【コミュ障でも楽しい!】レンタカーの回送ドライバー

☆☆☆☆横浜市立みなと総合高等学校☆☆☆☆

かきまくれ!!

ホームページへ戻る

題 名 メール
名 前 URL

文字色

削除キー (半角英数 8文字以内) クッキーの保存



[1046] よこはま 投稿者:横浜                           (2010年09月14日 (火) 14時25分)
一行は六浦藩小柴村沖(現在の金沢区八景島周辺)に無許可のまま2か月間投錨し、幕府の対応を待った後に横浜沖へと進み入り、その後幕府は横浜村に設営した応接所で外一行は六浦藩小柴村沖(現在の金沢区八景島周辺)に無許可のまま2か月間投錨し、幕府の対応を待った後に横浜沖へと進み入り、その後幕府は横浜村に設営した応接所で外一行は六浦藩小柴村沖(現在の金沢区八景島周辺)に無許可のまま2か月間投錨し、幕府の対応を待った後に横浜沖へと進み入り、その後幕府は横浜村に設営した応接所で外

[1047] 横浜                           > 波止場(イギリス波止場)と西波止場(税関波止場)が設置され、東西波止場はその形から「象の鼻」と呼ばれた。象の鼻は、現在の大さん橋の付け根部分にあたる。ここでの貿易は、生糸、茶、海産物が輸出され、絹織物、毛織物が輸入された。明治5年9月12日(1872年10月14日)には、新橋(後の汐留駅。現在は廃止)と横浜(現在の桜木町駅)をつなぐ鉄道が開業し、新橋・横浜それぞれの会場で盛大に開業式典が執り行われた。同年には、神奈川駅(現在の横浜駅近傍)と鶴見駅も開設されている。当時、生糸貿易の主導権は外国商館にあった。そのため、横浜商人と呼ばれた日本人貿易商は、1873年(明治6年)には生糸改会社を設立して競争力を高め、1881年(明治14年)には生糸荷預所を設立して生糸貿易の主導権確立に努めた。また、横浜商人たちは、県営水道の設置(1887年(明治20年))、横浜共同電灯会社の設立(1890年(明治23年))、十全病院の設立(1891年(明治24年))、生糸検査所、商業会議所の設立(1895年(明治28年))など、都市基盤の整備と商業の発達に大きく寄与した。

1909年(明治42年)には開港50周年を迎え、この年の7月1日[12]から3日間にわたって、横浜開港50年祭と銘打った数々の記念行事が催され、「全市は殆ど家族打連れて外出せしやの観あり」と伝えられた[13]。できたばかりの新港埠頭で行われた式典では、森鴎外の作詞による横浜市歌が、市内小学生の合唱によって初めて披露され、各国艦船は祝砲を放った。また、このとき、市章の「浜菱」が制定され、市民の寄付による開港記念横浜会館(1917年(大正6年)竣工。現・横浜市開港記念会館、ジャックの塔)の建設が計画されるなど、市制施行20周年とあわせて盛大に祝われた。大正時代に入ると、鶴見川河口の埋立が始まって京浜工業地帯が形成され始め、横浜港は工業港としての性格をも持ち始めることとなる。

震災と戦災・接収の時代 [編集]
(2010年09月14日 (火) 14時26分)
名前 文字色 削除キー
お返事

[1045] よこはま 投稿者:横浜                           (2010年09月14日 (火) 14時24分)
横浜市は東京都心から南へ約30km、東京湾に面した神奈川県で最大の都市である。市政の中心地は関内地区(中区の関内駅周辺)で、市域の中央駅は横浜駅(西区)[2]。経済活動の中心は関内地区から約3km北の横浜駅周辺地区と分断されており、両地区の中間に位置する横浜みなとみらい21地区(桜木町駅周辺)の開発を進めて、横浜都心の一体的発展を進めている。

市域は、鎌倉に鎌倉幕府が置かれた鎌倉時代から本格的に開発され始めた。江戸時代には江戸幕府が置かれた江戸に近いため、幕府直轄地や旗本領が大部分を占め、藩は小規模な六浦藩(金沢区)のみがおかれた。また、大きな港を持たない鎌倉幕府の海の玄関口として六浦湊(金沢区六浦)が、江戸湾(東京湾)内海交通の要衝として神奈川湊(神奈川宿、神奈川区神奈川)が、早くから栄えた。江戸時代末期には、神奈川沖・小柴(旧・六浦湊外周部)で締結された日米修好通商条約により、「神奈川」を開港場にすることが定められた。

実際には神奈川湊の対岸にある横浜村[3](現在の中区関内地区)に新たに港湾施設が建設され、短期間に国際港の体裁を整えた。1859年7月1日(旧暦:安政6年6月2日)に開かれた横浜港は「金港」とも呼ばれ、生糸貿易港、商業港、旅客港として、また工業港として急速に発展。横浜を日本の代表的な国際港湾都市へと発展させる礎となった。

1889年(明治22年)4月1日に市制が施行され、横浜市となった[4]。市域の面積は、市制施行時には横浜港周辺の5.4km² にすぎなかったが、6次にわたる拡張と埋立てにより437.38km² (平成18年)となっている。

1927年(昭和2年)の区制施行で市域は5区に分けられ、周辺町村の合併と区域の再編を経て、行政区の数は18区となっている。市制施行時の横浜市の人口は約12万人だったが、その後は第二次世界大戦中の一時期を除いて増加の一途をたどり、現在では約367万人となった。これは日本の市では最も多く、人口集中地区人口も東京特別区に次ぐ。1956年(昭和31年)には政令指定都市に[5]、1988年(昭和63年)には業務核都市に指定された[6]。

市域は比較的広大であり、都市計画道路環状2号線の内側が既成市街地とみなしていい。横浜都心は横浜駅周辺からみなとみらい21、関内、関外周辺を指す。そのほかの郊外区は首都圏への人口集中によるスプロール化した市街地が散在しており、都市基盤整備の推進が必要とされる。副都心として新横浜、上大岡、二俣川、鶴見、戸塚、港北ニュータウンがある。港北ニュータウンは横浜市の都市計画事業として都筑区を中心に発展し、横浜市営地下鉄ブルーラインやグリーンラインによって横浜都心や各鉄道網と結ばれている。多摩田園都市をはじめとした市内北西部は東京都心のベッドタウンとして開発された為、鉄道網も東京からの放射線が軸となり、東京都心へ通勤通学人口が多い。(詳細は後述)

地理 [編集]

横浜市のランドサット画像[7] 市域は神奈川県の東部にあたり、東経139度43分31秒(鶴見区扇島)から139度27分52秒(瀬谷区目黒町)、北緯35度35分33秒(青葉区美しが丘西)から35度18分44秒(金沢区六浦南)に位置する[8]。東は東京湾に面し、北は川崎市、西は大和市・藤沢市・東京都町田市、南は鎌倉市・逗子市・横須賀市に接する。市域の面積は神奈川県の約18%を占め、県内の市町村で最も広い。

地形 [編集]
市域の地形は、丘陵地、台地・段丘、低地、埋立地に分けられる。

丘陵地は、市域中央部よりやや西よりに分布し、市域を南北に縦断する。この丘陵地は保土ケ谷区・旭区などを流れる帷子川付近を境に、北側と南側で性質を異にする。北側の丘陵地は、多摩丘陵の南端に位置し、標高は60mから100mで北に向かって高くなっている。南側の丘陵地は、三浦半島に続く三浦丘陵の北端部を占め、標高は80mから160mで南に向かって高くなっている。南側の丘陵地の方が起伏も激しく、標高も高い。鎌倉市に山頂部を置く大平山をはじめとする通称「鎌倉アルプス」に続く峠部分が市内最高点(栄区上郷町、標高159.4m)であり、市内最高峰の大丸山(金沢区釜利谷町、標高156.8m)や円海山(磯子区峰町、標高153.3m)もこの南側の丘陵地に位置する。

台地・段丘は、丘陵地の東西にある。東側の台地は鶴見区の地名を取って下末吉台地と呼ばれ、標高は40mから60mで鶴見川付近まで続く。西側の台地は、相模野台地の東端にあたり、標高は30mから70mで南に向かって低くなっている。本牧付近で台地が海に突き出し、その南側は根岸湾と呼ばれる。横浜駅周辺も幕末まで袖ヶ浦と呼ばれる入り江だった。

低地には、丘陵地や台地を刻む河川の谷底低地と沿岸部の海岸低地とがある。谷底低地は鶴見川に沿って広がり、平坦な三角州性低地を形成する。また、海岸部には埋立地が造成され、海岸線はほとんどが人工化されている。金沢区の小さな入り江平潟湾は、鎌倉幕府が江戸湾側の海の玄関口とした天然の良港であった。島としては金沢区の野島(八景島は人工島)があり、野島海岸が横浜で唯一の自然海浜となった。

河川
鶴見川、帷子川、鳥山川、入江川、早渕川、柏尾川、境川、宇田川、砂田川、中堀川、和泉川、大岡川、掘割川、いたち川、侍従川、富岡川、大川、今井川

南部の港南区・磯子区・栄区・金沢区境付近が最も高く、大丸山(標高156m)、円海山(標高153m)などがある。
気候 [編集]

横浜の平年気温(月ごとの値)
横浜の平年降水量(月ごとの値)本州のほぼ中央、太平洋岸に位置し、気候区分では温帯の温暖湿潤気候に属する。気温の年較差は大きく、四季は明瞭。1日の寒暖の差は小さく、1年を通じて穏やかな気候である。横浜では、梅雨時と秋雨・台風の時期に降水量が多い。冬は晴れる日が多く、積雪はほとんどない。

横浜の年平均降水量は1622.5mmで、月平均降水量の最高は9月の232.4mm、最低は12月の43.2mm。年平均気温は15.5℃で、月平均気温の最高は8月の26.4℃、最低は1月の5.6℃。年平均相対湿度は68%で、月平均相対湿度の最高は7月の80%、最低は1月の54%。年平均風速は3.4m/sで、最大は3月の3.8m/s、最小は7月の3.2m/s。風向は、7月が南西、8月が南南西であるほかは、年を通じて北が最も多い。年平均の合計日照時間は1920.6時間で、最多は8月の203.4時間、最少は9月の125.3時間。大気現象の年平均日数は、雪が9.8日、霧が12.1日、雷が11.2日となっている[9]。

横浜地方気象台の観測史上、最高気温は1962年(昭和37年)8月4日の37.0℃、最低気温は1927年(昭和2年)1月24日の-8.2℃。同じく、日降水量が最も多かったのは1958年(昭和33年)9月26日の287.2mm、年降水量が最も多かったのは1941年(昭和16年)の2535.2mm。

横浜の初雪の平年値は1月4日で、初霜は12月6日、初氷は12月12日。桜(ソメイヨシノ)の開花日の平年値は3月28日で、満開日は4月5日となっている[10]。

歴史 [編集]
詳細は「横浜市の歴史」を参照

現市域各地の前史 [編集]
市域には、およそ25か所の後期旧石器時代の遺跡が発見されている。縄文時代の遺跡は、都筑区の花見山遺跡など数多く見られる。中期までの弥生時代遺跡は少なく、中期後半以降は、都筑区の大塚・歳勝土遺跡など、方形周溝墓を伴う環濠集落が現れる。古墳の出現は4世紀の中期以降とされ、青葉区の稲荷前古墳群などはこの時代の遺跡である。

市域の地名に関する文献上の初出は、『日本書紀』の安閑天皇元年(534年)の条とされる。武蔵国に住む豪族が、橘花(たちばな。橘樹郡)、倉樔(くらす。後に久良(くら)郡、さらに久良岐(くらき)郡)ほか4か所を屯倉として献上したと記される。7世紀後半までに市域には、武蔵国橘樹郡、久良岐郡、都筑郡、相模国鎌倉郡が置かれた。都筑区の長者原遺跡(ちょうじゃっぱらいせき)は、8世紀に成立した都筑郡衙跡とされる。なお、都筑郡の名が見える最古の記録は、『万葉集』である。927年(延長5年)には、都筑郡の杉山神社が、式内社とされた。この杉山神社には論社がいくつかあり、位置は確定されていない。

市域は奈良時代以降、人口も増えて生産力を高めた。平安時代には各所の開発も進み、坂東八平氏や武蔵七党など、関東武士の力が蓄えられた。市域には、平子氏、榛谷(はんがや、はりがや)氏、稲毛氏、綴党(つづきとう)などの武士団が勢力を張った。今に残る弘明寺、宝生寺など、平安時代以前の建立とされる寺院は、これら有力武士団の支援を受けていたものと考えられる。


称名寺庭園(金沢区)市域は、鎌倉に鎌倉幕府が開設された12世紀から本格的に開発が始まった。鶴見川や柏尾川などの河川流域では農業が発達し、13世紀前半には、現在の新横浜周辺地域にあたる小机郷鳥山(港北区小机町・鳥山町)から、多摩川・鶴見川周辺地域が、幕府によって大規模に開発された。また、東京湾に面する六浦湊(金沢区六浦)が鎌倉の玄関口として文化・交易・産業の中心地となり、中国大陸(南宋)との貿易(日宋貿易)や内湾の交易によって栄え、武士や商人・職人・宗教者などが多く集まりにぎわいをみせ、東海道に接して栄えた神奈川湊(神奈川区神奈川)とともに漁業と海運業の発達へと繋がっていった。

横浜の名の初出は、室町時代中期の1442年(嘉吉2年)の文献である。この年、平子氏の家臣と思われる市川季氏と比留間範数の両名が、石河宝金剛院(現、南区の宝生寺)に、横浜村の薬師堂免田畠を寄進する旨の文書が残されている。横浜村は武蔵国久良岐郡に属し、神奈川湊の対岸、現在では市政の中心街になっている関内地区(中区)にあたる地域にあった。


ペリー一行の上陸
日本海軍水路寮作成海図「武藏國横濱灣」の一部、1874年(明治7年)刊行江戸幕府が置かれた17世紀以降は、東海道の宿場とされた神奈川宿、程ヶ谷宿(保土ヶ谷宿)、戸塚宿を中心に発展する。特に、神奈川湊を持つ神奈川宿が江戸湾(東京湾)内海交通の要衝の一つとして栄え、対する六浦湊は、歌川広重が金沢八景を浮世絵としたように、風光明媚な景勝地としての色合いを濃くしていった。なお、江戸時代末期までの横浜村は、前出二つの湊とは対照的に、戸数わずか100戸足らずの砂州上に形成された半農半漁の寒村であった。

神奈川開港と横浜市は東京都心から南へ約30km、東京湾に面した神奈川県で最大の都市である。市政の中心地は関内地区(中区の関内駅周辺)で、市域の中央駅は横浜駅(西区)[2]。経済活動の中心は関内地区から約3km北の横浜駅周辺地区と分断されており、両地区の中間に位置する横浜みなとみらい21地区(桜木町駅周辺)の開発を進めて、横浜都心の一体的発展を進めている。

市域は、鎌倉に鎌倉幕府が置かれた鎌倉時代から本格的に開発され始めた。江戸時代には江戸幕府が置かれた江戸に近いため、幕府直轄地や旗本領が大部分を占め、藩は小規模な六浦藩(金沢区)のみがおかれた。また、大きな港を持たない鎌倉幕府の海の玄関口として六浦湊(金沢区六浦)が、江戸湾(東京湾)内海交通の要衝として神奈川湊(神奈川宿、神奈川区神奈川)が、早くから栄えた。江戸時代末期には、神奈川沖・小柴(旧・六浦湊外周部)で締結された日米修好通商条約により、「神奈川」を開港場にすることが定められた。

実際には神奈川湊の対岸にある横浜村[3](現在の中区関内地区)に新たに港湾施設が建設され、短期間に国際港の体裁を整えた。1859年7月1日(旧暦:安政6年6月2日)に開かれた横浜港は「金港」とも呼ばれ、生糸貿易港、商業港、旅客港として、また工業港として急速に発展。横浜を日本の代表的な国際港湾都市へと発展させる礎となった。

1889年(明治22年)4月1日に市制が施行され、横浜市となった[4]。市域の面積は、市制施行時には横浜港周辺の5.4km² にすぎなかったが、6次にわたる拡張と埋立てにより437.38km² (平成18年)となっている。

1927年(昭和2年)の区制施行で市域は5区に分けられ、周辺町村の合併と区域の再編を経て、行政区の数は18区となっている。市制施行時の横浜市の人口は約12万人だったが、その後は第二次世界大戦中の一時期を除いて増加の一途をたどり、現在では約367万人となった。これは日本の市では最も多く、人口集中地区人口も東京特別区に次ぐ。1956年(昭和31年)には政令指定都市に[5]、1988年(昭和63年)には業務核都市に指定された[6]。

市域は比較的広大であり、都市計画道路環状2号線の内側が既成市街地とみなしていい。横浜都心は横浜駅周辺からみなとみらい21、関内、関外周辺を指す。そのほかの郊外区は首都圏への人口集中によるスプロール化した市街地が散在しており、都市基盤整備の推進が必要とされる。副都心として新横浜、上大岡、二俣川、鶴見、戸塚、港北ニュータウンがある。港北ニュータウンは横浜市の都市計画事業として都筑区を中心に発展し、横浜市営地下鉄ブルーラインやグリーンラインによって横浜都心や各鉄道網と結ばれている。多摩田園都市をはじめとした市内北西部は東京都心のベッドタウンとして開発された為、鉄道網も東京からの放射線が軸となり、東京都心へ通勤通学人口が多い。(詳細は後述)

地理 [編集]

横浜市のランドサット画像[7] 市域は神奈川県の東部にあたり、東経139度43分31秒(鶴見区扇島)から139度27分52秒(瀬谷区目黒町)、北緯35度35分33秒(青葉区美しが丘西)から35度18分44秒(金沢区六浦南)に位置する[8]。東は東京湾に面し、北は川崎市、西は大和市・藤沢市・東京都町田市、南は鎌倉市・逗子市・横須賀市に接する。市域の面積は神奈川県の約18%を占め、県内の市町村で最も広い。

地形 [編集]
市域の地形は、丘陵地、台地・段丘、低地、埋立地に分けられる。

丘陵地は、市域中央部よりやや西よりに分布し、市域を南北に縦断する。この丘陵地は保土ケ谷区・旭区などを流れる帷子川付近を境に、北側と南側で性質を異にする。北側の丘陵地は、多摩丘陵の南端に位置し、標高は60mから100mで北に向かって高くなっている。南側の丘陵地は、三浦半島に続く三浦丘陵の北端部を占め、標高は80mから160mで南に向かって高くなっている。南側の丘陵地の方が起伏も激しく、標高も高い。鎌倉市に山頂部を置く大平山をはじめとする通称「鎌倉アルプス」に続く峠部分が市内最高点(栄区上郷町、標高159.4m)であり、市内最高峰の大丸山(金沢区釜利谷町、標高156.8m)や円海山(磯子区峰町、標高153.3m)もこの南側の丘陵地に位置する。

台地・段丘は、丘陵地の東西にある。東側の台地は鶴見区の地名を取って下末吉台地と呼ばれ、標高は40mから60mで鶴見川付近まで続く。西側の台地は、相模野台地の東端にあたり、標高は30mから70mで南に向かって低くなっている。本牧付近で台地が海に突き出し、その南側は根岸湾と呼ばれる。横浜駅周辺も幕末まで袖ヶ浦と呼ばれる入り江だった。

低地には、丘陵地や台地を刻む河川の谷底低地と沿岸部の海岸低地とがある。谷底低地は鶴見川に沿って広がり、平坦な三角州性低地を形成する。また、海岸部には埋立地が造成され、海岸線はほとんどが人工化されている。金沢区の小さな入り江平潟湾は、鎌倉幕府が江戸湾側の海の玄関口とした天然の良港であった。島としては金沢区の野島(八景島は人工島)があり、野島海岸が横浜で唯一の自然海浜となった。

河川
鶴見川、帷子川、鳥山川、入江川、早渕川、柏尾川、境川、宇田川、砂田川、中堀川、和泉川、大岡川、掘割川、いたち川、侍従川、富岡川、大川、今井川

南部の港南区・磯子区・栄区・金沢区境付近が最も高く、大丸山(標高156m)、円海山(標高153m)などがある。
気候 [編集]

横浜の平年気温(月ごとの値)
横浜の平年降水量(月ごとの値)本州のほぼ中央、太平洋岸に位置し、気候区分では温帯の温暖湿潤気候に属する。気温の年較差は大きく、四季は明瞭。1日の寒暖の差は小さく、1年を通じて穏やかな気候である。横浜では、梅雨時と秋雨・台風の時期に降水量が多い。冬は晴れる日が多く、積雪はほとんどない。

横浜の年平均降水量は1622.5mmで、月平均降水量の最高は9月の232.4mm、最低は12月の43.2mm。年平均気温は15.5℃で、月平均気温の最高は8月の26.4℃、最低は1月の5.6℃。年平均相対湿度は68%で、月平均相対湿度の最高は7月の80%、最低は1月の54%。年平均風速は3.4m/sで、最大は3月の3.8m/s、最小は7月の3.2m/s。風向は、7月が南西、8月が南南西であるほかは、年を通じて北が最も多い。年平均の合計日照時間は1920.6時間で、最多は8月の203.4時間、最少は9月の125.3時間。大気現象の年平均日数は、雪が9.8日、霧が12.1日、雷が11.2日となっている[9]。

横浜地方気象台の観測史上、最高気温は1962年(昭和37年)8月4日の37.0℃、最低気温は1927年(昭和2年)1月24日の-8.2℃。同じく、日降水量が最も多かったのは1958年(昭和33年)9月26日の287.2mm、年降水量が最も多かったのは1941年(昭和16年)の2535.2mm。

横浜の初雪の平年値は1月4日で、初霜は12月6日、初氷は12月12日。桜(ソメイヨシノ)の開花日の平年値は3月28日で、満開日は4月5日となっている[10]。

歴史 [編集]
詳細は「横浜市の歴史」を参照

現市域各地の前史 [編集]
市域には、およそ25か所の後期旧石器時代の遺跡が発見されている。縄文時代の遺跡は、都筑区の花見山遺跡など数多く見られる。中期までの弥生時代遺跡は少なく、中期後半以降は、都筑区の大塚・歳勝土遺跡など、方形周溝墓を伴う環濠集落が現れる。古墳の出現は4世紀の中期以降とされ、青葉区の稲荷前古墳群などはこの時代の遺跡である。

市域の地名に関する文献上の初出は、『日本書紀』の安閑天皇元年(534年)の条とされる。武蔵国に住む豪族が、橘花(たちばな。橘樹郡)、倉樔(くらす。後に久良(くら)郡、さらに久良岐(くらき)郡)ほか4か所を屯倉として献上したと記される。7世紀後半までに市域には、武蔵国橘樹郡、久良岐郡、都筑郡、相模国鎌倉郡が置かれた。都筑区の長者原遺跡(ちょうじゃっぱらいせき)は、8世紀に成立した都筑郡衙跡とされる。なお、都筑郡の名が見える最古の記録は、『万葉集』である。927年(延長5年)には、都筑郡の杉山神社が、式内社とされた。この杉山神社には論社がいくつかあり、位置は確定されていない。

