無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

『カロリーヌの絵本』が好きな方へ・・・

ホームページへ戻る

名前
MAIL  
URL 
件名  
内容  
アイコン  
/アイコンURL
/
文字の色  
削除キー COOKIE


わたしもはじめまして
[514]なりママ [ Mail ] [ HOME ] 2007年12月17日 (月) 14時15分
フィギュアスケートのカロリーナ・コストナー選手をTVで見ていて、急にカロリーヌちゃんのことを思い出し、ネットで調べると、こんなに彼女のファンがいたんですね!
大急ぎで実家に帰り、屋根裏部屋に直行!ありました!!「カロリーヌとおともだち」!!
プフとノアローが大好きでした!
雪山から帰った町が雨ってところも、なんだか好きでした・・。
子供の頃、ケンカばかりしていた姉が、一人で大好きなおばの家に泊まりに行ってしまって、猛烈に怒っていたら、お土産に買ってきてくれたものなのです(たぶん、おばが促したんだと思うのですが・笑)それでもあまりの面白さに、何度も読みました。はす向えに住む友達が、シリーズ4冊を全部買ってもらって、くやしかったのですが、何故か姉が買ってくれた1冊が特別という気がしてました。
お正月に会ったら、この本のことをおぼえているか、姉に聞いてみますね!


[515]さんた [ Mail ] [ HOME ] 2007年12月23日 (日) 09時45分
なんだか年も押し迫ってくると、
年賀状の用意をしたり、帰省をしたりで
昔のことを思い出す機会も増えますね。
ここにいらっしゃる皆さんも、それぞれに
カロリーヌのお話には懐かしい思い出をお持ち
のことと思います。
なりママさんの書き込みを拝読して、ふいに
今は、行き来も無くなった1歳年長の従姉妹も
オールカラー版世界の童話を30巻まで持って
いたことを思い出しました。オイラは20巻まで。
でも、従姉妹から21巻以降を借りて読んだ記憶
が無いんですよね。貸してくれなかったのか、
借りたのに覚えていないのか。
わりと仲が良かったんですけどね。
彼女もカロリーヌの思い出を持っているのかな…。



はじめまして
[510]ひよ [ Mail ] [ HOME ] 2007年11月14日 (水) 23時42分
こんにちは。カロリーヌで検索して、こちらへたどりつきました。
子供のころ、カロリーヌが大好きでした。家には本がなく図書館で何度も同じ本をかりて読んでいました。
最近、母が本を読んでもらうのが好きな三歳の娘のために、たまたまバザーでみつけた世界の童話の「カロリーヌのせかいのたび」を買ってきてくれました。
ほぼ新品で懐かしく娘ととみふけっているうちに、他の話もほしくなり、ネットで検索していたら、なんとプレミア価格になってるんですね〜・・・。
知らなかったです。
でも子供と物語を共有する楽しさを教えてくれたカロリーヌに感謝。何より、カロリーヌに再会できたことを感謝です。


[513]さんた [ Mail ] [ HOME ] 2007年12月02日 (日) 10時24分
ひよさんのお母さん、ファイン・プレーですね。
ひよさんがカロリーヌのお話が大好きだったと
覚えていて下さったのでしょうか。
バザーで入手されたとは、きっとご縁があったのでしょうね。
娘さんもカロリーヌのお話が気に入られたようで、
ファンの一人として嬉しいです。
女の子だと、赤いサロペットに髪を二つに結んでとか
カロリーヌの格好を真似たがるかもしれないですね。
作者は亡くなられましたが、こうして読み継がれて
いっていることは、素晴らしいことだと思います。
暖かい気持ちになれる書き込み、ありがとうごさいました。



【訃報】ピエール・プロブスト氏が4/12(木)に亡くなられました。
[501]さんた [ Mail ] [ HOME ] 2007年04月20日 (金) 20時47分
悲しいお知らせがあります。

カロリーヌの作者であるピエール・プロブスト氏が
4/12(木)に亡くなられたそうです。
93歳(今年94歳になる筈)でした。

故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
これまで楽しい作品をどうもありがとうございました。

詳しくは、以下のリンクをご参照ください。

http://fr.news.yahoo.com/13042007/202/deces-de-pierre-probst-auteur-et-illustrateur-de-caroline.html

