を担当していることも多々ある。
公務員が毎年数名出ている。高校卒業後の就職率が高い。
国際交流も盛んに行われている。2008年は夏休みにオーストラリアへ二週間ホームステイ(ステイ中はホストスクールに通い現地生徒との交流)する企画があった。2009年は春休みを利用しカナダのバンクーバーへ一週間ホームステイを行った。また、受け入れも盛んである今年は台湾から短期の留学生が訪れた。長期の留学生の受け入れも行われている。
サマーキャンプとウィンターキャンプがありウィンターキャンプではスキーができる。これらのキャンプに参加すると一単位もらえる。(しかしさまざまな事情で2008年度以降開催減少傾向にある。)
「産業社会と人間」という総合学科特有の科目が設置されていて、入学後にR-CAPという「適職・適学診断」が行われたり、職業研究や大学研究をする科目である。1年次生は職業、2年次生はフリーテーマの調べ学習をしレポート、ポスターにまとめ、年度末にプレゼンテーションを行う。
・簿記や情報処理などの資格の取得を支援している。

進学や就職、選択科目についてのガイダンスが非常に多い。進学のガイダンスでは大学の先生を招いたりもする。そのため親や先生達と将来の事について話し合う機会が多い。
 国際交流  [編集]
姉妹提携校 これらの学校に春休みなどの期間を利用してホームステイできる。
バンクーバー(カナダ)のブリタニアセカンダリ
ポートランド(アメリカ合衆国)
パース(オーストラリア)
上海(中国)
台北(台湾)
バディー制度
 みなと総合高等学校が独自に実施している国際ボランティア制度。これはみなと総合に交換留学生が訪れた際にホストファミリーになれたり、提携校から留学生が学校見学に来た時に学校を案内したり、一緒に授業を受けたりするパートナーの事を指す。(国際部にて登録できる。)

 設備  [編集]
ほかの横浜市の高校と比べ、敷地は小さい。校庭が無く、テニスコート三面があるのみなので、毎年行われる運動会は三ツ沢競技場を借りて行われる。
公立の高校ではあまり類を見ない地上8階建てで各階に通じるエレベーターが2台ある。ただし古いため、片方のエレベーターは偶に「故障中」と張り紙されていることがある。
冷房暖房が各教室に完備されてはいるが不調の時がある。一番快適に稼働してくれるのは図書室である。
温室プール、トレーニングルーム、格技場が設置されている・
1階の食堂は300席。食堂には「お好み焼ころんぶす」が出張店を経営している。お菓子やアイスなど品揃えが豊富。
約300台のコンピュータが整備されている。Vistaも導入されたが(2010年度に7導入)PCのスペックが極めて低いため作業ができない。
主な出身者 [編集]
港商業高等学校の出身者 [編集]
たかはし智秋(声優)
岩本理恵(バレーボール選手、健祥会レッドハーツ所属)
部活動 [編集]
部活動の入部率は80%でその多くを軽音楽部が占めており「M大派閥」とも呼ばれている。次いで吹奏楽部が多い。
兼部ができる。
運動系‐
硬式テニス部
ソフトテニス部
バドミントン部
バスケットボール部
バレー部
女子フットサル部
男子フットサル部
バトン部
ダンス部
水泳部
ボクシング部 
合気道部
空手部
剣道部
文化部
文芸部
料理部
美術部
吹奏楽部
軽音楽部
写真部
演劇部
書道部
映画研究部
合唱部
茶道部
企画部
イラスト部
パソコン部
ファッション部
関連項目 [編集]
神奈川県高等学校一覧
日本の総合学科設置高等学校一覧
外部リンク [編集]
横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ
横浜市立高等学校改革推進プログラム
この項目「横浜市立みなと総合高等学校」は、神奈川県の学校に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:教育/PJ学校)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%AB%8B%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1」より作成
カテゴリ: 削除依頼中の記事 | 横浜市の公立高等学 (2010年09月14日 (火) 13時58分)
[1030] 横浜      > 現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。

削除についての議論は、削除依頼の依頼サブページで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかどうか検討してください。また、本項目を既に編集されていた方は、自身の編集した記述内容を念のために控えておいてください。

横浜市立みなと総合高等学校

国公私立の別 公立学校(市立)
設置者 横浜市
学区 横浜市内全域
(学区外入学限度8%)
設立年月日 2001年11月15日
開校記念日 10月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 2学期制
所在地 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町231
外部リンク 公式サイト
ウィキポータル 教育
ウィキプロジェクト 学校
表・話・編・歴
横浜市立みなと総合高等学校(よこはましりつ みなとそうごうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市中区にある単位制の市立高等学校。

目次 [非表示]
1 教育(『マニフェスト』より引用)
2 概要
3 交通
4 特色
5  国際交流 
6  設備 
7 主な出身者
7.1 港商業高等学校の出身者
8 部活動
9 関連項目
10 外部リンク


教育(『マニフェスト』より引用) [編集]
学校教育目標 「人間力を高める」 知的向上力 自己表現力 人間関係力
「人間力」とは、「本来人間が有している様々な能力」であると解釈し、その中でも「知的向上力」「自己実現力」「人間関係力」の三つの力を「人間力」を構成する大きな要素としてとらえこれら三つの力を培い教育目標を達成するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
めざす学校像=「学ぶ力を伸長する学校」「キャリア形成を支援する学校」「相互理解を深める学校」を実現するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
生徒教育目標 めざす生徒像=「知識を活用できる生徒」「将来の展望を拓く生徒「暖かな人間関係を築く生徒」」
確かな学力を向上させます。進路意識や目的意識を高めます。相互理解力やコミュニケーション力を養います。
国際理解教育
みなと総合高等学校では、21世紀の国際化社会に対応しうる人材の育成を目指し、学校全体で協力して国際理解教育を実践しています。
--横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ『マニフェスト』
概要 [編集]
横浜市初の総合学科高校として、横浜市立港商業高等学校を改編する形で2001年に設立、翌年開校。
卒業するには3年間在籍し、74単位以上を取得できなければならない。(成績で1がついたら履修2以上で習得)
文化・生活,科学・社会,情報,国際,ビジネスマネジメントと五つの系列がある。
単位制であるため「1年生」などの呼び方ではなく、入学年度に応じた「○期生」という呼称か「一年次」など「○年次」を用いる。また大学の単位制と同様に時間割を自分で作成するという形を取っているため、異なる学年の生徒が同じ授業を受ける場合がある。
校歌の作曲をクレイジーケンバンドの横山剣が担当した(作詞は生徒による)。
生徒の女子比率が非常に高い。現在は男女比1:4ぐらいの比率になっている。
YHMF(横浜ハイスクールミュージックフェスティバル)での優秀バンドが多数。Burst Out Laughing,キャラメルズ,BEATS HOWRINGなどが軽音楽部に在籍していた。
部活動や行事は全て生徒主体という形を取っている。イベントを立ち上げたいと思ったら運営を行う委員会を設立し、企画することができる。
校則は必要最低限しか定められていない。学校設立当時は校則があったのだが、一期生二期生が"「自分たちの責任は自分たちでとれる」"と運動したため校則は縮小された。
交通 [編集]
JR根岸線石川町駅より徒歩約4分。
JR根岸線関内駅より徒歩約10分。
横浜市営地下鉄関内駅より徒歩約11分。
中華街の延平門を入ってすぐ左のところにあり、見かたによっては中華街のなかにあるともいえる。
特色 [編集]
個人の自主性が尊重される自由な校風である。
自分で自分の学びたい科目を選択することができる。一年次では二科目(四単位)。二年次では最大十三科目(三十二単位)。三年自では最大十四科目選ぶことができる。そこに必修科目である一年次では「国語総合」「体育(三単位)」「保健(一単位)」二年次では「体育(二単位)」「保健(一単位)」三年次で「体育(一単位)」が加わる。来年学ぶ選択は6月頃からガイダンスが行われる。
選択科目が豊富であるため、非常勤講師をふくめ教員が約100名ほどいる。
定年退職者再雇用された教員が授業を担当していることも多々ある。
公務員が毎年数名出ている。高校卒業後の就職率が高い。
国際交流も盛んに行われている。2008年は夏休みにオーストラリアへ二週間ホームステイ(ステイ中はホストスクールに通い現地生徒との交流)する企画があった。2009年は春休みを利用しカナダのバンクーバーへ一週間ホームステイを行った。また、受け入れも盛んである今年は台湾から短期の留学生が訪れた。長期の留学生の受け入れも行われている。
サマーキャンプとウィンターキャンプがありウィンターキャンプではスキーができる。これらのキャンプに参加すると一単位もらえる。(しかしさまざまな事情で2008年度以降開催減少傾向にある。)
「産業社会と人間」という総合学科特有の科目が設置されていて、入学後にR-CAPという「適職・適学診断」が行われたり、職業研究や大学研究をする科目である。1年次生は職業、2年次生はフリーテーマの調べ学習をしレポート、ポスターにまとめ、年度末にプレゼンテーションを行う。
・簿記や情報処理などの資格の取得を支援している。

進学や就職、選択科目についてのガイダンスが非常に多い。進学のガイダンスでは大学の先生を招いたりもする。そのため親や先生達と将来の事について話し合う機会が多い。
 国際交流  [編集]
姉妹提携校 これらの学校に春休みなどの期間を利用してホームステイできる。
バンクーバー(カナダ)のブリタニアセカンダリ
ポートランド(アメリカ合衆国)
パース(オーストラリア)
上海(中国)
台北(台湾)
バディー制度
 みなと総合高等学校が独自に実施している国際ボランティア制度。これはみなと総合に交換留学生が訪れた際にホストファミリーになれたり、提携校から留学生が学校見学に来た時に学校を案内したり、一緒に授業を受けたりするパートナーの事を指す。(国際部にて登録できる。)

 設備  [編集]
ほかの横浜市の高校と比べ、敷地は小さい。校庭が無く、テニスコート三面があるのみなので、毎年行われる運動会は三ツ沢競技場を借りて行われる。
公立の高校ではあまり類を見ない地上8階建てで各階に通じるエレベーターが2台ある。ただし古いため、片方のエレベーターは偶に「故障中」と張り紙されていることがある。
冷房暖房が各教室に完備されてはいるが不調の時がある。一番快適に稼働してくれるのは図書室である。
温室プール、トレーニングルーム、格技場が設置されている・
1階の食堂は300席。食堂には「お好み焼ころんぶす」が出張店を経営している。お菓子やアイスなど品揃えが豊富。
約300台のコンピュータが整備されている。Vistaも導入されたが(2010年度に7導入)PCのスペックが極めて低いため作業ができない。
主な出身者 [編集]
港商業高等学校の出身者 [編集]
たかはし智秋(声優)
岩本理恵(バレーボール選手、健祥会レッドハーツ所属)
部活動 [編集]
部活動の入部率は80%でその多くを軽音楽部が占めており「M大派閥」とも呼ばれている。次いで吹奏楽部が多い。
兼部ができる。
運動系‐
硬式テニス部
ソフトテニス部
バドミントン部
バスケットボール部
バレー部
女子フットサル部
男子フットサル部
バトン部
ダンス部
水泳部
ボクシング部 
合気道部
空手部
剣道部
文化部
文芸部
料理部
美術部
吹奏楽部
軽音楽部
写真部
演劇部
書道部
映画研究部
合唱部
茶道部
企画部
イラスト部
パソコン部
ファッション部
関連項目 [編集]
神奈川県高等学校一覧
日本の総合学科設置高等学校一覧
外部リンク [編集]
横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ
横浜市立高等学校改革推進プログラム
この項目「横浜市立みなと総合高等学校」は、神奈川県の学校に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:教育/PJ学校)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%AB%8B%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1」より作成
カテゴリ: 削除依頼中の記事 | 横浜市の公立高等学
現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。

削除についての議論は、削除依頼の依頼サブページで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかどうか検討してください。また、本項目を既に編集されていた方は、自身の編集した記述内容を念のために控えておいてください。

横浜市立みなと総合高等学校

国公私立の別 公立学校(市立)
設置者 横浜市
学区 横浜市内全域
(学区外入学限度8%)
設立年月日 2001年11月15日
開校記念日 10月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 2学期制
所在地 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町231
外部リンク 公式サイト
ウィキポータル 教育
ウィキプロジェクト 学校
表・話・編・歴
横浜市立みなと総合高等学校(よこはましりつ みなとそうごうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市中区にある単位制の市立高等学校。

目次 [非表示]
1 教育(『マニフェスト』より引用)
2 概要
3 交通
4 特色
5  国際交流 
6  設備 
7 主な出身者
7.1 港商業高等学校の出身者
8 部活動
9 関連項目
10 外部リンク