市域は奈良時代以降、人口も増えて生産力を高めた。平安時代には各所の開発も進み、坂東八平氏や武蔵七党など、関東武士の力が蓄えられた。市域には、平子氏、榛谷(はんがや、はりがや)氏、稲毛氏、綴党(つづきとう)などの武士団が勢力を張った。今に残る弘明寺、宝生寺など、平安時代以前の建立とされる寺院は、これら有力武士団の支援を受けていたものと考えられる。


称名寺庭園(金沢区)市域は、鎌倉に鎌倉幕府が開設された12世紀から本格的に開発が始まった。鶴見川や柏尾川などの河川流域では農業が発達し、13世紀前半には、現在の新横浜周辺地域にあたる小机郷鳥山(港北区小机町・鳥山町)から、多摩川・鶴見川周辺地域が、幕府によって大規模に開発された。また、東京湾に面する六浦湊(金沢区六浦)が鎌倉の玄関口として文化・交易・産業の中心地となり、中国大陸(南宋)との貿易(日宋貿易)や内湾の交易によって栄え、武士や商人・職人・宗教者などが多く集まりにぎわいをみせ、東海道に接して栄えた神奈川湊(神奈川区神奈川)とともに漁業と海運業の発達へと繋がっていった。

横浜の名の初出は、室町時代中期の1442年(嘉吉2年)の文献である。この年、平子氏の家臣と思われる市川季氏と比留間範数の両名が、石河宝金剛院(現、南区の宝生寺)に、横浜村の薬師堂免田畠を寄進する旨の文書が残されている。横浜村は武蔵国久良岐郡に属し、神奈川湊の対岸、現在では市政の中心街になっている関内地区(中区)にあたる地域にあった。


ペリー一行の上陸
日本海軍水路寮作成海図「武藏國横濱灣」の一部、1874年(明治7年)刊行江戸幕府が置かれた17世紀以降は、東海道の宿場とされた神奈川宿、程ヶ谷宿(保土ヶ谷宿)、戸塚宿を中心に発展する。特に、神奈川湊を持つ神奈川宿が江戸湾(東京湾)内海交通の要衝の一つとして栄え、対する六浦湊は、歌川広重が金沢八景を浮世絵としたように、風光明媚な景勝地としての色合いを濃くしていった。なお、江戸時代末期までの横浜村は、前出二つの湊とは対照的に、戸数わずか100戸足らずの砂州上に形成された半農半漁の寒村であった。

神奈川開港と

名前 文字色 削除キー
お返事

[1044] 横浜市 投稿者:横浜市                             (2010年09月14日 (火) 14時23分)
横浜市は東京都心から南へ約30km、東京湾に面した神奈川県で最大の都市である。市政の中心地は関内地区(中区の関内駅周辺)で、市域の中央駅は横浜駅(西区)[2]。経済活動の中心は関内地区から約3km北の横浜駅周辺地区と分断されており、両地区の中間に位置する横浜みなとみらい21地区(桜木町駅周辺)の開発を進めて、横浜都心の一体的発展を進めている。

市域は、鎌倉に鎌倉幕府が置かれた鎌倉時代から本格的に開発され始めた。江戸時代には江戸幕府が置かれた江戸に近いため、幕府直轄地や旗本領が大部分を占め、藩は小規模な六浦藩(金沢区)のみがおかれた。また、大きな港を持たない鎌倉幕府の海の玄関口として六浦湊(金沢区六浦)が、江戸湾(東京湾)内海交通の要衝として神奈川湊(神奈川宿、神奈川区神奈川)が、早くから栄えた。江戸時代末期には、神奈川沖・小柴(旧・六浦湊外周部)で締結された日米修好通商条約により、「神奈川」を開港場にすることが定められた。

実際には神奈川湊の対岸にある横浜村[3](現在の中区関内地区)に新たに港湾施設が建設され、短期間に国際港の体裁を整えた。1859年7月1日(旧暦:安政6年6月2日)に開かれた横浜港は「金港」とも呼ばれ、生糸貿易港、商業港、旅客港として、また工業港として急速に発展。横浜を日本の代表的な国際港湾都市へと発展させる礎となった。

1889年(明治22年)4月1日に市制が施行され、横浜市となった[4]。市域の面積は、市制施行時には横浜港周辺の5.4km² にすぎなかったが、6次にわたる拡張と埋立てにより437.38km² (平成18年)となっている。

1927年(昭和2年)の区制施行で市域は5区に分けられ、周辺町村の合併と区域の再編を経て、行政区の数は18区となっている。市制施行時の横浜市の人口は約12万人だったが、その後は第二次世界大戦中の一時期を除いて増加の一途をたどり、現在では約367万人となった。これは日本の市では最も多く、人口集中地区人口も東京特別区に次ぐ。1956年(昭和31年)には政令指定都市に[5]、1988年(昭和63年)には業務核都市に指定された[6]。

市域は比較的広大であり、都市計画道路環状2号線の内側が既成市街地とみなしていい。横浜都心は横浜駅周辺からみなとみらい21、関内、関外周辺を指す。そのほかの郊外区は首都圏への人口集中によるスプロール化した市街地が散在しており、都市基盤整備の推進が必要とされる。副都心として新横浜、上大岡、二俣川、鶴見、戸塚、港北ニュータウンがある。港北ニュータウンは横浜市の都市計画事業として都筑区を中心に発展し、横浜市営地下鉄ブルーラインやグリーンラインによって横浜都心や各鉄道網と結ばれている。多摩田園都市をはじめとした市内北西部は東京都心のベッドタウンとして開発された為、鉄道網も東京からの放射線が軸となり、東京都心へ通勤通学人口が多い。(詳細は後述)

地理 [編集]

横浜市のランドサット画像[7] 市域は神奈川県の東部にあたり、東経139度43分31秒(鶴見区扇島)から139度27分52秒(瀬谷区目黒町)、北緯35度35分33秒(青葉区美しが丘西)から35度18分44秒(金沢区六浦南)に位置する[8]。東は東京湾に面し、北は川崎市、西は大和市・藤沢市・東京都町田市、南は鎌倉市・逗子市・横須賀市に接する。市域の面積は神奈川県の約18%を占め、県内の市町村で最も広い。

地形 [編集]
市域の地形は、丘陵地、台地・段丘、低地、埋立地に分けられる。

丘陵地は、市域中央部よりやや西よりに分布し、市域を南北に縦断する。この丘陵地は保土ケ谷区・旭区などを流れる帷子川付近を境に、北側と南側で性質を異にする。北側の丘陵地は、多摩丘陵の南端に位置し、標高は60mから100mで北に向かって高くなっている。南側の丘陵地は、三浦半島に続く三浦丘陵の北端部を占め、標高は80mから160mで南に向かって高くなっている。南側の丘陵地の方が起伏も激しく、標高も高い。鎌倉市に山頂部を置く大平山をはじめとする通称「鎌倉アルプス」に続く峠部分が市内最高点(栄区上郷町、標高159.4m)であり、市内最高峰の大丸山(金沢区釜利谷町、標高156.8m)や円海山(磯子区峰町、標高153.3m)もこの南側の丘陵地に位置する。

台地・段丘は、丘陵地の東西にある。東側の台地は鶴見区の地名を取って下末吉台地と呼ばれ、標高は40mから60mで鶴見川付近まで続く。西側の台地は、相模野台地の東端にあたり、標高は30mから70mで南に向かって低くなっている。本牧付近で台地が海に突き出し、その南側は根岸湾と呼ばれる。横浜駅周辺も幕末まで袖ヶ浦と呼ばれる入り江だった。

低地には、丘陵地や台地を刻む河川の谷底低地と沿岸部の海岸低地とがある。谷底低地は鶴見川に沿って広がり、平坦な三角州性低地を形成する。また、海岸部には埋立地が造成され、海岸線はほとんどが人工化されている。金沢区の小さな入り江平潟湾は、鎌倉幕府が江戸湾側の海の玄関口とした天然の良港であった。島としては金沢区の野島(八景島は人工島)があり、野島海岸が横浜で唯一の自然海浜となった。

河川
鶴見川、帷子川、鳥山川、入江川、早渕川、柏尾川、境川、宇田川、砂田川、中堀川、和泉川、大岡川、掘割川、いたち川、侍従川、富岡川、大川、今井川

南部の港南区・磯子区・栄区・金沢区境付近が最も高く、大丸山(標高156m)、円海山(標高153m)などがある。
気候 [編集]

横浜の平年気温(月ごとの値)
横浜の平年降水量(月ごとの値)本州のほぼ中央、太平洋岸に位置し、気候区分では温帯の温暖湿潤気候に属する。気温の年較差は大きく、四季は明瞭。1日の寒暖の差は小さく、1年を通じて穏やかな気候である。横浜では、梅雨時と秋雨・台風の時期に降水量が多い。冬は晴れる日が多く、積雪はほとんどない。

横浜の年平均降水量は1622.5mmで、月平均降水量の最高は9月の232.4mm、最低は12月の43.2mm。年平均気温は15.5℃で、月平均気温の最高は8月の26.4℃、最低は1月の5.6℃。年平均相対湿度は68%で、月平均相対湿度の最高は7月の80%、最低は1月の54%。年平均風速は3.4m/sで、最大は3月の3.8m/s、最小は7月の3.2m/s。風向は、7月が南西、8月が南南西であるほかは、年を通じて北が最も多い。年平均の合計日照時間は1920.6時間で、最多は8月の203.4時間、最少は9月の125.3時間。大気現象の年平均日数は、雪が9.8日、霧が12.1日、雷が11.2日となっている[9]。

横浜地方気象台の観測史上、最高気温は1962年(昭和37年)8月4日の37.0℃、最低気温は1927年(昭和2年)1月24日の-8.2℃。同じく、日降水量が最も多かったのは1958年(昭和33年)9月26日の287.2mm、年降水量が最も多かったのは1941年(昭和16年)の2535.2mm。

横浜の初雪の平年値は1月4日で、初霜は12月6日、初氷は12月12日。桜(ソメイヨシノ)の開花日の平年値は3月28日で、満開日は4月5日となっている[10]。

歴史 [編集]
詳細は「横浜市の歴史」を参照

現市域各地の前史 [編集]
市域には、およそ25か所の後期旧石器時代の遺跡が発見されている。縄文時代の遺跡は、都筑区の花見山遺跡など数多く見られる。中期までの弥生時代遺跡は少なく、中期後半以降は、都筑区の大塚・歳勝土遺跡など、方形周溝墓を伴う環濠集落が現れる。古墳の出現は4世紀の中期以降とされ、青葉区の稲荷前古墳群などはこの時代の遺跡である。

市域の地名に関する文献上の初出は、『日本書紀』の安閑天皇元年(534年)の条とされる。武蔵国に住む豪族が、橘花(たちばな。橘樹郡)、倉樔(くらす。後に久良(くら)郡、さらに久良岐(くらき)郡)ほか4か所を屯倉として献上したと記される。7世紀後半までに市域には、武蔵国橘樹郡、久良岐郡、都筑郡、相模国鎌倉郡が置かれた。都筑区の長者原遺跡(ちょうじゃっぱらいせき)は、8世紀に成立した都筑郡衙跡とされる。なお、都筑郡の名が見える最古の記録は、『万葉集』である。927年(延長5年)には、都筑郡の杉山神社が、式内社とされた。この杉山神社には論社がいくつかあり、位置は確定されていない。

市域は奈良時代以降、人口も増えて生産力を高めた。平安時代には各所の開発も進み、坂東八平氏や武蔵七党など、関東武士の力が蓄えられた。市域には、平子氏、榛谷(はんがや、はりがや)氏、稲毛氏、綴党(つづきとう)などの武士団が勢力を張った。今に残る弘明寺、宝生寺など、平安時代以前の建立とされる寺院は、これら有力武士団の支援を受けていたものと考えられる。


称名寺庭園(金沢区)市域は、鎌倉に鎌倉幕府が開設された12世紀から本格的に開発が始まった。鶴見川や柏尾川などの河川流域では農業が発達し、13世紀前半には、現在の新横浜周辺地域にあたる小机郷鳥山(港北区小机町・鳥山町)から、多摩川・鶴見川周辺地域が、幕府によって大規模に開発された。また、東京湾に面する六浦湊(金沢区六浦)が鎌倉の玄関口として文化・交易・産業の中心地となり、中国大陸(南宋)との貿易(日宋貿易)や内湾の交易によって栄え、武士や商人・職人・宗教者などが多く集まりにぎわいをみせ、東海道に接して栄えた神奈川湊(神奈川区神奈川)とともに漁業と海運業の発達へと繋がっていった。

横浜の名の初出は、室町時代中期の1442年(嘉吉2年)の文献である。この年、平子氏の家臣と思われる市川季氏と比留間範数の両名が、石河宝金剛院(現、南区の宝生寺)に、横浜村の薬師堂免田畠を寄進する旨の文書が残されている。横浜村は武蔵国久良岐郡に属し、神奈川湊の対岸、現在では市政の中心街になっている関内地区(中区)にあたる地域にあった。


ペリー一行の上陸
日本海軍水路寮作成海図「武藏國横濱灣」の一部、1874年(明治7年)刊行江戸幕府が置かれた17世紀以降は、東海道の宿場とされた神奈川宿、程ヶ谷宿(保土ヶ谷宿)、戸塚宿を中心に発展する。特に、神奈川湊を持つ神奈川宿が江戸湾(東京湾)内海交通の要衝の一つとして栄え、対する六浦湊は、歌川広重が金沢八景を浮世絵としたように、風光明媚な景勝地としての色合いを濃くしていった。なお、江戸時代末期までの横浜村は、前出二つの湊とは対照的に、戸数わずか100戸足らずの砂州上に形成された半農半漁の寒村であった。

神奈川開港と

名前 文字色 削除キー
お返事

[1043] 横浜 投稿者:       横浜市                             (2010年09月14日 (火) 14時21分)
横浜市
よこはまし
国 日本
地方 関東地方
都道府県 神奈川県
団体コード 14100-3
面積 437.38km²

総人口 3,680,503人
(推計人口、2010年8月1日)
人口密度 8,410人/km²
隣接自治体 北 - 川崎市、東京都:町田市
西 - 藤沢市、大和市
南 - 横須賀市、鎌倉市、逗子市
市の木 イチョウ、ケヤキ、サザンカ、
サンゴジュ、シイ、ツバキ
市の花 バラ
他のシンボル 横浜市歌
横浜市役所
所在地 〒231-0017 神奈川県
横浜市中区港町1丁目1番地


外部リンク 横浜市


■ ― 政令指定都市 / ■ ― 市 / ■ ― 町 / ■ ― 村


ウオッちず Google Map bing geohack
mapfan yahoo navitime ゼンリン ちず丸

特記事項:


--------------------------------------------------------------------------------

横浜市章[1]

■テンプレート(■ノート・■解説・■ウィキプロジェクト

名前 文字色 削除キー
お返事

[1041] 横浜市 投稿者:       横浜市                             (2010年09月14日 (火) 14時19分)
横浜市に関する作品 [編集]
横浜市歌
作詞・森林太郎(森鴎外)、作曲・南能衛
1909年(明治42年)に、開港50周年を記念して作られた。なお、各区の歌は区の記事を参照。
横浜音頭
山野芋作(長谷川伸)による同名の小説がある。後に舞台化され1913年(大正3年)に横浜座で初演。
いいね!横浜G30
作詞・駒井瞭、作曲・横山剣(クレイジーケンバンド)
横浜市環境事業局(現在は資源循環局)「ヨコハマはG30」タイアップ曲。横浜市内では、ごみ収集時に流される。
歌謡曲
横浜を歌ったご当地ソングは数多くある。1998年(平成10年)1月3日放送の「出没!アド街ック天国」で紹介された「全国名曲の街ベスト50」では、第1位は横浜(ブルー・ライト・ヨコハマ)だった。主要な曲目については神奈川県のご当地ソング一覧#横浜を参照。
映画 港の日本娘(1933年) - 霧笛(1952年) - 霧笛が俺を呼んでいる(1960年) - 涙を、獅子のたて髪に(1962年) - 天国と地獄(1963年) - ゴジラシリーズ(三大怪獣 地球最大の決戦(1964年)、ゴジラvsモスラ(1992年)、ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001年)、ゴジラ×メカゴジラ(2002年)- 月曜日のユカ(1964年)- 赤いハンカチ(1964年) - 夜霧よ今夜も有り難う(1967年) - 正義だ!味方だ!全員集合!!(1975年) - 冬の華(1978年) - ヨコハマBJブルース(1981年) - あぶない刑事シリーズ - 私立探偵 濱マイク 三部作(我が人生最悪の時(1993年)、遥かな時代の階段を(1994年)、罠(1996年) - 居酒屋ゆうれい(1994年) - 横浜ばっくれ隊 夏の湘南純愛篇(1994年) - ジャンクフード(1998年) - ヨコハマメリー(2005年) - 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(2006年) - 大決戦!超ウルトラ8兄弟(2008年)
テレビ
ドラマ ウルトラマン(1966年) - 俺たちの勲章(1975年) - 大追跡(1978年) - 探偵物語第6話、7話、13話、17話、19話など(1979年 - 1980年) - プロハンター (1981年) - 早春スケッチブック(1983年) - 牟田刑事官事件ファイル(1983年 - ) - あぶない刑事シリーズ(1986年 - ) - ベイシティ刑事(1987年 - 1988年) - 法医学教室の事件ファイル(1992年 - ) - おばはん刑事!流石姫子(1998年 - 2006年) - Sweet Season(1998年) - あきまへんで!(1998年) - ストロベリー・オンザ・ショートケーキ(2001年) - 私立探偵 濱マイク(2002年) - ホットマン(2003年 - 2004) - 喰いタン(2006年・2007年) - 海猿(2005年) - 14才の母(2006年) - たったひとつの恋(2006年) - どんど晴れ(2007年) - 正義の味方(2008年) - 打撃天使ルリ(2008年) - シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜(2008年) - イノセント・ラヴ(2008年) - 相棒Season 7 第10話 ノアの方舟〜聖夜の大停電は殺人招待状!(2009年1月1日) - RESCUE〜特別高度救助隊(2009年)
アニメ Kanon(京都アニメーション版) - 超神伝説うろつき童子 - センチメンタルジャーニー - 鋼鉄天使くるみ2式 - 君が主で執事が俺で
漫画 夜回り先生(原作水谷修、漫画土田世紀) - 新世紀エヴァンゲリオン - ハチミツとクローバー - MAJOR - 夏のあらし - 絶対少年(横浜編) - ヨコハマ買い出し紀行 - スクールランブル - 疾風伝説 特攻の拓 - あいしてる(守村大)- あいつとララバイ(楠みちはる)- B・B(石渡治)- 僕といっしょ(古谷実)
ゲーム 君が望む永遠 - マブラヴ - マブラヴ サプリメント - マブラヴ オルタネイティヴ - マブラヴ ALTERED FABLE - レーシングラグーン - 電車でGO!(京浜東北線で横浜市の駅が出てくる) - 金色のコルダ - ときめきメモリアル3 - KAIDO-峠の伝説-(ショートコースで収録、コース中に外国人墓地が出てくる) - 潮風の消える海に - 横浜港連続殺人事件
文学 霧笛(大佛次郎) - 午後の曳航(三島由紀夫) - 砂の上の植物群(吉行淳之介) - マイク・ハマーヘ伝言(矢作俊彦) - 横浜殺人事件(内田康夫) - 花園の迷宮(山崎洋子) - ゴールドラッシュ(柳美里) - 海を見ていたジョニー(五木寛之)- 傷痕の町(生島次郎)
絵画 Y市の橋(松本竣介)

マスコット [編集]
横浜市には数多くのマスコットキャラクターが存在する。

イベントの
キャラクター たねまる(横浜開港150周年) - toMtoM21(トムトム21、市政100周年横浜市泉区地域イベント)-ブルアちゃん(横浜博覧会)
 行政機関の 
キャラクター はまりん(交通局) - はまピョン(水道局) - ハマサイ(行政運営調整局・横浜市債マスコット) - とつか再開発くん(都市整備局・戸塚駅西口再開発事業) - へら星人ミーオ(資源循環局「ヨコハマはG30」) - クリーンバード(資源循環局のシンボルマーク) - ふや星人ゴミーオ(資源循環局・中事務所) - にこりん(コールセンター) - イコットちゃん(選挙管理委員会) - イコットJr.(選挙管理委員会) - だいちゃん(環境創造局) - はま菜ちゃん(環境創造局) -エコぽん(環境創造局)- ひだまりちゃん(こども青少年局) - すくすくん(こども青少年局) - ハマくん(安全管理局) - みんなのアース君(地球温暖化対策事業本部地球温暖化対策課)
区での
キャラクター ワッくん(鶴見区) - かめ太郎(神奈川区) - にしまろちゃん(西区) - スウィンギー(中区) - みなっち(南区) - こうなんくぅ(港南区) - カルガモ・カールズ(保土ケ谷区) - あさひくん(旭区) -てっくるちゃん(旭区・グリーンロード構想)- いそっぴ(磯子区、磯子まつりマスコット) - ミズキー(港北区) - なしかちゃん(青葉区) -えら坊(青葉区選挙管理委員会)- ミドリン(緑区) - ウナシー(戸塚区) -ララ・ミミ・キキ(戸塚区・とつか緑と暮らそうキャンペーン)- せやまる・このは家族(瀬谷区) - いっずん(泉区) - タッチーくん(栄区、いたち川マスコット)- どぼくねこ(港北土木事務所)- あいちゃん(都筑区・地域福祉保健計画マスコット)
その他 いこあら(金沢区明るい選挙推進協議会) - ヨッチー(横浜市立大学) - キャプテンわん(横浜市体育協会)- みどりちゃん(横浜市緑の協会)