フランス語は詳しくないのですが、
カロリーヌの名前は、彼の祖母へのオマージュだと
も書いてあるようです。


初めて知りました
[503]ミカミ [ Mail ] [ HOME ] 2007年05月09日 (水) 16時17分
ご無沙汰しております、さんた様、皆様

プロブスト氏の訃報を、カロダスで初めて知りました。
はあ、
とても残念です。
言葉が出てきません。

連休にフランスに行って、日本未翻訳絵本を
自力で読んでやろうと意気込んでカロ熱が上がっている最中でしたのに、
4月の訃報に今気づいた自分が情けないです。
わかっていればお墓参りもできたかもしれません、、。

心よりご冥福をお祈りします。


そうだったのですか・・・
[504]みんねぜんがー [ Mail ] [ HOME ] 2007年05月10日 (木) 00時50分
今ここで知りました。
お知らせありがとうございました。
さけられぬこととはいえ、やはり悲しいです。

ピエール・プロブスト先生の魂の、
安らかならんことを祈ります。




王様つながり
[500]さんた [ Mail ] [ HOME ] 2007年04月09日 (月) 16時19分
『カロリーヌとおうさまケーキ』で「おうさまケーキ」
として登場するガレット・デ・ロアというフランスの
伝統的な焼き菓子がありますが、お菓子会社のロッテが、
「パイの実」シリーズに期間限定で「ガレット・デ・ロ
ア風」の新商品をラインナップしました。テレビ番組
『王様のブランチ』とのコラボ企画なんだそうです。

http://www.lotte.co.jp/news/news434.html

期間限定がいつまでなのかHPに載ってなかったので
問い合わせたところ、だいたい3ヶ月毎に新商品を
発売するので、7月くらいまでとのことでした。

本来ガレット・デ・ロアは1月の公現節の
お菓子なんで、ちょっと時期外れのような気も
しますし、このお菓子の最大の特徴である
「フェーブ」も入ってないので、個人的には
あんまり「ガレット・デ・ロア風」とは思いません
でしたが、早速食べてみたところ普通に美味しかった
ので、まあ良いと思うことにしました(^^;;



明けましておめでとうございます
[497]MADARANEKO [ Mail ] [ HOME ] 2007年01月01日 (月) 01時38分
カロリーヌファンのみなさま、明けましておめでとうございます。今年も楽しくカロリーヌを語りましょう!

年末に現行版のタイトルチェックをしていたのですが、最新のDans la meme collection(1〜26)には月旅行(Caroline sur la Lune)やカナダ行(Caroline au Canada)が見あたりません。3話本にも入っていません。27以降に出版される予定なのか、このまま絶版になってしまう運命なのかは全く不明でわかりません。
アメリカ行き(Caroline en Amerique)や水ぼうそう(Caroline et la varicelle)が絶版になったのは本の中身を見れば仕方が無いかなと思いますが、古くからのファンにとっては月旅行やカナダ行きが絶版になるのは納得いきませんよねー?
ついでに気がついたのは、インド行きのタイトルが変更されていました。
改訂版が出てから既に20年程経っていますし、しばらく注目してみますね。



さがし続けてました
[493]清春 旅と空想の美術館 清水純子 [ Mail ] [ HOME ] 2006年12月12日 (火) 13時59分
はじめまして。私も幼少の頃から、カロリーヌが大好きで何度も何度も読んでいたひとりです。大人になった今、子供の頃からの夢だった、八ヶ岳の南麓に小さな小さな美術館を作りました。その名のとおり、旅や空想をテーマにした企画展示をして、どこか懐かしい気持ちになっていただけるような時間と空間作りを心がけています。
私の夢は「カロリーヌとゆかいな仲間たち」展を、いつかいつの日か開催して、私と同じ想いの多くの方々に観ていただけたらなあということです。そんな大きな夢が実現可能なものなのか、この場をお借りして、皆様にお知恵をお借りしたいと思い、初めて書き込みました。よきアドバイスを教えてください。


[494]さんた [ Mail ] [ HOME ] 2006年12月13日 (水) 11時45分
すてきな計画ですね。
実現の折には、各界のカロリーヌ・ファンの
方々からコメントを頂いたりすると面白いかも。
作家だと片岡義男さん、重松清さん。
漫画家だと、冨樫・竹内夫妻、藤田和日郎さん、
小田ひで次さん、青木光恵さん、たぶん知らないと
思いますが小学館の『サブラ』というグラビア雑誌で
バカでHな4コマを描いている中山雅也さん。
芸能界では、ドリカムの吉田美和さん。
オイラの知る限りだと、上記の方々に、カロリーヌ
についての言及があります。



