Apple
Apple − 明るく生きるパーキンソン病患者のホームページ − Active Parkinson's Patients' Library on E-net
書籍紹介

パーキンソン病の本から様々なジャンルまで、 あなたのご存じの本、お薦めの本、気になる1冊をご紹介ください


●このページのもくじ●

[42]

岩波同時代ライブラリー  笑いと治癒力

著者: ノーマン・カズンズ著・松田銑 訳 出版社: 岩波書店 1996年 ¥900-

原文:Anatomy of an Illness as Perceived by the Patient,W.W.Norton & Co.Inc,1979

ノーマン・カズンズという米国のジャーナリストは1964年に膠原病にかかり、不治に近いと診断されましたが、医師の理解を得て、「笑い」とビタミンCで克服し、自然治癒力の可能性を示しました。
その人が1979年に自らの体験とその後の考察を一冊の本にまとめました。『笑いと治癒力』がそれです。
著者は闘病中、喜劇映画やユーモア本で文字通り「腹をかかえて大笑い」しながら、病状が軽くなっていくのを実感したそうです。
ポイントは微笑やあいそ笑いではなく、積極的な情緒変化を伴うおお笑い(哄笑)のようです。
プラシーボ(ニセ薬)効果《P病の事例もあります》やホリステイック・ヘルス(心身綜合健康法)など、人の自然治癒力に注目させる考え方についても言及していて、簡潔ですが充実した内容です。
プラシーボ効果のP病の事例 を紹介しておきます。

「あるパーキンソン病患者は薬だと言ってプラシーボを与えられ たが、この結果ふるえが著しく減った。そのプラシーボの効果が薄れてきた時、今度は同じ物質をこっ そり牛乳に入れて飲ませたが、ふるえは再発したという。」(P.42)

個人差、症状 、治療方針など様々な因子が相互に関連してくるので、この一例をもって即断することはもちろんでき ませんが、興味深い事実です。
(旧「書籍の紹介」より)

管理人raisin|2006/02/21 [42]
[59]

パーキンソン病 病理学、自律神経系研究の進歩

著者: 山本光利(編) 出版社: 中外医学社

パーキンソン病 病理学、自律神経系研究の進歩
2004年9月中外医学社発行、137頁、3000円+税。山本光利編、執筆者14人。パーキンソン病シンポジウム高松2003のシンポジストの方々が新たに書いた原稿集。その前年のシンポジウムのまとめの副題「認知と精神医学的側面」については一昨年に紹介しましたが、今回のは執筆者数、頁数、価格ともに少なくなっています。(私はAMAZONの古書を買いました。)
目次

第1章病理学の進歩(3論文;若林孝一、Heiko Braak、他)
第2章 自律神経障害と検査法(2論文)
第3章 MIBGシンチグラフィー研究の進歩(5論文)
付 中枢神経変性疾患におけるMIBG心筋シンチグラフィー文献集
索引

前著に少し残っていた一般読者啓蒙的の文章はかげをひそめて、専門家向け一色となり、分かりにくいです。MIBG(メタヨードベンジルグァニジン)による交感神経イメージング法というのが日本で開発されどんどん利用されているとのことです。この方法に集中している第3章は敬遠して、第1章と第2章を走り読みして得た、とりあえずの新知識は次の三つでした。
1)レビー小体(リン酸化α―シヌクレインの凝集体)というものの出現(若年性パーキンソン病では出現しない?34頁)は脳神経細胞だけではない。脊椎神経節、腹腔神経節、消化管神経叢、心臓神経叢、骨盤神経叢、副腎髄質中の神経細胞、皮膚などに出現する(「節」と「叢」とどう違うのか知りません。)
2)パーキンソン病の病変は、黒質の緻密部にだけ生じるのではない。また中枢神経系の領域だけでなく、末梢の自律神経系にも大きな病変が生じる。脳の他の領域、消化管、食道、胃、大腸、心臓、副腎髄質、皮膚などにも病変がおよぶ。PDは全身病である。(「病変」とはどういう症状をいうのか?)
3)パーキンソン病患者においては、皮膚の自律神経支配が喪失している(血管、汗腺、立毛筋、毛包など)。(喪失したらどうなるのか、汗がでなくなるのか?この論文の著者は、パーキンソン病の診断法として、皮膚生検を利用するようにしていきたい、と述べている)