教育(『マニフェスト』より引用) [編集]
学校教育目標 「人間力を高める」 知的向上力 自己表現力 人間関係力
「人間力」とは、「本来人間が有している様々な能力」であると解釈し、その中でも「知的向上力」「自己実現力」「人間関係力」の三つの力を「人間力」を構成する大きな要素としてとらえこれら三つの力を培い教育目標を達成するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
めざす学校像=「学ぶ力を伸長する学校」「キャリア形成を支援する学校」「相互理解を深める学校」を実現するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
生徒教育目標 めざす生徒像=「知識を活用できる生徒」「将来の展望を拓く生徒「暖かな人間関係を築く生徒」」
確かな学力を向上させます。進路意識や目的意識を高めます。相互理解力やコミュニケーション力を養います。
国際理解教育
みなと総合高等学校では、21世紀の国際化社会に対応しうる人材の育成を目指し、学校全体で協力して国際理解教育を実践しています。
--横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ『マニフェスト』
概要 [編集]
横浜市初の総合学科高校として、横浜市立港商業高等学校を改編する形で2001年に設立、翌年開校。
卒業するには3年間在籍し、74単位以上を取得できなければならない。(成績で1がついたら履修2以上で習得)
文化・生活,科学・社会,情報,国際,ビジネスマネジメントと五つの系列がある。
単位制であるため「1年生」などの呼び方ではなく、入学年度に応じた「○期生」という呼称か「一年次」など「○年次」を用いる。また大学の単位制と同様に時間割を自分で作成するという形を取っているため、異なる学年の生徒が同じ授業を受ける場合がある。
校歌の作曲をクレイジーケンバンドの横山剣が担当した(作詞は生徒による)。
生徒の女子比率が非常に高い。現在は男女比1:4ぐらいの比率になっている。
YHMF(横浜ハイスクールミュージックフェスティバル)での優秀バンドが多数。Burst Out Laughing,キャラメルズ,BEATS HOWRINGなどが軽音楽部に在籍していた。
部活動や行事は全て生徒主体という形を取っている。イベントを立ち上げたいと思ったら運営を行う委員会を設立し、企画することができる。
校則は必要最低限しか定められていない。学校設立当時は校則があったのだが、一期生二期生が"「自分たちの責任は自分たちでとれる」"と運動したため校則は縮小された。
交通 [編集]
JR根岸線石川町駅より徒歩約4分。
JR根岸線関内駅より徒歩約10分。
横浜市営地下鉄関内駅より徒歩約11分。
中華街の延平門を入ってすぐ左のところにあり、見かたによっては中華街のなかにあるともいえる。
特色 [編集]
個人の自主性が尊重される自由な校風である。
自分で自分の学びたい科目を選択することができる。一年次では二科目(四単位)。二年次では最大十三科目(三十二単位)。三年自では最大十四科目選ぶことができる。そこに必修科目である一年次では「国語総合」「体育(三単位)」「保健(一単位)」二年次では「体育(二単位)」「保健(一単位)」三年次で「体育(一単位)」が加わる。来年学ぶ選択は6月頃からガイダンスが行われる。
選択科目が豊富であるため、非常勤講師をふくめ教員が約100名ほどいる。
定年退職者再雇用された教員が授業を担当していることも多々ある。
公務員が毎年数名出ている。高校卒業後の就職率が高い。
国際交流も盛んに行われている。2008年は夏休みにオーストラリアへ二週間ホームステイ(ステイ中はホストスクールに通い現地生徒との交流)する企画があった。2009年は春休みを利用しカナダのバンクーバーへ一週間ホームステイを行った。また、受け入れも盛んである今年は台湾から短期の留学生が訪れた。長期の留学生の受け入れも行われている。
サマーキャンプとウィンターキャンプがありウィンターキャンプではスキーができる。これらのキャンプに参加すると一単位もらえる。(しかしさまざまな事情で2008年度以降開催減少傾向にある。)
「産業社会と人間」という総合学科特有の科目が設置されていて、入学後にR-CAPという「適職・適学診断」が行われたり、職業研究や大学研究をする科目である。1年次生は職業、2年次生はフリーテーマの調べ学習をしレポート、ポスターにまとめ、年度末にプレゼンテーションを行う。
・簿記や情報処理などの資格の取得を支援している。

進学や就職、選択科目についてのガイダンスが非常に多い。進学のガイダンスでは大学の先生を招いたりもする。そのため親や先生達と将来の事について話し合う機会が多い。
 国際交流  [編集]
姉妹提携校 これらの学校に春休みなどの期間を利用してホームステイできる。
バンクーバー(カナダ)のブリタニアセカンダリ
ポートランド(アメリカ合衆国)
パース(オーストラリア)
上海(中国)
台北(台湾)
バディー制度
 みなと総合高等学校が独自に実施している国際ボランティア制度。これはみなと総合に交換留学生が訪れた際にホストファミリーになれたり、提携校から留学生が学校見学に来た時に学校を案内したり、一緒に授業を受けたりするパートナーの事を指す。(国際部にて登録できる。)

 設備  [編集]
ほかの横浜市の高校と比べ、敷地は小さい。校庭が無く、テニスコート三面があるのみなので、毎年行われる運動会は三ツ沢競技場を借りて行われる。
公立の高校ではあまり類を見ない地上8階建てで各階に通じるエレベーターが2台ある。ただし古いため、片方のエレベーターは偶に「故障中」と張り紙されていることがある。
冷房暖房が各教室に完備されてはいるが不調の時がある。一番快適に稼働してくれるのは図書室である。
温室プール、トレーニングルーム、格技場が設置されている・
1階の食堂は300席。食堂には「お好み焼ころんぶす」が出張店を経営している。お菓子やアイスなど品揃えが豊富。
約300台のコンピュータが整備されている。Vistaも導入されたが(2010年度に7導入)PCのスペックが極めて低いため作業ができない。
主な出身者 [編集]
港商業高等学校の出身者 [編集]
たかはし智秋(声優)
岩本理恵(バレーボール選手、健祥会レッドハーツ所属)
部活動 [編集]
部活動の入部率は80%でその多くを軽音楽部が占めており「M大派閥」とも呼ばれている。次いで吹奏楽部が多い。
兼部ができる。
運動系‐
硬式テニス部
ソフトテニス部
バドミントン部
バスケットボール部
バレー部
女子フットサル部
男子フットサル部
バトン部
ダンス部
水泳部
ボクシング部 
合気道部
空手部
剣道部
文化部
文芸部
料理部
美術部
吹奏楽部
軽音楽部
写真部
演劇部
書道部
映画研究部
合唱部
茶道部
企画部
イラスト部
パソコン部
ファッション部
関連項目 [編集]
神奈川県高等学校一覧
日本の総合学科設置高等学校一覧
外部リンク [編集]
横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ
横浜市立高等学校改革推進プログラム
この項目「横浜市立みなと総合高等学校」は、神奈川県の学校に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:教育/PJ学校)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%AB%8B%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1」より作成
カテゴリ: 削除依頼中の記事 | 横浜市の公立高等学


現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。

削除についての議論は、削除依頼の依頼サブページで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかどうか検討してください。また、本項目を既に編集されていた方は、自身の編集した記述内容を念のために控えておいてください。

横浜市立みなと総合高等学校

国公私立の別 公立学校(市立)
設置者 横浜市
学区 横浜市内全域
(学区外入学限度8%)
設立年月日 2001年11月15日
開校記念日 10月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 2学期制
所在地 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町231
外部リンク 公式サイト
ウィキポータル 教育
ウィキプロジェクト 学校
表・話・編・歴
横浜市立みなと総合高等学校(よこはましりつ みなとそうごうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市中区にある単位制の市立高等学校。

目次 [非表示]
1 教育(『マニフェスト』より引用)
2 概要
3 交通
4 特色
5  国際交流 
6  設備 
7 主な出身者
7.1 港商業高等学校の出身者
8 部活動
9 関連項目
10 外部リンク


教育(『マニフェスト』より引用) [編集]
学校教育目標 「人間力を高める」 知的向上力 自己表現力 人間関係力
「人間力」とは、「本来人間が有している様々な能力」であると解釈し、その中でも「知的向上力」「自己実現力」「人間関係力」の三つの力を「人間力」を構成する大きな要素としてとらえこれら三つの力を培い教育目標を達成するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
めざす学校像=「学ぶ力を伸長する学校」「キャリア形成を支援する学校」「相互理解を深める学校」を実現するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
生徒教育目標 めざす生徒像=「知識を活用できる生徒」「将来の展望を拓く生徒「暖かな人間関係を築く生徒」」
確かな学力を向上させます。進路意識や目的意識を高めます。相互理解力やコミュニケーション力を養います。
国際理解教育
みなと総合高等学校では、21世紀の国際化社会に対応しうる人材の育成を目指し、学校全体で協力して国際理解教育を実践しています。
--横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ『マニフェスト』
概要 [編集]
横浜市初の総合学科高校として、横浜市立港商業高等学校を改編する形で2001年に設立、翌年開校。
卒業するには3年間在籍し、74単位以上を取得できなければならない。(成績で1がついたら履修2以上で習得)
文化・生活,科学・社会,情報,国際,ビジネスマネジメントと五つの系列がある。
単位制であるため「1年生」などの呼び方ではなく、入学年度に応じた「○期生」という呼称か「一年次」など「○年次」を用いる。また大学の単位制と同様に時間割を自分で作成するという形を取っているため、異なる学年の生徒が同じ授業を受ける場合がある。
校歌の作曲をクレイジーケンバンドの横山剣が担当した(作詞は生徒による)。
生徒の女子比率が非常に高い。現在は男女比1:4ぐらいの比率になっている。
YHMF(横浜ハイスクールミュージックフェスティバル)での優秀バンドが多数。Burst Out Laughing,キャラメルズ,BEATS HOWRINGなどが軽音楽部に在籍していた。
部活動や行事は全て生徒主体という形を取っている。イベントを立ち上げたいと思ったら運営を行う委員会を設立し、企画することができる。
校則は必要最低限しか定められていない。学校設立当時は校則があったのだが、一期生二期生が"「自分たちの責任は自分たちでとれる」"と運動したため校則は縮小された。
交通 [編集]
JR根岸線石川町駅より徒歩約4分。
JR根岸線関内駅より徒歩約10分。
横浜市営地下鉄関内駅より徒歩約11分。
中華街の延平門を入ってすぐ左のところにあり、見かたによっては中華街のなかにあるともいえる。
特色 [編集]
個人の自主性が尊重される自由な校風である。
自分で自分の学びたい科目を選択することができる。一年次では二科目(四単位)。二年次では最大十三科目(三十二単位)。三年自では最大十四科目選ぶことができる。そこに必修科目である一年次では「国語総合」「体育(三単位)」「保健(一単位)」二年次では「体育(二単位)」「保健(一単位)」三年次で「体育(一単位)」が加わる。来年学ぶ選択は6月頃からガイダンスが行われる。
選択科目が豊富であるため、非常勤講師をふくめ教員が約100名ほどいる。
定年退職者再雇用された教員が授業を担当していることも多々ある。
公務員が毎年数名出ている。高校卒業後の就職率が高い。
国際交流も盛んに行われている。2008年は夏休みにオーストラリアへ二週間ホームステイ(ステイ中はホストスクールに通い現地生徒との交流)する企画があった。2009年は春休みを利用しカナダのバンクーバーへ一週間ホームステイを行った。また、受け入れも盛んである今年は台湾から短期の留学生が訪れた。長期の留学生の受け入れも行われている。
サマーキャンプとウィンターキャンプがありウィンターキャンプではスキーができる。これらのキャンプに参加すると一単位もらえる。(しかしさまざまな事情で2008年度以降開催減少傾向にある。)
「産業社会と人間」という総合学科特有の科目が設置されていて、入学後にR-CAPという「適職・適学診断」が行われたり、職業研究や大学研究をする科目である。1年次生は職業、2年次生はフリーテーマの調べ学習をしレポート、ポスターにまとめ、年度末にプレゼンテーションを行う。
・簿記や情報処理などの資格の取得を支援している。

進学や就職、選択科目についてのガイダンスが非常に多い。進学のガイダンスでは大学の先生を招いたりもする。そのため親や先生達と将来の事について話し合う機会が多い。
 国際交流  [編集]
姉妹提携校 これらの学校に春休みなどの期間を利用してホームステイできる。
バンクーバー(カナダ)のブリタニアセカンダリ
ポートランド(アメリカ合衆国)
パース(オーストラリア)
上海(中国)
台北(台湾)
バディー制度
 みなと総合高等学校が独自に実施している国際ボランティア制度。これはみなと総合に交換留学生が訪れた際にホストファミリーになれたり、提携校から留学生が学校見学に来た時に学校を案内したり、一緒に授業を受けたりするパートナーの事を指す。(国際部にて登録できる。)

 設備  [編集]
ほかの横浜市の高校と比べ、敷地は小さい。校庭が無く、テニスコート三面があるのみなので、毎年行われる運動会は三ツ沢競技場を借りて行われる。
公立の高校ではあまり類を見ない地上8階建てで各階に通じるエレベーターが2台ある。ただし古いため、片方のエレベーターは偶に「故障中」と張り紙されていることがある。
冷房暖房が各教室に完備されてはいるが不調の時がある。一番快適に稼働してくれるのは図書室である。
温室プール、トレーニングルーム、格技場が設置されている・
1階の食堂は300席。食堂には「お好み焼ころんぶす」が出張店を経営している。お菓子やアイスなど品揃えが豊富。
約300台のコンピュータが整備されている。Vistaも導入されたが(2010年度に7導入)PCのスペックが極めて低いため作業ができない。
主な出身者 [編集]
港商業高等学校の出身者 [編集]
たかはし智秋(声優)
岩本理恵(バレーボール選手、健祥会レッドハーツ所属)
部活動 [編集]
部活動の入部率は80%でその多くを軽音楽部が占めており「M大派閥」とも呼ばれている。次いで吹奏楽部が多い。
兼部ができる。
運動系‐
硬式テニス部
ソフトテニス部
バドミントン部
バスケットボール部
バレー部
女子フットサル部
男子フットサル部
バトン部
ダンス部
水泳部
ボクシング部 
合気道部
空手部
剣道部
文化部
文芸部
料理部
美術部
吹奏楽部
軽音楽部
写真部
演劇部
書道部
映画研究部
合唱部
茶道部
企画部
イラスト部
パソコン部
ファッション部
関連項目 [編集]
神奈川県高等学校一覧
日本の総合学科設置高等学校一覧
外部リンク [編集]
横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ
横浜市立高等学校改革推進プログラム
この項目「横浜市立みなと総合高等学校」は、神奈川県の学校に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:教育/PJ学校)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%AB%8B%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1」より作成
カテゴリ: 削除依頼中の記事 | 横浜市の公立高等学 (2010年09月14日 (火) 13時59分)
[1031] 横           浜    > ヤクザ
現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。