出身有名人 [編集]
「横浜市出身の人物一覧」を参照

脚注 [編集]
[ヘルプ]
^ 横浜市徽章(1909年(明治42年)6月5日告示第44号)に準拠。市章は、横浜港開港50周年を記念して、市民からの公募により定められた。「ハマ」の2文字が図案化されているため、市民には「ハマ菱」「ハマ章」「ハマ旗」と呼ばれて親しまれている。
^ 関内地区の中区港町一丁目1番地には横浜市役所が、中区日本大通1番地には神奈川県庁がある。
^ 横浜村は、武蔵国久良岐郡に属する。「横浜」の名は、海から見たとき「横に長い浜」であることに由来するとされる。
^ 横浜村は、安政6年(1859年)に横浜町となり、1878年(明治11年)には郡区町村編制法の施行により横浜区になっていた。
^ 地方自治法(昭和22年法律第67号)252条の19第1項、地方自治法第二百五十二条の十九第一項の指定都市の指定に関する政令(昭和31年政令第254号)。
^ 多極分散型国土形成促進法(昭和63年法律第83号)8条1号イ、多極分散型国土形成促進法施行令(昭和63年政令第194号)5条1号、首都圏整備法(昭和31年法律第83号)2条3項、首都圏整備法施行令(昭和32年政令第333号)2条。
^ この節は、「横浜市防災計画 震災対策編 YOKOHAMA2005」横浜市防災会議・発行、横浜市安全管理局危機管理室・編集、2006年(平成18年)3月を参照。
^ 「横浜市統計ポータルサイト大都市比較統計年表(平成16年)I 土地及び気象 1。位置、面積及び市域の高低」
^ 「過去の気象データ」 気象庁、横浜地方気象台。
^ 「2007年さくら(ソメイヨシノ)の開花日及び満開日一覧(東京管内)」[リンク切れ] 気象庁。
^ 横浜市立学校の管理運営に関する規則(昭和59年教育委員会規則第4号)4条1項8号は、小中学校における休業日として「開港記念日 6月2日」と定めている。
^ 従来、開港記念日は旧暦に合わせて6月2日としてきたが、このとき新暦に合わせて7月2日とした。しかし、1928年(昭和3年)には6月2日に再変更され、現在に至っている。
^ 1909年(明治42年)7月4日付、「横浜貿易新報」。
^ 関東大震災による死者は2万人余で人口比にして東京の約2倍(5.4%)、全壊家屋は6万戸、
^ 横浜大空襲による被害は、死者3,787人、重傷者1,554人、軽傷者10,837人、罹災者313,144人、罹災戸数79,350戸に及ぶ。「神奈川県下の空襲被害状況」、『神奈川県警察史(中巻)』より、横浜市行政運営調整局総務部法制課。
^ 戦時中を通じての空襲による被害は、罹災面積6,940,000坪、罹災人口399,187人、罹災戸数98,361戸、死者5,830人、負傷者14,215人に及び、市街地の46%が被害を受けた。建設省編『戦災復興誌』第1巻(1959年)より、横浜市行政運営調整局総務部法制課。
^ 横浜は、連合国軍によって、港湾施設の90%、市街地の27%が接収された。接収された土地の面積は918万m²、建物は96万m²にのぼる。また、横浜の接収は、沖縄を除く全国の接収土地面積の70%、接収建物の61%を占め、その6割は継続接収であった。
^ 横浜市都市経営局基地対策部
^ 「横浜開港150周年〜市政120周年〜基本計画」、横浜市開港150周年・創造都市事業本部。
^ 横濱開港150周年、財団法人横浜開港150周年協会。
^ 開国博Y150公式サイト、財団法人横浜開港150周年協会。
^ 開港記念式典/ヴィジョン!ヨコハマ、横浜市開港150周年・創造都市事業本部。
^ 横浜港 象の鼻地区、横浜市港湾局企画調整課。
^ 「開港150周年の森」づくり、横浜市環境創造局みどりアップ推進部みどりアップ推進課。
^ マリンタワー再生事業、横浜市経済観光局観光交流推進課。
^ 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校、横浜市。
^ 全国都道府県市区町村別面積調、国土地理院。2008年(平成20年)4月1日速報値。
^ a b 神奈川県の人口と世帯
^ 以下、「人口動態と年齢別人口」 横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係参照。
^ 人口のあゆみ(明治22年〜平成11年)、第18表 年齢(3区分)別人口、年齢構造指数及び平均年齢の推移−市(大正9年〜平成21年)、横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係。
^ 「人口のあゆみ」横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係
^ 国勢調査でみる横浜市の昼夜間人口、横浜市
^ 以下、いずれも2008年(平成20年)9月1日現在推計。
^ a b c d 「横浜市の財政状況(平成20年度版)」、横浜市総務局財政部財政課。
^ 「平成20年度・市税決算額調」、横浜市総務局主税部税務課。
^ 「都市計画道路の整備状況」 横浜市道路局計画調整部企画課。
^ 「平成17年国勢調査 従業地・通学地集計結果」 横浜市、総務省統計局
^ その後、2007年(平成19年)4月の地方自治法の改正により、正式名称となった。
^ 「市政記録2006年版」第1部 市勢編、横浜のあゆみ[リンク切れ] 横浜市市民活力推進局市民情報室(初代から29代就任日まで)
^ 2009年(平成21年)7月28日に辞表提出。
^ この節は、横浜市行政運営調整局財政課のサイトを参照。
^ 会計間で相互にやりとりする重複部分を除いた純計。
^ 「横浜市会」横浜市市会事務局
^ 2009年3月26日の平成21年第1回定例会で定数を86に減らす条例案が可決されている。
^ 民主党の一部とヨコハマから日本を変える会で構成する統一会派。
^ 無所属や単独では交渉会派に至らない政党で構成する統一会派。「議会改革をめざし会派を形成〜横浜」神奈川ネットワーク運動・活動報告、2007年5月12日更新を参照。
^ 「神奈川県内の行政機関ガイド」 総務省神奈川行政評価事務所。
^ 第45回衆議院議員総選挙 投・開票速報、神奈川県選挙管理委員会。
^ 「神奈川県議会ホームページ」神奈川県議会
^ 詳しい表記などは、「横浜市の町名一覧(平成18年11月1日現在)」(横浜市市民活力推進局区政支援部窓口サービス課、2007年1月5日更新)を参照。
^ 平成20年(2008年)横浜市観光入込客数過去最高の4,253万人、経済観光局観光交流推進課、2009年4月20日発表。
^ 県の観光客数が4年連続で過去最高に、神奈川県、2009年(平成21年)6月9日発表。
^ 交通の便が良いため、コンサート、ライブ等は多数開催されている。#横浜市出身の有名人で見られるように、輩出している芸能人は多いものの地元への定着性は低い。これは、地元密着のマスコミが少ないためであり、東京を除く関東広域圏共通の傾向でもある(詳しくはローカルタレントの項を参照)。
^ この節は、「平成16年度 横浜市の市民経済計算(横浜市の市民所得)」(横浜市都市経営局政策部政策課、2007年(平成19年)3月26日公表)を参照。
^ 平成17年国勢調査 第2次基本集計結果「横浜市の概要」 横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係
^ 「横浜港ホームページ」 横浜市港湾局
^ 港湾法(昭和25年法律第218号)2条の2、平成16年7月23日国土交通大臣公示
^ 2006年(1月〜12月)の日本船籍客船の寄港回数は、131回で4年連続国内1位。「クルーズ客船に人気があるのはどの港?」(2007年1月26日)] クルーズオンライン
^ 「平成19年度学校基本調査」(神奈川県企画部統計課)、横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係。
^ 「平成19年度版 教育年鑑」 横浜市教育委員会
^ 「平成20年度学校基本調査(速報値)」
^ 「道志村との友好交流促進について」[リンク切れ]横浜市都市経営局調査・広域行政課、2007年1月4日更新
^ 「国際交流」横浜市都市経営局国際政策室
^ ベトナム・ホーチミン市と「ビジネスパートナー都市」提携、横浜市経済観光局誘致・国際経済課。
^ 「姉妹港・友好港・貿易協力港」横浜市港湾局振興事業課。
参考文献 [編集]
横浜市 『横浜の歴史』 横浜市教育委員会事務局小中学校教育課、2007年。
「図説・横浜の歴史」編集委員会 『図説〈横浜の歴史〉市政一〇〇周年 開港一三〇周年』 横浜市市民局市民情報室広報センター、1989年。
関連項目 [編集]
企業・団体
P&O
香港上海銀行
横浜ゴム
横浜ベイキット
横浜ベイスターズ・スポーツコミュニティ
歴史
横浜バプテスト神学校
横浜オデヲン座
横浜市の歴史
その他
横浜フリーきっぷ(+あかいくつバス)
横浜オリンピック構想
横浜銀蝿
横浜ドリームランド
横浜で始まる記事一覧
横浜市で始まる記事一覧


外部リンク [編集]
ウィキメディア・コモンズには、横浜市に関連するマルチメディアおよびカテゴリがあります。行政
横浜市役所
観光
横浜市 - ウィキトラベル
横浜市観光情報公式サイト
原町田(北東) 荏田(北西) 荏田(北東) 川崎(北西)
原町田(南東) 荏田(南西) 荏田(南東) 川崎(南西) 川崎(南東)
座間(北東) 横浜西部(北西) 横浜西部(北東) 横浜東部(北西) 横浜東部(北東)
座間(南東) 横浜西部(南西) 横浜西部(南東) 横浜東部(南西) 横浜東部(南東)
藤沢(北東) 戸塚(北西) 戸塚(北東) 本牧(北西) 本牧(北東)
藤沢(南東) 戸塚(南西) 戸塚(南東) 本牧(南西)
鎌倉(北東) 横須賀(北西)

[表示]表・話・編・歴 日本の政令指定都市

北海道地方 札幌市(北海道)

東北地方 仙台市(宮城県)

関東地方 さいたま市(埼玉県) | 千葉市(千葉県) | 横浜市 / 川崎市 / 相模原市(神奈川県)

中部地方 新潟市(新潟県) | 静岡市 / 浜松市(静岡県) | 名古屋市(愛知県)

近畿地方 京都市(京都府) | 大阪市 / 堺市(大阪府) | 神戸市(兵庫県)

中国地方 岡山市(岡山県) | 広島市(広島県)

四国地方 なし

九州地方 北九州市 / 福岡市(福岡県)

[表示]表・話・編・歴神奈川県の自治体等

横浜市 鶴見区 | 神奈川区 | 西区 | 中区 | 南区 | 保土ケ谷区 | 磯子区 | 金沢区 | 港北区 | 戸塚区 | 港南区 | 旭区 | 緑区 | 瀬谷区 | 栄区 | 泉区 | 青葉区 | 都筑区

川崎市 川崎区 | 幸区 | 中原区 | 高津区 | 多摩区 | 宮前区 | 麻生区

相模原市 緑区 | 中央区 | 南区

その他市部 横須賀市 | 平塚市 | 鎌倉市 | 藤沢市 | 小田原市 | 茅ヶ崎市 | 逗子市 | 三浦市 | 秦野市 | 厚木市 | 大和市 | 伊勢原市 | 海老名市 | 座間市 | 南足柄市 | 綾瀬市

三浦郡 葉山町

高座郡 寒川町

中郡 大磯町 | 二宮町

足柄上郡 中井町 | 大井町 | 松田町 | 山北町 | 開成町

足柄下郡 箱根町 | 真鶴町 | 湯河原町

愛甲郡 愛川町 | 清川村

[表示]表・話・編・歴 日本の都道府県庁所在地

北海道地方 札幌市(北海道)

東北地方 青森市(青森県)| 盛岡市(岩手県)| 仙台市(宮城県)| 秋田市(秋田県)| 山形市(山形県)| 福島市(福島県)

関東地方 水戸市(茨城県)| 宇都宮市(栃木県)| 前橋市(群馬県)| さいたま市(埼玉県)| 千葉市(千葉県)| 東京/新宿区(東京都)| 横浜市(神奈川県)

中部地方 新潟市(新潟県)| 富山市(富山県)| 金沢市(石川県)| 福井市(福井県)| 甲府市(山梨県)| 長野市(長野県)| 岐阜市(岐阜県)| 静岡市(静岡県)| 名古屋市(愛知県)

近畿地方 津市(三重県)| 大津市(滋賀県)| 京都市(京都府)| 大阪市(大阪府)| 神戸市(兵庫県)| 奈良市(奈良県)| 和歌山市(和歌山県)

中国地方 鳥取市(鳥取県)| 松江市(島根県)| 岡山市(岡山県)| 広島市(広島県)| 山口市(山口県)

四国地方 徳島市(徳島県)| 高松市(香川県)| 松山市(愛媛県)| 高知市(高知県)

九州・沖縄地方 福岡市(福岡県)| 佐賀市(佐賀県)| 長崎市(長崎県)| 熊本市(熊本県)| 大分市(大分県)| 宮崎市(宮崎県)| 鹿児島市(鹿児島県)| 那覇市(沖縄県)

[表示]表・話・編・歴神奈川県の地域

横浜市(政令指定都市) | 川崎市(政令指定都市) | 横須賀三浦地域 | 神奈川県県央地域 | 湘南地域 | 足柄上地域 | 西湘地域


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82」より作成
カテゴリ: 神奈川県の市町村 | 横浜市 | 港町 | 政令指定都市 | 都道府県庁所在地
隠しカテゴリ: 外部リンクがリンク切れになっている記事 | 外部リンクがリンク切れになっている記事/2010年3月

[1042]        横浜市                             > 横浜市に関する作品 [編集]
横浜市歌
作詞・森林太郎(森鴎外)、作曲・南能衛
1909年(明治42年)に、開港50周年を記念して作られた。なお、各区の歌は区の記事を参照。
横浜音頭
山野芋作(長谷川伸)による同名の小説がある。後に舞台化され1913年(大正3年)に横浜座で初演。
いいね!横浜G30
作詞・駒井瞭、作曲・横山剣(クレイジーケンバンド)
横浜市環境事業局(現在は資源循環局)「ヨコハマはG30」タイアップ曲。横浜市内では、ごみ収集時に流される。
歌謡曲
横浜を歌ったご当地ソングは数多くある。1998年(平成10年)1月3日放送の「出没!アド街ック天国」で紹介された「全国名曲の街ベスト50」では、第1位は横浜(ブルー・ライト・ヨコハマ)だった。主要な曲目については神奈川県のご当地ソング一覧#横浜を参照。
映画 港の日本娘(1933年) - 霧笛(1952年) - 霧笛が俺を呼んでいる(1960年) - 涙を、獅子のたて髪に(1962年) - 天国と地獄(1963年) - ゴジラシリーズ(三大怪獣 地球最大の決戦(1964年)、ゴジラvsモスラ(1992年)、ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001年)、ゴジラ×メカゴジラ(2002年)- 月曜日のユカ(1964年)- 赤いハンカチ(1964年) - 夜霧よ今夜も有り難う(1967年) - 正義だ!味方だ!全員集合!!(1975年) - 冬の華(1978年) - ヨコハマBJブルース(1981年) - あぶない刑事シリーズ - 私立探偵 濱マイク 三部作(我が人生最悪の時(1993年)、遥かな時代の階段を(1994年)、罠(1996年) - 居酒屋ゆうれい(1994年) - 横浜ばっくれ隊 夏の湘南純愛篇(1994年) - ジャンクフード(1998年) - ヨコハマメリー(2005年) - 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(2006年) - 大決戦!超ウルトラ8兄弟(2008年)
テレビ
ドラマ ウルトラマン(1966年) - 俺たちの勲章(1975年) - 大追跡(1978年) - 探偵物語第6話、7話、13話、17話、19話など(1979年 - 1980年) - プロハンター (1981年) - 早春スケッチブック(1983年) - 牟田刑事官事件ファイル(1983年 - ) - あぶない刑事シリーズ(1986年 - ) - ベイシティ刑事(1987年 - 1988年) - 法医学教室の事件ファイル(1992年 - ) - おばはん刑事!流石姫子(1998年 - 2006年) - Sweet Season(1998年) - あきまへんで!(1998年) - ストロベリー・オンザ・ショートケーキ(2001年) - 私立探偵 濱マイク(2002年) - ホットマン(2003年 - 2004) - 喰いタン(2006年・2007年) - 海猿(2005年) - 14才の母(2006年) - たったひとつの恋(2006年) - どんど晴れ(2007年) - 正義の味方(2008年) - 打撃天使ルリ(2008年) - シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜(2008年) - イノセント・ラヴ(2008年) - 相棒Season 7 第10話 ノアの方舟〜聖夜の大停電は殺人招待状!(2009年1月1日) - RESCUE〜特別高度救助隊(2009年)
アニメ Kanon(京都アニメーション版) - 超神伝説うろつき童子 - センチメンタルジャーニー - 鋼鉄天使くるみ2式 - 君が主で執事が俺で
漫画 夜回り先生(原作水谷修、漫画土田世紀) - 新世紀エヴァンゲリオン - ハチミツとクローバー - MAJOR - 夏のあらし - 絶対少年(横浜編) - ヨコハマ買い出し紀行 - スクールランブル - 疾風伝説 特攻の拓 - あいしてる(守村大)- あいつとララバイ(楠みちはる)- B・B(石渡治)- 僕といっしょ(古谷実)
ゲーム 君が望む永遠 - マブラヴ - マブラヴ サプリメント - マブラヴ オルタネイティヴ - マブラヴ ALTERED FABLE - レーシングラグーン - 電車でGO!(京浜東北線で横浜市の駅が出てくる) - 金色のコルダ - ときめきメモリアル3 - KAIDO-峠の伝説-(ショートコースで収録、コース中に外国人墓地が出てくる) - 潮風の消える海に - 横浜港連続殺人事件
文学 霧笛(大佛次郎) - 午後の曳航(三島由紀夫) - 砂の上の植物群(吉行淳之介) - マイク・ハマーヘ伝言(矢作俊彦) - 横浜殺人事件(内田康夫) - 花園の迷宮(山崎洋子) - ゴールドラッシュ(柳美里) - 海を見ていたジョニー(五木寛之)- 傷痕の町(生島次郎)
絵画 Y市の橋(松本竣介)

マスコット [編集]
横浜市には数多くのマスコットキャラクターが存在する。

イベントの
キャラクター たねまる(横浜開港150周年) - toMtoM21(トムトム21、市政100周年横浜市泉区地域イベント)-ブルアちゃん(横浜博覧会)
 行政機関の 
キャラクター はまりん(交通局) - はまピョン(水道局) - ハマサイ(行政運営調整局・横浜市債マスコット) - とつか再開発くん(都市整備局・戸塚駅西口再開発事業) - へら星人ミーオ(資源循環局「ヨコハマはG30」) - クリーンバード(資源循環局のシンボルマーク) - ふや星人ゴミーオ(資源循環局・中事務所) - にこりん(コールセンター) - イコットちゃん(選挙管理委員会) - イコットJr.(選挙管理委員会) - だいちゃん(環境創造局) - はま菜ちゃん(環境創造局) -エコぽん(環境創造局)- ひだまりちゃん(こども青少年局) - すくすくん(こども青少年局) - ハマくん(安全管理局) - みんなのアース君(地球温暖化対策事業本部地球温暖化対策課)
区での
キャラクター ワッくん(鶴見区) - かめ太郎(神奈川区) - にしまろちゃん(西区) - スウィンギー(中区) - みなっち(南区) - こうなんくぅ(港南区) - カルガモ・カールズ(保土ケ谷区) - あさひくん(旭区) -てっくるちゃん(旭区・グリーンロード構想)- いそっぴ(磯子区、磯子まつりマスコット) - ミズキー(港北区) - なしかちゃん(青葉区) -えら坊(青葉区選挙管理委員会)- ミドリン(緑区) - ウナシー(戸塚区) -ララ・ミミ・キキ(戸塚区・とつか緑と暮らそうキャンペーン)- せやまる・このは家族(瀬谷区) - いっずん(泉区) - タッチーくん(栄区、いたち川マスコット)- どぼくねこ(港北土木事務所)- あいちゃん(都筑区・地域福祉保健計画マスコット)
その他 いこあら(金沢区明るい選挙推進協議会) - ヨッチー(横浜市立大学) - キャプテンわん(横浜市体育協会)- みどりちゃん(横浜市緑の協会)

出身有名人 [編集]
「横浜市出身の人物一覧」を参照

脚注 [編集]
[ヘルプ]
^ 横浜市徽章(1909年(明治42年)6月5日告示第44号)に準拠。市章は、横浜港開港50周年を記念して、市民からの公募により定められた。「ハマ」の2文字が図案化されているため、市民には「ハマ菱」「ハマ章」「ハマ旗」と呼ばれて親しまれている。
^ 関内地区の中区港町一丁目1番地には横浜市役所が、中区日本大通1番地には神奈川県庁がある。
^ 横浜村は、武蔵国久良岐郡に属する。「横浜」の名は、海から見たとき「横に長い浜」であることに由来するとされる。
^ 横浜村は、安政6年(1859年)に横浜町となり、1878年(明治11年)には郡区町村編制法の施行により横浜区になっていた。
^ 地方自治法(昭和22年法律第67号)252条の19第1項、地方自治法第二百五十二条の十九第一項の指定都市の指定に関する政令(昭和31年政令第254号)。
^ 多極分散型国土形成促進法(昭和63年法律第83号)8条1号イ、多極分散型国土形成促進法施行令(昭和63年政令第194号)5条1号、首都圏整備法(昭和31年法律第83号)2条3項、首都圏整備法施行令(昭和32年政令第333号)2条。
^ この節は、「横浜市防災計画 震災対策編 YOKOHAMA2005」横浜市防災会議・発行、横浜市安全管理局危機管理室・編集、2006年(平成18年)3月を参照。
^ 「横浜市統計ポータルサイト大都市比較統計年表(平成16年)I 土地及び気象 1。位置、面積及び市域の高低」
^ 「過去の気象データ」 気象庁、横浜地方気象台。
^ 「2007年さくら(ソメイヨシノ)の開花日及び満開日一覧(東京管内)」[リンク切れ] 気象庁。
^ 横浜市立学校の管理運営に関する規則(昭和59年教育委員会規則第4号)4条1項8号は、小中学校における休業日として「開港記念日 6月2日」と定めている。
^ 従来、開港記念日は旧暦に合わせて6月2日としてきたが、このとき新暦に合わせて7月2日とした。しかし、1928年(昭和3年)には6月2日に再変更され、現在に至っている。
^ 1909年(明治42年)7月4日付、「横浜貿易新報」。
^ 関東大震災による死者は2万人余で人口比にして東京の約2倍(5.4%)、全壊家屋は6万戸、
^ 横浜大空襲による被害は、死者3,787人、重傷者1,554人、軽傷者10,837人、罹災者313,144人、罹災戸数79,350戸に及ぶ。「神奈川県下の空襲被害状況」、『神奈川県警察史(中巻)』より、横浜市行政運営調整局総務部法制課。
^ 戦時中を通じての空襲による被害は、罹災面積6,940,000坪、罹災人口399,187人、罹災戸数98,361戸、死者5,830人、負傷者14,215人に及び、市街地の46%が被害を受けた。建設省編『戦災復興誌』第1巻(1959年)より、横浜市行政運営調整局総務部法制課。
^ 横浜は、連合国軍によって、港湾施設の90%、市街地の27%が接収された。接収された土地の面積は918万m²、建物は96万m²にのぼる。また、横浜の接収は、沖縄を除く全国の接収土地面積の70%、接収建物の61%を占め、その6割は継続接収であった。
^ 横浜市都市経営局基地対策部
^ 「横浜開港150周年〜市政120周年〜基本計画」、横浜市開港150周年・創造都市事業本部。
^ 横濱開港150周年、財団法人横浜開港150周年協会。
^ 開国博Y150公式サイト、財団法人横浜開港150周年協会。
^ 開港記念式典/ヴィジョン!ヨコハマ、横浜市開港150周年・創造都市事業本部。
^ 横浜港 象の鼻地区、横浜市港湾局企画調整課。
^ 「開港150周年の森」づくり、横浜市環境創造局みどりアップ推進部みどりアップ推進課。
^ マリンタワー再生事業、横浜市経済観光局観光交流推進課。
^ 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校、横浜市。
^ 全国都道府県市区町村別面積調、国土地理院。2008年(平成20年)4月1日速報値。
^ a b 神奈川県の人口と世帯
^ 以下、「人口動態と年齢別人口」 横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係参照。
^ 人口のあゆみ(明治22年〜平成11年)、第18表 年齢(3区分)別人口、年齢構造指数及び平均年齢の推移−市(大正9年〜平成21年)、横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係。
^ 「人口のあゆみ」横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係
^ 国勢調査でみる横浜市の昼夜間人口、横浜市
^ 以下、いずれも2008年(平成20年)9月1日現在推計。
^ a b c d 「横浜市の財政状況(平成20年度版)」、横浜市総務局財政部財政課。
^ 「平成20年度・市税決算額調」、横浜市総務局主税部税務課。
^ 「都市計画道路の整備状況」 横浜市道路局計画調整部企画課。
^ 「平成17年国勢調査 従業地・通学地集計結果」 横浜市、総務省統計局
^ その後、2007年(平成19年)4月の地方自治法の改正により、正式名称となった。
^ 「市政記録2006年版」第1部 市勢編、横浜のあゆみ[リンク切れ] 横浜市市民活力推進局市民情報室(初代から29代就任日まで)
^ 2009年(平成21年)7月28日に辞表提出。
^ この節は、横浜市行政運営調整局財政課のサイトを参照。
^ 会計間で相互にやりとりする重複部分を除いた純計。
^ 「横浜市会」横浜市市会事務局
^ 2009年3月26日の平成21年第1回定例会で定数を86に減らす条例案が可決されている。
^ 民主党の一部とヨコハマから日本を変える会で構成する統一会派。
^ 無所属や単独では交渉会派に至らない政党で構成する統一会派。「議会改革をめざし会派を形成〜横浜」神奈川ネットワーク運動・活動報告、2007年5月12日更新を参照。
^ 「神奈川県内の行政機関ガイド」 総務省神奈川行政評価事務所。
^ 第45回衆議院議員総選挙 投・開票速報、神奈川県選挙管理委員会。
^ 「神奈川県議会ホームページ」神奈川県議会
^ 詳しい表記などは、「横浜市の町名一覧(平成18年11月1日現在)」(横浜市市民活力推進局区政支援部窓口サービス課、2007年1月5日更新)を参照。
^ 平成20年(2008年)横浜市観光入込客数過去最高の4,253万人、経済観光局観光交流推進課、2009年4月20日発表。
^ 県の観光客数が4年連続で過去最高に、神奈川県、2009年(平成21年)6月9日発表。
^ 交通の便が良いため、コンサート、ライブ等は多数開催されている。#横浜市出身の有名人で見られるように、輩出している芸能人は多いものの地元への定着性は低い。これは、地元密着のマスコミが少ないためであり、東京を除く関東広域圏共通の傾向でもある(詳しくはローカルタレントの項を参照)。
^ この節は、「平成16年度 横浜市の市民経済計算(横浜市の市民所得)」(横浜市都市経営局政策部政策課、2007年(平成19年)3月26日公表)を参照。
^ 平成17年国勢調査 第2次基本集計結果「横浜市の概要」 横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係
^ 「横浜港ホームページ」 横浜市港湾局
^ 港湾法(昭和25年法律第218号)2条の2、平成16年7月23日国土交通大臣公示
^ 2006年(1月〜12月)の日本船籍客船の寄港回数は、131回で4年連続国内1位。「クルーズ客船に人気があるのはどの港?」(2007年1月26日)] クルーズオンライン
^ 「平成19年度学校基本調査」(神奈川県企画部統計課)、横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係。
^ 「平成19年度版 教育年鑑」 横浜市教育委員会
^ 「平成20年度学校基本調査(速報値)」
^ 「道志村との友好交流促進について」[リンク切れ]横浜市都市経営局調査・広域行政課、2007年1月4日更新
^ 「国際交流」横浜市都市経営局国際政策室
^ ベトナム・ホーチミン市と「ビジネスパートナー都市」提携、横浜市経済観光局誘致・国際経済課。
^ 「姉妹港・友好港・貿易協力港」横浜市港湾局振興事業課。
参考文献 [編集]
横浜市 『横浜の歴史』 横浜市教育委員会事務局小中学校教育課、2007年。
「図説・横浜の歴史」編集委員会 『図説〈横浜の歴史〉市政一〇〇周年 開港一三〇周年』 横浜市市民局市民情報室広報センター、1989年。
関連項目 [編集]
企業・団体
P&O
香港上海銀行
横浜ゴム
横浜ベイキット
横浜ベイスターズ・スポーツコミュニティ
歴史
横浜バプテスト神学校
横浜オデヲン座
横浜市の歴史
その他
横浜フリーきっぷ(+あかいくつバス)
横浜オリンピック構想
横浜銀蝿
横浜ドリームランド
横浜で始まる記事一覧
横浜市で始まる記事一覧


