無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

恋人達の囁き詩集掲示板

あなたの素敵な詩を書き込み下さい。

ホームページへ戻る

名前
Eメール
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存
こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

(159) 十六夜 投稿者:ゆうき MAIL

離ればなれでも 見上げる空はひとつ
吹く風は違っていても 月や星は同じ

あなたからの便りを待って 月は十六夜
もうすぐ逢えるのですね

美しい月の夜 あなたの温もり
あなたの鼓動を感じながら
潮騒の中を 寄り添って歩ける喜び

十六夜はためらいの心
雲の後ろに 見え隠れし
見えそうで 見えない月
切れそうで 切れない雲
そんな十六夜が好きと
あなたは言いました

でも もう二人にはためらいの心はありません
うれしくてうれしくて 見上げる空には十六夜


2009年01月11日 (日) 17時33分




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板