削除についての議論は、削除依頼の依頼サブページで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかどうか検討してください。また、本項目を既に編集されていた方は、自身の編集した記述内容を念のために控えておいてください。

横浜市立みなと総合高等学校

国公私立の別 公立学校(市立)
設置者 横浜市
学区 横浜市内全域
(学区外入学限度8%)
設立年月日 2001年11月15日
開校記念日 10月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 2学期制
所在地 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町231
外部リンク 公式サイト
ウィキポータル 教育
ウィキプロジェクト 学校
表・話・編・歴
横浜市立みなと総合高等学校(よこはましりつ みなとそうごうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市中区にある単位制の市立高等学校。

目次 [非表示]
1 教育(『マニフェスト』より引用)
2 概要
3 交通
4 特色
5  国際交流 
6  設備 
7 主な出身者
7.1 港商業高等学校の出身者
8 部活動
9 関連項目
10 外部リンク


教育(『マニフェスト』より引用) [編集]
学校教育目標 「人間力を高める」 知的向上力 自己表現力 人間関係力
「人間力」とは、「本来人間が有している様々な能力」であると解釈し、その中でも「知的向上力」「自己実現力」「人間関係力」の三つの力を「人間力」を構成する大きな要素としてとらえこれら三つの力を培い教育目標を達成するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
めざす学校像=「学ぶ力を伸長する学校」「キャリア形成を支援する学校」「相互理解を深める学校」を実現するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
生徒教育目標 めざす生徒像=「知識を活用できる生徒」「将来の展望を拓く生徒「暖かな人間関係を築く生徒」」
確かな学力を向上させます。進路意識や目的意識を高めます。相互理解力やコミュニケーション力を養います。
国際理解教育
みなと総合高等学校では、21世紀の国際化社会に対応しうる人材の育成を目指し、学校全体で協力して国際理解教育を実践しています。
--横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ『マニフェスト』
概要 [編集]
横浜市初の総合学科高校として、横浜市立港商業高等学校を改編する形で2001年に設立、翌年開校。
卒業するには3年間在籍し、74単位以上を取得できなければならない。(成績で1がついたら履修2以上で習得)
文化・生活,科学・社会,情報,国際,ビジネスマネジメントと五つの系列がある。
単位制であるため「1年生」などの呼び方ではなく、入学年度に応じた「○期生」という呼称か「一年次」など「○年次」を用いる。また大学の単位制と同様に時間割を自分で作成するという形を取っているため、異なる学年の生徒が同じ授業を受ける場合がある。
校歌の作曲をクレイジーケンバンドの横山剣が担当した(作詞は生徒による)。
生徒の女子比率が非常に高い。現在は男女比1:4ぐらいの比率になっている。
YHMF(横浜ハイスクールミュージックフェスティバル)での優秀バンドが多数。Burst Out Laughing,キャラメルズ,BEATS HOWRINGなどが軽音楽部に在籍していた。
部活動や行事は全て生徒主体という形を取っている。イベントを立ち上げたいと思ったら運営を行う委員会を設立し、企画することができる。
校則は必要最低限しか定められていない。学校設立当時は校則があったのだが、一期生二期生が"「自分たちの責任は自分たちでとれる」"と運動したため校則は縮小された。
交通 [編集]
JR根岸線石川町駅より徒歩約4分。
JR根岸線関内駅より徒歩約10分。
横浜市営地下鉄関内駅より徒歩約11分。
中華街の延平門を入ってすぐ左のところにあり、見かたによっては中華街のなかにあるともいえる。
特色 [編集]
個人の自主性が尊重される自由な校風である。
自分で自分の学びたい科目を選択することができる。一年次では二科目(四単位)。二年次では最大十三科目(三十二単位)。三年自では最大十四科目選ぶことができる。そこに必修科目である一年次では「国語総合」「体育(三単位)」「保健(一単位)」二年次では「体育(二単位)」「保健(一単位)」三年次で「体育(一単位)」が加わる。来年学ぶ選択は6月頃からガイダンスが行われる。
選択科目が豊富であるため、非常勤講師をふくめ教員が約100名ほどいる。
定年退職者再雇用された教員が授業を担当していることも多々ある。
公務員が毎年数名出ている。高校卒業後の就職率が高い。
国際交流も盛んに行われている。2008年は夏休みにオーストラリアへ二週間ホームステイ(ステイ中はホストスクールに通い現地生徒との交流)する企画があった。2009年は春休みを利用しカナダのバンクーバーへ一週間ホームステイを行った。また、受け入れも盛んである今年は台湾から短期の留学生が訪れた。長期の留学生の受け入れも行われている。
サマーキャンプとウィンターキャンプがありウィンターキャンプではスキーができる。これらのキャンプに参加すると一単位もらえる。(しかしさまざまな事情で2008年度以降開催減少傾向にある。)
「産業社会と人間」という総合学科特有の科目が設置されていて、入学後にR-CAPという「適職・適学診断」が行われたり、職業研究や大学研究をする科目である。1年次生は職業、2年次生はフリーテーマの調べ学習をしレポート、ポスターにまとめ、年度末にプレゼンテーションを行う。
・簿記や情報処理などの資格の取得を支援している。

進学や就職、選択科目についてのガイダンスが非常に多い。進学のガイダンスでは大学の先生を招いたりもする。そのため親や先生達と将来の事について話し合う機会が多い。
 国際交流  [編集]
姉妹提携校 これらの学校に春休みなどの期間を利用してホームステイできる。
バンクーバー(カナダ)のブリタニアセカンダリ
ポートランド(アメリカ合衆国)
パース(オーストラリア)
上海(中国)
台北(台湾)
バディー制度
 みなと総合高等学校が独自に実施している国際ボランティア制度。これはみなと総合に交換留学生が訪れた際にホストファミリーになれたり、提携校から留学生が学校見学に来た時に学校を案内したり、一緒に授業を受けたりするパートナーの事を指す。(国際部にて登録できる。)

 設備  [編集]
ほかの横浜市の高校と比べ、敷地は小さい。校庭が無く、テニスコート三面があるのみなので、毎年行われる運動会は三ツ沢競技場を借りて行われる。
公立の高校ではあまり類を見ない地上8階建てで各階に通じるエレベーターが2台ある。ただし古いため、片方のエレベーターは偶に「故障中」と張り紙されていることがある。
冷房暖房が各教室に完備されてはいるが不調の時がある。一番快適に稼働してくれるのは図書室である。
温室プール、トレーニングルーム、格技場が設置されている・
1階の食堂は300席。食堂には「お好み焼ころんぶす」が出張店を経営している。お菓子やアイスなど品揃えが豊富。
約300台のコンピュータが整備されている。Vistaも導入されたが(2010年度に7導入)PCのスペックが極めて低いため作業ができない。
主な出身者 [編集]
港商業高等学校の出身者 [編集]
たかはし智秋(声優)
岩本理恵(バレーボール選手、健祥会レッドハーツ所属)
部活動 [編集]
部活動の入部率は80%でその多くを軽音楽部が占めており「M大派閥」とも呼ばれている。次いで吹奏楽部が多い。
兼部ができる。
運動系‐
硬式テニス部
ソフトテニス部
バドミントン部
バスケットボール部
バレー部
女子フットサル部
男子フットサル部
バトン部
ダンス部
水泳部
ボクシング部 
合気道部
空手部
剣道部
文化部
文芸部
料理部
美術部
吹奏楽部
軽音楽部
写真部
演劇部
書道部
映画研究部
合唱部
茶道部
企画部
イラスト部
パソコン部
ファッション部
関連項目 [編集]
神奈川県高等学校一覧
日本の総合学科設置高等学校一覧
外部リンク [編集]
横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ
横浜市立高等学校改革推進プログラム
この項目「横浜市立みなと総合高等学校」は、神奈川県の学校に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:教育/PJ学校)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%AB%8B%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1」より作成
カテゴリ: 削除依頼中の記事 | 横浜市の公立高等学
ヤクザ
現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。

削除についての議論は、削除依頼の依頼サブページで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかどうか検討してください。また、本項目を既に編集されていた方は、自身の編集した記述内容を念のために控えておいてください。

横浜市立みなと総合高等学校

国公私立の別 公立学校(市立)
設置者 横浜市
学区 横浜市内全域
(学区外入学限度8%)
設立年月日 2001年11月15日
開校記念日 10月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 2学期制
所在地 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町231
外部リンク 公式サイト
ウィキポータル 教育
ウィキプロジェクト 学校
表・話・編・歴
横浜市立みなと総合高等学校(よこはましりつ みなとそうごうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市中区にある単位制の市立高等学校。

目次 [非表示]
1 教育(『マニフェスト』より引用)
2 概要
3 交通
4 特色
5  国際交流 
6  設備 
7 主な出身者
7.1 港商業高等学校の出身者
8 部活動
9 関連項目
10 外部リンク


教育(『マニフェスト』より引用) [編集]
学校教育目標 「人間力を高める」 知的向上力 自己表現力 人間関係力
「人間力」とは、「本来人間が有している様々な能力」であると解釈し、その中でも「知的向上力」「自己実現力」「人間関係力」の三つの力を「人間力」を構成する大きな要素としてとらえこれら三つの力を培い教育目標を達成するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
めざす学校像=「学ぶ力を伸長する学校」「キャリア形成を支援する学校」「相互理解を深める学校」を実現するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
生徒教育目標 めざす生徒像=「知識を活用できる生徒」「将来の展望を拓く生徒「暖かな人間関係を築く生徒」」
確かな学力を向上させます。進路意識や目的意識を高めます。相互理解力やコミュニケーション力を養います。
国際理解教育
みなと総合高等学校では、21世紀の国際化社会に対応しうる人材の育成を目指し、学校全体で協力して国際理解教育を実践しています。
--横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ『マニフェスト』
概要 [編集]
横浜市初の総合学科高校として、横浜市立港商業高等学校を改編する形で2001年に設立、翌年開校。
卒業するには3年間在籍し、74単位以上を取得できなければならない。(成績で1がついたら履修2以上で習得)
文化・生活,科学・社会,情報,国際,ビジネスマネジメントと五つの系列がある。
単位制であるため「1年生」などの呼び方ではなく、入学年度に応じた「○期生」という呼称か「一年次」など「○年次」を用いる。また大学の単位制と同様に時間割を自分で作成するという形を取っているため、異なる学年の生徒が同じ授業を受ける場合がある。
校歌の作曲をクレイジーケンバンドの横山剣が担当した(作詞は生徒による)。
生徒の女子比率が非常に高い。現在は男女比1:4ぐらいの比率になっている。
YHMF(横浜ハイスクールミュージックフェスティバル)での優秀バンドが多数。Burst Out Laughing,キャラメルズ,BEATS HOWRINGなどが軽音楽部に在籍していた。
部活動や行事は全て生徒主体という形を取っている。イベントを立ち上げたいと思ったら運営を行う委員会を設立し、企画することができる。
校則は必要最低限しか定められていない。学校設立当時は校則があったのだが、一期生二期生が"「自分たちの責任は自分たちでとれる」"と運動したため校則は縮小された。
交通 [編集]
JR根岸線石川町駅より徒歩約4分。
JR根岸線関内駅より徒歩約10分。
横浜市営地下鉄関内駅より徒歩約11分。
中華街の延平門を入ってすぐ左のところにあり、見かたによっては中華街のなかにあるともいえる。
特色 [編集]
個人の自主性が尊重される自由な校風である。
自分で自分の学びたい科目を選択することができる。一年次では二科目(四単位)。二年次では最大十三科目(三十二単位)。三年自では最大十四科目選ぶことができる。そこに必修科目である一年次では「国語総合」「体育(三単位)」「保健(一単位)」二年次では「体育(二単位)」「保健(一単位)」三年次で「体育(一単位)」が加わる。来年学ぶ選択は6月頃からガイダンスが行われる。
選択科目が豊富であるため、非常勤講師をふくめ教員が約100名ほどいる。
定年退職者再雇用された教員が授業を担当していることも多々ある。
公務員が毎年数名出ている。高校卒業後の就職率が高い。
国際交流も盛んに行われている。2008年は夏休みにオーストラリアへ二週間ホームステイ(ステイ中はホストスクールに通い現地生徒との交流)する企画があった。2009年は春休みを利用しカナダのバンクーバーへ一週間ホームステイを行った。また、受け入れも盛んである今年は台湾から短期の留学生が訪れた。長期の留学生の受け入れも行われている。
サマーキャンプとウィンターキャンプがありウィンターキャンプではスキーができる。これらのキャンプに参加すると一単位もらえる。(しかしさまざまな事情で2008年度以降開催減少傾向にある。)
「産業社会と人間」という総合学科特有の科目が設置されていて、入学後にR-CAPという「適職・適学診断」が行われたり、職業研究や大学研究をする科目である。1年次生は職業、2年次生はフリーテーマの調べ学習をしレポート、ポスターにまとめ、年度末にプレゼンテーションを行う。
・簿記や情報処理などの資格の取得を支援している。