外部リンク [編集]
ウィキメディア・コモンズには、横浜市に関連するマルチメディアおよびカテゴリがあります。行政
横浜市役所
観光
横浜市 - ウィキトラベル
横浜市観光情報公式サイト
原町田(北東) 荏田(北西) 荏田(北東) 川崎(北西)
原町田(南東) 荏田(南西) 荏田(南東) 川崎(南西) 川崎(南東)
座間(北東) 横浜西部(北西) 横浜西部(北東) 横浜東部(北西) 横浜東部(北東)
座間(南東) 横浜西部(南西) 横浜西部(南東) 横浜東部(南西) 横浜東部(南東)
藤沢(北東) 戸塚(北西) 戸塚(北東) 本牧(北西) 本牧(北東)
藤沢(南東) 戸塚(南西) 戸塚(南東) 本牧(南西)
鎌倉(北東) 横須賀(北西)

[表示]表・話・編・歴 日本の政令指定都市

北海道地方 札幌市(北海道)

東北地方 仙台市(宮城県)

関東地方 さいたま市(埼玉県) | 千葉市(千葉県) | 横浜市 / 川崎市 / 相模原市(神奈川県)

中部地方 新潟市(新潟県) | 静岡市 / 浜松市(静岡県) | 名古屋市(愛知県)

近畿地方 京都市(京都府) | 大阪市 / 堺市(大阪府) | 神戸市(兵庫県)

中国地方 岡山市(岡山県) | 広島市(広島県)

四国地方 なし

九州地方 北九州市 / 福岡市(福岡県)

[表示]表・話・編・歴神奈川県の自治体等

横浜市 鶴見区 | 神奈川区 | 西区 | 中区 | 南区 | 保土ケ谷区 | 磯子区 | 金沢区 | 港北区 | 戸塚区 | 港南区 | 旭区 | 緑区 | 瀬谷区 | 栄区 | 泉区 | 青葉区 | 都筑区

川崎市 川崎区 | 幸区 | 中原区 | 高津区 | 多摩区 | 宮前区 | 麻生区

相模原市 緑区 | 中央区 | 南区

その他市部 横須賀市 | 平塚市 | 鎌倉市 | 藤沢市 | 小田原市 | 茅ヶ崎市 | 逗子市 | 三浦市 | 秦野市 | 厚木市 | 大和市 | 伊勢原市 | 海老名市 | 座間市 | 南足柄市 | 綾瀬市

三浦郡 葉山町

高座郡 寒川町

中郡 大磯町 | 二宮町

足柄上郡 中井町 | 大井町 | 松田町 | 山北町 | 開成町

足柄下郡 箱根町 | 真鶴町 | 湯河原町

愛甲郡 愛川町 | 清川村

[表示]表・話・編・歴 日本の都道府県庁所在地

北海道地方 札幌市(北海道)

東北地方 青森市(青森県)| 盛岡市(岩手県)| 仙台市(宮城県)| 秋田市(秋田県)| 山形市(山形県)| 福島市(福島県)

関東地方 水戸市(茨城県)| 宇都宮市(栃木県)| 前橋市(群馬県)| さいたま市(埼玉県)| 千葉市(千葉県)| 東京/新宿区(東京都)| 横浜市(神奈川県)

中部地方 新潟市(新潟県)| 富山市(富山県)| 金沢市(石川県)| 福井市(福井県)| 甲府市(山梨県)| 長野市(長野県)| 岐阜市(岐阜県)| 静岡市(静岡県)| 名古屋市(愛知県)

近畿地方 津市(三重県)| 大津市(滋賀県)| 京都市(京都府)| 大阪市(大阪府)| 神戸市(兵庫県)| 奈良市(奈良県)| 和歌山市(和歌山県)

中国地方 鳥取市(鳥取県)| 松江市(島根県)| 岡山市(岡山県)| 広島市(広島県)| 山口市(山口県)

四国地方 徳島市(徳島県)| 高松市(香川県)| 松山市(愛媛県)| 高知市(高知県)

九州・沖縄地方 福岡市(福岡県)| 佐賀市(佐賀県)| 長崎市(長崎県)| 熊本市(熊本県)| 大分市(大分県)| 宮崎市(宮崎県)| 鹿児島市(鹿児島県)| 那覇市(沖縄県)

[表示]表・話・編・歴神奈川県の地域

横浜市(政令指定都市) | 川崎市(政令指定都市) | 横須賀三浦地域 | 神奈川県県央地域 | 湘南地域 | 足柄上地域 | 西湘地域


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82」より作成
カテゴリ: 神奈川県の市町村 | 横浜市 | 港町 | 政令指定都市 | 都道府県庁所在地
隠しカテゴリ: 外部リンクがリンク切れになっている記事 | 外部リンクがリンク切れになっている記事/2010年3月横浜市に関する作品 [編集]
横浜市歌
作詞・森林太郎(森鴎外)、作曲・南能衛
1909年(明治42年)に、開港50周年を記念して作られた。なお、各区の歌は区の記事を参照。
横浜音頭
山野芋作(長谷川伸)による同名の小説がある。後に舞台化され1913年(大正3年)に横浜座で初演。
いいね!横浜G30
作詞・駒井瞭、作曲・横山剣(クレイジーケンバンド)
横浜市環境事業局(現在は資源循環局)「ヨコハマはG30」タイアップ曲。横浜市内では、ごみ収集時に流される。
歌謡曲
横浜を歌ったご当地ソングは数多くある。1998年(平成10年)1月3日放送の「出没!アド街ック天国」で紹介された「全国名曲の街ベスト50」では、第1位は横浜(ブルー・ライト・ヨコハマ)だった。主要な曲目については神奈川県のご当地ソング一覧#横浜を参照。
映画 港の日本娘(1933年) - 霧笛(1952年) - 霧笛が俺を呼んでいる(1960年) - 涙を、獅子のたて髪に(1962年) - 天国と地獄(1963年) - ゴジラシリーズ(三大怪獣 地球最大の決戦(1964年)、ゴジラvsモスラ(1992年)、ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001年)、ゴジラ×メカゴジラ(2002年)- 月曜日のユカ(1964年)- 赤いハンカチ(1964年) - 夜霧よ今夜も有り難う(1967年) - 正義だ!味方だ!全員集合!!(1975年) - 冬の華(1978年) - ヨコハマBJブルース(1981年) - あぶない刑事シリーズ - 私立探偵 濱マイク 三部作(我が人生最悪の時(1993年)、遥かな時代の階段を(1994年)、罠(1996年) - 居酒屋ゆうれい(1994年) - 横浜ばっくれ隊 夏の湘南純愛篇(1994年) - ジャンクフード(1998年) - ヨコハマメリー(2005年) - 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(2006年) - 大決戦!超ウルトラ8兄弟(2008年)
テレビ
ドラマ ウルトラマン(1966年) - 俺たちの勲章(1975年) - 大追跡(1978年) - 探偵物語第6話、7話、13話、17話、19話など(1979年 - 1980年) - プロハンター (1981年) - 早春スケッチブック(1983年) - 牟田刑事官事件ファイル(1983年 - ) - あぶない刑事シリーズ(1986年 - ) - ベイシティ刑事(1987年 - 1988年) - 法医学教室の事件ファイル(1992年 - ) - おばはん刑事!流石姫子(1998年 - 2006年) - Sweet Season(1998年) - あきまへんで!(1998年) - ストロベリー・オンザ・ショートケーキ(2001年) - 私立探偵 濱マイク(2002年) - ホットマン(2003年 - 2004) - 喰いタン(2006年・2007年) - 海猿(2005年) - 14才の母(2006年) - たったひとつの恋(2006年) - どんど晴れ(2007年) - 正義の味方(2008年) - 打撃天使ルリ(2008年) - シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜(2008年) - イノセント・ラヴ(2008年) - 相棒Season 7 第10話 ノアの方舟〜聖夜の大停電は殺人招待状!(2009年1月1日) - RESCUE〜特別高度救助隊(2009年)
アニメ Kanon(京都アニメーション版) - 超神伝説うろつき童子 - センチメンタルジャーニー - 鋼鉄天使くるみ2式 - 君が主で執事が俺で
漫画 夜回り先生(原作水谷修、漫画土田世紀) - 新世紀エヴァンゲリオン - ハチミツとクローバー - MAJOR - 夏のあらし - 絶対少年(横浜編) - ヨコハマ買い出し紀行 - スクールランブル - 疾風伝説 特攻の拓 - あいしてる(守村大)- あいつとララバイ(楠みちはる)- B・B(石渡治)- 僕といっしょ(古谷実)
ゲーム 君が望む永遠 - マブラヴ - マブラヴ サプリメント - マブラヴ オルタネイティヴ - マブラヴ ALTERED FABLE - レーシングラグーン - 電車でGO!(京浜東北線で横浜市の駅が出てくる) - 金色のコルダ - ときめきメモリアル3 - KAIDO-峠の伝説-(ショートコースで収録、コース中に外国人墓地が出てくる) - 潮風の消える海に - 横浜港連続殺人事件
文学 霧笛(大佛次郎) - 午後の曳航(三島由紀夫) - 砂の上の植物群(吉行淳之介) - マイク・ハマーヘ伝言(矢作俊彦) - 横浜殺人事件(内田康夫) - 花園の迷宮(山崎洋子) - ゴールドラッシュ(柳美里) - 海を見ていたジョニー(五木寛之)- 傷痕の町(生島次郎)
絵画 Y市の橋(松本竣介)

マスコット [編集]
横浜市には数多くのマスコットキャラクターが存在する。

イベントの
キャラクター たねまる(横浜開港150周年) - toMtoM21(トムトム21、市政100周年横浜市泉区地域イベント)-ブルアちゃん(横浜博覧会)
 行政機関の 
キャラクター はまりん(交通局) - はまピョン(水道局) - ハマサイ(行政運営調整局・横浜市債マスコット) - とつか再開発くん(都市整備局・戸塚駅西口再開発事業) - へら星人ミーオ(資源循環局「ヨコハマはG30」) - クリーンバード(資源循環局のシンボルマーク) - ふや星人ゴミーオ(資源循環局・中事務所) - にこりん(コールセンター) - イコットちゃん(選挙管理委員会) - イコットJr.(選挙管理委員会) - だいちゃん(環境創造局) - はま菜ちゃん(環境創造局) -エコぽん(環境創造局)- ひだまりちゃん(こども青少年局) - すくすくん(こども青少年局) - ハマくん(安全管理局) - みんなのアース君(地球温暖化対策事業本部地球温暖化対策課)
区での
キャラクター ワッくん(鶴見区) - かめ太郎(神奈川区) - にしまろちゃん(西区) - スウィンギー(中区) - みなっち(南区) - こうなんくぅ(港南区) - カルガモ・カールズ(保土ケ谷区) - あさひくん(旭区) -てっくるちゃん(旭区・グリーンロード構想)- いそっぴ(磯子区、磯子まつりマスコット) - ミズキー(港北区) - なしかちゃん(青葉区) -えら坊(青葉区選挙管理委員会)- ミドリン(緑区) - ウナシー(戸塚区) -ララ・ミミ・キキ(戸塚区・とつか緑と暮らそうキャンペーン)- せやまる・このは家族(瀬谷区) - いっずん(泉区) - タッチーくん(栄区、いたち川マスコット)- どぼくねこ(港北土木事務所)- あいちゃん(都筑区・地域福祉保健計画マスコット)
その他 いこあら(金沢区明るい選挙推進協議会) - ヨッチー(横浜市立大学) - キャプテンわん(横浜市体育協会)- みどりちゃん(横浜市緑の協会)

出身有名人 [編集]
「横浜市出身の人物一覧」を参照

脚注 [編集]
[ヘルプ]
^ 横浜市徽章(1909年(明治42年)6月5日告示第44号)に準拠。市章は、横浜港開港50周年を記念して、市民からの公募により定められた。「ハマ」の2文字が図案化されているため、市民には「ハマ菱」「ハマ章」「ハマ旗」と呼ばれて親しまれている。
^ 関内地区の中区港町一丁目1番地には横浜市役所が、中区日本大通1番地には神奈川県庁がある。
^ 横浜村は、武蔵国久良岐郡に属する。「横浜」の名は、海から見たとき「横に長い浜」であることに由来するとされる。
^ 横浜村は、安政6年(1859年)に横浜町となり、1878年(明治11年)には郡区町村編制法の施行により横浜区になっていた。
^ 地方自治法(昭和22年法律第67号)252条の19第1項、地方自治法第二百五十二条の十九第一項の指定都市の指定に関する政令(昭和31年政令第254号)。
^ 多極分散型国土形成促進法(昭和63年法律第83号)8条1号イ、多極分散型国土形成促進法施行令(昭和63年政令第194号)5条1号、首都圏整備法(昭和31年法律第83号)2条3項、首都圏整備法施行令(昭和32年政令第333号)2条。
^ この節は、「横浜市防災計画 震災対策編 YOKOHAMA2005」横浜市防災会議・発行、横浜市安全管理局危機管理室・編集、2006年(平成18年)3月を参照。
^ 「横浜市統計ポータルサイト大都市比較統計年表(平成16年)I 土地及び気象 1。位置、面積及び市域の高低」
^ 「過去の気象データ」 気象庁、横浜地方気象台。
^ 「2007年さくら(ソメイヨシノ)の開花日及び満開日一覧(東京管内)」[リンク切れ] 気象庁。
^ 横浜市立学校の管理運営に関する規則(昭和59年教育委員会規則第4号)4条1項8号は、小中学校における休業日として「開港記念日 6月2日」と定めている。
^ 従来、開港記念日は旧暦に合わせて6月2日としてきたが、このとき新暦に合わせて7月2日とした。しかし、1928年(昭和3年)には6月2日に再変更され、現在に至っている。
^ 1909年(明治42年)7月4日付、「横浜貿易新報」。
^ 関東大震災による死者は2万人余で人口比にして東京の約2倍(5.4%)、全壊家屋は6万戸、
^ 横浜大空襲による被害は、死者3,787人、重傷者1,554人、軽傷者10,837人、罹災者313,144人、罹災戸数79,350戸に及ぶ。「神奈川県下の空襲被害状況」、『神奈川県警察史(中巻)』より、横浜市行政運営調整局総務部法制課。
^ 戦時中を通じての空襲による被害は、罹災面積6,940,000坪、罹災人口399,187人、罹災戸数98,361戸、死者5,830人、負傷者14,215人に及び、市街地の46%が被害を受けた。建設省編『戦災復興誌』第1巻(1959年)より、横浜市行政運営調整局総務部法制課。
^ 横浜は、連合国軍によって、港湾施設の90%、市街地の27%が接収された。接収された土地の面積は918万m²、建物は96万m²にのぼる。また、横浜の接収は、沖縄を除く全国の接収土地面積の70%、接収建物の61%を占め、その6割は継続接収であった。
^ 横浜市都市経営局基地対策部
^ 「横浜開港150周年〜市政120周年〜基本計画」、横浜市開港150周年・創造都市事業本部。
^ 横濱開港150周年、財団法人横浜開港150周年協会。
^ 開国博Y150公式サイト、財団法人横浜開港150周年協会。
^ 開港記念式典/ヴィジョン!ヨコハマ、横浜市開港150周年・創造都市事業本部。
^ 横浜港 象の鼻地区、横浜市港湾局企画調整課。
^ 「開港150周年の森」づくり、横浜市環境創造局みどりアップ推進部みどりアップ推進課。
^ マリンタワー再生事業、横浜市経済観光局観光交流推進課。
^ 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校、横浜市。
^ 全国都道府県市区町村別面積調、国土地理院。2008年(平成20年)4月1日速報値。
^ a b 神奈川県の人口と世帯
^ 以下、「人口動態と年齢別人口」 横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係参照。
^ 人口のあゆみ(明治22年〜平成11年)、第18表 年齢(3区分)別人口、年齢構造指数及び平均年齢の推移−市(大正9年〜平成21年)、横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係。
^ 「人口のあゆみ」横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係
^ 国勢調査でみる横浜市の昼夜間人口、横浜市
^ 以下、いずれも2008年(平成20年)9月1日現在推計。
^ a b c d 「横浜市の財政状況(平成20年度版)」、横浜市総務局財政部財政課。
^ 「平成20年度・市税決算額調」、横浜市総務局主税部税務課。
^ 「都市計画道路の整備状況」 横浜市道路局計画調整部企画課。
^ 「平成17年国勢調査 従業地・通学地集計結果」 横浜市、総務省統計局
^ その後、2007年(平成19年)4月の地方自治法の改正により、正式名称となった。
^ 「市政記録2006年版」第1部 市勢編、横浜のあゆみ[リンク切れ] 横浜市市民活力推進局市民情報室(初代から29代就任日まで)
^ 2009年(平成21年)7月28日に辞表提出。
^ この節は、横浜市行政運営調整局財政課のサイトを参照。
^ 会計間で相互にやりとりする重複部分を除いた純計。
^ 「横浜市会」横浜市市会事務局
^ 2009年3月26日の平成21年第1回定例会で定数を86に減らす条例案が可決されている。
^ 民主党の一部とヨコハマから日本を変える会で構成する統一会派。
^ 無所属や単独では交渉会派に至らない政党で構成する統一会派。「議会改革をめざし会派を形成〜横浜」神奈川ネットワーク運動・活動報告、2007年5月12日更新を参照。
^ 「神奈川県内の行政機関ガイド」 総務省神奈川行政評価事務所。
^ 第45回衆議院議員総選挙 投・開票速報、神奈川県選挙管理委員会。
^ 「神奈川県議会ホームページ」神奈川県議会
^ 詳しい表記などは、「横浜市の町名一覧(平成18年11月1日現在)」(横浜市市民活力推進局区政支援部窓口サービス課、2007年1月5日更新)を参照。
^ 平成20年(2008年)横浜市観光入込客数過去最高の4,253万人、経済観光局観光交流推進課、2009年4月20日発表。
^ 県の観光客数が4年連続で過去最高に、神奈川県、2009年(平成21年)6月9日発表。
^ 交通の便が良いため、コンサート、ライブ等は多数開催されている。#横浜市出身の有名人で見られるように、輩出している芸能人は多いものの地元への定着性は低い。これは、地元密着のマスコミが少ないためであり、東京を除く関東広域圏共通の傾向でもある(詳しくはローカルタレントの項を参照)。
^ この節は、「平成16年度 横浜市の市民経済計算(横浜市の市民所得)」(横浜市都市経営局政策部政策課、2007年(平成19年)3月26日公表)を参照。
^ 平成17年国勢調査 第2次基本集計結果「横浜市の概要」 横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係
^ 「横浜港ホームページ」 横浜市港湾局
^ 港湾法(昭和25年法律第218号)2条の2、平成16年7月23日国土交通大臣公示
^ 2006年(1月〜12月)の日本船籍客船の寄港回数は、131回で4年連続国内1位。「クルーズ客船に人気があるのはどの港?」(2007年1月26日)] クルーズオンライン
^ 「平成19年度学校基本調査」(神奈川県企画部統計課)、横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係。
^ 「平成19年度版 教育年鑑」 横浜市教育委員会
^ 「平成20年度学校基本調査(速報値)」
^ 「道志村との友好交流促進について」[リンク切れ]横浜市都市経営局調査・広域行政課、2007年1月4日更新
^ 「国際交流」横浜市都市経営局国際政策室
^ ベトナム・ホーチミン市と「ビジネスパートナー都市」提携、横浜市経済観光局誘致・国際経済課。
^ 「姉妹港・友好港・貿易協力港」横浜市港湾局振興事業課。
参考文献 [編集]
横浜市 『横浜の歴史』 横浜市教育委員会事務局小中学校教育課、2007年。
「図説・横浜の歴史」編集委員会 『図説〈横浜の歴史〉市政一〇〇周年 開港一三〇周年』 横浜市市民局市民情報室広報センター、1989年。
関連項目 [編集]
企業・団体
P&O
香港上海銀行
横浜ゴム
横浜ベイキット
横浜ベイスターズ・スポーツコミュニティ
歴史
横浜バプテスト神学校
横浜オデヲン座
横浜市の歴史
その他
横浜フリーきっぷ(+あかいくつバス)
横浜オリンピック構想
横浜銀蝿
横浜ドリームランド
横浜で始まる記事一覧
横浜市で始まる記事一覧


