Apple
Apple − 明るく生きるパーキンソン病患者のホームページ − Active Parkinson's Patients' Library on E-net
書籍紹介

パーキンソン病の本から様々なジャンルまで、 あなたのご存じの本、お薦めの本、気になる1冊をご紹介ください


●このページのもくじ●

[60]

パーキンソン病 痴呆の問題

著者: 山本光利編 出版社: 中外医学社

パーキンソン病 痴呆の問題
2005年3月中外医学社発行、245頁、5500円+税。山本光利編、執筆者32人。
パーキンソン病シンポジウム高松2004は、主題として痴呆をとりあげた。(「認知症」という用語を「痴呆」のかわりに用いるようになった直前か?)そのシンポジストたちによる論文集。
序文に編者が書いている。「いまや、パーキンソン病の痴呆および認知障害の問題は臨床上および介護上、避けては通れないほどの重大な問題となっています。」
目次

第1章総説(2論文)
第2章疫学(痴呆を伴うパーキンソン病、アルツハイマー病、レビー小体型痴呆の疫学; 1論文)
第3章 症候学(3論文)
第4章補助診断の進歩; 画像診断、Biological markers(5論文)
第5章病理: 痴呆の病理的基盤―類似点と相違点(6論文)
第6章パーキンソン型痴呆およびレビー小体型痴呆の治療; State of the Art(7論文)
索引

このシリーズの性格として、専門語が飛び交う学術論文が全部です。そして、テーマが痴呆なので、パーキンソン病の運動症状についての論文はありません。私たちにとっては、第1章の総説と第6章の「治療」が参考になります。しかし、「治療」は薬による治療のデータです(アリセプトとクロザピン)。APPLEの「補助療法」に相当する記述はありません。また、“DBS手術による認知症の悪化”に触れた論文はありません。がっかりです。
3冊に共通して、抗パーキンソン病薬の長期服用による精神症状の“うたがい”がとりあげられています。


あかんぼ|2006/03/06 [60]
[56]

レナードの朝

著者: オリバー・サックス、 石館 康平、石館宇夫 訳 出版社: 晶文社

ロバート・デニーロ、ロビン・ウィリアムスの主演による同名の映画の原作。オリバー・サックスは神経内科医。
自身の経験を元に書かれた。
パーキンソニズムの症状がリアルに描かれている。
(旧「書籍の紹介」より)
管理人raisin|2006/02/22 [56]
[55]

よみがえる人生  パーキンソン病新薬誕生物語

著者: アラステア・ダウ、  難波 陽光 訳 出版社:

2000.5.20発行、 、1,600円
「デプレニール」(日本で はFP錠)の開発にまつわる人間模様を描いている。
(旧「書籍の紹介」より)
管理人raisin|2006/02/22 [55]
[54]

パーキンソン病、その謎、研究と明るい未来

著者: スー・ドーフィン、西谷 裕 訳 出版社: 診療新社

1996.2.15発行、2,480円
著者の夫がパーキンソン病になったのをきっかけにパーキンソン病について勉強し、欧米各地で取材。
(旧「書籍の紹介」より)
管理人raisin|2006/02/22 [54]
[53]

妻と共に生きる

著者: 三浦 光世 出版社: 角川文庫

三浦綾子さんのご主人の著書です。
(旧「書籍の紹介」より)
管理人raisin|2006/02/22 [53]
[52]

難病日記

著者: 三浦 綾子 出版社: 角川文庫

パーキンソン病の症状に悩ませられながら、キリスト教の教えに生きる小説家三浦綾子が日記に綴る。
(旧「書籍の紹介」より)
管理人raisin|2006/02/22 [52]
[51]

水野美邦教授が答える「パーキンソン病治療と生活Q&A」患者・家族への実践アドバイス

著者: 伊坂廣子/編 出版社: 保健同人社

全国パーキンソン病友の会や保健所での水野教授の講演と会場 での質疑応答をまとめたもの。 改訂新版。
(旧「書籍の紹介」より)
管理人raisin|2006/02/22 [51]
[50]

パーキンソン病 はここまで治る

著者: 作田 学 (日赤医療センター神経内科部長) 出版社: 主婦と生活社

1999.3. 15発行 、 1,000円
リハビリテーションで機能を維持するための体操、日常生活で の工夫、心の持ち方などについてもわかりやすく書かれている。
(旧「書籍の紹介」より)
管理人raisin|2006/02/22 [50]
[49]

パーキンソン病 とうまくつきあう法

著者: 春原 経彦 国立療養所箱根病院副院長 出版社: ライフリサーチ・プレス

1998.5.1発行、 1,500円
(旧「書籍の紹介」より)
管理人raisin|2006/02/22 [49]
[48]

患者と家族のた めのパーキンソン病Q&A

著者: 山本 光利 香川県立中央病院神経内科部長 出版社: ライフサイエンス

1997.6. 30改訂2版、 1,500円 
(旧「書籍の紹介」より)
管理人raisin|2006/02/22 [48]


書 名
著者名出版社名 
投稿者名 画像のurl 
画像
Message
Homepage 
削除Password  Cookie

Number Pass
分野別書籍名リスト
海外から♪患者向けブックレット

オンライン書店で購入されるとき注意してほしいこと
この書籍紹介では、本の入手に便利なオンライン書店(Amazonなど)へのリンクをおいています。 が、困ったことにAmazonなどは古本も扱っていて、新刊の本とまちがえやすいのです。
そこでお願い! ・・・買う本が決まったら発行年をぜひぜひご確認ください。 皆さまご存じのように、パーキンソン病の治療法は日進月歩です。 よろしくお願いします。 旧書籍の掲示板 への投稿内容を転載させていただきました。ご了承お願いします。

オンライン書店へのリンク


Amazonからのお知らせ
SYSTEM BY せっかく掲示板