進学や就職、選択科目についてのガイダンスが非常に多い。進学のガイダンスでは大学の先生を招いたりもする。そのため親や先生達と将来の事について話し合う機会が多い。
 国際交流  [編集]
姉妹提携校 これらの学校に春休みなどの期間を利用してホームステイできる。
バンクーバー(カナダ)のブリタニアセカンダリ
ポートランド(アメリカ合衆国)
パース(オーストラリア)
上海(中国)
台北(台湾)
バディー制度
 みなと総合高等学校が独自に実施している国際ボランティア制度。これはみなと総合に交換留学生が訪れた際にホストファミリーになれたり、提携校から留学生が学校見学に来た時に学校を案内したり、一緒に授業を受けたりするパートナーの事を指す。(国際部にて登録できる。)

 設備  [編集]
ほかの横浜市の高校と比べ、敷地は小さい。校庭が無く、テニスコート三面があるのみなので、毎年行われる運動会は三ツ沢競技場を借りて行われる。
公立の高校ではあまり類を見ない地上8階建てで各階に通じるエレベーターが2台ある。ただし古いため、片方のエレベーターは偶に「故障中」と張り紙されていることがある。
冷房暖房が各教室に完備されてはいるが不調の時がある。一番快適に稼働してくれるのは図書室である。
温室プール、トレーニングルーム、格技場が設置されている・
1階の食堂は300席。食堂には「お好み焼ころんぶす」が出張店を経営している。お菓子やアイスなど品揃えが豊富。
約300台のコンピュータが整備されている。Vistaも導入されたが(2010年度に7導入)PCのスペックが極めて低いため作業ができない。
主な出身者 [編集]
港商業高等学校の出身者 [編集]
たかはし智秋(声優)
岩本理恵(バレーボール選手、健祥会レッドハーツ所属)
部活動 [編集]
部活動の入部率は80%でその多くを軽音楽部が占めており「M大派閥」とも呼ばれている。次いで吹奏楽部が多い。
兼部ができる。
運動系‐
硬式テニス部
ソフトテニス部
バドミントン部
バスケットボール部
バレー部
女子フットサル部
男子フットサル部
バトン部
ダンス部
水泳部
ボクシング部 
合気道部
空手部
剣道部
文化部
文芸部
料理部
美術部
吹奏楽部
軽音楽部
写真部
演劇部
書道部
映画研究部
合唱部
茶道部
企画部
イラスト部
パソコン部
ファッション部
関連項目 [編集]
神奈川県高等学校一覧
日本の総合学科設置高等学校一覧
外部リンク [編集]
横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ
横浜市立高等学校改革推進プログラム
この項目「横浜市立みなと総合高等学校」は、神奈川県の学校に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:教育/PJ学校)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%AB%8B%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1」より作成
カテゴリ: 削除依頼中の記事 | 横浜市の公立高等学 (2010年09月14日 (火) 14時00分)
[1032] ヤクザ      > 現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。

削除についての議論は、削除依頼の依頼サブページで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかどうか検討してください。また、本項目を既に編集されていた方は、自身の編集した記述内容を念のために控えておいてください。

横浜市立みなと総合高等学校

国公私立の別 公立学校(市立)
設置者 横浜市
学区 横浜市内全域
(学区外入学限度8%)
設立年月日 2001年11月15日
開校記念日 10月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 2学期制
所在地 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町231
外部リンク 公式サイト
ウィキポータル 教育
ウィキプロジェクト 学校
表・話・編・歴
横浜市立みなと総合高等学校(よこはましりつ みなとそうごうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市中区にある単位制の市立高等学校。

目次 [非表示]
1 教育(『マニフェスト』より引用)
2 概要
3 交通
4 特色
5  国際交流 
6  設備 
7 主な出身者
7.1 港商業高等学校の出身者
8 部活動
9 関連項目
10 外部リンク


教育(『マニフェスト』より引用) [編集]
学校教育目標 「人間力を高める」 知的向上力 自己表現力 人間関係力
「人間力」とは、「本来人間が有している様々な能力」であると解釈し、その中でも「知的向上力」「自己実現力」「人間関係力」の三つの力を「人間力」を構成する大きな要素としてとらえこれら三つの力を培い教育目標を達成するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
めざす学校像=「学ぶ力を伸長する学校」「キャリア形成を支援する学校」「相互理解を深める学校」を実現するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
生徒教育目標 めざす生徒像=「知識を活用できる生徒」「将来の展望を拓く生徒「暖かな人間関係を築く生徒」」
確かな学力を向上させます。進路意識や目的意識を高めます。相互理解力やコミュニケーション力を養います。
国際理解教育
みなと総合高等学校では、21世紀の国際化社会に対応しうる人材の育成を目指し、学校全体で協力して国際理解教育を実践しています。
--横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ『マニフェスト』
概要 [編集]
横浜市初の総合学科高校として、横浜市立港商業高等学校を改編する形で2001年に設立、翌年開校。
卒業するには3年間在籍し、74単位以上を取得できなければならない。(成績で1がついたら履修2以上で習得)
文化・生活,科学・社会,情報,国際,ビジネスマネジメントと五つの系列がある。
単位制であるため「1年生」などの呼び方ではなく、入学年度に応じた「○期生」という呼称か「一年次」など「○年次」を用いる。また大学の単位制と同様に時間割を自分で作成するという形を取っているため、異なる学年の生徒が同じ授業を受ける場合がある。
校歌の作曲をクレイジーケンバンドの横山剣が担当した(作詞は生徒による)。
生徒の女子比率が非常に高い。現在は男女比1:4ぐらいの比率になっている。
YHMF(横浜ハイスクールミュージックフェスティバル)での優秀バンドが多数。Burst Out Laughing,キャラメルズ,BEATS HOWRINGなどが軽音楽部に在籍していた。
部活動や行事は全て生徒主体という形を取っている。イベントを立ち上げたいと思ったら運営を行う委員会を設立し、企画することができる。
校則は必要最低限しか定められていない。学校設立当時は校則があったのだが、一期生二期生が"「自分たちの責任は自分たちでとれる」"と運動したため校則は縮小された。
交通 [編集]
JR根岸線石川町駅より徒歩約4分。
JR根岸線関内駅より徒歩約10分。
横浜市営地下鉄関内駅より徒歩約11分。
中華街の延平門を入ってすぐ左のところにあり、見かたによっては中華街のなかにあるともいえる。
特色 [編集]
個人の自主性が尊重される自由な校風である。
自分で自分の学びたい科目を選択することができる。一年次では二科目(四単位)。二年次では最大十三科目(三十二単位)。三年自では最大十四科目選ぶことができる。そこに必修科目である一年次では「国語総合」「体育(三単位)」「保健(一単位)」二年次では「体育(二単位)」「保健(一単位)」三年次で「体育(一単位)」が加わる。来年学ぶ選択は6月頃からガイダンスが行われる。
選択科目が豊富であるため、非常勤講師をふくめ教員が約100名ほどいる。
定年退職者再雇用された教員が授業を担当していることも多々ある。
公務員が毎年数名出ている。高校卒業後の就職率が高い。
国際交流も盛んに行われている。2008年は夏休みにオーストラリアへ二週間ホームステイ(ステイ中はホストスクールに通い現地生徒との交流)する企画があった。2009年は春休みを利用しカナダのバンクーバーへ一週間ホームステイを行った。また、受け入れも盛んである今年は台湾から短期の留学生が訪れた。長期の留学生の受け入れも行われている。
サマーキャンプとウィンターキャンプがありウィンターキャンプではスキーができる。これらのキャンプに参加すると一単位もらえる。(しかしさまざまな事情で2008年度以降開催減少傾向にある。)
「産業社会と人間」という総合学科特有の科目が設置されていて、入学後にR-CAPという「適職・適学診断」が行われたり、職業研究や大学研究をする科目である。1年次生は職業、2年次生はフリーテーマの調べ学習をしレポート、ポスターにまとめ、年度末にプレゼンテーションを行う。
・簿記や情報処理などの資格の取得を支援している。

進学や就職、選択科目についてのガイダンスが非常に多い。進学のガイダンスでは大学の先生を招いたりもする。そのため親や先生達と将来の事について話し合う機会が多い。
 国際交流  [編集]
姉妹提携校 これらの学校に春休みなどの期間を利用してホームステイできる。
バンクーバー(カナダ)のブリタニアセカンダリ
ポートランド(アメリカ合衆国)
パース(オーストラリア)
上海(中国)
台北(台湾)
バディー制度
 みなと総合高等学校が独自に実施している国際ボランティア制度。これはみなと総合に交換留学生が訪れた際にホストファミリーになれたり、提携校から留学生が学校見学に来た時に学校を案内したり、一緒に授業を受けたりするパートナーの事を指す。(国際部にて登録できる。)

 設備  [編集]
ほかの横浜市の高校と比べ、敷地は小さい。校庭が無く、テニスコート三面があるのみなので、毎年行われる運動会は三ツ沢競技場を借りて行われる。
公立の高校ではあまり類を見ない地上8階建てで各階に通じるエレベーターが2台ある。ただし古いため、片方のエレベーターは偶に「故障中」と張り紙されていることがある。
冷房暖房が各教室に完備されてはいるが不調の時がある。一番快適に稼働してくれるのは図書室である。
温室プール、トレーニングルーム、格技場が設置されている・
1階の食堂は300席。食堂には「お好み焼ころんぶす」が出張店を経営している。お菓子やアイスなど品揃えが豊富。
約300台のコンピュータが整備されている。Vistaも導入されたが(2010年度に7導入)PCのスペックが極めて低いため作業ができない。
主な出身者 [編集]
港商業高等学校の出身者 [編集]
たかはし智秋(声優)
岩本理恵(バレーボール選手、健祥会レッドハーツ所属)
部活動 [編集]
部活動の入部率は80%でその多くを軽音楽部が占めており「M大派閥」とも呼ばれている。次いで吹奏楽部が多い。
兼部ができる。
運動系‐
硬式テニス部
ソフトテニス部
バドミントン部
バスケットボール部
バレー部
女子フットサル部
男子フットサル部
バトン部
ダンス部
水泳部
ボクシング部 
合気道部
空手部
剣道部
文化部
文芸部
料理部
美術部
吹奏楽部
軽音楽部
写真部
演劇部
書道部
映画研究部
合唱部
茶道部
企画部
イラスト部
パソコン部
ファッション部
関連項目 [編集]
神奈川県高等学校一覧
日本の総合学科設置高等学校一覧
外部リンク [編集]
横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ
横浜市立高等学校改革推進プログラム
この項目「横浜市立みなと総合高等学校」は、神奈川県の学校に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:教育/PJ学校)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%AB%8B%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1」より作成
カテゴリ: 削除依頼中の記事 | 横浜市の公立高等学













































































現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。

削除についての議論は、削除依頼の依頼サブページで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかどうか検討してください。また、本項目を既に編集されていた方は、自身の編集した記述内容を念のために控えておいてください。

横浜市立みなと総合高等学校

国公私立の別 公立学校(市立)
設置者 横浜市
学区 横浜市内全域
(学区外入学限度8%)
設立年月日 2001年11月15日
開校記念日 10月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 2学期制
所在地 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町231
外部リンク 公式サイト
ウィキポータル 教育
ウィキプロジェクト 学校
表・話・編・歴
横浜市立みなと総合高等学校(よこはましりつ みなとそうごうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市中区にある単位制の市立高等学校。

目次 [非表示]
1 教育(『マニフェスト』より引用)
2 概要
3 交通
4 特色
5  国際交流 
6  設備 
7 主な出身者
7.1 港商業高等学校の出身者
8 部活動
9 関連項目
10 外部リンク