外部リンク [編集]
ウィキメディア・コモンズには、横浜市に関連するマルチメディアおよびカテゴリがあります。行政
横浜市役所
観光
横浜市 - ウィキトラベル
横浜市観光情報公式サイト
原町田(北東) 荏田(北西) 荏田(北東) 川崎(北西)
原町田(南東) 荏田(南西) 荏田(南東) 川崎(南西) 川崎(南東)
座間(北東) 横浜西部(北西) 横浜西部(北東) 横浜東部(北西) 横浜東部(北東)
座間(南東) 横浜西部(南西) 横浜西部(南東) 横浜東部(南西) 横浜東部(南東)
藤沢(北東) 戸塚(北西) 戸塚(北東) 本牧(北西) 本牧(北東)
藤沢(南東) 戸塚(南西) 戸塚(南東) 本牧(南西)
鎌倉(北東) 横須賀(北西)

[表示]表・話・編・歴 日本の政令指定都市

北海道地方 札幌市(北海道)

東北地方 仙台市(宮城県)

関東地方 さいたま市(埼玉県) | 千葉市(千葉県) | 横浜市 / 川崎市 / 相模原市(神奈川県)

中部地方 新潟市(新潟県) | 静岡市 / 浜松市(静岡県) | 名古屋市(愛知県)

近畿地方 京都市(京都府) | 大阪市 / 堺市(大阪府) | 神戸市(兵庫県)

中国地方 岡山市(岡山県) | 広島市(広島県)

四国地方 なし

九州地方 北九州市 / 福岡市(福岡県)

[表示]表・話・編・歴神奈川県の自治体等

横浜市 鶴見区 | 神奈川区 | 西区 | 中区 | 南区 | 保土ケ谷区 | 磯子区 | 金沢区 | 港北区 | 戸塚区 | 港南区 | 旭区 | 緑区 | 瀬谷区 | 栄区 | 泉区 | 青葉区 | 都筑区

川崎市 川崎区 | 幸区 | 中原区 | 高津区 | 多摩区 | 宮前区 | 麻生区

相模原市 緑区 | 中央区 | 南区

その他市部 横須賀市 | 平塚市 | 鎌倉市 | 藤沢市 | 小田原市 | 茅ヶ崎市 | 逗子市 | 三浦市 | 秦野市 | 厚木市 | 大和市 | 伊勢原市 | 海老名市 | 座間市 | 南足柄市 | 綾瀬市

三浦郡 葉山町

高座郡 寒川町

中郡 大磯町 | 二宮町

足柄上郡 中井町 | 大井町 | 松田町 | 山北町 | 開成町

足柄下郡 箱根町 | 真鶴町 | 湯河原町

愛甲郡 愛川町 | 清川村

[表示]表・話・編・歴 日本の都道府県庁所在地

北海道地方 札幌市(北海道)

東北地方 青森市(青森県)| 盛岡市(岩手県)| 仙台市(宮城県)| 秋田市(秋田県)| 山形市(山形県)| 福島市(福島県)

関東地方 水戸市(茨城県)| 宇都宮市(栃木県)| 前橋市(群馬県)| さいたま市(埼玉県)| 千葉市(千葉県)| 東京/新宿区(東京都)| 横浜市(神奈川県)

中部地方 新潟市(新潟県)| 富山市(富山県)| 金沢市(石川県)| 福井市(福井県)| 甲府市(山梨県)| 長野市(長野県)| 岐阜市(岐阜県)| 静岡市(静岡県)| 名古屋市(愛知県)

近畿地方 津市(三重県)| 大津市(滋賀県)| 京都市(京都府)| 大阪市(大阪府)| 神戸市(兵庫県)| 奈良市(奈良県)| 和歌山市(和歌山県)

中国地方 鳥取市(鳥取県)| 松江市(島根県)| 岡山市(岡山県)| 広島市(広島県)| 山口市(山口県)

四国地方 徳島市(徳島県)| 高松市(香川県)| 松山市(愛媛県)| 高知市(高知県)

九州・沖縄地方 福岡市(福岡県)| 佐賀市(佐賀県)| 長崎市(長崎県)| 熊本市(熊本県)| 大分市(大分県)| 宮崎市(宮崎県)| 鹿児島市(鹿児島県)| 那覇市(沖縄県)

[表示]表・話・編・歴神奈川県の地域

横浜市(政令指定都市) | 川崎市(政令指定都市) | 横須賀三浦地域 | 神奈川県県央地域 | 湘南地域 | 足柄上地域 | 西湘地域


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82」より作成
カテゴリ: 神奈川県の市町村 | 横浜市 | 港町 | 政令指定都市 | 都道府県庁所在地
隠しカテゴリ: 外部リンクがリンク切れになっている記事 | 外部リンクがリンク切れになっている記事/2010年3月横浜市に関する作品 [編集]
横浜市歌
作詞・森林太郎(森鴎外)、作曲・南能衛
1909年(明治42年)に、開港50周年を記念して作られた。なお、各区の歌は区の記事を参照。
横浜音頭
山野芋作(長谷川伸)による同名の小説がある。後に舞台化され1913年(大正3年)に横浜座で初演。
いいね!横浜G30
作詞・駒井瞭、作曲・横山剣(クレイジーケンバンド)
横浜市環境事業局(現在は資源循環局)「ヨコハマはG30」タイアップ曲。横浜市内では、ごみ収集時に流される。
歌謡曲
横浜を歌ったご当地ソングは数多くある。1998年(平成10年)1月3日放送の「出没!アド街ック天国」で紹介された「全国名曲の街ベスト50」では、第1位は横浜(ブルー・ライト・ヨコハマ)だった。主要な曲目については神奈川県のご当地ソング一覧#横浜を参照。
映画 港の日本娘(1933年) - 霧笛(1952年) - 霧笛が俺を呼んでいる(1960年) - 涙を、獅子のたて髪に(1962年) - 天国と地獄(1963年) - ゴジラシリーズ(三大怪獣 地球最大の決戦(1964年)、ゴジラvsモスラ(1992年)、ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001年)、ゴジラ×メカゴジラ(2002年)- 月曜日のユカ(1964年)- 赤いハンカチ(1964年) - 夜霧よ今夜も有り難う(1967年) - 正義だ!味方だ!全員集合!!(1975年) - 冬の華(1978年) - ヨコハマBJブルース(1981年) - あぶない刑事シリーズ - 私立探偵 濱マイク 三部作(我が人生最悪の時(1993年)、遥かな時代の階段を(1994年)、罠(1996年) - 居酒屋ゆうれい(1994年) - 横浜ばっくれ隊 夏の湘南純愛篇(1994年) - ジャンクフード(1998年) - ヨコハマメリー(2005年) - 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(2006年) - 大決戦!超ウルトラ8兄弟(2008年)
テレビ
ドラマ ウルトラマン(1966年) - 俺たちの勲章(1975年) - 大追跡(1978年) - 探偵物語第6話、7話、13話、17話、19話など(1979年 - 1980年) - プロハンター (1981年) - 早春スケッチブック(1983年) - 牟田刑事官事件ファイル(1983年 - ) - あぶない刑事シリーズ(1986年 - ) - ベイシティ刑事(1987年 - 1988年) - 法医学教室の事件ファイル(1992年 - ) - おばはん刑事!流石姫子(1998年 - 2006年) - Sweet Season(1998年) - あきまへんで!(1998年) - ストロベリー・オンザ・ショートケーキ(2001年) - 私立探偵 濱マイク(2002年) - ホットマン(2003年 - 2004) - 喰いタン(2006年・2007年) - 海猿(2005年) - 14才の母(2006年) - たったひとつの恋(2006年) - どんど晴れ(2007年) - 正義の味方(2008年) - 打撃天使ルリ(2008年) - シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜(2008年) - イノセント・ラヴ(2008年) - 相棒Season 7 第10話 ノアの方舟〜聖夜の大停電は殺人招待状!(2009年1月1日) - RESCUE〜特別高度救助隊(2009年)
アニメ Kanon(京都アニメーション版) - 超神伝説うろつき童子 - センチメンタルジャーニー - 鋼鉄天使くるみ2式 - 君が主で執事が俺で
漫画 夜回り先生(原作水谷修、漫画土田世紀) - 新世紀エヴァンゲリオン - ハチミツとクローバー - MAJOR - 夏のあらし - 絶対少年(横浜編) - ヨコハマ買い出し紀行 - スクールランブル - 疾風伝説 特攻の拓 - あいしてる(守村大)- あいつとララバイ(楠みちはる)- B・B(石渡治)- 僕といっしょ(古谷実)
ゲーム 君が望む永遠 - マブラヴ - マブラヴ サプリメント - マブラヴ オルタネイティヴ - マブラヴ ALTERED FABLE - レーシングラグーン - 電車でGO!(京浜東北線で横浜市の駅が出てくる) - 金色のコルダ - ときめきメモリアル3 - KAIDO-峠の伝説-(ショートコースで収録、コース中に外国人墓地が出てくる) - 潮風の消える海に - 横浜港連続殺人事件
文学 霧笛(大佛次郎) - 午後の曳航(三島由紀夫) - 砂の上の植物群(吉行淳之介) - マイク・ハマーヘ伝言(矢作俊彦) - 横浜殺人事件(内田康夫) - 花園の迷宮(山崎洋子) - ゴールドラッシュ(柳美里) - 海を見ていたジョニー(五木寛之)- 傷痕の町(生島次郎)
絵画 Y市の橋(松本竣介)

マスコット [編集]
横浜市には数多くのマスコットキャラクターが存在する。

イベントの
キャラクター たねまる(横浜開港150周年) - toMtoM21(トムトム21、市政100周年横浜市泉区地域イベント)-ブルアちゃん(横浜博覧会)
 行政機関の 
キャラクター はまりん(交通局) - はまピョン(水道局) - ハマサイ(行政運営調整局・横浜市債マスコット) - とつか再開発くん(都市整備局・戸塚駅西口再開発事業) - へら星人ミーオ(資源循環局「ヨコハマはG30」) - クリーンバード(資源循環局のシンボルマーク) - ふや星人ゴミーオ(資源循環局・中事務所) - にこりん(コールセンター) - イコットちゃん(選挙管理委員会) - イコットJr.(選挙管理委員会) - だいちゃん(環境創造局) - はま菜ちゃん(環境創造局) -エコぽん(環境創造局)- ひだまりちゃん(こども青少年局) - すくすくん(こども青少年局) - ハマくん(安全管理局) - みんなのアース君(地球温暖化対策事業本部地球温暖化対策課)
区での
キャラクター ワッくん(鶴見区) - かめ太郎(神奈川区) - にしまろちゃん(西区) - スウィンギー(中区) - みなっち(南区) - こうなんくぅ(港南区) - カルガモ・カールズ(保土ケ谷区) - あさひくん(旭区) -てっくるちゃん(旭区・グリーンロード構想)- いそっぴ(磯子区、磯子まつりマスコット) - ミズキー(港北区) - なしかちゃん(青葉区) -えら坊(青葉区選挙管理委員会)- ミドリン(緑区) - ウナシー(戸塚区) -ララ・ミミ・キキ(戸塚区・とつか緑と暮らそうキャンペーン)- せやまる・このは家族(瀬谷区) - いっずん(泉区) - タッチーくん(栄区、いたち川マスコット)- どぼくねこ(港北土木事務所)- あいちゃん(都筑区・地域福祉保健計画マスコット)
その他 いこあら(金沢区明るい選挙推進協議会) - ヨッチー(横浜市立大学) - キャプテンわん(横浜市体育協会)- みどりちゃん(横浜市緑の協会)

出身有名人 [編集]
「横浜市出身の人物一覧」を参照

脚注 [編集]
[ヘルプ]
^ 横浜市徽章(1909年(明治42年)6月5日告示第44号)に準拠。市章は、横浜港開港50周年を記念して、市民からの公募により定められた。「ハマ」の2文字が図案化されているため、市民には「ハマ菱」「ハマ章」「ハマ旗」と呼ばれて親しまれている。
^ 関内地区の中区港町一丁目1番地には横浜市役所が、中区日本大通1番地には神奈川県庁がある。
^ 横浜村は、武蔵国久良岐郡に属する。「横浜」の名は、海から見たとき「横に長い浜」であることに由来するとされる。
^ 横浜村は、安政6年(1859年)に横浜町となり、1878年(明治11年)には郡区町村編制法の施行により横浜区になっていた。
^ 地方自治法(昭和22年法律第67号)252条の19第1項、地方自治法第二百五十二条の十九第一項の指定都市の指定に関する政令(昭和31年政令第254号)。
^ 多極分散型国土形成促進法(昭和63年法律第83号)8条1号イ、多極分散型国土形成促進法施行令(昭和63年政令第194号)5条1号、首都圏整備法(昭和31年法律第83号)2条3項、首都圏整備法施行令(昭和32年政令第333号)2条。
^ この節は、「横浜市防災計画 震災対策編 YOKOHAMA2005」横浜市防災会議・発行、横浜市安全管理局危機管理室・編集、2006年(平成18年)3月を参照。
^ 「横浜市統計ポータルサイト大都市比較統計年表(平成16年)I 土地及び気象 1。位置、面積及び市域の高低」
^ 「過去の気象データ」 気象庁、横浜地方気象台。
^ 「2007年さくら(ソメイヨシノ)の開花日及び満開日一覧(東京管内)」[リンク切れ] 気象庁。
^ 横浜市立学校の管理運営に関する規則(昭和59年教育委員会規則第4号)4条1項8号は、小中学校における休業日として「開港記念日 6月2日」と定めている。
^ 従来、開港記念日は旧暦に合わせて6月2日としてきたが、このとき新暦に合わせて7月2日とした。しかし、1928年(昭和3年)には6月2日に再変更され、現在に至っている。
^ 1909年(明治42年)7月4日付、「横浜貿易新報」。
^ 関東大震災による死者は2万人余で人口比にして東京の約2倍(5.4%)、全壊家屋は6万戸、
^ 横浜大空襲による被害は、死者3,787人、重傷者1,554人、軽傷者10,837人、罹災者313,144人、罹災戸数79,350戸に及ぶ。「神奈川県下の空襲被害状況」、『神奈川県警察史(中巻)』より、横浜市行政運営調整局総務部法制課。
^ 戦時中を通じての空襲による被害は、罹災面積6,940,000坪、罹災人口399,187人、罹災戸数98,361戸、死者5,830人、負傷者14,215人に及び、市街地の46%が被害を受けた。建設省編『戦災復興誌』第1巻(1959年)より、横浜市行政運営調整局総務部法制課。
^ 横浜は、連合国軍によって、港湾施設の90%、市街地の27%が接収された。接収された土地の面積は918万m²、建物は96万m²にのぼる。また、横浜の接収は、沖縄を除く全国の接収土地面積の70%、接収建物の61%を占め、その6割は継続接収であった。
^ 横浜市都市経営局基地対策部
^ 「横浜開港150周年〜市政120周年〜基本計画」、横浜市開港150周年・創造都市事業本部。
^ 横濱開港150周年、財団法人横浜開港150周年協会。
^ 開国博Y150公式サイト、財団法人横浜開港150周年協会。
^ 開港記念式典/ヴィジョン!ヨコハマ、横浜市開港150周年・創造都市事業本部。
^ 横浜港 象の鼻地区、横浜市港湾局企画調整課。
^ 「開港150周年の森」づくり、横浜市環境創造局みどりアップ推進部みどりアップ推進課。
^ マリンタワー再生事業、横浜市経済観光局観光交流推進課。
^ 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校、横浜市。
^ 全国都道府県市区町村別面積調、国土地理院。2008年(平成20年)4月1日速報値。
^ a b 神奈川県の人口と世帯
^ 以下、「人口動態と年齢別人口」 横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係参照。
^ 人口のあゆみ(明治22年〜平成11年)、第18表 年齢(3区分)別人口、年齢構造指数及び平均年齢の推移−市(大正9年〜平成21年)、横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係。
^ 「人口のあゆみ」横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係
^ 国勢調査でみる横浜市の昼夜間人口、横浜市
^ 以下、いずれも2008年(平成20年)9月1日現在推計。
^ a b c d 「横浜市の財政状況(平成20年度版)」、横浜市総務局財政部財政課。
^ 「平成20年度・市税決算額調」、横浜市総務局主税部税務課。
^ 「都市計画道路の整備状況」 横浜市道路局計画調整部企画課。
^ 「平成17年国勢調査 従業地・通学地集計結果」 横浜市、総務省統計局
^ その後、2007年(平成19年)4月の地方自治法の改正により、正式名称となった。
^ 「市政記録2006年版」第1部 市勢編、横浜のあゆみ[リンク切れ] 横浜市市民活力推進局市民情報室(初代から29代就任日まで)
^ 2009年(平成21年)7月28日に辞表提出。
^ この節は、横浜市行政運営調整局財政課のサイトを参照。
^ 会計間で相互にやりとりする重複部分を除いた純計。
^ 「横浜市会」横浜市市会事務局
^ 2009年3月26日の平成21年第1回定例会で定数を86に減らす条例案が可決されている。
^ 民主党の一部とヨコハマから日本を変える会で構成する統一会派。
^ 無所属や単独では交渉会派に至らない政党で構成する統一会派。「議会改革をめざし会派を形成〜横浜」神奈川ネットワーク運動・活動報告、2007年5月12日更新を参照。
^ 「神奈川県内の行政機関ガイド」 総務省神奈川行政評価事務所。
^ 第45回衆議院議員総選挙 投・開票速報、神奈川県選挙管理委員会。
^ 「神奈川県議会ホームページ」神奈川県議会
^ 詳しい表記などは、「横浜市の町名一覧(平成18年11月1日現在)」(横浜市市民活力推進局区政支援部窓口サービス課、2007年1月5日更新)を参照。
^ 平成20年(2008年)横浜市観光入込客数過去最高の4,253万人、経済観光局観光交流推進課、2009年4月20日発表。
^ 県の観光客数が4年連続で過去最高に、神奈川県、2009年(平成21年)6月9日発表。
^ 交通の便が良いため、コンサート、ライブ等は多数開催されている。#横浜市出身の有名人で見られるように、輩出している芸能人は多いものの地元への定着性は低い。これは、地元密着のマスコミが少ないためであり、東京を除く関東広域圏共通の傾向でもある(詳しくはローカルタレントの項を参照)。
^ この節は、「平成16年度 横浜市の市民経済計算(横浜市の市民所得)」(横浜市都市経営局政策部政策課、2007年(平成19年)3月26日公表)を参照。
^ 平成17年国勢調査 第2次基本集計結果「横浜市の概要」 横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係
^ 「横浜港ホームページ」 横浜市港湾局
^ 港湾法(昭和25年法律第218号)2条の2、平成16年7月23日国土交通大臣公示
^ 2006年(1月〜12月)の日本船籍客船の寄港回数は、131回で4年連続国内1位。「クルーズ客船に人気があるのはどの港?」(2007年1月26日)] クルーズオンライン
^ 「平成19年度学校基本調査」(神奈川県企画部統計課)、横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係。
^ 「平成19年度版 教育年鑑」 横浜市教育委員会
^ 「平成20年度学校基本調査(速報値)」
^ 「道志村との友好交流促進について」[リンク切れ]横浜市都市経営局調査・広域行政課、2007年1月4日更新
^ 「国際交流」横浜市都市経営局国際政策室
^ ベトナム・ホーチミン市と「ビジネスパートナー都市」提携、横浜市経済観光局誘致・国際経済課。
^ 「姉妹港・友好港・貿易協力港」横浜市港湾局振興事業課。
参考文献 [編集]
横浜市 『横浜の歴史』 横浜市教育委員会事務局小中学校教育課、2007年。
「図説・横浜の歴史」編集委員会 『図説〈横浜の歴史〉市政一〇〇周年 開港一三〇周年』 横浜市市民局市民情報室広報センター、1989年。
関連項目 [編集]
企業・団体
P&O
香港上海銀行
横浜ゴム
横浜ベイキット
横浜ベイスターズ・スポーツコミュニティ
歴史
横浜バプテスト神学校
横浜オデヲン座
横浜市の歴史
その他
横浜フリーきっぷ(+あかいくつバス)
横浜オリンピック構想
横浜銀蝿
横浜ドリームランド
横浜で始まる記事一覧
横浜市で始まる記事一覧


外部リンク [編集]
ウィキメディア・コモンズには、横浜市に関連するマルチメディアおよびカテゴリがあります。行政
横浜市役所
観光
横浜市 - ウィキトラベル
横浜市観光情報公式サイト
原町田(北東) 荏田(北西) 荏田(北東) 川崎(北西)
原町田(南東) 荏田(南西) 荏田(南東) 川崎(南西) 川崎(南東)
座間(北東) 横浜西部(北西) 横浜西部(北東) 横浜東部(北西) 横浜東部(北東)
座間(南東) 横浜西部(南西) 横浜西部(南東) 横浜東部(南西) 横浜東部(南東)
藤沢(北東) 戸塚(北西) 戸塚(北東) 本牧(北西) 本牧(北東)
藤沢(南東) 戸塚(南西) 戸塚(南東) 本牧(南西)
鎌倉(北東) 横須賀(北西)

[表示]表・話・編・歴 日本の政令指定都市

北海道地方 札幌市(北海道)

東北地方 仙台市(宮城県)

関東地方 さいたま市(埼玉県) | 千葉市(千葉県) | 横浜市 / 川崎市 / 相模原市(神奈川県)

中部地方 新潟市(新潟県) | 静岡市 / 浜松市(静岡県) | 名古屋市(愛知県)

近畿地方 京都市(京都府) | 大阪市 / 堺市(大阪府) | 神戸市(兵庫県)

中国地方 岡山市(岡山県) | 広島市(広島県)

四国地方 なし

九州地方 北九州市 / 福岡市(福岡県)

[表示]表・話・編・歴神奈川県の自治体等

横浜市 鶴見区 | 神奈川区 | 西区 | 中区 | 南区 | 保土ケ谷区 | 磯子区 | 金沢区 | 港北区 | 戸塚区 | 港南区 | 旭区 | 緑区 | 瀬谷区 | 栄区 | 泉区 | 青葉区 | 都筑区