あかんぼ|2006/03/06 [59]
[122]

自閉症児のサポートブック

購入可能ですか?
そうママ | 2010年02月10日 (水) 21時39分
[123]

書店にお問い合わせください

これは紹介掲示板です
raisin | 2010年02月15日 (月) 09時02分
[130]

若年性パーキンソン病を生きる

著者: 秋山智 出版社: 長崎出版

raisin|2011/06/26 [130]
[129]

ブリッジ

著者: 中村ドント 出版社: 文芸社

ちょっと横文字多すぎ?人工心臓っていうお堅いテーマのフィクション小説。

mentai|2010/12/26 [129]
[127]

すみれ日和―職業病も乳がんもパーキンソン病も友だちにして

著者: 望月 すみ江 出版社: 教育史料出版会

(単行本 - 2006/8)新品: ¥ 1,575
教育史料出版会
http://www.kyouikushiryo.com/genre03.html
raisin|2010/12/25 [127]
[128]

「すみれ日和」の購入方法

「すみれ日和」は
●amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%83X%83%7E%83%8C%93%FA%98a&x=0

●出版社(教育資料出版会)
http://www.kyouikushiryo.com/order.html

●著者へ直接注文(Appleトップページ下のメールから申込んでください)
お名前・住所・電話番号を記入の上)

この方法は時間がかかりますが定価より安く購入できます。
定価1500円(+税75円)=1575円のところ、税、送料とも1300円
あーもんど | 2010年12月26日 (日) 18時09分
[101]

パーキンソン病がもっとよくなる最新治療―いま注目の外科的治療“手術”を完全解説!

著者: 鈴木一郎 川上徳昭 出版社: 主婦と生活社

パーキンソン病がもっとよくなる最新治療―いま注目の外科的治療“手術”を完全解説!

単行本: 159ページ
発売日: 2008/12
著者略歴:鈴木 一郎
1951年生。東京都立神経病院脳神経外科医長を経て、現在、日本赤十字社医療センター脳神経外科部長、東京大学医学部脳神経外科講師。
raisin|2009/06/10 [101]
[110]

病名を告げられ、”困っている”方に最適

この本は、DBSの解説書と思いきやさにあらず、PD全体像をコンパクトにまとめた良著だと思います。
初めての方が病気と真正面から向き合うためには最適の内容、推薦します。
ふみくん | 2009年07月08日 (水) 15時49分
[119]

わかりやすい

ともすれば患者を叱咤激励してしまいがちですが、介護者に対しての配慮も書かれており、よくまとまった名著です。パーキンソン病に限らず介護される方も介護者にもお勧めしたいです。
介護者 | 2009年10月27日 (火) 18時36分
[81]