教育(『マニフェスト』より引用) [編集]
学校教育目標 「人間力を高める」 知的向上力 自己表現力 人間関係力
「人間力」とは、「本来人間が有している様々な能力」であると解釈し、その中でも「知的向上力」「自己実現力」「人間関係力」の三つの力を「人間力」を構成する大きな要素としてとらえこれら三つの力を培い教育目標を達成するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
めざす学校像=「学ぶ力を伸長する学校」「キャリア形成を支援する学校」「相互理解を深める学校」を実現するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
生徒教育目標 めざす生徒像=「知識を活用できる生徒」「将来の展望を拓く生徒「暖かな人間関係を築く生徒」」
確かな学力を向上させます。進路意識や目的意識を高めます。相互理解力やコミュニケーション力を養います。
国際理解教育
みなと総合高等学校では、21世紀の国際化社会に対応しうる人材の育成を目指し、学校全体で協力して国際理解教育を実践しています。
--横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ『マニフェスト』
概要 [編集]
横浜市初の総合学科高校として、横浜市立港商業高等学校を改編する形で2001年に設立、翌年開校。
卒業するには3年間在籍し、74単位以上を取得できなければならない。(成績で1がついたら履修2以上で習得)
文化・生活,科学・社会,情報,国際,ビジネスマネジメントと五つの系列がある。
単位制であるため「1年生」などの呼び方ではなく、入学年度に応じた「○期生」という呼称か「一年次」など「○年次」を用いる。また大学の単位制と同様に時間割を自分で作成するという形を取っているため、異なる学年の生徒が同じ授業を受ける場合がある。
校歌の作曲をクレイジーケンバンドの横山剣が担当した(作詞は生徒による)。
生徒の女子比率が非常に高い。現在は男女比1:4ぐらいの比率になっている。
YHMF(横浜ハイスクールミュージックフェスティバル)での優秀バンドが多数。Burst Out Laughing,キャラメルズ,BEATS HOWRINGなどが軽音楽部に在籍していた。
部活動や行事は全て生徒主体という形を取っている。イベントを立ち上げたいと思ったら運営を行う委員会を設立し、企画することができる。
校則は必要最低限しか定められていない。学校設立当時は校則があったのだが、一期生二期生が"「自分たちの責任は自分たちでとれる」"と運動したため校則は縮小された。
交通 [編集]
JR根岸線石川町駅より徒歩約4分。
JR根岸線関内駅より徒歩約10分。
横浜市営地下鉄関内駅より徒歩約11分。
中華街の延平門を入ってすぐ左のところにあり、見かたによっては中華街のなかにあるともいえる。
特色 [編集]
個人の自主性が尊重される自由な校風である。
自分で自分の学びたい科目を選択することができる。一年次では二科目(四単位)。二年次では最大十三科目(三十二単位)。三年自では最大十四科目選ぶことができる。そこに必修科目である一年次では「国語総合」「体育(三単位)」「保健(一単位)」二年次では「体育(二単位)」「保健(一単位)」三年次で「体育(一単位)」が加わる。来年学ぶ選択は6月頃からガイダンスが行われる。
選択科目が豊富であるため、非常勤講師をふくめ教員が約100名ほどいる。
定年退職者再雇用された教員が授業を担当していることも多々ある。
公務員が毎年数名出ている。高校卒業後の就職率が高い。
国際交流も盛んに行われている。2008年は夏休みにオーストラリアへ二週間ホームステイ(ステイ中はホストスクールに通い現地生徒との交流)する企画があった。2009年は春休みを利用しカナダのバンクーバーへ一週間ホームステイを行った。また、受け入れも盛んである今年は台湾から短期の留学生が訪れた。長期の留学生の受け入れも行われている。
サマーキャンプとウィンターキャンプがありウィンターキャンプではスキーができる。これらのキャンプに参加すると一単位もらえる。(しかしさまざまな事情で2008年度以降開催減少傾向にある。)
「産業社会と人間」という総合学科特有の科目が設置されていて、入学後にR-CAPという「適職・適学診断」が行われたり、職業研究や大学研究をする科目である。1年次生は職業、2年次生はフリーテーマの調べ学習をしレポート、ポスターにまとめ、年度末にプレゼンテーションを行う。
・簿記や情報処理などの資格の取得を支援している。

進学や就職、選択科目についてのガイダンスが非常に多い。進学のガイダンスでは大学の先生を招いたりもする。そのため親や先生達と将来の事について話し合う機会が多い。
 国際交流  [編集]
姉妹提携校 これらの学校に春休みなどの期間を利用してホームステイできる。
バンクーバー(カナダ)のブリタニアセカンダリ
ポートランド(アメリカ合衆国)
パース(オーストラリア)
上海(中国)
台北(台湾)
バディー制度
 みなと総合高等学校が独自に実施している国際ボランティア制度。これはみなと総合に交換留学生が訪れた際にホストファミリーになれたり、提携校から留学生が学校見学に来た時に学校を案内したり、一緒に授業を受けたりするパートナーの事を指す。(国際部にて登録できる。)

 設備  [編集]
ほかの横浜市の高校と比べ、敷地は小さい。校庭が無く、テニスコート三面があるのみなので、毎年行われる運動会は三ツ沢競技場を借りて行われる。
公立の高校ではあまり類を見ない地上8階建てで各階に通じるエレベーターが2台ある。ただし古いため、片方のエレベーターは偶に「故障中」と張り紙されていることがある。
冷房暖房が各教室に完備されてはいるが不調の時がある。一番快適に稼働してくれるのは図書室である。
温室プール、トレーニングルーム、格技場が設置されている・
1階の食堂は300席。食堂には「お好み焼ころんぶす」が出張店を経営している。お菓子やアイスなど品揃えが豊富。
約300台のコンピュータが整備されている。Vistaも導入されたが(2010年度に7導入)PCのスペックが極めて低いため作業ができない。
主な出身者 [編集]
港商業高等学校の出身者 [編集]
たかはし智秋(声優)
岩本理恵(バレーボール選手、健祥会レッドハーツ所属)
部活動 [編集]
部活動の入部率は80%でその多くを軽音楽部が占めており「M大派閥」とも呼ばれている。次いで吹奏楽部が多い。
兼部ができる。
運動系‐
硬式テニス部
ソフトテニス部
バドミントン部
バスケットボール部
バレー部
女子フットサル部
男子フットサル部
バトン部
ダンス部
水泳部
ボクシング部 
合気道部
空手部
剣道部
文化部
文芸部
料理部
美術部
吹奏楽部
軽音楽部
写真部
演劇部
書道部
映画研究部
合唱部
茶道部
企画部
イラスト部
パソコン部
ファッション部
関連項目 [編集]
神奈川県高等学校一覧
日本の総合学科設置高等学校一覧
外部リンク [編集]
横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ
横浜市立高等学校改革推進プログラム
この項目「横浜市立みなと総合高等学校」は、神奈川県の学校に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:教育/PJ学校)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%AB%8B%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1」より作成
カテゴリ: 削除依頼中の記事 | 横浜市の公立高等学












現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。

削除についての議論は、削除依頼の依頼サブページで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかどうか検討してください。また、本項目を既に編集されていた方は、自身の編集した記述内容を念のために控えておいてください。

横浜市立みなと総合高等学校

国公私立の別 公立学校(市立)
設置者 横浜市
学区 横浜市内全域
(学区外入学限度8%)
設立年月日 2001年11月15日
開校記念日 10月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 2学期制
所在地 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町231
外部リンク 公式サイト
ウィキポータル 教育
ウィキプロジェクト 学校
表・話・編・歴
横浜市立みなと総合高等学校(よこはましりつ みなとそうごうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市中区にある単位制の市立高等学校。

目次 [非表示]
1 教育(『マニフェスト』より引用)
2 概要
3 交通
4 特色
5  国際交流 
6  設備 
7 主な出身者
7.1 港商業高等学校の出身者
8 部活動
9 関連項目
10 外部リンク


教育(『マニフェスト』より引用) [編集]
学校教育目標 「人間力を高める」 知的向上力 自己表現力 人間関係力
「人間力」とは、「本来人間が有している様々な能力」であると解釈し、その中でも「知的向上力」「自己実現力」「人間関係力」の三つの力を「人間力」を構成する大きな要素としてとらえこれら三つの力を培い教育目標を達成するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
めざす学校像=「学ぶ力を伸長する学校」「キャリア形成を支援する学校」「相互理解を深める学校」を実現するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
生徒教育目標 めざす生徒像=「知識を活用できる生徒」「将来の展望を拓く生徒「暖かな人間関係を築く生徒」」
確かな学力を向上させます。進路意識や目的意識を高めます。相互理解力やコミュニケーション力を養います。
国際理解教育
みなと総合高等学校では、21世紀の国際化社会に対応しうる人材の育成を目指し、学校全体で協力して国際理解教育を実践しています。
--横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ『マニフェスト』
概要 [編集]
横浜市初の総合学科高校として、横浜市立港商業高等学校を改編する形で2001年に設立、翌年開校。
卒業するには3年間在籍し、74単位以上を取得できなければならない。(成績で1がついたら履修2以上で習得)
文化・生活,科学・社会,情報,国際,ビジネスマネジメントと五つの系列がある。
単位制であるため「1年生」などの呼び方ではなく、入学年度に応じた「○期生」という呼称か「一年次」など「○年次」を用いる。また大学の単位制と同様に時間割を自分で作成するという形を取っているため、異なる学年の生徒が同じ授業を受ける場合がある。
校歌の作曲をクレイジーケンバンドの横山剣が担当した(作詞は生徒による)。
生徒の女子比率が非常に高い。現在は男女比1:4ぐらいの比率になっている。
YHMF(横浜ハイスクールミュージックフェスティバル)での優秀バンドが多数。Burst Out Laughing,キャラメルズ,BEATS HOWRINGなどが軽音楽部に在籍していた。
部活動や行事は全て生徒主体という形を取っている。イベントを立ち上げたいと思ったら運営を行う委員会を設立し、企画することができる。
校則は必要最低限しか定められていない。学校設立当時は校則があったのだが、一期生二期生が"「自分たちの責任は自分たちでとれる」"と運動したため校則は縮小された。
交通 [編集]
JR根岸線石川町駅より徒歩約4分。
JR根岸線関内駅より徒歩約10分。
横浜市営地下鉄関内駅より徒歩約11分。
中華街の延平門を入ってすぐ左のところにあり、見かたによっては中華街のなかにあるともいえる。
特色 [編集]
個人の自主性が尊重される自由な校風である。
自分で自分の学びたい科目を選択することができる。一年次では二科目(四単位)。二年次では最大十三科目(三十二単位)。三年自では最大十四科目選ぶことができる。そこに必修科目である一年次では「国語総合」「体育(三単位)」「保健(一単位)」二年次では「体育(二単位)」「保健(一単位)」三年次で「体育(一単位)」が加わる。来年学ぶ選択は6月頃からガイダンスが行われる。
選択科目が豊富であるため、非常勤講師をふくめ教員が約100名ほどいる。
定年退職者再雇用された教員が授業を担当していることも多々ある。
公務員が毎年数名出ている。高校卒業後の就職率が高い。
国際交流も盛んに行われている。2008年は夏休みにオーストラリアへ二週間ホームステイ(ステイ中はホストスクールに通い現地生徒との交流)する企画があった。2009年は春休みを利用しカナダのバンクーバーへ一週間ホームステイを行った。また、受け入れも盛んである今年は台湾から短期の留学生が訪れた。長期の留学生の受け入れも行われている。
サマーキャンプとウィンターキャンプがありウィンターキャンプではスキーができる。これらのキャンプに参加すると一単位もらえる。(しかしさまざまな事情で2008年度以降開催減少傾向にある。)
「産業社会と人間」という総合学科特有の科目が設置されていて、入学後にR-CAPという「適職・適学診断」が行われたり、職業研究や大学研究をする科目である。1年次生は職業、2年次生はフリーテーマの調べ学習をしレポート、ポスターにまとめ、年度末にプレゼンテーションを行う。
・簿記や情報処理などの資格の取得を支援している。

進学や就職、選択科目についてのガイダンスが非常に多い。進学のガイダンスでは大学の先生を招いたりもする。そのため親や先生達と将来の事について話し合う機会が多い。
 国際交流  [編集]
姉妹提携校 これらの学校に春休みなどの期間を利用してホームステイできる。
バンクーバー(カナダ)のブリタニアセカンダリ
ポートランド(アメリカ合衆国)
パース(オーストラリア)
上海(中国)
台北(台湾)
バディー制度
 みなと総合高等学校が独自に実施している国際ボランティア制度。これはみなと総合に交換留学生が訪れた際にホストファミリーになれたり、提携校から留学生が学校見学に来た時に学校を案内したり、一緒に授業を受けたりするパートナーの事を指す。(国際部にて登録できる。)

 設備  [編集]
ほかの横浜市の高校と比べ、敷地は小さい。校庭が無く、テニスコート三面があるのみなので、毎年行われる運動会は三ツ沢競技場を借りて行われる。
公立の高校ではあまり類を見ない地上8階建てで各階に通じるエレベーターが2台ある。ただし古いため、片方のエレベーターは偶に「故障中」と張り紙されていることがある。
冷房暖房が各教室に完備されてはいるが不調の時がある。一番快適に稼働してくれるのは図書室である。
温室プール、トレーニングルーム、格技場が設置されている・
1階の食堂は300席。食堂には「お好み焼ころんぶす」が出張店を経営している。お菓子やアイスなど品揃えが豊富。
約300台のコンピュータが整備されている。Vistaも導入されたが(2010年度に7導入)PCのスペックが極めて低いため作業ができない。
主な出身者 [編集]
港商業高等学校の出身者 [編集]
たかはし智秋(声優)
岩本理恵(バレーボール選手、健祥会レッドハーツ所属)
部活動 [編集]
部活動の入部率は80%でその多くを軽音楽部が占めており「M大派閥」とも呼ばれている。次いで吹奏楽部が多い。
兼部ができる。
運動系‐
硬式テニス部
ソフトテニス部
バドミントン部
バスケットボール部
バレー部
女子フットサル部
男子フットサル部
バトン部
ダンス部
水泳部
ボクシング部 
合気道部
空手部
剣道部
文化部
文芸部
料理部
美術部
吹奏楽部
軽音楽部
写真部
演劇部
書道部
映画研究部
合唱部
茶道部
企画部
イラスト部
パソコン部
ファッション部
関連項目 [編集]
神奈川県高等学校一覧
日本の総合学科設置高等学校一覧
外部リンク [編集]
横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ
横浜市立高等学校改革推進プログラム
この項目「横浜市立みなと総合高等学校」は、神奈川県の学校に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:教育/PJ学校)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%AB%8B%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1」より作成
カテゴリ: 削除依頼中の記事 | 横浜市の公立高等学




