川崎市 川崎区 | 幸区 | 中原区 | 高津区 | 多摩区 | 宮前区 | 麻生区

相模原市 緑区 | 中央区 | 南区

その他市部 横須賀市 | 平塚市 | 鎌倉市 | 藤沢市 | 小田原市 | 茅ヶ崎市 | 逗子市 | 三浦市 | 秦野市 | 厚木市 | 大和市 | 伊勢原市 | 海老名市 | 座間市 | 南足柄市 | 綾瀬市

三浦郡 葉山町

高座郡 寒川町

中郡 大磯町 | 二宮町

足柄上郡 中井町 | 大井町 | 松田町 | 山北町 | 開成町

足柄下郡 箱根町 | 真鶴町 | 湯河原町

愛甲郡 愛川町 | 清川村

[表示]表・話・編・歴 日本の都道府県庁所在地

北海道地方 札幌市(北海道)

東北地方 青森市(青森県)| 盛岡市(岩手県)| 仙台市(宮城県)| 秋田市(秋田県)| 山形市(山形県)| 福島市(福島県)

関東地方 水戸市(茨城県)| 宇都宮市(栃木県)| 前橋市(群馬県)| さいたま市(埼玉県)| 千葉市(千葉県)| 東京/新宿区(東京都)| 横浜市(神奈川県)

中部地方 新潟市(新潟県)| 富山市(富山県)| 金沢市(石川県)| 福井市(福井県)| 甲府市(山梨県)| 長野市(長野県)| 岐阜市(岐阜県)| 静岡市(静岡県)| 名古屋市(愛知県)

近畿地方 津市(三重県)| 大津市(滋賀県)| 京都市(京都府)| 大阪市(大阪府)| 神戸市(兵庫県)| 奈良市(奈良県)| 和歌山市(和歌山県)

中国地方 鳥取市(鳥取県)| 松江市(島根県)| 岡山市(岡山県)| 広島市(広島県)| 山口市(山口県)

四国地方 徳島市(徳島県)| 高松市(香川県)| 松山市(愛媛県)| 高知市(高知県)

九州・沖縄地方 福岡市(福岡県)| 佐賀市(佐賀県)| 長崎市(長崎県)| 熊本市(熊本県)| 大分市(大分県)| 宮崎市(宮崎県)| 鹿児島市(鹿児島県)| 那覇市(沖縄県)

[表示]表・話・編・歴神奈川県の地域

横浜市(政令指定都市) | 川崎市(政令指定都市) | 横須賀三浦地域 | 神奈川県県央地域 | 湘南地域 | 足柄上地域 | 西湘地域


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82」より作成
カテゴリ: 神奈川県の市町村 | 横浜市 | 港町 | 政令指定都市 | 都道府県庁所在地
隠しカテゴリ: 外部リンクがリンク切れになっている記事 | 外部リンクがリンク切れになっている記事/2010年3月 (2010年09月14日 (火) 14時20分)
名前 文字色 削除キー
お返事

[1040]   投稿者:                                         (2010年09月14日 (火) 14時17分)
          
 









 



 
          
















名前 文字色 削除キー
お返事

[1039] 投稿者: (2010年09月14日 (火) 14時17分)


名前 文字色 削除キー
お返事

[1038] やくざ 投稿者:暴力団 (2010年09月14日 (火) 14時08分)
暴力団
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
この項目「暴力団」は画像提供依頼に出されており、事務所外観、独特な儀式、勢力図、系譜図などの画像提供が求められています。このタグは2009年4月24日に貼り付けられました。
依頼者の方へ:このテンプレートはページ上部に貼り付けてください。画像提供依頼ページにも依頼文を追記してください。
提供者の方へ:画像提供後は画像提供依頼ページに報告をお願いします。全依頼画像が提供されたらこのテンプレートを剥がしてください。

暴力団(ぼうりょくだん)は、組織された暴力を使って金品の利益などの私的な目的を達成しようと、日本を中心に活動する反社会的な集団。暴力団自身は任侠団体(にんきょうだんたい。仁侠団体とも書く)などと自称している。生き残りのため系列に政治団体(右翼団体。右翼標榜暴力団)や合法的な会社(企業舎弟)を作ることがかなりある。

目次 [非表示]
1 概要
2 歴史と区分
3 暴力団と差別問題
4 組織
4.1 指定暴力団
4.1.1 指定が取り消されたか失効した団体
4.2 主な非指定団体
5 注釈及び引用
6 関連項目
7 外部リンク


概要 [編集]
「暴力団」という呼称は、警察やマスコミが戦後に命名したものであるが、平成3年に通称暴力団対策法が施行されて、公安委員会が指定暴力団を特定するようになった現在では、暴力団という言葉は法的にも意味を持つものとなっている。したがって、反社会性があっても指定暴力団にならない限りは団体自体を法の網にかけることは困難であり、近年特定団体に所属しない形で生き残ろうと地下組織やマフィアになっていると言われている。

創設者の姓名や拠点とする地名などに「組」、「会」、「一家」、「連合」、「興業」、「総業」、「商事」などを添えた団体名を名乗る場合が多い。 社会に対しては企業や右翼団体、また近年ではNPO法人を装うこともある。 「シノギ(凌ぎ)」と呼ばれる資金獲得行為には、いわゆる「みかじめ料」・「用心棒料」徴収などの恐喝行為、売春の斡旋、覚醒剤や麻薬などの薬物取り引き、誘拐による身代金、賭博開帳、闇金融などの非合法な経済活動を行っていることが多い。刺青、指詰めなどの特殊な文化を持つ。 構成員は「ヤクザ」、「極道」、「不良」、「チンピラ」などと呼ばれる。ヤクザの語源は多説あるが、カルタ賭博の追丁株で一番悪い目である「八」「九」「三」の数(いわゆるブタ)から由来するという説、喧嘩などの仲裁を行った「役座」という社会的地位に由来するという説などがある。数字の「893」は「ヤクザ」の直接的表現を避ける場合に使われる。「極道」は自らを美称する呼び名で、“男の道を極めし者”から来ているという説、「極道楽」の略で「道楽を極める遊び人」の意との説がある。

「顔」「面子」を潰されることを最も嫌い、組織内での制裁も指詰めから除名、破門、絶縁に至るまで、多岐に渡る。

また、福岡県では全国初の暴力団を排除するための総合的な条例である暴力団排除条例が2010年4月1日に施行された。
歴史と区分 [編集]
江戸時代の町火消から始まったという説がある。 祭礼の周辺で商業活動を営む者を的屋(てきや)または香具師(やし)と呼び、丁半などの博打を生業とする者を博徒(ばくと)と呼ぶ。江戸時代においては、これらの者達は一般社会の外の賤民(せんみん)的身分とされていた。現代の一般社会からは、的屋も博徒も同じ「暴力団」と見なされているのが現状である。現代のヤクザは的屋の系譜を継ぐ者、博徒の系譜を継ぐ者、両方が存在する。

これら伝統的な団体の他、第二次世界大戦後の混乱の中で形成された愚連隊(ぐれんたい)などの不良集団からも暴力団は誕生した。 その後、日本の急速な経済復興に伴い沖仲仕、芸能興行など合法的な経済活動にのみ従事する「企業舎弟(フロント企業)」も生まれた。

暴力団と差別問題 [編集]
アメリカ合衆国のマフィアにイタリア系や中国系のマイノリティが多いのと同様に、日本における暴力団の巨大化も、特定の社会集団に対する差別が原因の一つだという説がある。この説はメディアにおいてはタブーなため報道で伝えられることはないが、幾つかの書籍などにこれに関する情報が記載されている。

猪野健治は、『やくざと日本人』の中で、昭和中期の関西や北九州の部落の悲惨な現状を取り上げ、日本社会に「やくざとなるか土方になるか」しか、選択肢の無い若者が多く存在する事がやくざの温床であるという見解を示した。
デヴィッド・カプランとアレック・デュブロが著した『ヤクザニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)(原書名は『Yakuza:The Explosive Account of Japan's Criminal Underworld』)には、「日本の最大広域暴力団・山口組の構成員2万5千人のうち約70%の者が部落出身者であり、約10%の者が韓国人等の外国人」という記述がある。ただし、原書のみ。邦訳版では削除。
慶應義塾大学教授の加藤久雄は、自身の論文の中で上記のカプランとデュブロのデータを引用した。
会津小鉄の会長だった高山登久太郎は講演で、「ウチの組は同和が3割、在日が3割だった」と発言したことがある。(彼の組は、会長が在日だったため、在日の割合が高かったと見られる。)
宮崎学は、大谷昭宏との共著、『グリコ・森永事件 最重要参考人M』で、「関西に暴力団が10人おったらそのうち9人はマイノリティ」と発言している。
元公安調査官・菅沼光弘は、2006年10月19日に行われた東京・外国特派員協会における講演で、山口組のナンバー2である高山清司から聞いた話として、暴力団の出自の内訳は部落(同和)60%、在日韓国・朝鮮人30%、一般の日本人など10%であるという見解を示した。
2008年の政府公式統計によれば、その年に刑務所に入った受刑者のうち暴力団加入者の国籍別比率は、日本国籍3191人、約97.7%。韓国・朝鮮籍63人、約1.9%となっている[1]。
元山口組顧問弁護士の山之内幸夫は『文藝春秋』昭和59年11月号に寄せた「山口組顧問弁護士の手記」において「ヤクザには在日朝鮮人や同和地区出身者が多いのも事実である」「約65万人といわれる在日朝鮮人のうち約50%が兵庫・大阪・京都に集中していることと山口組の発展は決して無関係ではなく、山口組は部落差別や在日朝鮮人差別の問題をなしにしては語れない」と述べた。
2008年年末時点では、在日韓国・朝鮮人が多く住んでいる都道府県は、1番目は大阪府(133,396人、全在日韓国・朝鮮人の約22.64%)、2番目は東京都(114,961人、同じく約19.51% )、3番目は兵庫県(54,635人、同じく約9.27%)である[2]。因みに、兵庫・大阪・京都を合わせた場合は全在日韓国・朝鮮人の約37.52%である。また、同じく2008年末の在日韓国・朝鮮人は589,239人である。[3]
組織 [編集]
日本のヤクザは通常、親分(組長)に対して弟分と子分が絶対的に服従する家父長制を模した序列的・擬制的血縁関係を構築することを特徴とし、この関係によって暴力団の強固な結合を確実なものにする。一般に、代表者である組長(会長、総長、総裁などとも)と構成員である組員(組織名が、会、一家であっても組員と呼ばれる)とは、盃事と呼ばれる儀式を経ることによって強い絆で結ばれる。組員は、組長から見て弟分(舎弟)と子分(若中、若衆など)の2つに大別される。組員がさらに自らを組長とするとする団体を組織した場合、この団体は2次団体と呼ばれる(この場合、最初の組長と組員のみの組織を1次団体と呼ぶ)。2次団体の組員もまた、自らを組長とする3次団体を組織する。これを繰り返すことによって暴力団はピラミッド型の階層構造を形成する。日本最大の勢力を誇る山口組の場合には、5次団体までの存在が確認されている。 各階層の団体において、当該組長と盃を交わした組員を特に直参と言う。直参より下の下部団体組員について、暴力団側は“上部団体とは関係のない者”と主張しているが、外部社会からは“上部団体の統制下にあり、上部団体組長の指揮監督下にある者”と見られており、損害賠償請求訴訟でも上部団体組長の使用者責任を認める判決が出されてきた。

組長が引退したり死亡した場合には、組員の中から新たな組長が決められる。個々の組織の状況にもよるが、長男に当たる第一の子分(若頭、若中頭、若者頭、理事長など)が選ばれる場合が多い。新たな組長が就任すると、他の組員との間で盃直しと呼ばれる儀式が行われ、新たな序列に基づく擬制的血縁関係が再構築される。先代組長が跡目を指名しなかった場合には、組員同士の話し合いや入れ札(投票)で決められる。跡目選定を巡る内部対立から組織分裂に到った例としては、山口組からの一和会の分裂が挙げられる。ただ、近年は警察の監視が厳しく、武力による跡目争いを行うと警察が介入し、組織解体につながるため、武力抗争は減っている。

暴力団は組員から、一定額の会費を集め運営経費に充てる。また、義理掛けなどの慶弔費も これとは別に徴収する。また各組織ごとに企業舎弟や顧問先などをもち、そこで得られた利益は上納金として上部組織に納められるようになっている。麻薬や覚醒剤の密売、闇金融、振り込め詐欺など犯罪行為は下部団体の組員などが個人的に行っているという建前をとっている。上部団体は舎弟企業などを介し表面上合法的に収益を上げるシステムになっている。より組織的な金融犯罪にも暴力団が関わっていることが殆どだが、暴力団組員が主導しているのではなく、不良弁護士や不良会計士が暴力団を隠れ蓑に利用しているケースもある。 このような暴力団の不法行為に対し「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」(平成3年法律第77号、暴対法)が1992年3月に施行された。

指定暴力団 [編集]
[表示]全ての座標を示した地図 - Google

全ての座標を示した地図 - Bing

全座標を出力 - KML Googleアース
全座標を出力 - GeoRSS
全座標の地図 - マイクロフォーマット
位置データを出力 - RDF
表・話・編・歴
都道府県公安委員会は、暴対法第3条の要件に該当する暴力団を指定暴力団として指定できる。2010年2月現在、以下の22団体が指定されている[4]。


代紋 団体名 本拠所在地 代表者名 構成員数
六代目山口組 兵庫県神戸市灘区篠原本町4-3-1
北緯34度43分12秒 東経135度13分34.9秒 / 北緯34.72度 東経135.226361度 / 34.72; 135.226361 (山口組) 組長・司 忍(本名: 篠田建市) 約 20,300名
稲川会 東京都港区六本木7-8-4
北緯35度39分54.4秒 東経139度43分46.7秒 / 北緯35.665111度 東経139.729639度 / 35.665111; 139.729639 (稲川会) 会長・清田次郎(本名: 辛 炳圭) 約 4,800名
住吉会 東京都港区赤坂6-4-21
北緯35度40分14.6秒 東経139度44分5.5秒 / 北緯35.670722度 東経139.734861度 / 35.670722; 139.734861 (住吉会) 会長・福田晴瞭 約 6,100名
四代目工藤會 福岡県北九州市小倉北区神岳1-1-12
北緯33度52分21.8秒 東経130度53分25.1秒 / 北緯33.872722度 東経130.890306度 / 33.872722; 130.890306 (工藤會) 会長・野村 悟 約 770名
沖縄旭琉会 沖縄県那覇市辻2-6-19
北緯26度13分1.3秒 東経127度40分16.8秒 / 北緯26.217028度 東経127.671333度 / 26.217028; 127.671333 (沖縄旭琉会) 会長・富永 清 約 370名
四代目旭琉会 沖縄県那覇市首里石嶺町4-301-6
北緯26度14分6.1秒 東経127度43分47.9秒 / 北緯26.235028度 東経127.729972度 / 26.235028; 127.729972 (三代目旭琉会) 会長・花城松一 約 260名
六代目会津小鉄会 京都府京都市下京区東高瀬川筋上ノ口上る岩滝町176-1
北緯34度59分35.1秒 東経135度45分56.8秒 / 北緯34.993083度 東経135.765778度 / 34.993083; 135.765778 (会津小鉄会) 会長・馬場美次 約 660名
五代目共政会 広島県広島市南区南大河町18-10
北緯34度22分15.2秒 東経132度29分5.1秒 / 北緯34.370889度 東経132.48475度 / 34.370889; 132.48475 (共政会) 会長・守屋 輯 約 330名
七代目合田一家 山口県下関市竹崎町3-13-6
北緯33度57分6.6秒 東経130度55分16.5秒 / 北緯33.951833度 東経130.92125度 / 33.951833; 130.92125 (合田一家) 総長・末広 誠(本名: 金 教煥) 約 180名
四代目小桜一家 鹿児島県鹿児島市甲突町9-1
北緯31度34分53秒 東経130度33分27.9秒 / 北緯31.58139度 東経130.55775度 / 31.58139; 130.55775 (小桜一家) 総長・平岡喜榮 約 100名
三代目浅野組 岡山県笠岡市笠岡615-11
北緯34度30分2秒 東経133度30分33.6秒 / 北緯34.50056度 東経133.509333度 / 34.50056; 133.509333 (浅野組) 組長・串田芳明 約 140名
道仁会 福岡県久留米市京町247-6
北緯33度19分8.5秒 東経130度29分55.8秒 / 北緯33.319028度 東経130.498833度 / 33.319028; 130.498833 (道仁会) 会長・小林哲治 約 790名
二代目親和会 香川県高松市塩上町2-14-4
北緯34度20分15.2秒 東経134度3分21.8秒 / 北緯34.337556度 東経134.056056度 / 34.337556; 134.056056 (親和会) 会長・吉良博文 約 70名
双愛会 千葉県市原市潤井戸1343-8
北緯35度31分19.1秒 東経140度10分2.7秒 / 北緯35.521972度 東経140.167417度 / 35.521972; 140.167417 (双愛会) 会長・塩島正則 約 270名
三代目俠道会(三代目侠道会) 広島県尾道市山波町3025-1
北緯34度25分33.2秒 東経133度13分45.1秒 / 北緯34.425889度 東経133.229194度 / 34.425889; 133.229194 (俠道会) 会長・池澤 望(本名: 渡邊 望) 約 190名
太州会 福岡県田川市大字弓削田1314-1
北緯33度38分0.5秒 東経130度47分3.4秒 / 北緯33.633472度 東経130.784278度 / 33.633472; 130.784278 (太州会) 会長・日高 博 約 190名
八代目酒梅組 大阪府大阪市西成区太子1-3-17
北緯34度38分54.6秒 東経135度30分13.3秒 / 北緯34.6485度 東経135.503694度 / 34.6485; 135.503694 (酒梅組) 組長・南 喜雅(本名: 南 與一) 約 120名
極東会 東京都豊島区西池袋1-29-5
北緯35度43分55.8秒 東経139度42分40秒 / 北緯35.732167度 東経139.71111度 / 35.732167; 139.71111 (極東会) 会長・松山眞一(本名: ゙ 圭化) 約 1,200名
二代目東組 大阪府大阪市西成区山王1-11-8
北緯34度38分49.4秒 東経135度30分23秒 / 北緯34.647056度 東経135.50639度 / 34.647056; 135.50639 (東組) 組長・滝本博司 約 160名
松葉会 東京都台東区西浅草2-9-8
北緯35度42分46.1秒 東経139度47分24.8秒 / 北緯35.712806度 東経139.790222度 / 35.712806; 139.790222 (松葉会) 会長・荻野義朗 約 1,800名
三代目福博会 福岡県福岡市博多区千代5-18-15
北緯33度36分31秒 東経130度24分42.6秒 / 北緯33.60861度 東経130.411833度 / 33.60861; 130.411833 (福博会) 会長・長岡寅夫(本名: 金 寅純) 約 330名
九州誠道会 福岡県大牟田市上官町2-4-2
北緯33度1分30.6秒 東経130度27分6.3秒 / 北緯33.025167度 東経130.45175度 / 33.025167; 130.45175 (九州誠道会) 会長・浪川政浩(本名: 朴 政浩) 約 350名

※初回指定年月日>五十音順

※構成員数は警察白書平成21年版(準構成員は含まず)

指定が取り消されたか失効した団体 [編集]
石川一家(佐賀県) - 五代目山口組傘下宅見組加入により1995年10月16日 取り消し
二代目大日本平和会(兵庫県) - 再度の指定が行われず1997年4月6日 失効
三代目山野会(熊本県) - 壊滅により2001年11月8日 取り消し
極東桜井總家連合会(静岡県) - 消滅により2005年5月31日 取り消し
國粹会(東京都) - 六代目山口組加入により2005年10月31日 取り消し
中野会(大阪府) - 解散により2005年12月22日 取り消し
主な非指定団体 [編集]
団体名 本拠所在地 代表者名
源清田交友会[5] 茨城県 会長・田名辺城男
寄居分家五代目[6][7][8] 群馬県前橋市 総長・五代 博
五代目亀屋一家[9][10] 埼玉県越谷市 総長・白畑 晟
七代目吉羽会[9][11][12][13][5][14] 埼玉県久喜市 総長・中村清正
竹澤会[9] 千葉県木更津市 会長・太田和春雄
姉ヶ崎会[15] 東京都台東区 会長・中野目重民
八代目飯島会 東京都台東区 会長・西川冠士(飯島宗家八代目)
岡庭会 東京都世田谷区 会長・岡庭清一郎
神田高木七代目[16] 東京都 総長・長村 昭
下谷花島会七代目[17] 東京都板橋区 総長・大坂 勇
上州家会 東京都足立区 会長・伊藤勝彦(上州家十一代目)
新門連合会 東京都台東区 会長・笠間直明(新門本家十代目)
杉東会[15][17][18] 東京都新宿区 会長・野原朝明(総家野原五代目)
醍醐会 東京都大田区 会長・青山秀夫
丁字家会[19][20] 東京都台東区 会長・吉田五郎
東亜会[20][21][13][22][23] 東京都港区六本木 会長・金海芳雄
箸家会 東京都文京区 会長・嶺村 宏
花又会 東京都江戸川区 代表・清野 昭
桝屋会[20] 東京都台東区 会長・東浦外次郎
五代目松坂屋一家 東京都 総長・西村太吉
飴コ連合会(飴徳連合会) 神奈川県横浜市 会長・永持英哉
横浜金子会 神奈川県横浜市 会長・寺田 隆(本名: 金子 隆)
櫻井總家[20][24][16] 静岡県沼津市 総長・佐野広好
中京神農会 愛知県名古屋市中区大須 会長・山頭栄治
丸富連合会 京都府京都市 会長・北橋 斉
忠成会[17][25] 兵庫県神戸市兵庫区 会長・大森匡晃(本名: 大森忠昭)
二代目松浦組[26] 兵庫県神戸市中央区 組長・笠岡和雄
二代目竹中組[27] 岡山県岡山市中区 組長代行・竹中 正
二代目中国高木会 広島県広島市安佐南区 会長・北山昭男
二代目熊本會[17][28][29] 熊本県熊本市 会長・戸崎 豊
山心会[17] 熊本県 会長・井上 厚
九州三代目村上組 大分県 組長・松岡 一