Vive la Vie! 心と体の調和・活性化プログラム

著者: 有働 尚子 出版社: VITA臨床生命学研究所

 我が国においては<パーキンソン病治療法>の中で極端に、薬物療法主流で<リハビリテーション>の果たす役割に対する意識が医療者の中でも<補助療法>的な認識しかないのが現状です。しかしながら、私の留学先のパリ大学医学部神経内科および定位脳手術の生地である脳外科教室(楢林教授のフランス留学先の定位脳手術のメッカ)では、担当の神経内科医師と脳外科医の協議の結果として、手術の適応が決められ『手術は成功しても薬物療法の量も変わらず症状の改善も芳しくない。』という症例は非常に少なく、むしる薬物療法と<患者自身が心と体を積極的に動かすアクティヴなリハビリテーション>が励行されていました。
 その結果、我が国の様な<薬剤性精神症状>で内科から精神科病棟へ転送される症例もほとんどなく、『最小限の薬物療法を最大限に生活に生かす、患者中心のリハビリテーション』の2本柱の元、Q.O.L.の維持・向上が20年以上にわたり、患者さんたちにより証明されております。
 今回、パリ大学医学部サンタンヌ病院のリハ・プログラムを我が国の生活習慣・居住環境を加味して大きく進化させた<自分でできる自分のためのリハビリテーション 音楽運動療法プログラム>をDVD・VSH並びに<写真入り解説書>として出版致しました。この効用・効果は著者自身も驚くほどの成果として帰国後、8年以上にわたり最小限・最小量の薬物で患者さんたち主導のグループ音楽運動療法が継続されております。
 自宅で毎日セルフ・エクササイズとして実践するとともに、規則的に集団でセッションを行うことで<生きる張り合い>の再発見にもなり、寝たきり状態寸前の患者さんが温泉へ出かけられるなど、嬉しい効果のコミニュケーションの<集い>ともなり、パーキンソン病患者さんんたちの<不安・悩み>の具体的な解消方法の紹介など、精神的な<うつ状態・引きこもり>からの脱却の最善の治療方法として有効です。
 同年代の他疾患の患者さんより若く見えるパーキンソン病患者さんたちから学んだ、多くのエッセンスに溢れており、今回<リラクゼーション・アンチ・エイジング(抗老化)>効果も含めて、老若男女の皆様へ向け編集してあります。民間療法との大きな違いは、フランスで培われた神経生理学的基礎研究に基づいた科学的・医学的効用・効果が裏付けられている点です。
 また、<してもらうリハ>から<自分がするリハ>への病気の症状に対する自力本願的シフトが患者さんの中から生じ、自宅でのQ.O.L.は目減りすることなく退院後も改善し続ける点があげられます。パーキンソン病治療の<根本治療>と言い換えても過言ではありません。自分の状態に適した運動と運動量を適切に実践することで、医療費の節約にも繋がり<排便・排尿問題>などの在宅での日常生活に直接問題となる症状にも画期的効果が認められます。
 多くの患者さんと介護をされる皆様が病気を忘れる位、人生をエンジョイして頂きたく、<Vive la Vie!>、フランス語で<人生、万歳!>と名付けました。皆様の<ヒトとしての人生の最期までの謳歌>を心より祈念いたし、著書を紹介させて頂きます。
購入へリンク
VITA臨床生命学研究所所長 有働 尚子 |2007/11/12 [81]
[83]

<自分で出来るリハビリテーション パーキンソン病音楽運動療法>DVD・VSH並びに<写真入り解説テキスト>購入方法

 冬場の<廃用症候群>による、パーキンソン病の症状増悪(疾患の進行と混同されやすく、薬物療法の増量のきっかけにある場合があり要注意!)を防ぐために効果的なホーム・エクササイズ・プログラムです。

 毎月、福岡市国際会議場にて<自分でできるリハビリテーション 音楽運動療法>実技直伝のセミナーを企画し、プログラムの導入を指導致しておりますが、11月セミナーは海外出張などのため、急遽、中止となりご迷惑をおかけ致します。年末年始は参加者の方の御都合もありお休み致します。

 自宅で、好きな時間にテレビの画面で、<パーキンソン病に最適の体操>が頭の先から足の先まで、また<呼吸訓練・姿勢矯正訓練>も含まれ、音楽に身を任せ、心身共にパーキンソン病の症状軽減が可能です。

 DVD・VSH並びに<写真入り解説テキスト>の入手方法は、ホームページをご参照下さい。主治医の先生やリハ担当の先生と相談しながら、冬場こそ日常生活動作の改善・向上に、自力本願で取り組み、来る新春を希望を持ってお迎え頂きたく祈念致します。

 年末・年始以外は、ホームページにありますメディカル・パートナー・ウィンという専用委託販売部にて、対応可能です。ご希望の方は、ホームページに詳しく記載されておりますので、躊躇なくTEL/FAXにて、ご注文下さい。