現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。

削除についての議論は、削除依頼の依頼サブページで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかどうか検討してください。また、本項目を既に編集されていた方は、自身の編集した記述内容を念のために控えておいてください。

横浜市立みなと総合高等学校

国公私立の別 公立学校(市立)
設置者 横浜市
学区 横浜市内全域
(学区外入学限度8%)
設立年月日 2001年11月15日
開校記念日 10月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 2学期制
所在地 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町231
外部リンク 公式サイト
ウィキポータル 教育
ウィキプロジェクト 学校
表・話・編・歴
横浜市立みなと総合高等学校(よこはましりつ みなとそうごうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市中区にある単位制の市立高等学校。

目次 [非表示]
1 教育(『マニフェスト』より引用)
2 概要
3 交通
4 特色
5  国際交流 
6  設備 
7 主な出身者
7.1 港商業高等学校の出身者
8 部活動
9 関連項目
10 外部リンク


教育(『マニフェスト』より引用) [編集]
学校教育目標 「人間力を高める」 知的向上力 自己表現力 人間関係力
「人間力」とは、「本来人間が有している様々な能力」であると解釈し、その中でも「知的向上力」「自己実現力」「人間関係力」の三つの力を「人間力」を構成する大きな要素としてとらえこれら三つの力を培い教育目標を達成するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
めざす学校像=「学ぶ力を伸長する学校」「キャリア形成を支援する学校」「相互理解を深める学校」を実現するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
生徒教育目標 めざす生徒像=「知識を活用できる生徒」「将来の展望を拓く生徒「暖かな人間関係を築く生徒」」
確かな学力を向上させます。進路意識や目的意識を高めます。相互理解力やコミュニケーション力を養います。
国際理解教育
みなと総合高等学校では、21世紀の国際化社会に対応しうる人材の育成を目指し、学校全体で協力して国際理解教育を実践しています。
--横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ『マニフェスト』
概要 [編集]
横浜市初の総合学科高校として、横浜市立港商業高等学校を改編する形で2001年に設立、翌年開校。
卒業するには3年間在籍し、74単位以上を取得できなければならない。(成績で1がついたら履修2以上で習得)
文化・生活,科学・社会,情報,国際,ビジネスマネジメントと五つの系列がある。
単位制であるため「1年生」などの呼び方ではなく、入学年度に応じた「○期生」という呼称か「一年次」など「○年次」を用いる。また大学の単位制と同様に時間割を自分で作成するという形を取っているため、異なる学年の生徒が同じ授業を受ける場合がある。
校歌の作曲をクレイジーケンバンドの横山剣が担当した(作詞は生徒による)。
生徒の女子比率が非常に高い。現在は男女比1:4ぐらいの比率になっている。
YHMF(横浜ハイスクールミュージックフェスティバル)での優秀バンドが多数。Burst Out Laughing,キャラメルズ,BEATS HOWRINGなどが軽音楽部に在籍していた。
部活動や行事は全て生徒主体という形を取っている。イベントを立ち上げたいと思ったら運営を行う委員会を設立し、企画することができる。
校則は必要最低限しか定められていない。学校設立当時は校則があったのだが、一期生二期生が"「自分たちの責任は自分たちでとれる」"と運動したため校則は縮小された。
交通 [編集]
JR根岸線石川町駅より徒歩約4分。
JR根岸線関内駅より徒歩約10分。
横浜市営地下鉄関内駅より徒歩約11分。
中華街の延平門を入ってすぐ左のところにあり、見かたによっては中華街のなかにあるともいえる。
特色 [編集]
個人の自主性が尊重される自由な校風である。
自分で自分の学びたい科目を選択することができる。一年次では二科目(四単位)。二年次では最大十三科目(三十二単位)。三年自では最大十四科目選ぶことができる。そこに必修科目である一年次では「国語総合」「体育(三単位)」「保健(一単位)」二年次では「体育(二単位)」「保健(一単位)」三年次で「体育(一単位)」が加わる。来年学ぶ選択は6月頃からガイダンスが行われる。
選択科目が豊富であるため、非常勤講師をふくめ教員が約100名ほどいる。
定年退職者再雇用された教員が授業を担当していることも多々ある。
公務員が毎年数名出ている。高校卒業後の就職率が高い。
国際交流も盛んに行われている。2008年は夏休みにオーストラリアへ二週間ホームステイ(ステイ中はホストスクールに通い現地生徒との交流)する企画があった。2009年は春休みを利用しカナダのバンクーバーへ一週間ホームステイを行った。また、受け入れも盛んである今年は台湾から短期の留学生が訪れた。長期の留学生の受け入れも行われている。
サマーキャンプとウィンターキャンプがありウィンターキャンプではスキーができる。これらのキャンプに参加すると一単位もらえる。(しかしさまざまな事情で2008年度以降開催減少傾向にある。)
「産業社会と人間」という総合学科特有の科目が設置されていて、入学後にR-CAPという「適職・適学診断」が行われたり、職業研究や大学研究をする科目である。1年次生は職業、2年次生はフリーテーマの調べ学習をしレポート、ポスターにまとめ、年度末にプレゼンテーションを行う。
・簿記や情報処理などの資格の取得を支援している。

進学や就職、選択科目についてのガイダンスが非常に多い。進学のガイダンスでは大学の先生を招いたりもする。そのため親や先生達と将来の事について話し合う機会が多い。
 国際交流  [編集]
姉妹提携校 これらの学校に春休みなどの期間を利用してホームステイできる。
バンクーバー(カナダ)のブリタニアセカンダリ
ポートランド(アメリカ合衆国)
パース(オーストラリア)
上海(中国)
台北(台湾)
バディー制度
 みなと総合高等学校が独自に実施している国際ボランティア制度。これはみなと総合に交換留学生が訪れた際にホストファミリーになれたり、提携校から留学生が学校見学に来た時に学校を案内したり、一緒に授業を受けたりするパートナーの事を指す。(国際部にて登録できる。)

 設備  [編集]
ほかの横浜市の高校と比べ、敷地は小さい。校庭が無く、テニスコート三面があるのみなので、毎年行われる運動会は三ツ沢競技場を借りて行われる。
公立の高校ではあまり類を見ない地上8階建てで各階に通じるエレベーターが2台ある。ただし古いため、片方のエレベーターは偶に「故障中」と張り紙されていることがある。
冷房暖房が各教室に完備されてはいるが不調の時がある。一番快適に稼働してくれるのは図書室である。
温室プール、トレーニングルーム、格技場が設置されている・
1階の食堂は300席。食堂には「お好み焼ころんぶす」が出張店を経営している。お菓子やアイスなど品揃えが豊富。
約300台のコンピュータが整備されている。Vistaも導入されたが(2010年度に7導入)PCのスペックが極めて低いため作業ができない。
主な出身者 [編集]
港商業高等学校の出身者 [編集]
たかはし智秋(声優)
岩本理恵(バレーボール選手、健祥会レッドハーツ所属)
部活動 [編集]
部活動の入部率は80%でその多くを軽音楽部が占めており「M大派閥」とも呼ばれている。次いで吹奏楽部が多い。
兼部ができる。
運動系‐
硬式テニス部
ソフトテニス部
バドミントン部
バスケットボール部
バレー部
女子フットサル部
男子フットサル部
バトン部
ダンス部
水泳部
ボクシング部 
合気道部
空手部
剣道部
文化部
文芸部
料理部
美術部
吹奏楽部
軽音楽部
写真部
演劇部
書道部
映画研究部
合唱部
茶道部
企画部
イラスト部
パソコン部
ファッション部
関連項目 [編集]
神奈川県高等学校一覧
日本の総合学科設置高等学校一覧
外部リンク [編集]
横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ
横浜市立高等学校改革推進プログラム
この項目「横浜市立みなと総合高等学校」は、神奈川県の学校に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:教育/PJ学校)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%AB%8B%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1」より作成
カテゴリ: 削除依頼中の記事 | 横浜市の公立高等学 (2010年09月14日 (火) 14時01分)
名前 文字色 削除キー
お返事

[1024] 中区 投稿者:横浜      (2010年09月14日 (火) 13時54分)
中区 (横浜市)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
中区
なかく 国 日本
地方 関東地方
都道府県 神奈川県
市 横浜市
団体コード 14104-6
面積 20.86km²

総人口 145,962人
(推計人口、2010年8月1日)
人口密度 7,000人/km²
隣接自治体
行政区 横浜市:西区、南区、磯子区
区の木
区の花 チューリップ
他のシンボル
中区役所
所在地 〒231-0021 神奈川県
横浜市中区日本大通35番地


外部リンク 中区ホームページ



ウオッちず Google Map bing geohack
mapfan yahoo navitime ゼンリン ちず丸


■テンプレート(■ノート・■解説・■ウィキプロジェクト)
中区(なかく)は、横浜市を構成する18行政区のうちのひとつである。

目次 [非表示]
1 区勢
2 地理
3 歴史
3.1 沿革
4 行政
5 地域
5.1 町名
5.2 健康
5.3 教育
5.3.1 大学
5.3.2 高等学校
5.3.3 中学校
5.3.4 小学校
5.3.5 特別支援学校
5.3.6 学校教育以外の施設
6 主な施設
6.1 博物館・資料館・美術館・動物園など
6.2 公園
6.3 社寺
6.3.1 キリスト教
6.3.2 神道
6.3.3 仏教
6.3.4 その他
6.4 レジャー施設
6.5 商店街
7 交通
7.1 鉄道
7.2 路線バス
7.3 船
7.4 道路
8 出身有名人
9 関連項目
10 脚注
11 外部リンク


区勢 [編集]
神奈川県庁や横浜市庁、横浜地方裁判所、神奈川県警察本部など、神奈川県内の行政機関が集中している中心的な区である。金融機関や企業の本店・支店も多い。近年は都心回帰や、みなとみらい線開通の影響によりマンションが増えたため、人口は増加傾向にある。横浜市で人口の4.0%(2009年10月)、面積の4.7%(同)をしめる。

区の特徴として歴史的に国際色豊かであるため、人口における外国人登録人口が11.1%(2009年10月)と横浜市平均の2.2%(同)、全国平均の1.7%(2008年12月)と比べ高い。また、中華街を擁するため中国籍の割合が54.2%(2009年10月)と最も高い。横浜市全体の41.5%(同)と比べても高いことが分る。次いで韓国・朝鮮籍が17.5%(同)、フィリピン籍が5.8%(同)、米国籍が5.0%(同)と続いている[1]。

地理 [編集]
北部の平地には港側からビジネス街、繁華街、そして住宅街が主体になっている。中南部は内陸側が高台で「山手町」を中心としたいわゆる「山手」と呼ばれる地区は昔からの住宅地である。海岸側は全て埋め立てられて自然海岸は無く、北は新港・山下公園などの観光地で、南は埠頭・製油所などの重化学工業地帯で、横浜港の中心となっている。

川は北部を大岡川と分流である中村川が横断している。2002年にはタマちゃんが現れ話題になったことがある。交通は区内の中央をJR根岸線が縦断し、国道や首都高速は北部を縦横断して中南部は海岸沿いを通っている。

歴史 [編集]
明治以前は武蔵国久良岐郡の一部であった。

1859年、横浜港が開港する。関内地区を居留地として外国人で栄える。

戦前は絹の貿易で栄え、バルモン商会やシーベル・ブレンワルト商会など、多くの外国商社が軒を連ねていた。本町通りの一本南側にある「シルク通り」は、その名残である。インド人商人なども多かったが、現在は大半が他都市に移動するか帰国している。また英国総領事館やフランス領事館も中区に置かれていた。

航空機が移動手段の主流になる以前は、貨客船などで海外に出る移民の多くがこの地を訪れており、移民乗船の斡旋と宿泊業を行う外航旅館(移民宿)が多かった。また、山手にはかつてイギリス軍やフランス軍が駐屯していた。「フランス山」などの地名はその名残である。フランス山は、戦後しばらく仏領で、その後横浜市が買い戻した。

第二次世界大戦後は区内の大半がアメリカ軍に接収され、復興に大きな支障を来した。1970年代から1980年代にかけて主な接収は解除となったが、現在も根岸森林公園に隣接する区南西部には南区、磯子区にまたがる根岸住宅地区が存在する。また、YC&ACなどの外国人向けのスポーツクラブやインターナショナルスクールがある。