※都道府県>五十音順

注釈及び引用 [編集]
[ヘルプ]
^ 新受刑者中暴力団加入者の国籍[1]2010年04月07日閲覧
^ 8.地域別分布状況(法務省入管資料:2008年12月末現在) [2]2010年04月08日閲覧
^ 平成20年度版外国登録者数 2国籍(出身地)別 [3]2010年04月08日閲覧
^ 第二章一節一項 指定暴力団の指定の状況(平成21年5月1日現在)(PDFファイル) 平成21年 警察白書 警察庁 2010年5月16日閲覧
^ a b 実話時報 2010年2月号
^ 実話時報 2007年1月号
^ 実話時報 2008年8月号
^ 月刊実話ドキュメント 2010年3月号
^ a b c 実話時報 2008年12月号
^ 実話時報 2009年10月号
^ 実話時報 2009年3月号
^ 実話時報 2009年6月号
^ a b 実話時報 2009年9月号
^ 実話時報 2010年3月号
^ a b 実話時報 2008年2月号
^ a b 新制稲川会総覧
^ a b c d e 実話時代 2010年8月号
^ 月刊実話ドキュメント 2010年9月号
^ 実話時報 2007年7月号
^ a b c d 実話時報 2008年2月号
^ 実話時報 2009年8月号
^ 実話時報 2009年11月号
^ 実話時報 2010年1月号
^ 静岡県暴力追放運動推進センター
^ http://www.geocities.jp/bqwxr271/meibo/bakutomeibohyogo4.htm
^ http://www.geocities.jp/bqwxr271/meibo/bakutomeibohyogo3.htm
^ 実話時報 2009年2月号
^ 実話時代BULL 2009年2月号
^ 実話時代 2010年7月号
関連項目 [編集]
暴力団一覧
民事介入暴力
企業対象暴力
行政対象暴力
極右暴力集団
右翼団体
抗争事件
暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴力団対策法)
組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(組織犯罪処罰法)
暴力団排除条例
龍が如く
実話時代
大相撲野球賭博問題
外部リンク [編集]
ウィキメディア・コモンズには、暴力団に関連するカテゴリがあります。
指定暴力団(松江八束建設業暴力追放対策協議会)
暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(総務省 法令データ提供システム)
指定暴力団の指定の状況(全国暴力追放運動推進センター)
全国暴力追放運動推進センター
暴力団ミニ講座(松江、八束建設業暴力追放対策協議会)
暴力団対策―土俵から押し出すために(朝日新聞2010年7月16日付社説)
[表示]表・話・編・歴指定暴力団

2010年4月1日現在 22団体

六代目山口組
沖縄旭琉会
三代目浅野組
太州会
三代目福博会
稲川会
六代目会津小鉄会
道仁会
七代目酒梅組
九州誠道会
住吉会
五代目共政会
二代目親和会
極東会

四代目工藤會
七代目合田一家
双愛会
東組

三代目旭琉会
四代目小桜一家
三代目俠道会
松葉会





http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%B4%E5%8A%9B%E5%9B%A3」より作成
カテゴリ: 画像提供依頼 | 暴力団 | 組織 (団体)

やくざ

暴力団
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
この項目「暴力団」は画像提供依頼に出されており、事務所外観、独特な儀式、勢力図、系譜図などの画像提供が求められています。このタグは2009年4月24日に貼り付けられました。
依頼者の方へ:このテンプレートはページ上部に貼り付けてください。画像提供依頼ページにも依頼文を追記してください。
提供者の方へ:画像提供後は画像提供依頼ページに報告をお願いします。全依頼画像が提供されたらこのテンプレートを剥がしてください。

暴力団(ぼうりょくだん)は、組織された暴力を使って金品の利益などの私的な目的を達成しようと、日本を中心に活動する反社会的な集団。暴力団自身は任侠団体(にんきょうだんたい。仁侠団体とも書く)などと自称している。生き残りのため系列に政治団体(右翼団体。右翼標榜暴力団)や合法的な会社(企業舎弟)を作ることがかなりある。

目次 [非表示]
1 概要
2 歴史と区分
3 暴力団と差別問題
4 組織
4.1 指定暴力団
4.1.1 指定が取り消されたか失効した団体
4.2 主な非指定団体
5 注釈及び引用
6 関連項目
7 外部リンク


概要 [編集]
「暴力団」という呼称は、警察やマスコミが戦後に命名したものであるが、平成3年に通称暴力団対策法が施行されて、公安委員会が指定暴力団を特定するようになった現在では、暴力団という言葉は法的にも意味を持つものとなっている。したがって、反社会性があっても指定暴力団にならない限りは団体自体を法の網にかけることは困難であり、近年特定団体に所属しない形で生き残ろうと地下組織やマフィアになっていると言われている。

創設者の姓名や拠点とする地名などに「組」、「会」、「一家」、「連合」、「興業」、「総業」、「商事」などを添えた団体名を名乗る場合が多い。 社会に対しては企業や右翼団体、また近年ではNPO法人を装うこともある。 「シノギ(凌ぎ)」と呼ばれる資金獲得行為には、いわゆる「みかじめ料」・「用心棒料」徴収などの恐喝行為、売春の斡旋、覚醒剤や麻薬などの薬物取り引き、誘拐による身代金、賭博開帳、闇金融などの非合法な経済活動を行っていることが多い。刺青、指詰めなどの特殊な文化を持つ。 構成員は「ヤクザ」、「極道」、「不良」、「チンピラ」などと呼ばれる。ヤクザの語源は多説あるが、カルタ賭博の追丁株で一番悪い目である「八」「九」「三」の数(いわゆるブタ)から由来するという説、喧嘩などの仲裁を行った「役座」という社会的地位に由来するという説などがある。数字の「893」は「ヤクザ」の直接的表現を避ける場合に使われる。「極道」は自らを美称する呼び名で、“男の道を極めし者”から来ているという説、「極道楽」の略で「道楽を極める遊び人」の意との説がある。

「顔」「面子」を潰されることを最も嫌い、組織内での制裁も指詰めから除名、破門、絶縁に至るまで、多岐に渡る。

また、福岡県では全国初の暴力団を排除するための総合的な条例である暴力団排除条例が2010年4月1日に施行された。
歴史と区分 [編集]
江戸時代の町火消から始まったという説がある。 祭礼の周辺で商業活動を営む者を的屋(てきや)または香具師(やし)と呼び、丁半などの博打を生業とする者を博徒(ばくと)と呼ぶ。江戸時代においては、これらの者達は一般社会の外の賤民(せんみん)的身分とされていた。現代の一般社会からは、的屋も博徒も同じ「暴力団」と見なされているのが現状である。現代のヤクザは的屋の系譜を継ぐ者、博徒の系譜を継ぐ者、両方が存在する。

これら伝統的な団体の他、第二次世界大戦後の混乱の中で形成された愚連隊(ぐれんたい)などの不良集団からも暴力団は誕生した。 その後、日本の急速な経済復興に伴い沖仲仕、芸能興行など合法的な経済活動にのみ従事する「企業舎弟(フロント企業)」も生まれた。

暴力団と差別問題 [編集]
アメリカ合衆国のマフィアにイタリア系や中国系のマイノリティが多いのと同様に、日本における暴力団の巨大化も、特定の社会集団に対する差別が原因の一つだという説がある。この説はメディアにおいてはタブーなため報道で伝えられることはないが、幾つかの書籍などにこれに関する情報が記載されている。

猪野健治は、『やくざと日本人』の中で、昭和中期の関西や北九州の部落の悲惨な現状を取り上げ、日本社会に「やくざとなるか土方になるか」しか、選択肢の無い若者が多く存在する事がやくざの温床であるという見解を示した。
デヴィッド・カプランとアレック・デュブロが著した『ヤクザニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)(原書名は『Yakuza:The Explosive Account of Japan's Criminal Underworld』)には、「日本の最大広域暴力団・山口組の構成員2万5千人のうち約70%の者が部落出身者であり、約10%の者が韓国人等の外国人」という記述がある。ただし、原書のみ。邦訳版では削除。
慶應義塾大学教授の加藤久雄は、自身の論文の中で上記のカプランとデュブロのデータを引用した。
会津小鉄の会長だった高山登久太郎は講演で、「ウチの組は同和が3割、在日が3割だった」と発言したことがある。(彼の組は、会長が在日だったため、在日の割合が高かったと見られる。)
宮崎学は、大谷昭宏との共著、『グリコ・森永事件 最重要参考人M』で、「関西に暴力団が10人おったらそのうち9人はマイノリティ」と発言している。
元公安調査官・菅沼光弘は、2006年10月19日に行われた東京・外国特派員協会における講演で、山口組のナンバー2である高山清司から聞いた話として、暴力団の出自の内訳は部落(同和)60%、在日韓国・朝鮮人30%、一般の日本人など10%であるという見解を示した。
2008年の政府公式統計によれば、その年に刑務所に入った受刑者のうち暴力団加入者の国籍別比率は、日本国籍3191人、約97.7%。韓国・朝鮮籍63人、約1.9%となっている[1]。
元山口組顧問弁護士の山之内幸夫は『文藝春秋』昭和59年11月号に寄せた「山口組顧問弁護士の手記」において「ヤクザには在日朝鮮人や同和地区出身者が多いのも事実である」「約65万人といわれる在日朝鮮人のうち約50%が兵庫・大阪・京都に集中していることと山口組の発展は決して無関係ではなく、山口組は部落差別や在日朝鮮人差別の問題をなしにしては語れない」と述べた。
2008年年末時点では、在日韓国・朝鮮人が多く住んでいる都道府県は、1番目は大阪府(133,396人、全在日韓国・朝鮮人の約22.64%)、2番目は東京都(114,961人、同じく約19.51% )、3番目は兵庫県(54,635人、同じく約9.27%)である[2]。因みに、兵庫・大阪・京都を合わせた場合は全在日韓国・朝鮮人の約37.52%である。また、同じく2008年末の在日韓国・朝鮮人は589,239人である。[3]
組織 [編集]
日本のヤクザは通常、親分(組長)に対して弟分と子分が絶対的に服従する家父長制を模した序列的・擬制的血縁関係を構築することを特徴とし、この関係によって暴力団の強固な結合を確実なものにする。一般に、代表者である組長(会長、総長、総裁などとも)と構成員である組員(組織名が、会、一家であっても組員と呼ばれる)とは、盃事と呼ばれる儀式を経ることによって強い絆で結ばれる。組員は、組長から見て弟分(舎弟)と子分(若中、若衆など)の2つに大別される。組員がさらに自らを組長とするとする団体を組織した場合、この団体は2次団体と呼ばれる(この場合、最初の組長と組員のみの組織を1次団体と呼ぶ)。2次団体の組員もまた、自らを組長とする3次団体を組織する。これを繰り返すことによって暴力団はピラミッド型の階層構造を形成する。日本最大の勢力を誇る山口組の場合には、5次団体までの存在が確認されている。 各階層の団体において、当該組長と盃を交わした組員を特に直参と言う。直参より下の下部団体組員について、暴力団側は“上部団体とは関係のない者”と主張しているが、外部社会からは“上部団体の統制下にあり、上部団体組長の指揮監督下にある者”と見られており、損害賠償請求訴訟でも上部団体組長の使用者責任を認める判決が出されてきた。

組長が引退したり死亡した場合には、組員の中から新たな組長が決められる。個々の組織の状況にもよるが、長男に当たる第一の子分(若頭、若中頭、若者頭、理事長など)が選ばれる場合が多い。新たな組長が就任すると、他の組員との間で盃直しと呼ばれる儀式が行われ、新たな序列に基づく擬制的血縁関係が再構築される。先代組長が跡目を指名しなかった場合には、組員同士の話し合いや入れ札(投票)で決められる。跡目選定を巡る内部対立から組織分裂に到った例としては、山口組からの一和会の分裂が挙げられる。ただ、近年は警察の監視が厳しく、武力による跡目争いを行うと警察が介入し、組織解体につながるため、武力抗争は減っている。

暴力団は組員から、一定額の会費を集め運営経費に充てる。また、義理掛けなどの慶弔費も これとは別に徴収する。また各組織ごとに企業舎弟や顧問先などをもち、そこで得られた利益は上納金として上部組織に納められるようになっている。麻薬や覚醒剤の密売、闇金融、振り込め詐欺など犯罪行為は下部団体の組員などが個人的に行っているという建前をとっている。上部団体は舎弟企業などを介し表面上合法的に収益を上げるシステムになっている。より組織的な金融犯罪にも暴力団が関わっていることが殆どだが、暴力団組員が主導しているのではなく、不良弁護士や不良会計士が暴力団を隠れ蓑に利用しているケースもある。 このような暴力団の不法行為に対し「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」(平成3年法律第77号、暴対法)が1992年3月に施行された。

指定暴力団 [編集]
[表示]全ての座標を示した地図 - Google

全ての座標を示した地図 - Bing

全座標を出力 - KML Googleアース
全座標を出力 - GeoRSS
全座標の地図 - マイクロフォーマット
位置データを出力 - RDF
表・話・編・歴
都道府県公安委員会は、暴対法第3条の要件に該当する暴力団を指定暴力団として指定できる。2010年2月現在、以下の22団体が指定されている[4]。


代紋 団体名 本拠所在地 代表者名 構成員数
六代目山口組 兵庫県神戸市灘区篠原本町4-3-1
北緯34度43分12秒 東経135度13分34.9秒 / 北緯34.72度 東経135.226361度 / 34.72; 135.226361 (山口組) 組長・司 忍(本名: 篠田建市) 約 20,300名
稲川会 東京都港区六本木7-8-4
北緯35度39分54.4秒 東経139度43分46.7秒 / 北緯35.665111度 東経139.729639度 / 35.665111; 139.729639 (稲川会) 会長・清田次郎(本名: 辛 炳圭) 約 4,800名
住吉会 東京都港区赤坂6-4-21
北緯35度40分14.6秒 東経139度44分5.5秒 / 北緯35.670722度 東経139.734861度 / 35.670722; 139.734861 (住吉会) 会長・福田晴瞭 約 6,100名
四代目工藤會 福岡県北九州市小倉北区神岳1-1-12
北緯33度52分21.8秒 東経130度53分25.1秒 / 北緯33.872722度 東経130.890306度 / 33.872722; 130.890306 (工藤會) 会長・野村 悟 約 770名
沖縄旭琉会 沖縄県那覇市辻2-6-19
北緯26度13分1.3秒 東経127度40分16.8秒 / 北緯26.217028度 東経127.671333度 / 26.217028; 127.671333 (沖縄旭琉会) 会長・富永 清 約 370名
四代目旭琉会 沖縄県那覇市首里石嶺町4-301-6
北緯26度14分6.1秒 東経127度43分47.9秒 / 北緯26.235028度 東経127.729972度 / 26.235028; 127.729972 (三代目旭琉会) 会長・花城松一 約 260名
六代目会津小鉄会 京都府京都市下京区東高瀬川筋上ノ口上る岩滝町176-1
北緯34度59分35.1秒 東経135度45分56.8秒 / 北緯34.993083度 東経135.765778度 / 34.993083; 135.765778 (会津小鉄会) 会長・馬場美次 約 660名
五代目共政会 広島県広島市南区南大河町18-10
北緯34度22分15.2秒 東経132度29分5.1秒 / 北緯34.370889度 東経132.48475度 / 34.370889; 132.48475 (共政会) 会長・守屋 輯 約 330名
七代目合田一家 山口県下関市竹崎町3-13-6
北緯33度57分6.6秒 東経130度55分16.5秒 / 北緯33.951833度 東経130.92125度 / 33.951833; 130.92125 (合田一家) 総長・末広 誠(本名: 金 教煥) 約 180名
四代目小桜一家 鹿児島県鹿児島市甲突町9-1
北緯31度34分53秒 東経130度33分27.9秒 / 北緯31.58139度 東経130.55775度 / 31.58139; 130.55775 (小桜一家) 総長・平岡喜榮 約 100名
三代目浅野組 岡山県笠岡市笠岡615-11
北緯34度30分2秒 東経133度30分33.6秒 / 北緯34.50056度 東経133.509333度 / 34.50056; 133.509333 (浅野組) 組長・串田芳明 約 140名
道仁会 福岡県久留米市京町247-6
北緯33度19分8.5秒 東経130度29分55.8秒 / 北緯33.319028度 東経130.498833度 / 33.319028; 130.498833 (道仁会) 会長・小林哲治 約 790名
二代目親和会 香川県高松市塩上町2-14-4
北緯34度20分15.2秒 東経134度3分21.8秒 / 北緯34.337556度 東経134.056056度 / 34.337556; 134.056056 (親和会) 会長・吉良博文 約 70名
双愛会 千葉県市原市潤井戸1343-8
北緯35度31分19.1秒 東経140度10分2.7秒 / 北緯35.521972度 東経140.167417度 / 35.521972; 140.167417 (双愛会) 会長・塩島正則 約 270名
三代目俠道会(三代目侠道会) 広島県尾道市山波町3025-1
北緯34度25分33.2秒 東経133度13分45.1秒 / 北緯34.425889度 東経133.229194度 / 34.425889; 133.229194 (俠道会) 会長・池澤 望(本名: 渡邊 望) 約 190名
太州会 福岡県田川市大字弓削田1314-1
北緯33度38分0.5秒 東経130度47分3.4秒 / 北緯33.633472度 東経130.784278度 / 33.633472; 130.784278 (太州会) 会長・日高 博 約 190名
八代目酒梅組 大阪府大阪市西成区太子1-3-17
北緯34度38分54.6秒 東経135度30分13.3秒 / 北緯34.6485度 東経135.503694度 / 34.6485; 135.503694 (酒梅組) 組長・南 喜雅(本名: 南 與一) 約 120名
極東会 東京都豊島区西池袋1-29-5
北緯35度43分55.8秒 東経139度42分40秒 / 北緯35.732167度 東経139.71111度 / 35.732167; 139.71111 (極東会) 会長・松山眞一(本名: ゙ 圭化) 約 1,200名
二代目東組 大阪府大阪市西成区山王1-11-8
北緯34度38分49.4秒 東経135度30分23秒 / 北緯34.647056度 東経135.50639度 / 34.647056; 135.50639 (東組) 組長・滝本博司 約 160名
松葉会 東京都台東区西浅草2-9-8
北緯35度42分46.1秒 東経139度47分24.8秒 / 北緯35.712806度 東経139.790222度 / 35.712806; 139.790222 (松葉会) 会長・荻野義朗 約 1,800名
三代目福博会 福岡県福岡市博多区千代5-18-15
北緯33度36分31秒 東経130度24分42.6秒 / 北緯33.60861度 東経130.411833度 / 33.60861; 130.411833 (福博会) 会長・長岡寅夫(本名: 金 寅純) 約 330名
九州誠道会 福岡県大牟田市上官町2-4-2
北緯33度1分30.6秒 東経130度27分6.3秒 / 北緯33.025167度 東経130.45175度 / 33.025167; 130.45175 (九州誠道会) 会長・浪川政浩(本名: 朴 政浩) 約 350名

※初回指定年月日>五十音順

※構成員数は警察白書平成21年版(準構成員は含まず)

指定が取り消されたか失効した団体 [編集]
石川一家(佐賀県) - 五代目山口組傘下宅見組加入により1995年10月16日 取り消し
二代目大日本平和会(兵庫県) - 再度の指定が行われず1997年4月6日 失効
三代目山野会(熊本県) - 壊滅により2001年11月8日 取り消し
極東桜井總家連合会(静岡県) - 消滅により2005年5月31日 取り消し
國粹会(東京都) - 六代目山口組加入により2005年10月31日 取り消し
中野会(大阪府) - 解散により2005年12月22日 取り消し
主な非指定団体 [編集]
団体名 本拠所在地 代表者名
源清田交友会[5] 茨城県 会長・田名辺城男
寄居分家五代目[6][7][8] 群馬県前橋市 総長・五代 博
五代目亀屋一家[9][10] 埼玉県越谷市 総長・白畑 晟
七代目吉羽会[9][11][12][13][5][14] 埼玉県久喜市 総長・中村清正
竹澤会[9] 千葉県木更津市 会長・太田和春雄
姉ヶ崎会[15] 東京都台東区 会長・中野目重民
八代目飯島会 東京都台東区 会長・西川冠士(飯島宗家八代目)
岡庭会 東京都世田谷区 会長・岡庭清一郎
神田高木七代目[16] 東京都 総長・長村 昭
下谷花島会七代目[17] 東京都板橋区 総長・大坂 勇
上州家会 東京都足立区 会長・伊藤勝彦(上州家十一代目)
新門連合会 東京都台東区 会長・笠間直明(新門本家十代目)
杉東会[15][17][18] 東京都新宿区 会長・野原朝明(総家野原五代目)
醍醐会 東京都大田区 会長・青山秀夫
丁字家会[19][20] 東京都台東区 会長・吉田五郎
東亜会[20][21][13][22][23] 東京都港区六本木 会長・金海芳雄
箸家会 東京都文京区 会長・嶺村 宏
花又会 東京都江戸川区 代表・清野 昭
桝屋会[20] 東京都台東区 会長・東浦外次郎
五代目松坂屋一家 東京都 総長・西村太吉
飴コ連合会(飴徳連合会) 神奈川県横浜市 会長・永持英哉
横浜金子会 神奈川県横浜市 会長・寺田 隆(本名: 金子 隆)
櫻井總家[20][24][16] 静岡県沼津市 総長・佐野広好
中京神農会 愛知県名古屋市中区大須 会長・山頭栄治
丸富連合会 京都府京都市 会長・北橋 斉
忠成会[17][25] 兵庫県神戸市兵庫区 会長・大森匡晃(本名: 大森忠昭)
二代目松浦組[26] 兵庫県神戸市中央区 組長・笠岡和雄
二代目竹中組[27] 岡山県岡山市中区 組長代行・竹中 正
二代目中国高木会 広島県広島市安佐南区 会長・北山昭男
二代目熊本會[17][28][29] 熊本県熊本市 会長・戸崎 豊
山心会[17] 熊本県 会長・井上 厚
九州三代目村上組 大分県 組長・松岡 一

※都道府県>五十音順

注釈及び引用 [編集]
[ヘルプ]
^ 新受刑者中暴力団加入者の国籍[1]2010年04月07日閲覧
^ 8.地域別分布状況(法務省入管資料:2008年12月末現在) [2]2010年04月08日閲覧
^ 平成20年度版外国登録者数 2国籍(出身地)別 [3]2010年04月08日閲覧
^ 第二章一節一項 指定暴力団の指定の状況(平成21年5月1日現在)(PDFファイル) 平成21年 警察白書 警察庁 2010年5月16日閲覧
^ a b 実話時報 2010年2月号
^ 実話時報 2007年1月号
^ 実話時報 2008年8月号
^ 月刊実話ドキュメント 2010年3月号
^ a b c 実話時報 2008年12月号
^ 実話時報 2009年10月号
^ 実話時報 2009年3月号
^ 実話時報 2009年6月号
^ a b 実話時報 2009年9月号
^ 実話時報 2010年3月号
^ a b 実話時報 2008年2月号
^ a b 新制稲川会総覧
^ a b c d e 実話時代 2010年8月号
^ 月刊実話ドキュメント 2010年9月号
^ 実話時報 2007年7月号
^ a b c d 実話時報 2008年2月号
^ 実話時報 2009年8月号
^ 実話時報 2009年11月号
^ 実話時報 2010年1月号
^ 静岡県暴力追放運動推進センター
^ http://www.geocities.jp/bqwxr271/meibo/bakutomeibohyogo4.htm
^ http://www.geocities.jp/bqwxr271/meibo/bakutomeibohyogo3.htm
^ 実話時報 2009年2月号
^ 実話時代BULL 2009年2月号
^ 実話時代 2010年7月号
関連項目 [編集]
暴力団一覧
民事介入暴力
企業対象暴力
行政対象暴力
極右暴力集団
右翼団体
抗争事件
暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴力団対策法)
組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(組織犯罪処罰法)
暴力団排除条例
龍が如く
実話時代
大相撲野球賭博問題
外部リンク [編集]
ウィキメディア・コモンズには、暴力団に関連するカテゴリがあります。
指定暴力団(松江八束建設業暴力追放対策協議会)
暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(総務省 法令データ提供システム)
指定暴力団の指定の状況(全国暴力追放運動推進センター)
全国暴力追放運動推進センター
暴力団ミニ講座(松江、八束建設業暴力追放対策協議会)
暴力団対策―土俵から押し出すために(朝日新聞2010年7月16日付社説)
[表示]表・話・編・歴指定暴力団