 <患者の患者による患者のためのリハビリテーション>です。医療費もかからず、薬物療法の効果を最大限に生かすことが出来ます。<生活の質>の向上・<生きる喜びの再発見>をご期待下さい!
VITA臨床生命学研究所所長 有働 尚子  | 2007年11月14日 (水) 10時13分
[117]

ご連絡先を教えてください。

以前お話したことがありますが現在のご住所がわかりません。腹臥位などについてこちらの情報もあり先生にご相談したいこともありますのでぜひメイルください。  用件のみ。
金井純代 | 2009年10月22日 (木) 14時35分
[99]

ぴんくのハート―パーキンソン病と明るく向き合う実録体験記 (コミック)

著者: ごとう 和 出版社: 秋田書店

発売日: 2009/05
商品の寸法: 21 x 14.8 x 2 cm
税込価格:\840 (本体:\800)

なんとーーーおっとっと・・・・コミックですと????

raisin|2009/06/10 [99]
[103]

ピンクのハートーパーキンソン病の書籍について

レーズンさんへありがとうございました。

季節は梅雨ですが、私にとってやっと春が訪れた気分です。

この本興味あるのですが、パソコン音痴の私は本の注文も懲り懲りです。

直接書店とか、コンビニ注文は無理ですか?

みっこ | 2009年06月24日 (水) 16時11分
[105]

書店・コンビニでは?

本屋のリンクを見ると、セブンアンドワイのオンライン書店ではセブンイレブンでの受取が可能なようです、楽天ブックスではファミリーマート受取がありますが送料300円です。

書店・コンビニなどに行けるなら、そのほうが無駄な出費がないようです。それぞれの本については各店舗にお聞きください。在庫がなければ取り寄せてくださると思います。
raisin | 2009年06月26日 (金) 12時33分
[107]

レーズンさんへ

あれからパソコン開いてなかったので、今気がつきました。

コンビニで問い合わせますね。

ありがとうございました。

おやすみなさい

みっこ | 2009年06月29日 (月) 21時50分
[108]

ぴんくのハート読みました。

読みました。なんていうか・・・
発病したばっかりのひとが読むような、入門編のようで、パーキンソン病のことを知らない人が読むような本でした。 
足つぼや鍼などにいまいち共感の持てる内容では無かった気がします。
知らなかったことを知れたことはよかったですが、無理に明るく元気に行きましょう!!
なんていわれているようで、いまさらそんなこと、わかってらぃ!!(笑)といってしまいそうで840円はちょっと高い気がしました。
UZU | 2009年07月07日 (火) 23時19分
[114]

こういうコーナーになってほしい

率直なご意見に感謝します
ろくに読みもせずに紹介していることが大いにあります。ご容赦ください
自分で読むより、知人にどんな病気か伝えたいときに便利かな・・・などと思いました

読んでしまったので次なる読者にゆずりたい・・・というのはどうでしょうか(掲示板での価格の相談は困りますが・・・)。
レーズン | 2009年07月20日 (月) 00時45分
[115]

「ぴんくのハート」 作者です。

2005年に「パーキンソン」と診断され 漫画「ぴんくのハート」を描いた ごとうです。

体を動かし筋力をつけ 関節をかびつかせない事が 病気の進みをゆっくり 
してくれてるように思います。 薬もここ2年 増えていません。

、、、とは言っても 診断されて4年(でも、8年前くらいから 左足はふるえてたんだよなー)
、、それで描くのはまだ早いかも、、とは思ったけど、 正直いつまでマンガが描けるのか
わからない、、なら描けるうちに、、。  だから、UZUさんの感想「そんな事わかってらい!840円は高い」というのも納得です。 10年、15年の方には なーに甘い事言ってんだと
言われるかもなーと、覚悟はしてましたから、、。

でも、薬剤師さん 健康保険のレセプターチェッカーさんからの「患者さんの気持ちが初めて
わかった」「レセプターの向こうが見えてよかった」等の感想があるのも事実。

パーキンソンの患者さん そのご家族のみなさん、又 医療&介護に携わる方々に患者の思い、又 病になっても気持ちと取り組み次第で病の進行が ゆっくりになるかもしれない、、ということを伝えたくて 描きました。