沿革 [編集]
1859年7月4日 - 横浜対外開港
1899年 - 外国人居留地回収
1927年10月1日 - 横浜市の区制施行に伴い誕生。
旧横浜区及び久良岐郡中村、本牧村、根岸村(西根岸町を除く)、戸太町(平沼地区を除く)、大岡川村、日下村(日野・笹下のみ)、及び橘樹郡保土ケ谷町下岩間の大部分を区域とする。
1930年 - 山下公園開園
1936年10月1日 - 鎌倉郡永野村を編入。(後に南区として分区、現在の港南区西部)
1943年12月1日 - 南区を分区。(寿・大岡両警察署管内)
神奈川区より戸部警察署管内の各町を編入。西久保町を保土ケ谷区へ編入。
1944年4月1日 - 西区を分区。(戸部警察署管内)
1945年5月29日 - 横浜大空襲。死傷者・行方不明者あわせて14,157名。
1945年 - 区内面積の74パーセントが米軍による接収を受ける。区内の港湾施設の約9割も接収を受ける。
1952年 - 大さん橋の接収が解除。
1982年3月31日 - 本牧・新山下地区が返還され、住宅地などが造営される。
行政 [編集]
区長:中上直
地域 [編集]
横浜を代表する有名な地域が多い。なお地域名と正式な住居表示が異なる所もあるので注意。

関内地区
馬車道
日本大通り
新港
山手・山下地区
横浜中華街
新山下
関外地区
伊勢佐木町
寿町
元町・石川地区
野毛地区
黄金町
北方地区
本牧北部地区
本牧南部地区
根岸地区
町名 [編集]
日本大通
横浜公園
新港一丁目・二丁目
海岸通
海岸通1丁目 - 5丁目
元浜町1丁目 - 4丁目
北仲通1丁目 - 6丁目
本町1丁目 - 6丁目
南仲通1丁目 - 5丁目
弁天通1丁目 - 6丁目
太田町1丁目 - 6丁目
相生町1丁目 - 6丁目
住吉町1丁目 - 6丁目
常盤町1丁目 - 6丁目
尾上町1丁目 - 6丁目
真砂町1丁目 - 4丁目
港町1丁目 - 6丁目
山下町
元町1丁目 - 5丁目
新山下一丁目 - 三丁目
内田町
桜木町1丁目 - 3丁目
花咲町1丁目 - 3丁目
野毛町1丁目 - 4丁目
宮川町1丁目 - 3丁目
日ノ出町1丁目・2丁目
初音町1丁目 - 3丁目
黄金町1丁目・2丁目
英町
赤門町1丁目
吉田町
福富町西通
福富町仲通
福富町東通
伊勢佐木町1丁目 - 7丁目
末広町1丁目 - 3丁目
羽衣町1丁目 - 3丁目
蓬莱町1丁目 - 3丁目
末吉町1丁目 - 4丁目
若葉町
若葉町1丁目 - 3丁目
曙町1丁目 - 5丁目
弥生町1丁目 - 5丁目
万代町1丁目 - 3丁目
不老町1丁目 - 3丁目
翁町1丁目・2丁目
扇町1丁目 - 4丁目
寿町1丁目 - 4丁目
松影町1丁目 - 4丁目
吉浜町
長者町1丁目 - 9丁目
山吹町
富士見町
山田町
千歳町
三吉町
石川町1丁目 - 5丁目
山手町
諏訪町
妙香寺台
麦田町1丁目 - 4丁目
上野町1丁目 - 4丁目
千代崎町1丁目 - 4丁目
北方町1丁目・2丁目
小港町1丁目 - 3丁目
本郷町1丁目 - 3丁目
本牧町1丁目・2丁目
錦町
本牧ふ頭
本牧原
本牧宮原
和田山
本牧十二天
本牧緑ケ丘
本牧満坂
本牧荒井
本牧和田
本牧三之谷
本牧大里町
本牧元町
本牧間門
豊浦町
柏葉
かもめ町
鷺山
竹之丸
西竹之丸
大和町1丁目・2丁目
立野
西之谷町
打越
山元町1丁目 - 5丁目
大平町
大芝台
簑沢
塚越
寺久保
仲尾台
滝之上
矢口台
豆口台
池袋
根岸台
根岸旭台
根岸加曽台
根岸町
根岸町1丁目 - 3丁目
千鳥町
南本牧


健康 [編集]
平均年齢 44.91歳(2010年1月1日)
教育 [編集]
大学 [編集]
フェリス女学院大学
東京芸術大学大学院映像研究科
関東学院大学KGUメディアセンター
高等学校 [編集]
県立
神奈川県立横浜緑ヶ丘高等学校
神奈川県立横浜立野高等学校
市立
横浜市立横浜総合高等学校
横浜市立みなと総合高等学校
私立
フェリス女学院高等学校
横浜山手女子高等学校
横浜雙葉高等学校
横浜共立学園高等学校
横浜女学院高等学校
聖光学院高等学校


中学校 [編集]
市立
横浜市立大鳥中学校
横浜市立仲尾台中学校
横浜市立富士見中学校
横浜市立本牧中学校
横浜市立港中学校
横浜市立吉田中学校
私立
フェリス女学院中学校
横浜山手女子中学校
横浜雙葉中学校
横浜共立学園中学校
横浜女学院中学校
聖光学院中学校


小学校 [編集]
横浜市立大鳥小学校
(旧:大鳥国民学校で横浜大空襲での攻撃目標の1つであった。また敗戦後に東条英機が自殺未遂で収容された米軍病院が一時期置かれた)
横浜市立北方小学校
横浜市立立野小学校
横浜市立本町小学校
横浜市立本牧小学校
横浜市立本牧南小学校
横浜市立間門小学校
横浜市立元街小学校
横浜市立山元小学校
横浜国立大学教育人間科学部附属横浜小学校
特別支援学校 [編集]
横浜市立浦舟特別支援学校・横浜市立みなと赤十字病院院内学級
聖坂養護学校
横浜訓盲学院
各種学校
準学校法人立

サンモール・インターナショナルスクール
横濱中華學院
横浜インターナショナルスクール
その他
横浜インターナショナル・クリスチャン・アカデミー
学校教育以外の施設 [編集]
政治教育機関
かながわ政治大学校
職業訓練
港湾職業能力開発短期大学校横浜校(職業能力開発促進法に基づく職業能力開発短期大学校)
主な施設 [編集]
博物館・資料館・美術館・動物園など [編集]

横浜市開港記念会館
横浜開港資料館
神奈川近代文学館
馬の博物館
山下公園とマリンタワー
港の見える丘公園
横浜海岸教会
山手資料館
外国人墓地神奈川県立歴史博物館
横浜市開港記念会館
横浜税関
日本郵船歴史博物館
ブリキのおもちゃ博物館
横浜情報文化センター
放送ライブラリー
日本新聞博物館
シルク博物館
横浜開港資料館
神奈川近代文学館
山手資料館
海外移住資料館
横浜ユーラシア文化館
横浜都市発展記念館
機械仕掛けのおもちゃ館(横浜マリンタワー内)
日本郵船氷川丸
ヨコハマ猫の美術館
横浜アイランドタワー(BankART 1929)
横浜市民ギャラリー
横浜人形の家
関内ホール
ゲーテ座(岩崎記念館)
馬の博物館(乗馬施設あり)
公園 [編集]
大通り公園
横浜公園(横浜スタジアム)
山下公園
港の見える丘公園
アメリカ山公園(2009年春完成予定)
元町公園
山手公園
山手イタリア山庭園
三渓園
根岸森林公園(横濱競馬場跡)
新本牧公園
本牧臨海公園
本牧市民公園
本牧山頂公園
本牧いずみ公園
社寺 [編集]
キリスト教 [編集]
カトリック山手教会
横浜山手聖公会 日本聖公会系
横浜クライスト・チャーチ 日本聖公会系
ミッションズ・ツゥ・シーフェアラーズ礼拝堂 日本聖公会系
横浜指路教会 日本基督教団系
日本基督公会(現:横浜海岸教会)日本最古のプロテスタント教会 日本基督教会系
本牧めぐみ教会 日本基督教団系
横浜華僑基督教会 キリスト教系単立
横浜ユニオン教会 キリスト教系単立
横浜教会 在日大韓基督教団系
横浜教会 日本バプテスト同盟系
横浜山手外国人墓地
横浜根岸外国人墓地
神道 [編集]
本牧神社(旧称 本牧十二天社)
厳島神社
諏訪神社
皇大神宮
琴平神社
仏教 [編集]
慈音寺 天台宗
天徳寺 真言宗
多聞院 真言宗
千蔵寺 真言宗
真福寺 真言宗
東福寺 真言宗
宗光寺 真言宗
東漸寺 真言宗
宝光寺 浄土真宗本願寺派
西教寺 浄土真宗大谷派
願西寺 浄土真宗大谷派
蓮光寺 浄土真宗大谷派
清水寺 曹洞宗
西有寺 曹洞宗
妙香寺 日蓮宗
善行寺 日蓮宗
圓大院 日蓮宗
大圓寺 日蓮宗
観音寺 仏教系単立
その他 [編集]
横浜中華街関帝廟
横濱媽祖廟
地蔵王廟
打越霊泉
打越橋(かつて自殺の名所だった)
バンドホテル(1999年廃業)
レジャー施設 [編集]
万葉の湯
よこはまコスモワールド
コレットマーレ
横浜ブルク13
横浜ワールドポーターズ
ワーナーマイカルシネマズMM21
横浜赤レンガ倉庫
横浜大さん橋(上部は自由広場[くじらのせなか])
日本郵船 氷川丸(2008年04月25日より再公開)
横浜マリンタワー(2009年5月23日より再公開)
横浜大世界
よしもと おもしろ水族館
マイカル本牧
MOVIX本牧
本牧海づり施設
横浜港シンボルタワー
商店街 [編集]
横浜中華街
元町商店街
馬車道商店街
横濱コレクターズモール
伊勢佐木町商店街と伊勢佐木町1・2丁目地区商店街
野毛桜通
浜ッ子通り
横浜橋通商店街(中心は南区)
日ノ出町駅前商店街
黄金阪東大通
山元町商店街
交通 [編集]
鉄道 [編集]
JR根岸線
- 桜木町駅 - 関内駅 - 石川町駅 - 山手駅 -
横浜市営地下鉄ブルーライン
- 桜木町駅 - 関内駅 - 伊勢佐木長者町駅 - 阪東橋駅 -
京急線
- 日ノ出町駅 -
みなとみらい線
- 馬車道駅 - 日本大通り(県庁・大さん橋)駅 - 元町・中華街(山下公園)駅
貨物線
神奈川臨海鉄道本牧線
東海道貨物線(高島線)
路線バス [編集]
横浜市営バス
本牧営業所
神奈川中央交通
京浜急行バス
相模鉄道
江ノ島電鉄
船 [編集]
シーバス(ポートサービス)
水上バス(京浜フェリーポート)
道路 [編集]
高速道路
首都高速道路 - 横羽線・狩場線・湾岸線
IC - みなとみらい・横浜公園・石川町・山下町・新山下・本牧ふ頭・三渓園
一般国道
国道16号
国道133号
国道357号
横浜ベイブリッジ(上部は湾岸線・下部は国道357号。対岸は鶴見区)
遊歩道
汽車道
山下臨港線プロムナード
出身有名人 [編集]
大佛次郎
ザ・ゴールデン・カップス(一部メンバーは違うが、バンド自体は本牧が発祥)
横山剣(クレイジーケンバンド)
夏目一人(夏目漱石の曾孫)
周富徳
渡辺真理
Dream Line Out
大渡亮
石川徳右衛門(旧横浜村名主)
山口美江(タレント)
朝岡聡(アナウンサー)
周富輝
荻野アンナ
夏目雅子 (女優)
余貴美子(女優)
河岡潮風(作家)
倉持明(元プロ野球選手、現野球解説者)
吉川英治(作家)
たかはし智秋(声優)
原由子
松本梨香
伊東潤(歴史小説家)
関連項目 [編集]
横浜浮浪者襲撃殺人事件 - 1983年
中区 - 全国の中区の一覧
脚注 [編集]
^ 横浜市人口統計 [1]、法務局発表 [2]
外部リンク [編集]
横浜市中区役所 中区の歴史を碑もとく絵地図、緑と洋館の巡り道など
[隠す]表・話・編・歴神奈川県の自治体等

横浜市 鶴見区 | 神奈川区 | 西区 | 中区 | 南区 | 保土ケ谷区 | 磯子区 | 金沢区 | 港北区 | 戸塚区 | 港南区 | 旭区 | 緑区 | 瀬谷区 | 栄区 | 泉区 | 青葉区 | 都筑区

川崎市 川崎区 | 幸区 | 中原区 | 高津区 | 多摩区 | 宮前区 | 麻生区

相模原市 緑区 | 中央区 | 南区

その他市部 横須賀市 | 平塚市 | 鎌倉市 | 藤沢市 | 小田原市 | 茅ヶ崎市 | 逗子市 | 三浦市 | 秦野市 | 厚木市 | 大和市 | 伊勢原市 | 海老名市 | 座間市 | 南足柄市 | 綾瀬市

三浦郡 葉山町

高座郡 寒川町

中郡 大磯町 | 二宮町

足柄上郡 中井町 | 大井町 | 松田町 | 山北町 | 開成町

足柄下郡 箱根町 | 真鶴町 | 湯河原町

愛甲郡 愛川町 | 清川村


この「中区 (横浜市)」は日本の市区町村に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています(P:日本の都道府県/PJ:日本の市町村)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%8C%BA_(%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82)」より作成
カテゴリ: 横浜市の区 | 中区 (横浜市)
隠しカテゴリ: 日本の市町村のスタブ項目 | ページサイズ順市町村ページ一覧 (大)