2010年4月1日現在 22団体

六代目山口組
沖縄旭琉会
三代目浅野組
太州会
三代目福博会
稲川会
六代目会津小鉄会
道仁会
七代目酒梅組
九州誠道会
住吉会
五代目共政会
二代目親和会
極東会

四代目工藤會
七代目合田一家
双愛会
東組

三代目旭琉会
四代目小桜一家
三代目俠道会
松葉会





http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%B4%E5%8A%9B%E5%9B%A3」より作成
カテゴリ: 画像提供依頼 | 暴力団 | 組織 (団体)

やくざ

名前 文字色 削除キー
お返事

[1037] 暴力団 投稿者:暴力団 (2010年09月14日 (火) 14時07分)
暴力団
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
この項目「暴力団」は画像提供依頼に出されており、事務所外観、独特な儀式、勢力図、系譜図などの画像提供が求められています。このタグは2009年4月24日に貼り付けられました。
依頼者の方へ:このテンプレートはページ上部に貼り付けてください。画像提供依頼ページにも依頼文を追記してください。
提供者の方へ:画像提供後は画像提供依頼ページに報告をお願いします。全依頼画像が提供されたらこのテンプレートを剥がしてください。

暴力団(ぼうりょくだん)は、組織された暴力を使って金品の利益などの私的な目的を達成しようと、日本を中心に活動する反社会的な集団。暴力団自身は任侠団体(にんきょうだんたい。仁侠団体とも書く)などと自称している。生き残りのため系列に政治団体(右翼団体。右翼標榜暴力団)や合法的な会社(企業舎弟)を作ることがかなりある。

目次 [非表示]
1 概要
2 歴史と区分
3 暴力団と差別問題
4 組織
4.1 指定暴力団
4.1.1 指定が取り消されたか失効した団体
4.2 主な非指定団体
5 注釈及び引用
6 関連項目
7 外部リンク


概要 [編集]
「暴力団」という呼称は、警察やマスコミが戦後に命名したものであるが、平成3年に通称暴力団対策法が施行されて、公安委員会が指定暴力団を特定するようになった現在では、暴力団という言葉は法的にも意味を持つものとなっている。したがって、反社会性があっても指定暴力団にならない限りは団体自体を法の網にかけることは困難であり、近年特定団体に所属しない形で生き残ろうと地下組織やマフィアになっていると言われている。

創設者の姓名や拠点とする地名などに「組」、「会」、「一家」、「連合」、「興業」、「総業」、「商事」などを添えた団体名を名乗る場合が多い。 社会に対しては企業や右翼団体、また近年ではNPO法人を装うこともある。 「シノギ(凌ぎ)」と呼ばれる資金獲得行為には、いわゆる「みかじめ料」・「用心棒料」徴収などの恐喝行為、売春の斡旋、覚醒剤や麻薬などの薬物取り引き、誘拐による身代金、賭博開帳、闇金融などの非合法な経済活動を行っていることが多い。刺青、指詰めなどの特殊な文化を持つ。 構成員は「ヤクザ」、「極道」、「不良」、「チンピラ」などと呼ばれる。ヤクザの語源は多説あるが、カルタ賭博の追丁株で一番悪い目である「八」「九」「三」の数(いわゆるブタ)から由来するという説、喧嘩などの仲裁を行った「役座」という社会的地位に由来するという説などがある。数字の「893」は「ヤクザ」の直接的表現を避ける場合に使われる。「極道」は自らを美称する呼び名で、“男の道を極めし者”から来ているという説、「極道楽」の略で「道楽を極める遊び人」の意との説がある。

「顔」「面子」を潰されることを最も嫌い、組織内での制裁も指詰めから除名、破門、絶縁に至るまで、多岐に渡る。

また、福岡県では全国初の暴力団を排除するための総合的な条例である暴力団排除条例が2010年4月1日に施行された。
歴史と区分 [編集]
江戸時代の町火消から始まったという説がある。 祭礼の周辺で商業活動を営む者を的屋(てきや)または香具師(やし)と呼び、丁半などの博打を生業とする者を博徒(ばくと)と呼ぶ。江戸時代においては、これらの者達は一般社会の外の賤民(せんみん)的身分とされていた。現代の一般社会からは、的屋も博徒も同じ「暴力団」と見なされているのが現状である。現代のヤクザは的屋の系譜を継ぐ者、博徒の系譜を継ぐ者、両方が存在する。

これら伝統的な団体の他、第二次世界大戦後の混乱の中で形成された愚連隊(ぐれんたい)などの不良集団からも暴力団は誕生した。 その後、日本の急速な経済復興に伴い沖仲仕、芸能興行など合法的な経済活動にのみ従事する「企業舎弟(フロント企業)」も生まれた。

暴力団と差別問題 [編集]
アメリカ合衆国のマフィアにイタリア系や中国系のマイノリティが多いのと同様に、日本における暴力団の巨大化も、特定の社会集団に対する差別が原因の一つだという説がある。この説はメディアにおいてはタブーなため報道で伝えられることはないが、幾つかの書籍などにこれに関する情報が記載されている。

猪野健治は、『やくざと日本人』の中で、昭和中期の関西や北九州の部落の悲惨な現状を取り上げ、日本社会に「やくざとなるか土方になるか」しか、選択肢の無い若者が多く存在する事がやくざの温床であるという見解を示した。
デヴィッド・カプランとアレック・デュブロが著した『ヤクザニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)(原書名は『Yakuza:The Explosive Account of Japan's Criminal Underworld』)には、「日本の最大広域暴力団・山口組の構成員2万5千人のうち約70%の者が部落出身者であり、約10%の者が韓国人等の外国人」という記述がある。ただし、原書のみ。邦訳版では削除。
慶應義塾大学教授の加藤久雄は、自身の論文の中で上記のカプランとデュブロのデータを引用した。
会津小鉄の会長だった高山登久太郎は講演で、「ウチの組は同和が3割、在日が3割だった」と発言したことがある。(彼の組は、会長が在日だったため、在日の割合が高かったと見られる。)
宮崎学は、大谷昭宏との共著、『グリコ・森永事件 最重要参考人M』で、「関西に暴力団が10人おったらそのうち9人はマイノリティ」と発言している。
元公安調査官・菅沼光弘は、2006年10月19日に行われた東京・外国特派員協会における講演で、山口組のナンバー2である高山清司から聞いた話として、暴力団の出自の内訳は部落(同和)60%、在日韓国・朝鮮人30%、一般の日本人など10%であるという見解を示した。
2008年の政府公式統計によれば、その年に刑務所に入った受刑者のうち暴力団加入者の国籍別比率は、日本国籍3191人、約97.7%。韓国・朝鮮籍63人、約1.9%となっている[1]。
元山口組顧問弁護士の山之内幸夫は『文藝春秋』昭和59年11月号に寄せた「山口組顧問弁護士の手記」において「ヤクザには在日朝鮮人や同和地区出身者が多いのも事実である」「約65万人といわれる在日朝鮮人のうち約50%が兵庫・大阪・京都に集中していることと山口組の発展は決して無関係ではなく、山口組は部落差別や在日朝鮮人差別の問題をなしにしては語れない」と述べた。
2008年年末時点では、在日韓国・朝鮮人が多く住んでいる都道府県は、1番目は大阪府(133,396人、全在日韓国・朝鮮人の約22.64%)、2番目は東京都(114,961人、同じく約19.51% )、3番目は兵庫県(54,635人、同じく約9.27%)である[2]。因みに、兵庫・大阪・京都を合わせた場合は全在日韓国・朝鮮人の約37.52%である。また、同じく2008年末の在日韓国・朝鮮人は589,239人である。[3]
組織 [編集]
日本のヤクザは通常、親分(組長)に対して弟分と子分が絶対的に服従する家父長制を模した序列的・擬制的血縁関係を構築することを特徴とし、この関係によって暴力団の強固な結合を確実なものにする。一般に、代表者である組長(会長、総長、総裁などとも)と構成員である組員(組織名が、会、一家であっても組員と呼ばれる)とは、盃事と呼ばれる儀式を経ることによって強い絆で結ばれる。組員は、組長から見て弟分(舎弟)と子分(若中、若衆など)の2つに大別される。組員がさらに自らを組長とするとする団体を組織した場合、この団体は2次団体と呼ばれる(この場合、最初の組長と組員のみの組織を1次団体と呼ぶ)。2次団体の組員もまた、自らを組長とする3次団体を組織する。これを繰り返すことによって暴力団はピラミッド型の階層構造を形成する。日本最大の勢力を誇る山口組の場合には、5次団体までの存在が確認されている。 各階層の団体において、当該組長と盃を交わした組員を特に直参と言う。直参より下の下部団体組員について、暴力団側は“上部団体とは関係のない者”と主張しているが、外部社会からは“上部団体の統制下にあり、上部団体組長の指揮監督下にある者”と見られており、損害賠償請求訴訟でも上部団体組長の使用者責任を認める判決が出されてきた。

組長が引退したり死亡した場合には、組員の中から新たな組長が決められる。個々の組織の状況にもよるが、長男に当たる第一の子分(若頭、若中頭、若者頭、理事長など)が選ばれる場合が多い。新たな組長が就任すると、他の組員との間で盃直しと呼ばれる儀式が行われ、新たな序列に基づく擬制的血縁関係が再構築される。先代組長が跡目を指名しなかった場合には、組員同士の話し合いや入れ札(投票)で決められる。跡目選定を巡る内部対立から組織分裂に到った例としては、山口組からの一和会の分裂が挙げられる。ただ、近年は警察の監視が厳しく、武力による跡目争いを行うと警察が介入し、組織解体につながるため、武力抗争は減っている。

暴力団は組員から、一定額の会費を集め運営経費に充てる。また、義理掛けなどの慶弔費も これとは別に徴収する。また各組織ごとに企業舎弟や顧問先などをもち、そこで得られた利益は上納金として上部組織に納められるようになっている。麻薬や覚醒剤の密売、闇金融、振り込め詐欺など犯罪行為は下部団体の組員などが個人的に行っているという建前をとっている。上部団体は舎弟企業などを介し表面上合法的に収益を上げるシステムになっている。より組織的な金融犯罪にも暴力団が関わっていることが殆どだが、暴力団組員が主導しているのではなく、不良弁護士や不良会計士が暴力団を隠れ蓑に利用しているケースもある。 このような暴力団の不法行為に対し「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」(平成3年法律第77号、暴対法)が1992年3月に施行された。

指定暴力団 [編集]
[表示]全ての座標を示した地図 - Google

全ての座標を示した地図 - Bing

全座標を出力 - KML Googleアース
全座標を出力 - GeoRSS
全座標の地図 - マイクロフォーマット
位置データを出力 - RDF
表・話・編・歴
都道府県公安委員会は、暴対法第3条の要件に該当する暴力団を指定暴力団として指定できる。2010年2月現在、以下の22団体が指定されている[4]。


代紋 団体名 本拠所在地 代表者名 構成員数
六代目山口組 兵庫県神戸市灘区篠原本町4-3-1
北緯34度43分12秒 東経135度13分34.9秒 / 北緯34.72度 東経135.226361度 / 34.72; 135.226361 (山口組) 組長・司 忍(本名: 篠田建市) 約 20,300名
稲川会 東京都港区六本木7-8-4
北緯35度39分54.4秒 東経139度43分46.7秒 / 北緯35.665111度 東経139.729639度 / 35.665111; 139.729639 (稲川会) 会長・清田次郎(本名: 辛 炳圭) 約 4,800名
住吉会 東京都港区赤坂6-4-21
北緯35度40分14.6秒 東経139度44分5.5秒 / 北緯35.670722度 東経139.734861度 / 35.670722; 139.734861 (住吉会) 会長・福田晴瞭 約 6,100名
四代目工藤會 福岡県北九州市小倉北区神岳1-1-12
北緯33度52分21.8秒 東経130度53分25.1秒 / 北緯33.872722度 東経130.890306度 / 33.872722; 130.890306 (工藤會) 会長・野村 悟 約 770名
沖縄旭琉会 沖縄県那覇市辻2-6-19
北緯26度13分1.3秒 東経127度40分16.8秒 / 北緯26.217028度 東経127.671333度 / 26.217028; 127.671333 (沖縄旭琉会) 会長・富永 清 約 370名
四代目旭琉会 沖縄県那覇市首里石嶺町4-301-6
北緯26度14分6.1秒 東経127度43分47.9秒 / 北緯26.235028度 東経127.729972度 / 26.235028; 127.729972 (三代目旭琉会) 会長・花城松一 約 260名
六代目会津小鉄会 京都府京都市下京区東高瀬川筋上ノ口上る岩滝町176-1
北緯34度59分35.1秒 東経135度45分56.8秒 / 北緯34.993083度 東経135.765778度 / 34.993083; 135.765778 (会津小鉄会) 会長・馬場美次 約 660名
五代目共政会 広島県広島市南区南大河町18-10
北緯34度22分15.2秒 東経132度29分5.1秒 / 北緯34.370889度 東経132.48475度 / 34.370889; 132.48475 (共政会) 会長・守屋 輯 約 330名
七代目合田一家 山口県下関市竹崎町3-13-6
北緯33度57分6.6秒 東経130度55分16.5秒 / 北緯33.951833度 東経130.92125度 / 33.951833; 130.92125 (合田一家) 総長・末広 誠(本名: 金 教煥) 約 180名
四代目小桜一家 鹿児島県鹿児島市甲突町9-1
北緯31度34分53秒 東経130度33分27.9秒 / 北緯31.58139度 東経130.55775度 / 31.58139; 130.55775 (小桜一家) 総長・平岡喜榮 約 100名
三代目浅野組 岡山県笠岡市笠岡615-11
北緯34度30分2秒 東経133度30分33.6秒 / 北緯34.50056度 東経133.509333度 / 34.50056; 133.509333 (浅野組) 組長・串田芳明 約 140名
道仁会 福岡県久留米市京町247-6
北緯33度19分8.5秒 東経130度29分55.8秒 / 北緯33.319028度 東経130.498833度 / 33.319028; 130.498833 (道仁会) 会長・小林哲治 約 790名
二代目親和会 香川県高松市塩上町2-14-4
北緯34度20分15.2秒 東経134度3分21.8秒 / 北緯34.337556度 東経134.056056度 / 34.337556; 134.056056 (親和会) 会長・吉良博文 約 70名
双愛会 千葉県市原市潤井戸1343-8
北緯35度31分19.1秒 東経140度10分2.7秒 / 北緯35.521972度 東経140.167417度 / 35.521972; 140.167417 (双愛会) 会長・塩島正則 約 270名
三代目俠道会(三代目侠道会) 広島県尾道市山波町3025-1
北緯34度25分33.2秒 東経133度13分45.1秒 / 北緯34.425889度 東経133.229194度 / 34.425889; 133.229194 (俠道会) 会長・池澤 望(本名: 渡邊 望) 約 190名
太州会 福岡県田川市大字弓削田1314-1
北緯33度38分0.5秒 東経130度47分3.4秒 / 北緯33.633472度 東経130.784278度 / 33.633472; 130.784278 (太州会) 会長・日高 博 約 190名
八代目酒梅組 大阪府大阪市西成区太子1-3-17
北緯34度38分54.6秒 東経135度30分13.3秒 / 北緯34.6485度 東経135.503694度 / 34.6485; 135.503694 (酒梅組) 組長・南 喜雅(本名: 南 與一) 約 120名
極東会 東京都豊島区西池袋1-29-5
北緯35度43分55.8秒 東経139度42分40秒 / 北緯35.732167度 東経139.71111度 / 35.732167; 139.71111 (極東会) 会長・松山眞一(本名: ゙ 圭化) 約 1,200名
二代目東組 大阪府大阪市西成区山王1-11-8
北緯34度38分49.4秒 東経135度30分23秒 / 北緯34.647056度 東経135.50639度 / 34.647056; 135.50639 (東組) 組長・滝本博司 約 160名
松葉会 東京都台東区西浅草2-9-8
北緯35度42分46.1秒 東経139度47分24.8秒 / 北緯35.712806度 東経139.790222度 / 35.712806; 139.790222 (松葉会) 会長・荻野義朗 約 1,800名
三代目福博会 福岡県福岡市博多区千代5-18-15
北緯33度36分31秒 東経130度24分42.6秒 / 北緯33.60861度 東経130.411833度 / 33.60861; 130.411833 (福博会) 会長・長岡寅夫(本名: 金 寅純) 約 330名
九州誠道会 福岡県大牟田市上官町2-4-2
北緯33度1分30.6秒 東経130度27分6.3秒 / 北緯33.025167度 東経130.45175度 / 33.025167; 130.45175 (九州誠道会) 会長・浪川政浩(本名: 朴 政浩) 約 350名

※初回指定年月日>五十音順

※構成員数は警察白書平成21年版(準構成員は含まず)

指定が取り消されたか失効した団体 [編集]
石川一家(佐賀県) - 五代目山口組傘下宅見組加入により1995年10月16日 取り消し
二代目大日本平和会(兵庫県) - 再度の指定が行われず1997年4月6日 失効
三代目山野会(熊本県) - 壊滅により2001年11月8日 取り消し
極東桜井總家連合会(静岡県) - 消滅により2005年5月31日 取り消し
國粹会(東京都) - 六代目山口組加入により2005年10月31日 取り消し
中野会(大阪府) - 解散により2005年12月22日 取り消し
主な非指定団体 [編集]
団体名 本拠所在地 代表者名
源清田交友会[5] 茨城県 会長・田名辺城男
寄居分家五代目[6][7][8] 群馬県前橋市 総長・五代 博
五代目亀屋一家[9][10] 埼玉県越谷市 総長・白畑 晟
七代目吉羽会[9][11][12][13][5][14] 埼玉県久喜市 総長・中村清正
竹澤会[9] 千葉県木更津市 会長・太田和春雄
姉ヶ崎会[15] 東京都台東区 会長・中野目重民
八代目飯島会 東京都台東区 会長・西川冠士(飯島宗家八代目)
岡庭会 東京都世田谷区 会長・岡庭清一郎
神田高木七代目[16] 東京都 総長・長村 昭
下谷花島会七代目[17] 東京都板橋区 総長・大坂 勇
上州家会 東京都足立区 会長・伊藤勝彦(上州家十一代目)
新門連合会 東京都台東区 会長・笠間直明(新門本家十代目)
杉東会[15][17][18] 東京都新宿区 会長・野原朝明(総家野原五代目)
醍醐会 東京都大田区 会長・青山秀夫
丁字家会[19][20] 東京都台東区 会長・吉田五郎
東亜会[20][21][13][22][23] 東京都港区六本木 会長・金海芳雄
箸家会 東京都文京区 会長・嶺村 宏
花又会 東京都江戸川区 代表・清野 昭
桝屋会[20] 東京都台東区 会長・東浦外次郎
五代目松坂屋一家 東京都 総長・西村太吉
飴コ連合会(飴徳連合会) 神奈川県横浜市 会長・永持英哉
横浜金子会 神奈川県横浜市 会長・寺田 隆(本名: 金子 隆)
櫻井總家[20][24][16] 静岡県沼津市 総長・佐野広好
中京神農会 愛知県名古屋市中区大須 会長・山頭栄治
丸富連合会 京都府京都市 会長・北橋 斉
忠成会[17][25] 兵庫県神戸市兵庫区 会長・大森匡晃(本名: 大森忠昭)
二代目松浦組[26] 兵庫県神戸市中央区 組長・笠岡和雄
二代目竹中組[27] 岡山県岡山市中区 組長代行・竹中 正
二代目中国高木会 広島県広島市安佐南区 会長・北山昭男
二代目熊本會[17][28][29] 熊本県熊本市 会長・戸崎 豊
山心会[17] 熊本県 会長・井上 厚
九州三代目村上組 大分県 組長・松岡 一

※都道府県>五十音順

注釈及び引用 [編集]
[ヘルプ]
^ 新受刑者中暴力団加入者の国籍[1]2010年04月07日閲覧
^ 8.地域別分布状況(法務省入管資料:2008年12月末現在) [2]2010年04月08日閲覧
^ 平成20年度版外国登録者数 2国籍(出身地)別 [3]2010年04月08日閲覧
^ 第二章一節一項 指定暴力団の指定の状況(平成21年5月1日現在)(PDFファイル) 平成21年 警察白書 警察庁 2010年5月16日閲覧
^ a b 実話時報 2010年2月号
^ 実話時報 2007年1月号
^ 実話時報 2008年8月号
^ 月刊実話ドキュメント 2010年3月号
^ a b c 実話時報 2008年12月号
^ 実話時報 2009年10月号
^ 実話時報 2009年3月号
^ 実話時報 2009年6月号
^ a b 実話時報 2009年9月号
^ 実話時報 2010年3月号
^ a b 実話時報 2008年2月号
^ a b 新制稲川会総覧
^ a b c d e 実話時代 2010年8月号
^ 月刊実話ドキュメント 2010年9月号
^ 実話時報 2007年7月号
^ a b c d 実話時報 2008年2月号
^ 実話時報 2009年8月号
^ 実話時報 2009年11月号
^ 実話時報 2010年1月号
^ 静岡県暴力追放運動推進センター
^ http://www.geocities.jp/bqwxr271/meibo/bakutomeibohyogo4.htm
^ http://www.geocities.jp/bqwxr271/meibo/bakutomeibohyogo3.htm
^ 実話時報 2009年2月号
^ 実話時代BULL 2009年2月号
^ 実話時代 2010年7月号
関連項目 [編集]
暴力団一覧
民事介入暴力
企業対象暴力
行政対象暴力
極右暴力集団
右翼団体
抗争事件
暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴力団対策法)
組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(組織犯罪処罰法)
暴力団排除条例
龍が如く
実話時代
大相撲野球賭博問題
外部リンク [編集]
ウィキメディア・コモンズには、暴力団に関連するカテゴリがあります。
指定暴力団(松江八束建設業暴力追放対策協議会)
暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(総務省 法令データ提供システム)
指定暴力団の指定の状況(全国暴力追放運動推進センター)
全国暴力追放運動推進センター
暴力団ミニ講座(松江、八束建設業暴力追放対策協議会)
暴力団対策―土俵から押し出すために(朝日新聞2010年7月16日付社説)
[表示]表・話・編・歴指定暴力団

2010年4月1日現在 22団体

六代目山口組
沖縄旭琉会
三代目浅野組
太州会
三代目福博会
稲川会
六代目会津小鉄会
道仁会
七代目酒梅組
九州誠道会
住吉会
五代目共政会
二代目親和会
極東会

四代目工藤會
七代目合田一家
双愛会
東組

三代目旭琉会
四代目小桜一家
三代目俠道会
松葉会





http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%B4%E5%8A%9B%E5%9B%A3」より作成
カテゴリ: 画像提供依頼 | 暴力団 | 組織 (団体)

名前 文字色 削除キー
お返事

[1036] yakuza 投稿者:ヤクザ (2010年09月14日 (火) 14時06分)






























名前 文字色 削除キー
お返事






Number
Pass

Lenovo週末限定クーポンThinkPadを買おう!
無料で掲示板を作ろう
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板