「ぴんくのハート」読んでいただけたら うれしいです。 長文 ごめんなさいね。

ごとう和 | 2009年07月29日 (水) 00時40分
[116]

ごめんなさい 書き忘れました。

レーズンさん 本を紹介してくださって ありがとうございます。 

UZUさん 本音での感想ありがとうございます。 最初は「うっ、いたーー」と
思ったけど 本音大好きなので 感謝しております。 又よろしくお願いします。

みつこさん 興味もってくださりありがとうございます。 もし 感想等きかせて
いただけたら 嬉しいです。(辛口でも 甘口でも、、、!) 

線の震えも 味の内!! 懲りずに パーキンソン・レポート漫画 描く予定です。 
では また。。。
ごとう和 | 2009年07月29日 (水) 01時07分
[100]

やさしいパーキンソン病の自己管理

著者: 村田 美穂 出版社: 医薬ジャーナル社

やさしいパーキンソン病の自己管理
単行本: 91ページ
発売日: 2009/06

著者の村田先生は、Ask the Doctor のコーナーで鋭いご指摘、力強いアドバイスの、あの村田先生です。
raisin|2009/06/10 [100]
[106]

かかわっている方々が分担執筆

A4版 91ページ、1890円です。
APPLEのAsk the Doctor BBSでご回答いただいている村田美穂先生の編著ですが、先生の所属しておられる国立精神神経センター病院の関係者総動員で作ったという本で、神経内科医はもちろんのこと脳外科医、リハビリテーション科、看護部などの実際にパーキンソン病の診療にかかわっている方々が分担執筆しています。

患者向けでとても分かりやすく書かれていて、字も大きく読みやすく、お勧めです。
Amazon,楽天ブックス、ビーケーワン、などで取り扱っています。近くの書店で取り寄せてもらうこともできると思います。
Sophia (Appleカフェより転載raisin) | 2009年06月27日 (土) 10時03分
[111]

この本の入手方法

Amazonなど一般的なサイトで入手が困難な場合は、専門書サイトを利用しましょう。
この本も2〜3日で入手できました。
ふみくん | 2009年07月08日 (水) 15時58分
[104]

パーキンソン病 正しい治療がわかる本

著者: 竹村 学  出版社: 法研

ページの流れは今まで読んだ本と同じですが、内容的に一歩進んだ感じがします。

治療の進め方に関しては、私が主治医の方針に、多少の不安と戸惑いを抱いていたのですが、それが今現在の新しい考え方だと確認できました。

薬についても作用、副作用について、補助薬のこと、また病気の進行に伴い起こってくる症状に対して用いる薬の説明もとてもわかり易く書かれています。

参考文献に関しては、それぞれ概要を数値付きで出してあるので具体的で納得できる。

図書館で見つけて読んでいる本ですが、これなら購入して手元におき、先々必要に応じて参考にできるとおもいました。

平成21年1月発行
(Appleカフェから転載 raisin)
パーキンソン病―正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
ピアノ|2009/06/26 [104]


書 名
著者名出版社名 
投稿者名 画像のurl 
画像
Message
Homepage 
削除Password  Cookie

Number Pass
分野別書籍名リスト
海外から♪患者向けブックレット

オンライン書店で購入されるとき注意してほしいこと
この書籍紹介では、本の入手に便利なオンライン書店(Amazonなど)へのリンクをおいています。 が、困ったことにAmazonなどは古本も扱っていて、新刊の本とまちがえやすいのです。
そこでお願い! ・・・買う本が決まったら発行年をぜひぜひご確認ください。 皆さまご存じのように、パーキンソン病の治療法は日進月歩です。 よろしくお願いします。 旧書籍の掲示板 への投稿内容を転載させていただきました。ご了承お願いします。

オンライン書店へのリンク


Amazonからのお知らせ
SYSTEM BY せっかく掲示板