名前 文字色 削除キー
お返事

[1023] みなと 投稿者:横浜      (2010年09月14日 (火) 13時53分)
浜市立みなと総合高等学校(よこはましりつ みなとそうごうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市中区にある単位制の市立高等学校。

目次 [非表示]



1 教育(『マニフェスト』より引用)
2 概要
3 交通
4 特色
5  国際交流 
6  設備 
7 主な出身者
7.1 港商業高等学校の出身者
8 部活動
9 関連項目
10 外部リンク


教育(『マニフェスト』より引用) [編集]
学校教育目標 「人間力を高める」 知的向上力 自己表現力 人間関係力
「人間力」とは、「本来人間が有している様々な能力」であると解釈し、その中でも「知的向上力」「自己実現力」「人間関係力」の三つの力を「人間力」を構成する大きな要素としてとらえこれら三つの力を培い教育目標を達成するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
めざす学校像=「学ぶ力を伸長する学校」「キャリア形成を支援する学校」「相互理解を深める学校」を実現するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
生徒教育目標 めざす生徒像=「知識を活用できる生徒」「将来の展望を拓く生徒「暖かな人間関係を築く生徒」」
確かな学力を向上させます。進路意識や目的意識を高めます。相互理解力やコミュニケーション力を養います。
国際理解教育
みなと総合高等学校では、21世紀の国際化社会に対応しうる人材の育成を目指し、学校全体で協力して国際理解教育を実践しています。
--横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ『マニフェスト』
概要 [編集]
横浜市初の総合学科高校として、横浜市立港商業高等学校を改編する形で2001年に設立、翌年開校。
卒業するには3年間在籍し、74単位以上を取得できなければならない。(成績で1がついたら履修2以上で習得)
文化・生活,科学・社会,情報,国際,ビジネスマネジメントと五つの系列がある。
単位制であるため「1年生」などの呼び方ではなく、入学年度に応じた「○期生」という呼称か「一年次」など「○年次」を用いる。また大学の単位制と同様に時間割を自分で作成するという形を取っているため、異なる学年の生徒が同じ授業を受ける場合がある。
校歌の作曲をクレイジーケンバンドの横山剣が担当した(作詞は生徒による)。
生徒の女子比率が非常に高い。現在は男女比1:4ぐらいの比率になっている。
YHMF(横浜ハイスクールミュージックフェスティバル)での優秀バンドが多数。Burst Out Laughing,キャラメルズ,BEATS HOWRINGなどが軽音楽部に在籍していた。
部活動や行事は全て生徒主体という形を取っている。イベントを立ち上げたいと思ったら運営を行う委員会を設立し、企画することができる。
校則は必要最低限しか定められていない。学校設立当時は校則があったのだが、一期生二期生が"「自分たちの責任は自分たちでとれる」"と運動したため校則は縮小された。
交通 [編集]
JR根岸線石川町駅より徒歩約4分。
JR根岸線関内駅より徒歩約10分。
横浜市営地下鉄関内駅より徒歩約11分。
中華街の延平門を入ってすぐ左のところにあり、見かたによっては中華街のなかにあるともいえる。
特色 [編集]
個人の自主性が尊重される自由な校風である。
自分で自分の学びたい科目を選択することができる。一年次では二科目(四単位)。二年次では最大十三科目(三十二単位)。三年自では最大十四科目選ぶことができる。そこに必修科目である一年次では「国語総合」「体育(三単位)」「保健(一単位)」二年次では「体育(二単位)」「保健(一単位)」三年次で「体育(一単位)」が加わる。来年学ぶ選択は6月頃からガイダンスが行われる。
選択科目が豊富であるため、非常勤講師をふくめ教員が約100名ほどいる。
定年退職者再雇用された教員が授業を担当していることも多々ある。
公務員が毎年数名出ている。高校卒業後の就職率が高い。
国際交流も盛んに行われている。2008年は夏休みにオーストラリアへ二週間ホームステイ(ステイ中はホストスクールに通い現地生徒との交流)する企画があった。2009年は春休みを利用しカナダのバンクーバーへ一週間ホームステイを行った。また、受け入れも盛んである今年は台湾から短期の留学生が訪れた。長期の留学生の受け入れも行われている。
サマーキャンプとウィンターキャンプがありウィンターキャンプではスキーができる。これらのキャンプに参加すると一単位もらえる。(しかしさまざまな事情で2008年度以降開催減少傾向にある。)
「産業社会と人間」という総合学科特有の科目が設置されていて、入学後にR-CAPという「適職・適学診断」が行われたり、職業研究や大学研究をする科目である。1年次生は職業、2年次生はフリーテーマの調べ学習をしレポート、ポスターにまとめ、年度末にプレゼンテーションを行う。
・簿記や情報処理などの資格の取得を支援している。

進学や就職、選択科目についてのガイダンスが非常に多い。進学のガイダンスでは大学の先生を招いたりもする。そのため親や先生達と将来の事について話し合う機会が多い。
 国際交流  [編集]
姉妹提携校 これらの学校に春休みなどの期間を利用してホームステイできる。
バンクーバー(カナダ)のブリタニアセカンダリ
ポートランド(アメリカ合衆国)
パース(オーストラリア)
上海(中国)
台北(台湾)
バディー制度
 みなと総合高等学校が独自に実施している国際ボランティア制度。これはみなと総合に交換留学生が訪れた際にホストファミリーになれたり、提携校から留学生が学校見学に来た時に学校を案内したり、一緒に授業を受けたりするパートナーの事を指す。(国際部にて登録できる。)

 設備  [編集]
ほかの横浜市の高校と比べ、敷地は小さい。校庭が無く、テニスコート三面があるのみなので、毎年行われる運動会は三ツ沢競技場を借りて行われる。
公立の高校ではあまり類を見ない地上8階建てで各階に通じるエレベーターが2台ある。ただし古いため、片方のエレベーターは偶に「故障中」と張り紙されていることがある。
冷房暖房が各教室に完備されてはいるが不調の時がある。一番快適に稼働してくれるのは図書室である。
温室プール、トレーニングルーム、格技場が設置されている・
1階の食堂は300席。食堂には「お好み焼ころんぶす」が出張店を経営している。お菓子やアイスなど品揃えが豊富。
約300台のコンピュータが整備されている。Vistaも導入されたが(2010年度に7導入)PCのスペックが極めて低いため作業ができない。

名前 文字色 削除キー
お返事

[1022] みなと 投稿者:横浜      (2010年09月14日 (火) 13時51分)
浜市立みなと総合高等学校(よこはましりつ みなとそうごうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市中区にある単位制の市立高等学校。

目次 [非表示]
1 教育(『マニフェスト』より引用)
2 概要
3 交通
4 特色
5  国際交流 
6  設備 
7 主な出身者
7.1 港商業高等学校の出身者
8 部活動
9 関連項目
10 外部リンク


教育(『マニフェスト』より引用) [編集]
学校教育目標 「人間力を高める」 知的向上力 自己表現力 人間関係力
「人間力」とは、「本来人間が有している様々な能力」であると解釈し、その中でも「知的向上力」「自己実現力」「人間関係力」の三つの力を「人間力」を構成する大きな要素としてとらえこれら三つの力を培い教育目標を達成するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
めざす学校像=「学ぶ力を伸長する学校」「キャリア形成を支援する学校」「相互理解を深める学校」を実現するために、真摯に生徒に向き合い、日々教育実践に励みます。
生徒教育目標 めざす生徒像=「知識を活用できる生徒」「将来の展望を拓く生徒「暖かな人間関係を築く生徒」」
確かな学力を向上させます。進路意識や目的意識を高めます。相互理解力やコミュニケーション力を養います。
国際理解教育
みなと総合高等学校では、21世紀の国際化社会に対応しうる人材の育成を目指し、学校全体で協力して国際理解教育を実践しています。
--横浜市立みなと総合高校 公式ホームページ『マニフェスト』
概要 [編集]
横浜市初の総合学科高校として、横浜市立港商業高等学校を改編する形で2001年に設立、翌年開校。
卒業するには3年間在籍し、74単位以上を取得できなければならない。(成績で1がついたら履修2以上で習得)
文化・生活,科学・社会,情報,国際,ビジネスマネジメントと五つの系列がある。
単位制であるため「1年生」などの呼び方ではなく、入学年度に応じた「○期生」という呼称か「一年次」など「○年次」を用いる。また大学の単位制と同様に時間割を自分で作成するという形を取っているため、異なる学年の生徒が同じ授業を受ける場合がある。
校歌の作曲をクレイジーケンバンドの横山剣が担当した(作詞は生徒による)。
生徒の女子比率が非常に高い。現在は男女比1:4ぐらいの比率になっている。
YHMF(横浜ハイスクールミュージックフェスティバル)での優秀バンドが多数。Burst Out Laughing,キャラメルズ,BEATS HOWRINGなどが軽音楽部に在籍していた。
部活動や行事は全て生徒主体という形を取っている。イベントを立ち上げたいと思ったら運営を行う委員会を設立し、企画することができる。
校則は必要最低限しか定められていない。学校設立当時は校則があったのだが、一期生二期生が"「自分たちの責任は自分たちでとれる」"と運動したため校則は縮小された。
交通 [編集]
JR根岸線石川町駅より徒歩約4分。
JR根岸線関内駅より徒歩約10分。
横浜市営地下鉄関内駅より徒歩約11分。
中華街の延平門を入ってすぐ左のところにあり、見かたによっては中華街のなかにあるともいえる。
特色 [編集]
個人の自主性が尊重される自由な校風である。
自分で自分の学びたい科目を選択することができる。一年次では二科目(四単位)。二年次では最大十三科目(三十二単位)。三年自では最大十四科目選ぶことができる。そこに必修科目である一年次では「国語総合」「体育(三単位)」「保健(一単位)」二年次では「体育(二単位)」「保健(一単位)」三年次で「体育(一単位)」が加わる。来年学ぶ選択は6月頃からガイダンスが行われる。
選択科目が豊富であるため、非常勤講師をふくめ教員が約100名ほどいる。
定年退職者再雇用された教員が授業を担当していることも多々ある。
公務員が毎年数名出ている。高校卒業後の就職率が高い。
国際交流も盛んに行われている。2008年は夏休みにオーストラリアへ二週間ホームステイ(ステイ中はホストスクールに通い現地生徒との交流)する企画があった。2009年は春休みを利用しカナダのバンクーバーへ一週間ホームステイを行った。また、受け入れも盛んである今年は台湾から短期の留学生が訪れた。長期の留学生の受け入れも行われている。
サマーキャンプとウィンターキャンプがありウィンターキャンプではスキーができる。これらのキャンプに参加すると一単位もらえる。(しかしさまざまな事情で2008年度以降開催減少傾向にある。)
「産業社会と人間」という総合学科特有の科目が設置されていて、入学後にR-CAPという「適職・適学診断」が行われたり、職業研究や大学研究をする科目である。1年次生は職業、2年次生はフリーテーマの調べ学習をしレポート、ポスターにまとめ、年度末にプレゼンテーションを行う。
・簿記や情報処理などの資格の取得を支援している。

進学や就職、選択科目についてのガイダンスが非常に多い。進学のガイダンスでは大学の先生を招いたりもする。そのため親や先生達と将来の事について話し合う機会が多い。
 国際交流  [編集]
姉妹提携校 これらの学校に春休みなどの期間を利用してホームステイできる。
バンクーバー(カナダ)のブリタニアセカンダリ
ポートランド(アメリカ合衆国)
パース(オーストラリア)
上海(中国)
台北(台湾)
バディー制度
 みなと総合高等学校が独自に実施している国際ボランティア制度。これはみなと総合に交換留学生が訪れた際にホストファミリーになれたり、提携校から留学生が学校見学に来た時に学校を案内したり、一緒に授業を受けたりするパートナーの事を指す。(国際部にて登録できる。)

 設備  [編集]
ほかの横浜市の高校と比べ、敷地は小さい。校庭が無く、テニスコート三面があるのみなので、毎年行われる運動会は三ツ沢競技場を借りて行われる。
公立の高校ではあまり類を見ない地上8階建てで各階に通じるエレベーターが2台ある。ただし古いため、片方のエレベーターは偶に「故障中」と張り紙されていることがある。
冷房暖房が各教室に完備されてはいるが不調の時がある。一番快適に稼働してくれるのは図書室である。
温室プール、トレーニングルーム、格技場が設置されている・
1階の食堂は300席。食堂には「お好み焼ころんぶす」が出張店を経営している。お菓子やアイスなど品揃えが豊富。
約300台のコンピュータが整備されている。Vistaも導入されたが(2010年度に7導入)PCのスペックが極めて低いため作業ができない。

名前 文字色 削除キー
お返事

[1021]    投稿者:        (2010年09月14日 (火) 13時50分)
  


名前 文字色 削除キー
お返事

[1020]     投稿者:       (2010年09月14日 (火) 13時50分)
 

名前 文字色 削除キー
お返事

[1019]                投稿者:      (2010年09月14日 (火) 13時49分)





















































  



















































































                                                                

























































































































































                     



















































            

















名前 文字色 削除キー
お返事






Number
Pass

Lenovo週末限定クーポンThinkPadを買おう!
無料で掲示板を作ろう
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板