[486]のりのり [ Mail ] [ HOME ] 2006年10月21日 (土) 02時19分
子供の頃大好きだったカロリーヌ。ずっと探していました。キャンプのクロワッサン、雪遊びの衝突シーン。とても懐かしいです。でも、雪だるまのカロリーヌ、昔はにんじんの鼻だったような気がします。

図書館で見て子供が気に入ったのがいなかのべっそうですが、BL出版にホームページにないんです。アマゾンではとんでもない値段になっています。

再版予定ないのか、問い合わせしようと思っています。


原書版はいかがでしょう?
[487]MADARANEKO [ Mail ] [ HOME ] 2006年10月26日 (木) 00時26分
のりのりさま、初めまして。

そのうちに、日本語版はあちこちから古本で安く出回ると思いますが、今現在入手が難しいのであれば、フランス語の原書版をお持ちになってはいかがですか。

図書館でストーリーは既におわかりでしょうから、絵を見て自分の言葉で文章を組み立てる、お子様の創造力(想像力)を育てるにもよろしいかなと思います。




[489]のりのり [ Mail ] [ HOME ] 2006年10月28日 (土) 23時55分
MADARANEKOさま、ありがとうございます。

問い合わせの返事はやはり「重版未定」でした。

原書版、考えても見ませんでしたが、いいですね!
絵本なら読めなくてもわかりますね。

どちらもさがしてみます。

先日池袋の本屋さんで、カロリーヌ数冊まとめ買いされた方を見ました。やはりファンは多いのですね!


原書版のカロリーヌ
[490]MADARANEKO [ Mail ] [ HOME ] 2006年10月29日 (日) 15時52分
現在、原書版は Dans la meme collection というシリーズとして出版されており、私の手元の最新作は26番です。BL出版から日本語版として出ているだけでも31タイトルですから、絶版になっているものがありそうです。
いなかのべっそうの原書版は14番ですので、入手可能だと思います。
私は新作がでるたびに、海外から原書版をまとめて取り寄せ、余った分をヤフオクで処分しています。せいぜい年に1,2度ですが、次回はいなかのべっそうの原書版も発注してみますね。



saikai
[483]ユピー [ Mail ] [ HOME ] 2006年10月11日 (水) 00時11分
以前雑誌『本の本』の読者欄に「子どもの頃に読んだカロリーヌシリーズの本が忘れられずに探しています」という男性からの投書が載っていました。まだBLから復刻版も出ていない頃で、その彼は「小学館のものは絶版で、今は母国フランスの子ども用テキストとして出版されているようなので、フランス語を勉強して取り寄せてでも読みたい云々」のようなことが書いてありました。彼はその後、無事カロリーヌたちに会うことが出来たのでしょうか?同じく当時カロリーヌたちを探し求めていた私には“同志”とも思えた人だったので気になっています。私自身はその後BL版を購入し、また先日には実家の物置から子どもの頃に慣れ親しんだ小学館版も出てきて嬉しい再会を果たしています。今は、小学館版とBL版を並べて小2の娘と間違い探しを楽しんでいます。



幼稚園 夏休み増刊 カロリーヌのえほん
[481]さんた [ Mail ] [ HOME ] 2006年09月17日 (日) 09時32分
こんにちは。「カロダス」の三太です。

先日、中島美江さんという方よりメールで情報を頂き
まして、何とこれまで知られていた『カロリーヌのカ
ウボーイ』以前に『幼稚園 夏休み増刊 カロリーヌの
えほん』昭和37年08月15日(1962)という本が出て
いたことが判明いたしました!! 

中島さん、どうもありがとうございました!!

カロダス
http://homepage3.nifty.com/iroiro-lab/caroline/index.html


ご無沙汰しています
[485]MADARANEKO [ Mail ] [ HOME ] 2006年10月18日 (水) 23時29分
ご無沙汰しています。

さんた様へ業務連絡です。
近日中に荷物を送らせていただきますね。



ありがとうございました。
[478]milesta [ Mail ] [ HOME ] 2006年08月29日 (火) 16時38分
お返事ありがとうございました。
あの後、早くカロリーヌを記事にしたくて自分で写真を撮って記事を書いてしまいました。快諾してくださったのに申し訳ありません。
以前ここに残したURLと違うアドレスでブログを書いています。もしもよろしかったら、遊びにいらしてくださいね。カロリーヌの紹介記事はこちらです。↓
http://milesta.blog72.fc2.com/index.php?q=%A5%AB%A5%ED%A5%EA%A1%BC%A5%CC

本当にありがとうございました。







Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板